銀二貫を読んで(ネタバレ無し) | ”保険のススメ” スタッフブログ 保険の相談で本町、淀屋橋なら

”保険のススメ” スタッフブログ 保険の相談で本町、淀屋橋なら

大阪市中央区で2店舗営業中の「保険のススメ」スタッフによるブログです☆気軽に相談できる保険屋さんを目指しています♪生命保険の見直し・無料相談で本町、淀屋橋、大阪なら保険のススメ。堺筋本町と長堀橋、御堂筋線本町が最寄り駅です。毎週火曜日更新


テーマ:
こんにちはー星中村です。
最近読んだ本が大変良かったので、
今回は本の紹介です!

「銀二貫」

著者は髙田郁さん。
「大阪の本屋と問屋が選んだ ほんまに読んでほしい本」を選ぶ
「Osaka Book One Project」の第1回受賞作品に選ばれています。

江戸時代の大阪の寒天問屋のお話です。
仇討ちで父をなくした鶴之助を、この寒天問屋の主人が銀ニ貫で救い、
鶴之助はその後の様々な出来事の中で成長していく、
お店もいろいろな事態に直面し、それを乗り越えていく・・・

というような大筋なんですが、
私の説明では全く良さが伝わらないと思うので涙
どうしたものか・・・


魅力的な登場人物、大阪商人の誇りに数々の名言と
見どころありまくりな内容となっていまして、
主人公格の松吉(鶴之助から改名)をみていると
仕事や人生頑張ろう(笑)と思える内容なので
就職活動中の学生さんや、若手のサラリーマンの方にもオススメですきら

商人が何よりも大事にせなあかんのは、他人さんの自分に対する信用とは違う。暖簾に対する信用なんや。奉公人が己の信用を守るために実を通して暖簾に傷がつくのんと、己の信用は無うなっても、暖簾に対する信用が揺るがんのと、どっちが商人として真っ当か、ようかんがえてみ。
P61 寒天問屋主人 和助の言葉
↑↑
(決して、会社のために罪をかぶれというブラック企業の話じゃないですよアセ
ネタバレになるので詳しく書きませんが、個人の利益だけを頑なに守って店を潰しては意味が無いでしょうというような意味です。)

人にはそれぞれ決着のつけ方、いうものがある。刀で決着をつけるのはお侍。算盤で決着をつけるのが商人。刀で命の遣り取りして決着をつけるのが侍なら、知恵と才覚とを絞って商いの上で決着をつけるのが商人なんや。(中略)商人にとって一番恥ずかしいのは、決着のつけ方を間違うことなんやで
P160 寒天問屋主人 和助の言葉
など、心に感じる言葉も多く登場し、
読後感も近年稀にみる満足感で幸せでしたきらきら

タイトルが「銀二貫」なんですが、
これが、読み終わると”これ以外考えられない”と思えるタイトルになっていまして、そういった面でも感動的ですにへ


笑いあり、感動有り、涙ありの
「銀二貫」
興味を持たれましたら是非皆さんも!!


(今度ドラマになるらしいです)


お問い合わせ・ご予約はお気軽に 0120-945-541 まで☆
---------------------------------------------------------
保険のススメタイトル
http://www.hoken-no-susume.com/ 

こんな事でお困りなら是非保険のススメへ!
いま入っている保険ってどんな保障内容?
職場で特定の保険会社から提案を受けているけれど、自分にあっているのか相談したい。
 色々な保険会社の商品水準を見た上で検討したい
 結婚・出産・転職等を機に、保険料や保障を見直したい!
 すぐに保険に加入する気はないけれど、知識として色々知っておきたい

保険のススメさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス