朝のデボーションの時に、改めて啓示をいただいた。

散歩の時である。

それは

「自分の思いによらず

人への気遣いによらず

ただひたすら、神からの命を行なう」

である。

 

自分の思いが強ければ、神からの命と思ってしまう場合がある。

そう思いたいから、そうなるのであろう。

これは、大きな間違いの始まりとなる。

 

また、この世では、人間関係というハードルがある。

ついつい、他者にとらわれすぎになる。

クリスチャン間でも、同様で、影響はさらに強いかもしれない。

良い人間関係を、保ちたいがために、そうなる傾向がある。

妥協が生まれる。人への配慮が生じる。

また、抵抗が強まって来た時も、やはり、一人で進むことへの恐れから、人間に合わせる場合がある。

 

そうなってくると、神との関係は薄れてくるのだろう。

私達は、強い気持ちを持つ必要がある。

神から受けた召しを忘れず、神の御技、感謝だったことを一つ一つ思い起こそう。

そして、ただひたすら、神からの命を行おう。

 

もし良かったら、クリックしていただくと、とても励みになり感謝です。


にほんブログ村 ←

 

 

 

 

 

 

AD