聖書を読み続けることは、私達のように心の移ろいやすい、不安定な人間にとって、とても大事なことであろう。

だから、1テモテ4章13節にも、こう書かれてある。

「私が行くまで、聖書の朗読と勧めと教えとに専念しなさい。」

 

パウロは、人間として専念すべきことを、言っているわけだが、まさに聖書を学ぶことの重要性を述べている。

つまり、余計な事にわずらわされずに、聖書を読めと。

昨日のブログでふれたミカ書6.8も、大切な御言葉であるが、今朝読んだ詩編も、同じような大切な教えで、かつ励まされる聖句である。

37:1 悪を行なう者に対して腹を立てるな。不正を行なう者に対してねたみを起こすな。

37:2 彼らは草のようにたちまちしおれ、青草のように枯れるのだ。

37:3 主に信頼して善を行なえ。地に住み、誠実を養え。

37:4 主をおのれの喜びとせよ。主はあなたの心の願いをかなえてくださる。

37:5 あなたの道を主にゆだねよ。主に信頼せよ。主が成し遂げてくださる。

 

私たちは、生きる中で悪にあい、不正があり、嘘が蔓延した現代社会にぼやき、また、それらの人たちが、ぬくぬくと満足げに生きているのを見て、腹をたてる。怒りもおぼえる。

しかし、聖書では腹をたてるなという。

あなたは、善を行えという。

つまり、私たちが留意すべきは、世に腹を立てることではなく、神の教えに集中することである。

だから、ひたすら神の教えに立ち、飽きることなく善を行い続けることだ。

相手がだれであれ、誠意をもって対応することだ。

そして、ミカ書に「へりくだってあなたの神とともに歩む」とあるように、主をおのれの喜びとする生き方をすることだ。

そのように、ひたすら神と共に歩む限り、私達の願いは、神の願いになるのだから、それは、必ずかなう。主が、成し遂げてくださる。

だから、主から離れないようにしよう。

神とともに歩こう。

そして、主にすべてをゆだねよう。

 

こう思えたのも、聖書を読んで、思いを新たにできるからだと思う。

それだけ、聖書通読は、私たちには必須だろう。

そして、私たちは行う人になれる。

このブログを読んでいただき感謝いたします。

一日一回クリックの応援をいただくと、とても励まされ感謝です。


にほんブログ村