聖書は、人間はどう生きるべきかを、伝えてくれるが、旧約聖書には、ストレートにわかりやすい聖句も多い。

その多くの聖句の中でも、次の聖句がシンプルで、とても好きである。

ミカ6.8

主はあなたに告げられた。人よ。何が良いことなのか。主は何をあなたに求めておられるのか。それは、ただ公義を行ない、誠実を愛し、へりくだってあなたの神とともに歩むことではないか。

 

私は、この聖句を、生きる指針にしている。

なぜなら、この聖句は、神が私(人)に求めていることを告げているからだ。

人にとって、どう生きるのが良いか。

一番大事なことを、神は人に伝えようとしている。

だから、その前段の聖句を読むだけで、身が引き締まる。

 

そして、求めていることは、「ただ」これだけとおっしゃる。

しかし、それは一言一言、正しく重たい。

公義を行ない、誠実を愛し、へりくだって神とともに歩む。

それで、必要十分だと思う。

 

このブログを読んでいただき感謝いたします。

一日一回クリックの応援をいただくと、とても励まされ感謝です。


にほんブログ村