この世が、創造されたと信じるか否か。

ある所の機関の調査(2010年)によると、創造を信じる割合は次のようになるという。

もちろん、創造された方は、どういう神かと言う意味では、信じる宗教によって違うが、ともかく、この世が、創造されたのか、の問いである。

フィリピン 95%

インドネシア 80%

アメリカ 60%

韓国 50%

インド 99%

ノルウエー 30%

カナダ 60%

エジプト 99%

日本 1%?

 

この差は、なぜ生じたのだろうか。

教育制度によるものと思われる。

日本では、創造論、つまり神が世界を創造されたとは、まったく教えられていない。

そういう考え方もあるとも教えられていない。

教えられたのは、進化論である。

これが常識化されている。

また、アメリカでも進化論を教え始めた為、40%ぐらいに下がってきたといわれている。

わたしが、ホープ聖書学び会で、教え始めたとき、この進化論の教育が、大きく私達のメンタルに影響していることを、あらためて知る。

そういう意味で、日本は、ある意味、特別な環境にあると思う。

私もその影響下にあったのだろう。

わたしが、会社をリタイアー後、妻と二人で、カナダにロングステイしたとき、「あなたの信仰は

?」と聞かれ、「無信仰です」と答えた。

するとその方が「何でもいいから、少しでも知っている宗教を応えたほうがいい。でないと、あなたは不気味に思われるから。」と、いわれたことがある。

この方は、心配されて言われただけなのだが、日本人の背景を知ったような思いがした。

創造論について、学校教育されていない、考えたことがないということが、私達の特徴なのだろう。

ならば、福音の述べ伝えにおいて、キリストの贖いが、福音の最重要テーマなのだが、創世記について、あるいは進化論の矛盾について、説明していくことも重要なのだろう。

進化論は、すでに科学とはいえないという見解が、普及し始めており、それを説明していく必要がある。

昔、私達の学習したことが、すでに非常識になっているということは、一般の方々は、まだ、ほとんど理解されていないのだから。

 

このブログを読んでいただき感謝いたします。

一日一回クリックの応援をいただくと、とても励まされ感謝です。


にほんブログ