1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2015-03-31 10:57:33

3/30[Gilles de Rais ~ジル・ド・レ~]@ゆめまち劇場

テーマ:エンターテイメント
ペタしてね読者登録してね



ひさしぶりの浅草へ、「Gilles de Rais ~ジル・ド・レ~」という舞台を見に行ってきました。

場所はゆめまち劇場というレストランシアター。
レストラン?一人で行くのは寂しいんじゃない?ということで、現役人気BL漫画家のIさんにおつきあい頂きました。
Iさん、いつも私の急な誘いにおつきあい下さって本当にありがとうございます_(_^_)_
特に今回は、行けてよかった~という素晴らしいステージでした。


入り口がちょっとわかりにくく、迷いつつ何とか劇場入り。
こちらは初めてだったんですが、前売り券を買っても整理番号しか記されておらず、実質入場順。
あ、上演前にはキャストの皆さんがちんどん屋さんよろしく宣伝に練り歩いていらして、私たちも遭遇しました。
浅草っぽい。

劇場は意外に、と言ったら失礼ですが、本当にテーブルと椅子がメインで(一人で座りやすいサイド席も若干あります)、新しくて綺麗。
ワンドリンク制、チケット代の他に500円を払って入場します。
ステージも十分な広さ+短めの花道もあり、立派なものです。
軽食も取れますが、私たちが行った時は皆さんドリンクだけでしたね。


作品は台詞無し。
キャストさんのパフォーマンスの時間をたっぷり取り、ナレーションを使って進行します。
ストーリーがシンプルなので確かに台詞無しでも成立しますが、やはりあればもっと生き生きとおもしろさが感じられたと思います。
しかし、それを差し引いてもこの3000円というチケット代が信じられない魅力のある舞台でした。


私はかねてファンの宝さん(フラメンコ・祝マルワコンクール2位!)が普通の(?)舞台に!ということで観に行きましたが、殺陣、ストリートダンス、タップダンス、新体操…と、いろんな得意技をもったキャストさんで構成されていたようです。

スタートとカーテンコール後にレビュー的なパフォーマンス、最後には持ち芸(言い方が変で済みません)ごとにパフォーマンスの時間があって、本編に劣らぬ迫力。
盛り上がりました。

千秋楽の前日と言うことで、衣装でのお見送りだそうで、ちょっと緊張しました(笑)
客との距離が近く、何度も通っているとおぼしき方も何人もいらっしゃいました。

好評のようで、5月にも公演を続けることが決まったそうです。
キャストさんを押さえるの、大変だったんじゃないかなー。
でも本当にいいステージで、お勧めです。
普通に舞台を見に行って、平凡な演出でがっかりすることもあります。
こちらは本当にお洒落で、すごく考え抜かれています。
プロも勉強になるのでは。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-03-30 22:45:59

ティッシュモンスター

テーマ:雑記
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-03-27 21:09:51

ミュージカル「タイタニック」昼公演

テーマ:エンターテイメント
ペタしてねアメンバー募集中

ミュージカル「タイタニック」お昼の公演を観に行ってきました。
シアターコクーン、初めて。

このクラスのキャストを集めて、これくらいのコンパクトなシアターって贅沢ですねえ。
最初席に座った時、
「Q列の端っこ?こんなの1万超えのS席じゃないっ(T_T)」
とぷんすかしかけましたが、3階にまで立ち見の人がいて諦めました(^_^;
ソールドアウトも続いているようで。


でもやっぱり遠くて、オペラグラス持って行きましたが、メインの役の人以外はよく見分けられなかった。
小野田龍之介くんがいたのに全然気づかず、もったいないことをしました(~_~;)


何度も取り上げられたエピソードを舞台化する時、「新しい」が枕詞ですが、うーん、そんなに新しいのかなと言う感じでした。
よく知っているエピソードだからでしょうか。
そのせいか、一幕目は結構眠くなっちゃって。

でも、悲劇に突入する二幕目には、さすがに目は覚めました。
本当にあった出来事ですから…
やっぱりうるうるしてしまう。
少し前の韓国の船の事故も重なって、本当に辛い気持ちになりました。


主演の加藤和樹くん、初っぱなから粋な演出で驚かされます。
これからご覧になる方はお楽しみですね。
すらりとした長身と美貌にはますます磨きがかかり、立っているだけで眼福ですが、それほど多く出てくる訳じゃない。
意外に内面が現れない役で、どうしてなのかなーと思います。
ストーリーに関わっていないというか。

その分、後半ぶつかり合うシーンには気迫がこもっていました。
相変わらずエモーショナルな演技。
でも、「千本桜」の頃とは見違えます。
こんなに大きな舞台を背負って。
「千本桜」もまた見たいですけどー(T_T)

今回とても良かったのは、以前「亜雌異人愚なグレイス」で観た藤岡正明さん。
割とごつい労働者顔だと思っていたので、今回はぴったり(一等客室の客役もやっていたと思うけど)。
大きなミュージカルも経験しているようで、声量と演技の豊かさは本当に堂々としたもの。
着実に日本のミュージカル界の一員になっている感じですね。


他に記憶に残っているのは、佐藤隆紀さん(LE VELVETS)ですか。
確かに歌はお上手ですが、演技の方が…(^_^;
妻役の未来優希さんがつききりでフォロー。

入野自由くん、相変わらず誠実に舞台のお仕事頑張っていますね。
忙しい中、長丁場の舞台に毎年チャレンジしている姿に本気を感じます。

キャストさん達は歌は上手いし、よくまとまった脚本だとは思いますが、私の個人的好みで、こういう系の王道ミュージカルって難しいなと思います。
帝国劇場系のミュージカルもそうなんですが、よほど好きなキャストさんでもいない限り、何度も見たいとか思わない。
はっきり言ってしまうと、完璧すぎておもしろさにダイレクトに繋がらないというか。

ロミオとジュリエットみたいな、少女漫画的な(つまり私のテリトリー・笑)ところだと、素直に楽しく見られるのですが。

まあ、これは本当に好みの問題です。
ベテランと若手がいい感じで入り乱れ、新旧ファンを開拓する舞台かも知れませんね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-03-25 21:16:47

舞台「ふしぎ遊戯」昼公演

テーマ:エンターテイメント
ペタしてねアメンバー募集中

今日は夜ピラティスへ行くつもりだったのですが、昼間でも震え上がるような寒風で、心が折れました。
今週は何かと忙しく、ムリかなー(^_^;


その昼間の用事、舞台「ふしぎ遊戯」観てきました。

原作というか、アニメは好きでよく見ていたので、楽しみに。

皆さんご存じかと思いますが、今回鬼宿を主人公に、ゴールデンボンバーの喜矢武豊さんが初舞台・初主演で演じるというのが一番の話題。
しかし私ゴールデンボンバーさんをほとんど知らなくて、というかちょっと見ても本来の顔がよくわからない皆さんですよね(^_^;
イメージ写真も加工してあるし、今日舞台で初めてちゃんと見ました(笑)


正直、第一声の軽~い声を聞いた瞬間、すーっと引いてしまった感は…(^0^;)
なんでわざわざマイク使わなかったんだろう(たぶん使ってないか、すごくうすーく使ったかで、限りなく自前)。
まあ、初舞台ですよね。


それを考えると健闘していたと思います。
テレビドラマとかなら問題なかったかもですが、舞台は腹から声が出てないと…
かなり見劣りというか聴き劣りしちゃいますからねー。

その分か、他のキャストさんは舞台慣れして朗々系のいい声の人が揃っていて、いい感じでした。
特に女装キャラの染谷俊之くん。
私が舞台を見始めた頃からよく拝見している方で、もうベテランですよね。
こういうキャラは目立つし、見ていて楽しい。
気合いを入れてやっていたのでは。


VitaminZの時はまだまだ新人っぽかった吉岡佑くんも、すっかり経験を積んで大人の風格。
今度は敵方じゃなくて見たいな-。


なんだか今日は眠くて眠くて、舞台からの帰りも電車で眠くて、かなり凶暴な気分になってしまった…
あんまりストーリーがよく頭に入ってこなかったなあ。
やっぱり主役が…
鬼宿は少女漫画的な胸キュンキャラなので、毒づいている時はいいんだけど、胸キュンなシーンで、イマイチ疑ってしまう。
キャラがあってないというんでしょうか。
こういう時は、やはり本職の役者さんにやって頂いた方が、こちらも信じて見ることが出来る気がしますね。

でもこのキャスティングありきの企画だったと思うから、これを受け入れるしかない。
アドリブ大会は楽しかったです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-03-23 10:21:07

茶うどん

テーマ:雑記
ペタしてね読者登録してね




家族にお土産をもらいました。

お正月、高松へ戻った時に、私が見つけてお土産にしようとして見つからなかった「茶うどん」。
妹が探して買って来てくれたのです。

香川名物、和三盆のお菓子も。

土地っ子も意外に知らない名品らしいので(笑)、また甥っ子が来た時茹でてあげようと思います。
私も楽しみ(^^)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。