再会とフラメンコライブ | 漫画家・浜口奈津子 Natsuko Navi 別館
2014-10-09 21:24:42

再会とフラメンコライブ

テーマ:エンターテイメント
ペタしてね読者登録してね




今日は昔うちの仕事を手伝って下さった現役漫画家の皆さん&現役でお手伝い頂いているMさんと新宿でランチしました。
最近これくらいの人数だとなかなか揃わなかったので、久しぶりに会ってすごく痩せちゃった人とか(笑)、すっかり昔の美人に戻って見違えた人もいて楽しい時間を過ごしました。


場所はアクセスを優先して、タカシマヤタイムズスクエアのベルギー料理のお店へ。
私、初めてベルギービールにチャレンジ。
一杯1000円位するんですけど(笑)、さすがに美味しかったです。
泡は、日本のもののようにこれみよがしにぶわっと空気を含んだ感じとは対照的、もったりしたクリーミーな泡。
味はフルーティーで、甘みを感じました。


時間があったので、そのまま階下のタカノフルーツパーラーで。
上の写真のマロンパフェ、もうパフェなんて10年くらい食べてない気がしますが、もう二度とタカノへ来る機会も無いかもと思って注文しました(笑)
だって、いつも強烈に行列しているんですもん。
一人だと絶対並ばない。


タカノで結構粘り(笑)、そのあとは三々五々、帰宅する人、お買い物する人。
私はOさんにおつきあい頂き、久しぶりのエルフラメンコへ。
神谷先生の「時々スペイン人のフラメンコも見て欲しい」というご意見にもっともだなと思い、どなたか一緒に行ってくれる人を募集したのです(^_^;
Oさん、遅くまでありがとうございました_(_^_)_


今はマラガのアーティストが踊っています。
マラガと言っても

「明るそう」

くらいのざっとしたイメージしかない私ですが…(^_^;

でもステージも明るかったです。
大騒ぎという感じではないのですが、陽気で飾らない感じが親しみやすいグループだなと思いました。


リーダーさんは男性なのですが、スペイン人の男性ダンサーと言えば、目からセクシービームを放っているくらいに思っていた私からすると、良くも悪くも気のいいおじさんという感じ(結構お若いとは思いますが)。
目のやり場に困ると言うことは全くありません(笑)

かぶりつきの席だったからかもですが、頑張ってるところは頑張ってる!というのが表情からも踊りからも素直に伝わってくる感じ。



女性がお二人いて、それぞれいい表情で踊っていらして、とても可愛かったです。
体幹の太さ、強さはスペイン人ならではですけど、間近で見て本当に迫力でしたね(^_^;


実は私、昨日のレッスンの時致命的なことに気づきガーンとなったんです。
私、レマーテ(ちょっと説明が難しいんですが、踊りの中でめいっぱい頑張るところ、というイメージ)が嫌いなんだわと。

体にスポーツの要素が全くない私。
下手なりにマルカール(これも難しいんですが… 説明不可能;)は大好きなんですが、パワーがいるところが全然ダメだし、やる気になれない。


自分がレマーテしているイメージから沸かないので、先生に一生懸命ハッパをかけられても躊躇するばかり。


これがダメだと、フラメンコの半分はダメだろうという本当にダメダメな話なんですよね。


でも、今日のライブを見ながら、やっぱりダメだろうけどもっと頑張ってみないとなと、ちょっと反省しました。
それぞれの要素がかみ合っているからこそ美しい。

まだ私の中で、一曲を見渡す能力が無いんだろうなあ。
私にとって、フラメンコは「苦手なことに挑戦する」唯一の貴重な機会。
漫画家って、好きなことだけ一生懸命やっていれば通用する仕事なので(笑)

長らくほこりをかぶっていたそこのところ、せっかくなので、もうちょっと諦めずに頑張ってみます。



浜口奈津子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス