昨日のブログで、次のように書きました。

「私達クリスチャンは、神を全面的に信頼しているが、神は、私達を信頼しているだろうか。

神は、私達の罪をゆるし、愛しているが、果たして信頼しているだろうか。

信頼の度合いは、濃淡があると思う。」

 

つまり、私達の言行一致の状況など、私達の信仰が、行いとなって結実しているか、ご覧になっているだろうと、考えています。

聖書に書かれているとおり、人は実によって判断できるからです。

 

このように、書きながら、もっと深いところの意味で、訂正しなければならないことに気がつきました。

それは、上記の「私達クリスチャンは、神を全面的に信頼しているが」の部分で、そうとも言えないのではないかということです。

つまり、

①どんな状況でも、いついかなる時でも、神を全面的に信頼し、より頼んでいる

②神を全面的に信頼し、より頼もうと心がけている

③神にもより頼んでいる、しかし、この世的なものにもより頼む

④必要に応じ、神にも願い頼む

等の段階があると思う。

①の段階を文字通りキープされている方は、まれだと思う。

①の状態をめざしながらも、正直なところ、心がけのレベルではないだろうか

さらに「神にも、より頼む」という思いがないだろうか。

つまり、私達は、まず、何よりも神を愛し、全面的により頼んでいるだろうか。困った時でも、順調な時でも、あらゆる時に、神を中心に置き、すべてを神にゆだねているだろうか。

 

すべてを神にゆだねている人には、神はどんな状況にあっても、彼を見捨てず、助け、神が完全に支配しサポートしてくださるだろう。神は、彼を大いに信頼し愛し、報いは大きいだろう。

つまり、まず、もっとも大切なことは、いつも、神を愛し信じ、より頼んでいるかということだろう。

聖書の第1の戒め「心を尽くし、思いを尽くし、力を尽くし、知性を尽くして、あなたの神である主を愛せよ」が、大前提として、求められるのだろう。

これでもかと・・・を尽くしてと、おっしゃられる神様の意図、そして人を愛するが故の、必至ともいえる神の願いが、伝わってきます。

 

その神様の願い、愛に応えているかが、まず、私(達)に問われてのだと思います。

そして、神様は、第2の戒めである隣人愛を、私(達)に期待し、それを私(達)が行うことを、求められます。神は、人を、それもえこひいきなく愛されているので。

 

つまりは、結局のところ、徹底的に神を愛し、人を愛することに尽きる。

 

もし良かったら、一日一回、感謝です。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD