老師の言葉

テーマ:
過去のアルバムを
見ていて

昨年の今頃の週末
京都に居たことを思い出しました
{CC21BEB7-F8CA-4AD2-8F2E-59C1F4E31563}

老師にお会い出来ることとなり
馳せ参じたのでした

🍁🍁🍁
その時の  心境は
このように 綴っておりました

五年半前   失意と混乱の時期に賜った
言葉に光を見出したことがあり

ご高齢になられた老師に
お目にかかれる事となり
一言でもお礼を申し上げたくて
休みを調整して京都へ

老師からは
「今を大安心で生きること」
「春風のような心で未来ある人たちに接するように」

とお礼の気持ちを越える
温かで深いお言葉を賜りました

秋の佳い空を眺めながら
昨夜の微熱も咳もおさまってくる不思議

京都に来ると
これまでの旅の記憶が重なり来ます

老師のもとを辞して
立ち寄った高桐院では

既に天空の星になられた懐かしい方や
共に訪ねた女友達の面影が浮かんで来ます

母や娘と笑い転げながら歩いた
あの日の楽しさもよみがえり

これは、他の路地でも街角でも、、、
誰かの面影  誰かとの思い出と共に
この街を歩く不思議とありがたさ

「日々これ好日」
「一人でもひとりではないこの人生」
などど深い想いにもなってしまう今日の時間

ご縁をいただく皆様
ありがとうございます^ ^

これからは
春風のような心で参ります

と  今日は思ってます\(//∇//)\笑

🍁🍁🍁

誰かの面影と
誰かの思い出とともにする 旅

年齢を重ねるとこのような 旅も
ありますね

春風のような心で
居たかしら   ワタクシ

と振り返ってみています=(^.^)=

旅は その最中も
過ぎても又 素敵なものですね🍁


秋の高桐院  
この時はまだ 青い葉が多かったのですが
{67055FAD-2F4F-4A56-8AD1-AD25FB545419}
{A69C026C-CA89-4413-A0AD-EB7C04293103}

遡って  いつぞや訪ねた折は
{BD3127B8-DC5D-4017-9106-27F19304B8F6}

このような
錦織なし 見事な 
季節のおもてなしを
賜りました

季節のもてなし

心のもてなし

春風のような心で

そして
秋風のような心
少し  切なさや しみじみとした
心境にも 寄り添えるような

そんな風も
ちょっと良いかしら とも

思う昨今です

なかなか
旅をする事が
叶わない 時でも

心の旅は 自由自在

どちらへでも
お邪魔させて
いただきますわー💕

今日も
素敵な一日をお過ごしください💕









AD