北陸で初期仏教を学ぶ会/北陸ダンマサークル

北陸で初期仏教を学ぶ会/北陸ダンマサークル

2500年前のお釈迦様の本来の教えである初期仏教をあるがまま勉強するサークルです。石川・富山・福井県のメンバーで活動しています。

ご無沙汰しています。世話役の堀口です。

これまでコロナの影響で勉強会ができませんでした。今後もまだ、先生に来ていただいての勉強会はできるかどうかわかりません。

そこで、オンラインによる勉強会を主軸にしていこうと思っています。つきまして、7月は次の日程で、2回オンライン(ZOOM)によるミーティングを行います。

この2回のミーティングが勉強会の代わりになりますので、どちらかには必ず出席して下さい。

●日程
7/11(土)17:00~
7/18(土)10:00~

●目的
・ZOOMがつながるかどうかチェックすること
・次の世話役について

●オンラインミーティングのやり方
ZOOMというツールを使います。ミーティングの直前に、あなたの北陸ダンマサークルのメーリングリストから、専用のURL(リンク)をお送りします。
それをクリックしていただいたらミーティングに参加できます。
あなたは基本的に何もやらなくてOKです。

●予告
今後勉強会のやり方がガラリと変わる可能性があります。
つきまして、あなたの意見も聞かせていただきたいので、
2回のうち、少なくともどちらか一方には必ず参加して下さい!
4月・5月はコロナの影響で、勉強会をお休みさせていただきます。

またコロナが収束しましたら再開しますので、楽しみしておいてくださいね。

こんにちは。
3月の勉強会ですが、コロナウイルスの感染を懸念して、お休みにすることにしました。

もし楽しみにされてたなら、申し訳ありませんでした。

なお・・・

先月までの、勉強会で学んだことは「勉強会の復習」にまとめました。また、ご覧くださいね!


今月は第9章「悪の章」の続きでした。悪の章は、善と悪を対比して語られるのが特徴的です。今月は123の詩を解説いただきました。

123.
Vāṇijova bhayaṃ maggaṃ, appasattho mahaddhano;
Visaṃ jīvitukāmova, pāpāni parivajjaye.

この詩の意味はこんな感じです。

同伴する者が少ない(appasattho)のに多くの財産(mahaddhano)を持つ商人(vāṇijova)が危険な(bhayaṃ)道(maggaṃ)を避けるように、生き続けたい人(jīvitukāmova)が毒(Visaṃ)を避けるように、悪(pāpāni)を避けるべき(parivajjaye)です。

とても分かりやすい詩ですね!

もし、あなたが大金を持っていて、それを運ばなければならないとしたらどうしますか?
きっと鍵がかかる金庫に入れるとか、安心できる銀行に預けるとか、そういうセキュリティをきちんとしますよね?そんなの当たり前ですよね?間違っても、大金を裸で持って、わざわざ治安の悪い場所を通ることはありません。

また、明日も生きようとする人が、わざわざ毒を飲むことはまずありえませんよね?生き続けたければ毒を飲まない。当たり前ですよね?

それと同じように、幸せになろうと思う人が、悪を犯さないことは当たり前だというわけです。

我々にとって「当たり前だ!」と思うことと対比することで、悪を犯さないことがいかに幸せになるための当然の条件であるかがひしひしと伝わってきます。

先月の、勉強会で学んだことは「勉強会の復習」にまとめました。また、ご覧くださいね!




●当日の勉強会
日時2月1日(土)9:30~16:00
内容スダンマ長老による勉強会
スケジュール9:30~11:00 ダンマパダ
11:00~13:00 食事のお布施&昼休憩
13:00~16:00 十二縁起
場所金沢市異業種研修会館
石川県金沢市打木町東1400

会費1000円+お気持ち





●スマナサーラ長老とは


●スダンマ長老とは