私達は、罪の原点を聖書から思い出す必要があるのだろう。

神が、唯一、これはしてはいけないということをしてしまった。

罪をおかしてはじめて、背負った罪の重さを知る。

「なんてことをしてしまったのか」と。

神は「あなたは、いったいなんということをしたのか」という。

アダムにとって、思いがけないものだっただろう。

始めての罪の意識。

「やってはいけないことをしてしまった。」

罪が、彼を恐れさせる。

神から隠れる。

3:10 彼は答えた。「私は園で、あなたの声を聞きました。それで私は裸なので、恐れて、隠れました。」

 

その恐ろしさへの対応は、2通りあるのだろう。

それを自分のせいにするのか。

あるいは、他者のせいにするのか。

自分の間違いを認めるのか、認めないのか。

結局、アダムはこう言った。

創世記3:12 人は言った。「あなたが私のそばに置かれたこの女が、あの木から取って私にくれたので、私は食べたのです。」

 

神のせい、妻のせいにしてしまう。

罪の性質だ。

「神様、あなたが、この女をわたしのそばに置かれたのです。

わたしは、お願いしたのではなく、あなたがそうしたのです。

そして、この女が、わたしにくれたのです。

わたしが、最初に食べたのではなく、私にくれたので、私は食べたのです。

つまり、そもそも私の責任ではないのです・・・」

アダムは、私達のモデルである。

罪の性質が、私達に及んでいる。

私達も、自分の罪をできるだけ、認めたくない。

間違いを認めたくない。

親、妻、他人、環境のせいにしてしまう傾向がある。

あるいは、神のせいにする。

罪の性質は悪。

人間の性質は悪なのである。

そのことを、聖書を通じて、よく踏まえる必要ある。

また、そんな人間の身代わりに死んでくださったイエスと、それをご計画くださった父なる神に、感謝し、賛美するしかない。

あとは、神とともに生きるだけ。

 

このブログを読んでいただき感謝いたします。

一日一回クリックの応援をいただくと、とても励まされ感謝です。


にほんブログ