私たちが本当に喜ぶべきことは何か。

それは、わたしの名が、天に書きしるされていることである。

ルカ10.20

だがしかし、悪霊どもがあなたがたに服従するからといって、喜んではなりません。ただあなたがたの名が天に書きしるされていることを喜びなさい。

 

天国に行けるかどうかは、重大な関心事だろう。

イエスに天に書きしるされていると言われたら、こんなに喜ばしいことはないだろう。

私は、イエスに直接、言われたことはない。

しかし、聖書を読む限り、現状では大丈夫だと思っているが、確信しているわけではない。

私は慎重に考えている。というよりは、慎重に考えようとしている。

つまり、死ぬ直前の私の状態はわからないからだ。

私が、いろいろな試練も乗り越えて、黙示録3.5に書かれているような「勝利を得るもの」になっているかどうか、わからない。

もちろん、そうありたいと強く思い、信じ、神にゆだね、その為にベストを尽くさなければならないと思っている。

しかし、そうなる保証はない。

逆に、黙示録3.1に書かれてあるように「あなたは、生きているとされているが、実は死んでいる。」にならないように気を付けなければならない。

他人事とはいえない。

そうなる可能性は、自分にもあるからだ。

 

今、いのちの書に記されてあることを喜ぼう。

死んだ者に決してならないように、注意深く、心を見守っていかなければならない。

サターンの攻撃もあるだろう。

彼らに、すきを与えてはいけない。

また、自分自身に注意しよう。

この世に波長を合わせ過ぎないように注意しよう。

停滞は危険だ。

信仰を、毎日、毎日育て、信仰の武具を身にまとい、私たちは前進をし続ける必要がある。

その為にも、毎日欠かさず、聖書を読もう。

 

このブログを読んでいただき感謝いたします。

一日一回クリックの応援をいただくと、とても励まされ感謝です。


にほんブログ村