ホリスティックライフ in 南砂町おだやかクリニック
  • 18Oct
    • It's growing colder these daysChange of sea...

      View this post on Instagram It's growing colder these days🍁 Change of season will affect our body in many ways. So be mindful of the way you live daily lives. ♯インフルエンザは伝染病ではありません、♯毎年出回るインフルエンザ情報に惑わされない、♯インフルエンザワクチンの二元論から卒業、♯この時期は胃腸の調子を崩している方も多いです、♯人間機械論的に分子栄養学を取り入れても健康になれませんよ、♯体内の過剰なデトックスはトキシフィケイションと同じだと気づいている人はいますか?、♯副腎疲労、♯ホリスティック医学、♯見えないプロセスをみつめる医療 ホリスティックin 南砂町おだやかクリニックさん(@inohirog)がシェアした投稿 - 2018年Oct月18日am6時45分PDT

      2
      テーマ:
  • 04Oct
    • 岸紅子さんの願いが詰まった本がもうすぐ出版されます重度のアトピーや食事アレルギーのお...

      View this post on Instagram 岸紅子さんの願いが詰まった本がもうすぐ出版されます❗ 重度のアトピーや食事アレルギーのお子さんの親として、紅子さん自身の経験したストーリーを追いながら、育児について大切なことが学べます✨ なるべく自然なかたちで丈夫なお子さんに育つことを願う、一人でも多くのお母さんの手元に届くことを祈ってます✨ #ホリスティック育児 、#親子のハッピーチョイス、#日本ホリスティックビューティ協会 、#岸紅子 、#川嶋朗先生、#間山真美子先生、#原田美佳子先生、#統合医療、#私も先生方の仲間に入れて頂き監修させて頂きました、#献本頂きありがとうございました、#ホリスティックに込められる深い意味、#見えないプロセスをみつめる医療 ホリスティックin 南砂町おだやかクリニックさん(@inohirog)がシェアした投稿 - 2018年Oct月3日pm5時59分PDT

      テーマ:
  • 06Sep
    • ここの本屋は沢山の健康、医療関係の書籍がありますね「この本の書いてあることとあの本の書...

      View this post on Instagram ここの本屋は沢山の健康、医療関係の書籍がありますね😓 「この本の書いてあることとあの本の書いてあることが全く反対。どっちが正しいの?」最近、そんなことを患者さんから質問されることがあります。 まず、前提としてどんな健康を求めているのか? 本に書かれていることは、一面的ですから、そこに書かれていないことを読み取ることの方が大切だと思うのですが・・ 知識だけで健康になれるほど、我々の体は単純ではありません。 勉強している人ほど、その陥せいに気づかなくなっていますのでご注意を🎵 #知識情報を求めるばかりの読書は思考力を落とします、#ショーペンハウアーの「読書について」参照、#読書するのは他人の頭で考えることだと、#ホリスティックな健康観、#からだのメカニズムは複雑系、#量子論の罠にはまらない、#健康イコール幸せの実現をサポートする医療 ホリスティックin 南砂町おだやかクリニックさん(@inohirog)がシェアした投稿 - 2018年Sep月6日am4時28分PDT

      7
      テーマ:
  • 26Aug
    • Reading one of my pet books over some coffee...

      Reading one of my pet books over some coffee☕ #私の医学観の源泉の一つ、#つまらぬ新刊書より古典、#マルクスアウレリウス、#ストア派、#この本からの学びも私のホリスティックな健康観に、 ホリスティックin 南砂町おだやかクリニックさん(@inohirog)がシェアした投稿 - 2018年Aug月25日pm4時00分PDT

      1
      テーマ:
  • 15Aug
    • Paddy fieldIt makes me feel like we're par...

      Paddy field🍚 It makes me feel like we're part of nature. #ホリスティックな健康観、 #二元論を超えた医学、#線形ではなく非線形、#量子論の限界は意識の外には抜けられないこと、#動的平衡的生命観、#副腎疲労、#分子整合医学、#サプリで成分を補うだけで健康になれるほど私たちの体は単純ではない ホリスティックin 南砂町おだやかクリニックさん(@inohirog)がシェアした投稿 - 2018年Aug月15日am2時35分PDT

      3
      テーマ:
  • 13Aug
    • 指を立てたらトンボが・虫女と言われるだけあって虫の扱いに馴れている娘#私たちも自然の...

      指を立てたらトンボが・ 虫女と言われるだけあって虫の扱いに馴れている娘😓 #私たちも自然の一部、#ホリスティックな視点、#見えないプロセスが大切 、#本質をすぐに捉える 、#ゲシュタルト心理学、#岩手県二戸郡一戸町 、#今日からお盆、#医療法人順齡會 、#おだやかライフ内科クリニック 、#赤坂おだやかクリニック 、#南砂町おだやかクリニック 、 ホリスティックin 南砂町おだやかクリニックさん(@inohirog)がシェアした投稿 - 2018年Aug月12日pm6時05分PDT

      テーマ:
  • 06Aug
    • 久しぶりに家族で散歩をかねて日曜日の散歩をしました#こまめな水分摂取では熱中症は予防で...

      久しぶりに家族で散歩をかねて日曜日の散歩をしました☀️ #こまめな水分摂取では熱中症は予防できない、#年々夏場の風邪が増えます、#病名をつけられない症状の訴えが増えています、#症状の背景の見えないプロセスに目を向ける、#スピリチュアルに逃げない、#唯物的な現象に逃げない、#心と体は境界がない、#癒しに目を向けすぎ病気の本質を見逃さない、#心身一元論、#分子整合栄養医学 、#大切なものは目に見えない、#ホリスティックな健康観 、 ホリスティックin 南砂町おだやかクリニックさん(@inohirog)がシェアした投稿 - 2018年Aug月5日pm5時36分PDT

      1
      テーマ:
  • 05Aug
    • 健康のために「情報」、「知識」に目を向けすぎてませんか?

      南砂町おだやかクリニック院長の、いのひろです。最近、「教養主義」とか「教養」ということを耳にしたり、目にしたりすることがあります。決して人文系の話をしようとしているわけではありません💦いくらビジネス書をたくさん読んでも、医学情報、医学関係の書籍を読んでも「知識」は得られるかもしれませんが、「教養」は得られないでしょう。私がかかわる医療において、患者さんと向き合えば向き合うほど「知識」よりも「教養」がなければ対応できないと感じることが年々増してきました。では、「教養」とは何でしょう?昨今、教養に関わる書籍が増えたような気がします。それだけ今の状況が「知識」だけではどうにもならないことを暗に示しているように感じます。私の個人的な解釈ですが、「教養」はその体系に含まれる内容、コンテンツの正しさに常に疑問を持ち、また間違いを修正することも厭わず、その体系の外にあるものにも開かれた考え方といった感じでしょうか?一方、「知識」はその体系の中でだけの正しさを示す内容、コンテンツ。その体系から外れるものは正しくないと排除する限定された情報といったニュアンスがあります。私の関わる医療においては特に、「情報」が巷にたくさん流布しているために、それらを「知識」として一生懸命吸収しようとしている人も目にします。「知識」、「情報」は大切かもしれませんが、それらをいくら積み重ねても健康に到達することはないでしょう。また健康に貢献しようとする私を含めた医療者、治療家の方々も「知識」、「情報」では患者さんや不調な人の健康に資することはできないでしょう。ですから、分子整合医学の知識に基づいていくら栄養素を補っても、それは栄養素を補っているのではなく、『栄養素がもたらす「情報」を体に取り入れている(と思いこんでいる)』だけです。ただ、意味がないといいたいのではありません。私も患者さんの指導の中で分子整合医学的な観点から栄養素やサプリメントのお話をします。それ自体は、患者さんにとっては「情報」、「知識」にすぎません。またいろんな「情報」、「知識」があると、鵜呑みにする人もいる人もいれば、反発する、否定する人もいます。それは、上で述べた「知識」というものがそういう体系だからです。だから、健康を考えるうえでも「教養」が必要なのだと思うのです。「教養」は決して、「情報」、「知識」を排斥するものではなく、また鵜呑みにするものでもないからです。それは「教養」が上で述べたような意味があるからです(あくまでも私の解釈です)私たちの体もメカニズム、システムですがそれは機械とは違い、もっと精緻で複雑で、「情報」、「知識」で扱えるほど単純なものではありません。理論だけではコントロールできないのが、複雑系のシステムの特徴でもあります。経済システムもそうですよね。日銀総裁の黒田さんが、日本の経済、物価を金融政策の修正で何とかしようとしてもこの複雑な経済システムがうまく反応しないのも明らかですが、生命体はもっと複雑なシステムからできていますから。今朝、こんな文章を手元の本で目にしました。「自然はわれわれの長所と同時に欠点にもうまく適応してくれる」(森の生活 ヘンリー・D・ソロー)体という自然に、ゆだねることも大切かもしれません。私たちの体は、「情報」や「知識」で理屈通りに反応する単純なメカニズムではなく、自然の一部ですから。

      3
      テーマ:
  • 27Jul
  • 25Jul
    • まず取り組みやすい腸を整えることが大切です。基本は食事。ストレスも腸内環境に影響しますから...

      まず取り組みやすい腸を整えることが大切です。基本は食事。ストレスも腸内環境に影響しますからね🎵 #遅延型フードアレルギー検査 、#腸内カンジダ 症、#有機酸尿検査 、#尿中重金属検査 、#毛髪ミネラル検査、#唾液コルチゾール検査 、#デトックス、#化学物質過敏症、#グルタチオン点滴、#アルファリポ酸点滴 、#キレーション、#高濃度ビタミンC点滴 、#マイヤーズカクテル点滴、 ホリスティックin 南砂町おだやかクリニックさん(@inohirog)がシェアした投稿 - 2018年Jul月25日am7時13分PDT

      2
      テーマ:
  • 15Jul
  • 10Jul
    • 定期的な感染症発生動向調査がクリニックに送られてきます。夏を思わせる感染動向ですね。こ...

      定期的な感染症発生動向調査がクリニックに送られてきます。 夏を思わせる感染動向ですね。 これからはエアコンで風邪が増える季節でもあります。 本来なら風邪が減る時期なのですが・・・ #夏風邪ウィルスによる感染症、#手足口病、#ヘルパンギーナ、#プール熱、#目に見えないからウイルス性の胃腸炎というのは短絡的診断です、#東洋医学的視点も組み合わせる、#エアコン風邪なんて言葉ある?、#夏場の風邪薬使用が熱中症のリスクにも、#熱中症と脱水症を混同した情報に注意、#塩分制限と良く言われますがこの時期に汗でも失われますが、#しっかり良い塩を汗で失う分を補いましょう、#いい加減診断しないで抗生剤処方するのをやめませんか? ホリスティックin 南砂町おだやかクリニックさん(@inohirog)がシェアした投稿 - 2018年Jul月10日am1時20分PDT

      1
      テーマ:
  • 04Jul
    • 夏なのに、「体を冷やさないように」と患者さんにお伝えする違和感#咳の中にはマイコプラ...

      夏なのに、「体を冷やさないように」と患者さんにお伝えする違和感😓 #咳の中にはマイコプラズマ感染症も紛れ込んでることがあるので注意、#風邪の鼻水に抗ヒスタミン薬は無意味、#まだまだ子どもの風邪に抗ヒスタミンを出されているのを良く見かけます、#副腎疲労 、#知識や情報だけでは健康になれません、#ホリスティックな健康観、#ゲシュタルト、#医療法人順齡會 、#見えないプロセスをみつめる医療 ホリスティックin 南砂町おだやかクリニックさん(@inohirog)がシェアした投稿 - 2018年Jul月4日am7時02分PDT

      1
      テーマ:
  • 03Jul
    • 病気の見えないプロセスの背景にある、自律神経、免疫、ホルモンの働きを説明するのに良く使う...

      病気の見えないプロセスの背景にある、 自律神経、免疫、ホルモンの働きを説明するのに良く使うシェーマです。 それぞれが単独のシステムとして働いているのではなく、お互いが相互に影響を与え合い、また1つのバランスが崩れると残りの2つにも影響を及ぼします。 #福岡伸一先生、#動的平衡、#西田幾太郎の哲学と福岡伸一先生の生命観、#見えないプロセスをみつめる医療 、#大切なものは目に見えない、#星の王子さま、#直観を生かした医療、#暗黙知、#ディープスマート、#この時期に引く夏の風邪と夏風邪は別物です、#薬を漢方に変えるだけなら対症療法に過ぎません ホリスティックin 南砂町おだやかクリニックさん(@inohirog)がシェアした投稿 - 2018年Jul月2日pm9時17分PDT

      テーマ:
  • 01Jul
    • 健康も世の中も点ではなく全体として捉える

      皆さんこんにちは。南砂町おだやかクリニック院長の、いのひろです。最近のニュース、事件を見ていても、初めから悪者捜し、原因探しばかりでなんだかうんざりします。常々思うのですが、問題の原因を点で捉えようとすると本質的なことを見落としてしまうように感じます。言い古された言葉ですが物事はバランスで相反する面が寄り添っています。その相反する二つを受け入れない考え方は、バランスが欠けていますし片手落ちです。自分の周りに悪いものは少ない方が良いですが、良いものだけで周りを満たそうとすることにも危ういと感じます。たとえば私が関わる健康・医療のことで考えてみましょう。悪いものを減らして良いものを取り入れることは確かに大切かもしれません。実際減らさなければならないものがあるのは事実です。では、自然、オーガニック、天然なもので満たせばどうなるでしょう?さらに、アンチエイジングに取り組めば未来の健康は保証されるのでしょうか?私自身、日本抗加齢医学会の会員ですが、アンチエイジングの視点で片手落ちかな?と思うのが、「どうやって死を迎えるのか?」という視点が抜けている点です。健康に年を重ねるために無用なものを取り除くことの必要性は重々承知しています。健康長寿を目指すのは良いのですが、どうやって最後(寿命)を迎えるのでしょう?ピンピンコロリとは限りません。また、アンチエイジングに取り組んでも癌になる方はおられます。健康長寿にだけ目を向け、アンチエイジングに取り組んでいた人が癌になった時の絶望はいかばかりでしょう?このように医療においては、健康に生を全うしつつも、抗えない病気、死とも向き合うという二つの視点が大切です。ミメントモリという言葉をきたことはありますか?「死を意識せよ」、という意味です。「死を恐れろ」、ということではありません。生にばかり目を向け、死から目をそらすとしたら、それは片手落ちです。生死だけでなく、食事も、人も、考え方も、何でも相反するもので調和が保たれています。だからこそ、医療においては“生から死までも丸ごと捉えるホリスティック医学”の視点がとても大切だと感じています。帯津先生の言葉のパクリですが💦そういえば、帯津先生は従来のホリスティック医学は、「小ホリスティック医学」であったと、昨「大ホリスティック医学」を提唱されていますね。医療に限らず、これからは物事を点で捉える思考から脱却する時代なのでしょう。自分の気に入った者、人で周りを囲み、そうでないものを排除する、避ける、否定し非難するやり方には本当の意味での調和はありません。だからホリスティックという(全体として捉える)言葉に時代性があるのかもしれませんね。

      4
      テーマ:
  • 26Jun
    • Is it rainy season, isn't it?It's not so hum...

      Is it rainy season, isn't it? It's not so humid with fresh air patting me on the face🎵 #咳に風邪薬も抗生剤も効きません、#殆んどの人は気候やエアコンなどの人口環境に反応している人、#広い意味でアレルギー、#アレルギー検査でアレルギーを診断しようとすると判断を誤ります、#最近副腎疲労の話をしても通じる人が増えました、#副腎疲労はホリスティックなアプローチが大切、#見えないプロセスをみつめる医療 ホリスティックin 南砂町おだやかクリニックさん(@inohirog)がシェアした投稿 - 2018年Jun月26日am5時06分PDT

      2
      テーマ:
  • 18Jun
    • ”フジテレビ系列 ニチファミ「ドクタージャッジ」に出演します。”

      みなさんこんにちは。南砂町おだやかクリニック院長の、いのひろです。当会の西澤理事長が、6/24(日) フジテレビ系列19:00~21:54 放送の「ドクタージャッジ」に20人のドクターの一人として出演します。巷にはさまざまな健康法が溢れています。そういう健康法に、参加するドクターがジャッジします。一般的には正しいと思われていても、実はあまり意味がないこともあります。理屈、理論に捉われず、目の前の一人ひとりの患者さんにとってどうか?を考えると・・・自ずと答えは出てきます。お時間のある方は是非ご覧ください。

      7
      テーマ:
  • 03Jun
    • Nice view昨日は開港記念祭でごった返していたようです。#これから夏に向けて冷...

      Nice view🎵 昨日は開港記念祭でごった返していたようです。 #これから夏に向けて冷えがきたす症状が増えます、#溶連菌ちらほら、#診断つけずに抗生剤出すのはバツ、#抗生剤は菌を殺す薬で炎症止めではありません、#お子さんを持つ親御さんはだいぶ抗生剤についてご理解頂けるようになりました、#副腎疲労、#おだやかライフ内科クリニック 、#赤坂おだやかクリニック 、#南砂町おだやかクリニック ホリスティックin 南砂町おだやかクリニックさん(@inohirog)がシェアした投稿 - 2018年Jun月3日am12時33分PDT

      1
      テーマ:
  • 01Jun
    • 健康に興味はありません

      南砂町おだやかクリニック院長のいのひろです。ぶっきらぼうなタイトルですみません。一般的に健康というと・・・血圧が下がった、血糖が下がった、癌が小さくなった、肌の張りが良くなった、痛みが消えた・・・どちらかというとネガティブなものがなくなるイメージです。健康になれないのだろうと悩んでいる方が注意しなければならないのは、元々病弱だったり、慢性の病気を克服された方の健康観に触れたときかもしれません。「私は“この方法で”健康になれた。だから、あなたも健康になれる」といった健康論を主張する方もおられるかもしれません。実際、そのような成功譚を真似てうまくいく人もいるでしょう。でも、多くの人は健康法を真似ても思ったような効果は得られないのではないでしょうか。その為にかえってネガティブに陥るかもしれません。さらに手当たり次第に巷の健康法を試すことになるかも知れません。これでは成功を目指してビジネス書を読み漁るのと同じです。巷に溢れる平積みのビジネス書を見ても分かるように、次々と成功法が出てきても、世の中が成功者で溢れていません。私もかつては手当たり次第にビジネス書を買い漁っていたことがありましたが、今では手元のビジネス書は殆ど捨ててしまいました。それと同時に、健康に関する本も大半は捨ててしまいました。確かに、短期的なゴールが大切なのは言うまでもありません。でも、いつからビジネスの成功のように、“ゴールとして”健康を目指すようになってしまったのでしょうか?健康にはもっと違った向き合い方があるように思います。そういえば先日、日本抗加齢医学会に出席して参りました。通常の医学系学会と同様細胞、分子レベルの話から、所謂アンチエイジング的な話など幅広いテーマで発表がありました。病気にフォーカスを当てた通常の医学系学会よりも、参加していて気持ちもポジティブになりますね。でも、健康をゴールや到達点としてポジティブに目指すことだけが果たして良いのでしょうか?ポジティブに目を向けすぎると、その裏にあるネガティブから目をそらすことになるように感じるのです。日本のホリスティック医学の草分け、帯津良一先生もどこかの本の中でこんなことを仰ってました。「人間とは悲しいもの」決して否定的な意味で帯津先生はこのように仰っているわけではありません。人間は死に向かいつつある存在(ある意味ネガティブ)だからこそ命ある限り、生を充実させよう(ポジティブ)という意味を含んだ言葉と私は理解しています。病気か健康か、生か死かという二元論ではなく、病気/健康、生/死という一元論で捉えようという健康観とも言い換えられるかも知れません。一元論というと言葉が難しいですが、相反するものが寄り添うものとして捉える考え方と言い換えてもよいかも知れません。帯津先生が、ホリスティック医学を生も死も”まるごとあつかう医学”と仰る、”まるごと”と健康の一元論は同じ意味ではないしょうか。タイトルの、「健康に興味はない」は、ゴールとして目指すような健康に、私は興味がないと言いたかったのです。到達できるかどうか分からない長期的なゴール(いわゆる健康)を目指すのではなく、今というこの一瞬一瞬の生を充実させる=幸せを感じることができれば、薬を飲んでいようが、癌がからだに残っていようが、抗がん剤治療を受けていようが、点滴療法でアンチエイジングをやっていようが、幸せを感じていられるなら、その人にとって健康なのだと思います。帯津先生の言葉と自分の言葉を比べるのはおこがましいのですが、私がいつも申し上げる、「健康イコール幸せ」というのも実は似たような意味を含んでいます。最後は迎える生命体の死から目をそらすことなく、生を充実させる。それこそ、「健康イコール幸せ」の実現を目指すことです。バランスの良い食事をとる、サプリメントをとる、点滴療法を受ける、ナチュロパシーを実践する、食品添加物をさける、からだに悪いものを入れない、代替医療を取り入れるetcどれも手段であって、「健康イコール幸せ」の為の手段の1つに過ぎません。そのことを見失うと、食品添加物をとらないこと、薬を絶対飲まないことetcが目的になってしまいます。私はそのような手段が目的化するような、“狭い意味”での健康に興味はありません。医者の不養生と言う言葉があります。一般的には、人の健康をあずかる医者が自分の健康を損ねる、ことを指します。でも、私にはもう一つ別の意味があるように思うのです。それは、「医者自身は養生からは離れた存在でなければならない(養生不要)」医者は不摂生でよいのではなく、サプリメントを使わないとか自然療法をしないということでもなく、そんなこと意識しないでも「健康イコール幸せ」を実践する存在たるべきこと、と言う意味ではないかと。さて、皆さんは何のために健康情報を集め、実践されていますか?情報量に比例して健康になれるわけではないのですよ。もう一度、健康の本当の意味を考え直してみませんか?

      3
      テーマ:
  • 23May
    • 分かりにくいですが、溶連菌検査陽性です。子供だけでなく大人の方もかかります。因みにこの検...

      分かりにくいですが、溶連菌検査陽性です。 子供だけでなく大人の方もかかります。因みにこの検査は大人の方です。ただ喉赤いというだけで、適当に数日抗生剤出されて治ったと思ったら再発、結局余分に抗生剤を飲むことになっている方も内科では時折見かけます。 #正式名称はA群β溶血性連鎖球菌という長たらしい名前です、#よくかかるお子さんはこの菌が常在している可能性あります、#溶連菌治療後の尿検査は昔はしていましたがあまり意味はありません、#ありふれた菌ですが思わぬ合併症もあるのでご注意を、#抗生剤治療後の腸サポートを、#時期的に増えてます、#抗生剤を使わない溶連菌治療どなたか教えて下さい、 ホリスティックin 南砂町おだやかクリニックさん(@inohirog)がシェアした投稿 - 2018年May月23日am3時18分PDT

      3
      テーマ:

プロフィール

holistic88

性別:
男性
自己紹介:
皆さんはじめまして!! 私はこれまで小児科医、内科医としてたくさんの患者さんと出会ってきました。 そ...

続きを見る >

フォロー

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス