マシュー君のメッセージ October 17, 2018

ここにいる全てのソウルから愛をこめて挨拶をします。マシューです。先ずは、読者が一番気にかけていることから始めましょう。最初は、義務付けられている子供たちのワクチン接種です。ETの特別部隊の科学者たちは、ワクチンの毒性を可能な限り中和しています。ですが、就学前に必要とされているワクチン接種に反対し続けることは、多くの子供たちに自閉症なような症状を引き起こすこの習慣を終わらせるために必要なことです。体の化学的組織や免疫組織は水銀によってストレスを受けます。そして、特に傷つきやすい子供たちは神経に障害が起き、非常にまれな病気である自閉症によく似た症状を発症します。健康管理の専門家の推薦によって行われるワクチン接種を拒否することは、そうした習慣に反対する運動に拍車がかかります。ワクチンを推薦する専門家たちは、ワクチン製造会社から報酬を受けたり、インフルエンザや他の様々な予防接種は人々の健康管理に必要なものだという嘘の主張を信じている人たちです。


 

さらに言うと、ワクチンは、最初の薬剤同様、人々のために作られました。人のため発明されたどんなものも、悪意を持った目的のために利用することは可能です。イルミナティは文明発展のすべての段階で、悪意を持った利用をしてきました。


 

二つ目の問題は、高速で広いバンド幅を持つ、5G無線テクノロジーです。通信事業の、この新世代の技術は開発途上で、試験的に実践採用されている段階です。宇宙家族のメンバーたちは、体に及ぼす電波の影響を軽減してくれています。この電波の影響を受けている人はまだ比較的少ないですが、5G器具が大量に生産されたら、宇宙家族のメンバーの支援もその分増えるでしょう。大きな要素は体内にある光の量です。光の量が多いほど周波数も高くなりますし、電波による影響も少なく済むのです。


 

人々が、ワクチンや、電波が体内の電気システムに影響を与えることに関する事実を知ったら、人々の要求により、必要のないワクチン接種は中止となり、電子器具も健康への安全が最重要課題となるデザインとなるでしょう。


 

前回の私たちからのメッセージで、アメリカ大統領トランプ氏に関する問題を簡単に述べました。大統領の資格に欠けているとか、しっかりした判断ができていないとか、国の発展が逆行しているとかいうものです。私たちのメッセージに対して、多くの同様な意見がありましたが、そのような意見のいくつかを以下に簡単にまとめてみました。それを見ると、あなたたちは説明を求め、私たちがそれに応える必要があることがわかります。


 

「彼の行動を見ていると、彼がイルミナティを破壊するという、重要な仕事をするような人にはとても見えません」「彼は自分自身に関する以外のことには無頓着のように思えます。マシューさん、このことに関して説明してください」「トランプ氏の嘘は病的です。国際的なグループで彼を信じることができるものはないのでは?」「マシューさん、ホワイトハウスにいるあの男について、どうか詳しく解説してください」「私たちの大統領の言葉や行動は「光」からかなりかけ離れているようですが、どうしてこれが是正されないのですか?」「マシューさんがドナルド・トランプを、悪者を壊滅させ、私たちを光のところに連れて行ってくれる人だと言うのなら、マシューさんには、あのように非常に不快な人間が、どうして世界を変えるような責任を任されたのか、説明する義務があります」


 

「わたくしが理解できないのは、あのようにナルシストで、女性嫌いで、人種差別をする嘘つきで、おまけに気取り屋で粗野な男に、投票した人がいるということです。彼が選挙運動を始めた瞬間から、彼がどのような人間であるかは明白だったではないですか」「マシューさんが、このことは最善なのだと感じるのなら、ドナルド・トランプが今までしてきたことは、環境や健康、福祉など多くのアメリカ市民に役立つ多くのプログラムを破壊する行動であり、最善とは全く真逆なことをしていることについて、どうか説明をお願いします」「アメリカの人たちが、どうしてドナルド・トランプのような人を大統領に選出したのか、私にはまったく理解できません」「彼が愛のエネルギーに全く反対のことを世界に行っていながら、イルミナティをやっつける人であり得るのか、どうか私に説明してください」「トランプ氏は、私たちの国に多くの怒りの原因を作り出し、人々を分裂させた、実に嫌な人です。このように道徳の崩壊した人物がなぜ、大統領に選ばれたのですか?まったくおかしいですよ」「私はこの国の政治の指導力をこころから信頼したいのです。でもその指導力には整合性が欠如していることがわかりました。私たちが信頼をおける人はいったい誰ですか?」


 

私たちは先ず、ドナルド・トランプに対する私たちの愛は無条件の愛だと言っておきます。この愛は地球上のどの人への愛と同じものです。上記の質問やコメントに対応する際には、トランプ氏に対する審判や批判はせずに、私たちが彼について知っていることを率直に述べるだけです。


 

彼が大統領選挙に参加した時に、他の大統領候補と違って、彼にはサポートの基盤がありませんでした。基盤を作るために、彼は化石燃料産業や銀行業界の主要人物が無くして欲しいと思っている規則を廃止するという公約をしましました。これがこうした業界に受けることを知っていました。彼の公約は、ほかの人たちにも受けました。それは、低い税率を望んでいる金持ちや企業の役員たち、自分の宗教の信条が法律化されることを望んでいる人たち、アメリカに移民者が入ってくるのを望まない人たち、それに、ほかの人たちは繁栄しているのに、自分たちは政府に見捨てられていると感じている多くの人たちです。そのような幅広い有権者を満足させるための法律や規則を発動するこは、前の政権が行ったことをできる限り無効にするというトランプ氏の目的と、完全に一致していました。


 

私たちの知る限りでは、彼はイルミナティという名前を知っていません。彼がよく口にする「不正直なヒラリー」は「悪の粛清」のような意味があり、「メキシコとの国境に壁を作る」というスローガンは、同じような考えを持った人たちを引き寄せ、彼のサポーターになるよう仕組まれています。彼が言ったヒラリーの「不正直」はその通りなのですが、彼にはそがの裏付けがありませんでした。でも最近その証拠が出てきました。私たちは、ヒラリーが監獄に入れられることを、トランプ氏が望んでいること知っています。そうなれば、彼は「どうだ、私の言った通りだろう」と言えるからです。そのような自己満足的な理由は褒められるべきことではないのですが、だからと言って、それが、イルミナティのすべての行動を終わりにさせる努力をしている国際的なグループのメンバーにトランプ氏が入っているということに何の関係はありません。先に述べたように、彼が大統領の責務を行っているということが大事なのです。そのグループの別な人たちは、トランプ氏に対し、国の首長にふさわしい尊厳さを示して接触していますが、彼自身に対しては尊敬の念はほとんどありませんし、彼らが何かを明かすことことにはかなり慎重です。しかし、彼らはトランプ氏の協力は、彼らにとって不可欠であることを知っています。それは、イルミナティの上層部のほとんどが市民である国のリーダーがトランプ氏で、イルミナティのメンバーはその国の法律によって裁かれるべきだからです。

ドナルド・トランプの人柄ですが、彼の自己中心的な考え、事実を曲げてまでの自分自身や自分の功績の自慢、能力があまりない人でも彼を誉めてくれる人を採用するなどという行為は、心の深いところにある不安感や、自分は承認されたいという強い気持ちに由来するものです。それは彼の子供時代からある感情ですが、年を取るにつけますます強くなっています。このような感情が込み上げてきたときに、彼は恐怖を感じ混乱し、同じ言葉を繰り返したり、不明瞭な言葉になったり、言葉やジェスチャーが間違ったものになったりします。このような感情が込み上げて、自制心がなくなった数秒間、彼はそれを隠すために、同じ言葉やジェスチャーを意図的に繰り返すのです。それは、その言葉がが強調されたように見せるためです。でも、彼の思考回路は以前のようにシャープではありません。


 

他人を愛し尊敬するためには、先ず自分自身を愛し尊敬しなければなりません。一般の人には意外に思えるかもしれませんが、ドナルド・トランプは自分自身を愛し尊敬していないのです。ですから彼は愛とか尊敬、共感、感謝、愛情、寛容、それに他人の心配をするなどという感情を感じることができないのです。その代わり、彼は勝利したい、成功したい、統制したい、入手してそれを保持したいという気持ちに駆られるのです。彼は目的を達成するためには、法律とか道徳を一切無視します。そのような人がほかにいくらでも存在するのは確かなことなのですが、彼の富や民間事業、交友関係などは世に広く知られていますし、いまや大統領にもなったので、彼が特に脚光を浴びているのです。彼は今の立場を失うことを恐れています。彼の人前での空威張りや自己過信の背後には、失うことへの恐怖があるのです。恐怖の中に光は存在しません。


 

信用とは勝ち取るものです。人が信用を勝ち取れない行動をとれば、信用されないのは当然です。そうなれば、その人は放っておいて、信用できる人を信用すればよいのです。あなたの直感や本能、良心、霊感、熱望などを働かせてください。ソウルの導きに従って生きていれば、たとえ現況が満足できるものでないとしても、心の安堵が得られるものです。


 

それでは親愛なる家族の皆さん、アメリカ大統領への不安や疑いに関する問題を、どうかこれで終わりにしましょう。私たちは、皆さんのそうした感情を不当なものだと言っている訳ではありませんよ!でも、あなたたちのエネルギーを、光に満ちた考えや感情に使うほうがよほど良いことなのです。愛と同じエネルギーである光は、あなたたち一人一人の中にあり、その光が世界を変えていく力なのです。


 

「私たちだけで秘密結社を崩壊させることは不可能のように思えます。あなたやほかのチャネリングされたメッセージが言っているように、もしもETが私たちを助けてくれるというのなら、いったい何をしたら助けてくれるのですか?」


 

地球に存在するETの家族や、地球の周りにいる宇宙船に乗っているETの家族は、許されている範囲で、常にあなたたちを助けています。彼らは、皆さんの自由意志を妨げることをしてはならないのです。例外的に自由意志を妨げるときとは、創造主の命令による、核戦争の阻止をするときと、神が、ガイアの自由意志が選択した結果を尊重した、流行病の大規模な蔓延を防ぐ時だけです。


 

もう一つ考慮すべき点があります。地球は、そこで発生した文明の母国でもあります。宇宙の法律では、文明が、自分たちの好きな世界を作り、それを保持していくのは権利でもあり責任でもあります。しかし、かつて宇宙が経験したことのない今の時期に、他の文明が地球の人間を助けてもよいという権利を与えられ、あなたたちは、地球の人たちが、自分たちの好きな世界を作る力があることを認識すること手伝うボランティアになったのです。地球の人たちも魂のレベルでは、そのことを知っているのですが、意識のレベルではまだはっきり認識できていません。でもそうした認識は周波数が上昇するにつけて、だんだんはっきりしてきます。


 

意識が、内在する力を認識できていなくとも、これまでの人々の進歩は称賛に値するものです。あなたたちが光の道に決して外れることがないということが、この進歩にかけがえのない貢献をしているのです。世界中の村や町の状態が改善している様々な動きを考えてみてください。そうした場所の保健や教育、通信や多様文化の交流、環境保全、動物にやさしく接すること、慈善的援護や人道的支援、こうした難しい問題に、独創的な解決策を見つけだしてきました。そうした全ての功績は、秘密結社によって作られた貧困や破壊、偏見、それに暴力などを少しづつ減少させています。そして上記の国際的なグループは、秘密結社、つまりイルミナティに、非人道的犯罪に責任を取らせるよう努力しています。


 

宇宙船の乗員たちは、ETのテクノロジーを地球にもたらすだろうし、地球に住んでいるETたちが自らを明らかにすることは、確実に起きます。でもそれが起きるのは、秘密結社の世界規模のネットワークが崩壊した後です。これが起きるタイミングは神の手にゆだねられていて、その「時」は一般に「暴露(ディスクロージャー)」と呼ばれていて、それを決定づける要因は、すべての人の安全です。それが実現するのは、まだイルミナティの支配下にある軍の脅威が取り除かれた後で、しかも人々が別の世界から来た人々に会う準備ができてからです。周波数が上昇していることは全ての悪行をなくすことに役立っていますし、地球の人たちが、宇宙からの別な家族を迎い入れる重要な日に向けて、人々を意識的、霊的な準備させているのです。


 

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、この宇宙に広く存在する光の存在が、皆さんを無条件の愛を持てサポートします。そしてガイアとそこにある文明に対しての、あなたたちの心を尽くした奉仕に敬意を払います。


 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

愛と平和

Suzanne Ward
Website: 
The Matthew Books
Email: suzy@matthewbooks.com

訳文誉田