主にすべてをゆだねる、より頼むという、御言葉がある。

主に信頼し、すべてを神の御手にゆだねるということである。

神から、あなたの寿命は尽きる。じきに死ぬので、諸準備をしておくようにと、明快に啓示されたとき、あなたならどうするだろう。

その事が、ヒゼキヤ王におこる。

2列王記20:1 そのころ、ヒゼキヤは病気になって死にかかっていた。そこへ、アモツの子、預言者イザヤが来て、彼に言った。「主はこう仰せられます。『あなたの家を整理せよ。あなたは死ぬ。直らない。』」

20:2 そこでヒゼキヤは顔を壁に向けて、主に祈って、言った。

20:3 「ああ、主よ。どうか思い出してください。私が、まことを尽くし、全き心をもって、あなたの御前に歩み、あなたがよいと見られることを行なってきたことを。」こうして、ヒゼキヤは大声で泣いた。

 

彼は、神に命乞いをする。

彼は、今死ぬ事に納得せず、とにかく切に神に願う。

願い方がある意味、おもしろい。

つまり、「何々・・の理由で、今死なせないでもらいたい。」と言っているのではない。

あるいは、いったのかもしれないが、メインは、聖書に書かれてあるように、私のあなた(神)にたいする心と行いを思い出してくださいと祈り、そして泣くのだ。

ヒゼキヤには、神への忠誠心の確固たる自負があったのだろう。

「こんなにも、あなたに尽くし、あなたの為に行ってきたではありませんか。頼みます。私の願いをきいてくださいよ。お願いします。」と、子供が、わが父におねだりするような感じでもある。

また、父である神も、彼の言うとおりであることを知っており、神のご計画として決められていた寿命を延ばす。

20:4 イザヤがまだ中庭を出ないうちに、次のような主のことばが彼にあった。

20:5 「引き返して、わたしの民の君主ヒゼキヤに告げよ。あなたの父ダビデの神、主は、こう仰せられる。『わたしはあなたの祈りを聞いた。あなたの涙も見た。見よ。わたしはあなたをいやす。三日目には、あなたは主の宮に上る。

20:6 わたしは、あなたの寿命にもう十五年を加えよう。

 

こういうことは、とても珍しいケースだと思う。

それだけ、神とヒゼキヤとの関係は近かった。

旧約の時代でありながら、彼は大胆に、神に近づき主張する。

普段からそうだったのだろう。

そして、やるべきことを行ってきたのだろう。

神は、簡単に彼のいうことに応じているように思える。

それだけ、神は、自分との関係が近い人の意見を聞く。

ご自分の考えも修正する。

神は、一方的な方ではなく、私たちの考え方にも寄り添う方であることがわかる。

私たちも、彼のように、神に対して忠実に生き行い、そして大胆に御前にたち、とにかく祈ろうではないか。

 

このブログを読んでいただき感謝いたします。

一日一回クリックの応援をいただくと、とても励まされ感謝です。


にほんブログ村