HMKL STAFF ブログ

HMKL STAFF ブログ

HMKL スタッフ、フィールドテスターのブログです!
釣果情報や商品の説明などを発信していきます。

HMKL フィールドスタッフの重田です!

 

 

HMKL Shad 65MR AREAがVer.が新色を加えてリリースされました!

 

フローティングですが、かなり深いレンジも攻略できますから

ボトム攻略を中心として非常に効果的なプラグです。

 

こう言いますと、MRだし、ボトムだし、という感じで

深場専用モデル!といった印象が強いかもしれませんが、実はそうでもないですよ!

 

SRモデルより深場に早く潜るということは、

潜行角度があるので、短い区間を攻めたい時にも活躍してくれます!

 

例えば、長い距離スイムさせたくないトコロ。

比較的、ピンでボトムを攻略したいときなどにもとても有効です!

 

また、流速が速いと潜りづらい場面がありますので、

僕はSRで十分攻略可能な水深も、あえてMRを使う時もあります。

 

 

それと、SRと同じ水深を攻める時もゆっくりと誘い込めます。

なんらかの原因で魚の動きがニブい時にも効果的ですよ!

 

SRと違う水深を攻めるだけでもいいですが、

移動スピードや見せる時間でも使い分けることができます。

 

HMKL Shad 65SR/MR AREAを使い分けて頂きまして、

攻略の違いで魚の反応が変わるのも楽しんでみてください!

 

きっと、より面白いゲームが展開できると思います!

 

 

是非、ポチッとお願い致します!

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村ランキングです

HMKL フィールドスタッフの重田です!

 

皆さんHMKL Shad 65SR AREA Ver. と ZAGGER 65SS・・・どう使い分けていますか?

 

エリアですとHMKL Shad 65SR AREA Ver.とZAGGER 65 SSは、

モデルの形状は違いますが 「比較的同じ水深を攻略する」 と僕は思います。

 

細かく言うとフィールドの状況もあるのでキリがありませんが、

まず、大きく違うのはフローティングとシンキング!

単純なことかもしれませんが意識してイメージしてみてください。

 

例えば、ボトム付近を攻略する場合。。

 

ZAGGER 65SSは、かなりスローな攻略ができますよ!

リーリング・ロッド操作によって移動速度などの調整がしやすいので、じっくり狙えますね。

 

もちろん、HMKL Shad 65SR AREA Ver.もゆっくり攻めれますが、

止めると浮いてしまう「特性」があるので限界もあります。(※厳寒期は、ちょっと浮力が落ちます)

しかし!逆に、その浮力を活かした、

フワフワとした動かし方が効果的に使えるのが利点です!

 

ZAGGER 65SSは、それと比べるとキビキビ感がありますね。

 

有効「アクション」の対比としましては。。

 

ZAGGER 65SSは全体的にスローに攻められるけど、

『カチッ』としたモーションが活かせるモデルです。

 

HMKL Shad 65SR AREA Ver.は "移動していく"のを前提として、

『柔らかいモーション』が活かせるモデルです。

 

もし、使い分けに悩んでおりましたら、

上記のことを基本形にして使ってみてください!

 

そうすれば、モデルそれぞれの応用も効いてさらにいいと思います!

 

(今シーズンの左:HMKL Shad 65SRは発売中、右:ZAGGER 65 SSは12月発売の予定です!)

 

 

是非、ポチッとお願い致します!

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村ランキングです

  

こんにちは。フィールドテスターの保延(ほのべ)です。

WBSに参戦中でバスフィッシングメインに活動しておりますが、

縁があって『ハゼクラ』を始めて楽しんでおります!

先日HZ-1GPという、ショアから『ハゼをクランクベイトで釣る』大会に参加しました。

開催地は江戸川河口で、62人の参加者と、かなりの盛り上がりでした。

この大会、ハゼクラの手馴れ、各地の様々なカテゴリーの釣りウマ達が集まっているんです!

 

そんな彼ら彼女らに勝つべく、コツコツ練習すると共に、当日の潮回りに合わせた最高のタックルと

ルアー【CRANK33 MR】 【CRANK33 DR】と【ZAGGER 50シリーズ】などを用意して臨みました!

カラーは赤系、ゴールド系を軸に各色を織り交ぜ、こまめにローテーションさせます。

リトリーブはボトムのスレスレを、スピードやロッドアクションなど変化加えながら、

その日・そのポイントのハゼが当たり易い速度に合わせていきます。

【CRANK 33 MR 】は色々なスピードでも引き易く、1つ持っているだけで便利に使えますよ!

 

ーさて、大会の結果は

・・・32g/ 3匹で9位とちょっと残念な結果でした。

優勝の方は60g/3オーバー!!「ルアーだからこそ」の大型ハゼを捕らえていました。

HZ-1 GP主催の皆様、楽しい大会をありがとうございました!

 

ハゼクラ用の良いクランクベイトも色々と発売されていますが、

HMKLからトラウトやバス用で発売されているHMKL CRANK 33シリーズも大変有効です!

私はMRを使うことが多いです。色々なスピードに対応し、ハイピッチのためスローリトリーブでもしっかり動作してボトムをトレースできます。

大会当日もシブいコンディションの中、沢山のハゼを連れてきてくれました。 

居場所さえ探せればサイズも狙えますよ!

タックルはエリアトラウト用やお手持ちの一番ライトものでOKです!

もちろんハゼクラ専用にタックルも出ています。

 

私の場合、ロッドはウルトラライトクラス、リールは2000番クラス、

ラインはナイロンかフロロの3lb.程度。またはPE0.4~0.6号4+リーダー

といった仕様です。

 

実はタックル以上にルアーのフックも大事で、トリプルフックが付いている場合は、

トラウト用のシングルフック(#8~#10)に交換して使います。

 

ルアーでハゼフィッシング、なかなか奥が深く楽しいですよ!

ライトなタックルでに気軽にできるのも魅力です。

皆様も是非挑戦してみてください!

 

※ライフジャケットを必ず着用しましょう!