意識デザイン


この7-8月(もしかしたら9月前半まで)タイに行き、
ボブ・フィックスさんのELM瞑想の教師資格を取得して、
以後は瞑想指導を中心にしていきたいと考えています。
 
とはいっても、まだ瞑想にはあまり興味がないとか、
あるいは敷居が高いようなイメージをお持ちの方も
いらっしゃることでしょう。
 
そんな方に向けて、「そこまで言うなら、ちょっと試してみようか」と
思っていただけそうな記事をメルマガに書いてみました。
 
よかったら、まずは文章だけでも
読んでいただけるとうれしいです!^^
 
 
 
┏━┏━┏━┏━┏━┏━┏━┏━
┃ラ┃イ┃フ┃ア┃ル┃ケ┃ミ┃ー 
┗━┗━┗━┗━┗━┗━┗━┗━
 
■瞑想への誘(いざな)い
 
「自分は瞑想とは縁がない」とお考えの方が
おそらく一番に挙げる理由は、「忙しくて、
そんな時間が取れない」ということではないか
と思います。

では、そのような方は、食事や睡眠については
どのようにお考えでしょうか?

たしかに忙しいときには、きちんと食事や睡眠をとる余裕がない、
ということもあるでしょう。

でも、だからといって、それをゼロにしようと
までは思わないですよね?

というか、どんなに忙しくても、最低限の
食事や睡眠をとらないと、けっきょくは
人生の質がさがってしまいかねません。

下手をすると病気になったり、
早死の原因にもなりかねない──
そうしたら、けっきょくは
「忙しくて時間がない」どころの話ではなくなってしまいます。



瞑想も同じなんです。

食事や睡眠は「栄養」や「休息」をもたらしてくれるけれど、
そもそも栄養や休息はどこから得られるのかというと、
その出所は「氣」と「空(くう)」なんです。

食事や睡眠は、一般の人が手っ取り早く
「氣」と「空(くう)」を手に入れるための
手段に過ぎません。

「氣」と「空(くう)」を手に入れるための
最善の手段が瞑想です。



食事や睡眠によって得られる
栄養や休息の質は、瞑想ほどには高くはありません。

ただ一日身体を動かすのに必要なエネルギーを補充したり、
その日の疲れをとるのが精いっぱいでしょう。

その一方で、瞑想している人の多くは、
いつまでも実年齢より若々しく、
幸せ感をもって生活をしています。

それは、瞑想がより質の高い「氣」と「空(くう)」をもたらし、
「プラスアルファの栄養や休息」を
与えてくれるからなんです。



もっというと、同じことをやっても、
物事がスムースにいきやすい人と、
そうでない人がいます。
あるいは、運のいい人と悪い人。

くわしいことはまた別の場所でお話したいと思いますが、
これも一言でいうなら「プラスアルファの栄養や休息」が
とれているかどうかの違いからきます。



さらに、スピリチュアルという観点からいうと、
どのくらい魂の質を向上できているか……、
つまり、自分の霊性に対してどのくらい
滋養を与えているかというのも、けっきょくは
「プラスアルファの栄養や休息」なんです。



瞑想をしているかどうかというのは、
1ヶ月や2ヶ月では多分そんなに大きな違いは
ないかもしれません。

1ヶ月間、インスタントラーメンだけで生活したからといって
おそらく死にはしない、というのと同じような話です。

でも多分、早い人で3ヶ月、遅くても1年もすれば
誰でもその違いは実感できるし、
それが5年、10年……一生となれば
必ず目に見える形で差が出るでしょう。



「アイゼンハワーのマトリックス」をご存知でしょうか?

こんなやつです↓


アメリカ第34代大統領アイゼンハワーが考えた
仕事のツールです。

ものごとを「緊急度」と「重要度」の2軸から、
以下の4つに分類します。

①緊急かつ重要
②緊急ではないが重要
③緊急だが重要ではない
④緊急でも重要でもない

まぁ、ふつうは①から順番にやりますよね。

大切なのは、そこで終わっちゃわないことです。

①で終わっているかぎり、いつまでたっても
何かに追われている状態のままです。

人生の質を高めたいと思うなら、
どのくらい②に取り組むことができるかが
鍵を握っています。

そもそも②をやればやるほど、
たぶん「緊急」の案件は少なくなっていくことでしょう。

瞑想は②の代表なんです。



ということで、よかったら9月以降、ぼくの
瞑想クラスにおつきあいいただけるとうれしいんだけれど、
「善は急げ」でいまからやりたいと
思ってくださる方は、下記からはじめて
いただけると幸いです。

■『瞑想初心者のための入門クラス』
 
■『シュリヤントラ入門』
 
※「終了しました」と表記していますが、
 録画視聴は可能ですので、よかったら
 いまからでもご用命ください。




━━━━━━━━━━━━━━━
『スピリチュアル・レッスン』
その他 動画の公開終了について
━━━━━━━━━━━━━━━

9月以降は瞑想を中心にお伝えしていく予定にしており、
現在ご提供しているプログラムは全面的に改訂する予定です。

ちなみに、以下の動画は6月末日をもって、
新規の視聴申込みを終了します。

とくに、『スピリチュアル・レッスン』は、
「スピリチュアル」に関する最高レベルの
レッスン動画だと自負をしています。

一括払いの場合、後述のクラウドファンディングを
適用させていただき、事実上消費税分を
節約していただくことができます。

「何となく気になっていた」という方は、
ぜひいまのうちにご覧になっておいてください。

それぞれの動画の詳しい内容紹介と、
お申込み、お問合せは下記のリンク先をご覧ください。

■『スピリチュアル・レッスン』
 
■『セラピスト実践講座(松田仁)』
 
■『こだわりを手放す』
 
■『がんばらない生き方』

■『<私>と<宇宙>のクエスト-1 神はコンビニの前で不快感を感じるか?』
 
■『<あなた>を変える、<運命>を変える』
 
■『運を高める』
 
■『ガイダンス』
 
■『ピークパフォーマンスのために』
 
■『丹田を養う』
 
■『クンダリニー +(プラス)』
 
■『自由への道~【現実】という名の夢の愉しみ方と目覚め方』
 
■『スピリチュアルな生き方のヒント──3大テーマ(からだ、お金、人間関係)を中心に』
 
■『死後の世界について』
 
■『数秘術と神聖幾何学スペシャル』
 
■『瞑想初心者のための入門クラス』
 




━━━━━━━━━━━━━━━
オープニング・ザ・ハート
キャンペーン!
━━━━━━━━━━━━━━━
 
現在いくつかのエネルギーワークをさせていただいているけれど、
そのなかでもぼくが最重要と考えているのが、
『オープニング・ザ・ハート』。

もちろん一発でガツンとハートが開いて
「はい、もうこれでOK!」と
なってくれるといいんだけど、
でもまぁ整体なんかといっしょで、
たいていは少しずつです^^

でも継続的に取り組んでいただきたいので、
今回のようにたまにキャンペーンをさせて
いただいている次第です。

よかったら、この機会にぜひ!

⇒ くわしい内容とお申込みはこちらからお願いします。 





━━━━━━━━━━━━━━━
『斜め読み【日本神話】』──天孫降臨
━━━━━━━━━━━━━━━

次回のメインテーマは天孫降臨。

いよいよクライマックスですね^^

一般的に伝えられている話よりも、
もう少し深いところまでアプローチをしたいと思い、
あれやこれや調べたり、チャネリングをしたりしています^^

一応連続モノとしてやっているけれど、
単発参加もOKです!


それに加えて、リアル参加の方のみとなりますが、
終了後、希望者に『シヴァカヒーリング』を
させていただきます。

※『シヴァカヒーリング』については、
 こちらを参照してください。
 



【鎌倉】『斜め読み【日本神話】』──天孫降臨

■5月22日(日)13:15-16:45
 ※Zoomでもご参加いただけます(後日視聴も可)。

■Walk大町(鎌倉)

■5,000円

★くわしいご案内とお申込みはコチラからお願いします。
 



━━━━━━━━━━━━━━━
クラウドファンディング
━━━━━━━━━━━━━━━

タイでの教師トレーニング参加に向けて、
ご支援をお願いしています。

目標額達成まで、あともうほんのちょっとです。
どうかよろしくお願いいたします m(")m

くわしい内容はコチラをご覧ください




よかったら、この機会にふたつのメルマガに
購読登録をしていただけるとうれしいです。

●とっておきの叡智と、たわいのない独り言と……
 メールマガジン『ライフアルケミー』
 ⇒ http://life-alchemy.net/neo/usrctrl.php?mag_id=2


●まぐまぐ経由、情報提供系のメルマガ
 ⇒ http://www.mag2.com/m/0000107876.html









────────────────
あらゆる問題解決、願望実現、自己探求をお手伝い!
●ライフ・カウンセリング <対面/遠隔>(チャネリング/エネルギーワーク/トート・タロット)

3ヶ月で人生をバージョンアップ──
特定の課題のある方、具体的な目標を持っている方のために!
●ライフ・コーチング <対面/遠隔>
────────────────



★その他、各種ワークショップ、イベントの詳細ご案内は
⇒ こちらをご覧ください

★個人セッション等のご案内は
⇒ こちらをご覧ください

★その他、お問合せは
メールアドレス⇒ ishiki.design@gmail.com


+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+

こちらでも、お目にかかれるとうれしいです!


●とっておきの叡智と、たわいのない独り言と……
 メールマガジン『ライフアルケミー』
 ⇒ http://life-alchemy.net/neo/usrctrl.php?mag_id=2


●まぐまぐ経由、情報提供系のメルマガ
 ⇒ http://www.mag2.com/m/0000107876.html


●ツイッター
 ⇒ http://twitter.com/hit_mat


●インスタグラム
 ⇒ https://www.instagram.com/h.mazda/ 




よかったら、フェイスブックでも!


※友達申請をしていただく際には、「ブログを読んでます」とか何か一言メッセージをいただけると、こちらも安心して承認させていただくことができます^^



ときどき、メールマガジンだけの限定記事もあります。
よかったら購読登録してください^^




昨日は、ぼくが講師を務める『トート版タロットレッスン』のリーディング練習会をさせていただきました。

けっこうガッツリやるので、時間内にお伝えしきれなかったことを、今朝メールで補足しました。
 
たぶんタロットというか、占いの本質にかかわることだから、占い全般に興味のある方のために、その内容を公開しちゃいます^^

 
 
   ◇       ◇       ◇
 
 
(1)どこまで相手に踏み込んでいいか?
 
練習会の中でお伝えをしたとおり、基本は「相手の様子を見て」ということになります。だからコミュニケーション力が大切なのです。
 
でも、それと同時に「遠慮しすぎないほうがいい」というのも、昨日申しあげたとおりです。
 
まぁ、大前提として何のためにタロットリーディングをするのか、ということにもよりますが……。
 
ただ単に親しい人と楽しい時間を過ごすことが目的なのであれば、率直に言ってカードと関係あってもなくてもできるだけポジティブな言葉を伝えておきさえすれば、それでいいでしょう。
 
でも、それ以上の何かを志しているのであれば、やっぱり相手の心に響くということを意識したほうがいいです。
 
ぼくの感覚でいうと、まずは相手のハートの扉をノックすること。
(扉を蹴破ったり、いきなり土足で踏み込んではいけないけれど💦)
 
扉が開いたらば「そこから、さらにもう一歩」ということはありうるけれど、まぁ、それはフールチャイルド=タロットの神さまが味方をしてくれるかどうかにかかっています。
 
初対面の人、親しい人……、いろいろいな方がいらっしゃるけれど、どんな方が相手でもまずは20分でクライアントさんのハートに響くノックができるかどうか、、、もしそれができなかったら、多分その方があらためてセッションに来てくれたり、誰かをご紹介してくださることはないと思った方がいいでしょう。
 
 
 
(2)ぼくは講評に際して、たとえば定年後の起業だとか、あるいは墓じまい(というか、家系のカルマ)に関する「前提となる話」をしました。
 
それは直接にはタロットリーディングの範疇外の話かもしれないけれど、生々しい実例をたくさん見てきた立場から申しあげると、「タロット以前」の部分を押さえておかないと、ちょっと危険です。
 
「なるべく純粋に、タロットだけでズバリ‘当てる’」というよりは、すべての情報や要因を踏まえ尽くしたうえで、それだけでは見えない何かを探るためにタロットを使う、ということをお勧めしたいです。
 
 
 
【補足】

A.起業について
 
正確なデータがあるわけではないのですが、ひとつの情報として起業後5年以上、ビジネスをつづけられるのは全体の10%前後だと言われています。
 
ぼくが直接見聞きしている情報としても、そんなものだと思います。
 
つまり簡単ではないんです。
 
ぼく自身が、「起業」について誰かから相談を受けた際、「タロット以前」に判断するのは以下の項目です。 
 
・主目的は「やりがい」なのか、「お金」なのか?
 ※「やりがい」なのであれば、成否は脇に置いてやっちゃったほうがいいです。
 ※「お金」なのであれば、下記に掲げる項目を踏まえておいた方がいいと思います。

・若いかどうか?
 ※なりふりかまわずガムシャラになれて、万一失敗しても、その経験をその後に人生に生かし、やり直すことができる。
 
・商売の経験があるかどうか?(実家の家業を含む)
 ※「給与生活者」の人生と「事業主」の人生は、「ペットや動物園に住む動物」と「野生の動物」ほどの違いがあります。
 
・起業をしようとしている仕事で、すでに実績があるかどうか?
 ※未経験分野でうまくいくかどうかは「賭け」です。
  「お金」が目的なのであればあまりお勧めはしないし、
  できれば軌道に乗るまでは別にお金の算段をしておいた方がいいです。
 
 
 
B.家系のカルマについて
 
よい家柄(先祖に偉い人がいたとか、代々土地を持っているとか、由緒ある苗字)なんだけど、子どもが結婚しない、あるいは子孫が生まれない、生まれても女の子ばかり、男の子の場合は病弱だったり短命だったり、問題を背負いがち、親族の仲がよくない……。
 
そんなご家系は、かなりの確率で家系のカルマを背負っているとされます。
 
よい家柄というのは、もし先祖が武士だったら人を殺しているし、庄屋や名主のような地域の有力者だったら小作農たちから年貢の取り立てをしていたり、他の人の苦しみのうえに繁栄をされていたことが多いです。
 
いまはもう昔ほど「家」という観念はないけれど、集合的無意識というのは何百年、何千年という集積があるので、いまだに大きく作用をしていると考えられます。
 
分かりやすくいうなら、昔風の言い方で「家が栄える」方向にむかうかどうか。
 
スピリチュアル的にいうと、カルマの大きい家系にある方は、きちんと先祖供養をした方がいいとされます。
先祖供養というのは、形式的なお墓参りとか、お坊さんを呼んで……みたいな話ではなく、あくまでも気持ちの問題です。
 
ご先祖さまに、いまの自分たちがあることを感謝し、ご先祖さまたちがきびしい時代を生き抜いてこられたことを慈しみ、その過程で自然の調和を乱したり、他の人を苦しめることがあったのであれば、それが癒されることを祈る……、そんな感じです。
 
もちろん、こうしたことというのは価値観が絡んでくるので、当事者の方には、ひとつの考えとしてお話を伝えて、あとはご自身の判断に委ねればよいと思います。
 
 
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━
インターネット『トート版タロット・レッスン』
━━━━━━━━━━━━━━━
 
心理占星術研究会に主催していただいているインターネット動画レッスンです。
 
年に2-3回新規受講者を募集していますが、4月にあたらしいクラスがスタートの予定です。
 
☆第1期:イントロダクション
(4月17日スタート)
 
まず最初は「イントロダクション」から。
 
ご関心のある方は、ぜひご覧ください!

https://bit.ly/3umTN71


最近はメルマガを中心に情報発信をしているんだけど、
ひさびさにこちらにも転載をします^^

━━━━━━━━━━━
サンガ(僧伽)について
━━━━━━━━━━━

今回は「サンガ(僧伽)」ということについて書いてみます。

「サンガ」というのは、もともとはサンスクリット語で
「集団」とか「組合」といった意味の言葉なんだそうですが、
とくに仏教の三宝(3つの尊ぶべきこと)=
「仏法僧」のひとつである「僧」
(ともに修行をする仲間たち)として、
知られている言葉です。

そんなところから、仏教だけでなく
スピリチュアルの世界ではよくこのことが言われます。

この世界における先生と呼ばれる人や
いろいろなチャネラーさんたちが、
「仲間とともに道を歩みなさい」と語っているのを、
耳にしたことのある人も多いでしょう。



ぼくは、はじめのころは
「まぁ、道を歩むに際しては、ちょくちょく壁にあたりがちだから、
みんなで励まし合い、助け合って行こうね」
というくらいにしか考えていませんでした。

そして、ホンネからいうと、
もともとはマイペースの人間なので、
「オレはひとりで瞑想してるから、放っておいてくれ」
みたいなところがあったのも事実です(汗)



でも、どうやら、それだけの話ではないみたいなんです。

たとえば、この世界で啓発(悟り)を得た人の話を聞くと、
しばしば何人かの仲間が(かりに別々の場所にいても)、
ほぼ同じタイミングでその境地に至る
ということが少なくないらしいんです。

あるいは、ぼくはいまおもにボブ・フィックスさんのところで
瞑想をしているけれど、ボブはしばしば
「誰かひとりが扉を開けたら、残りのみんなが
その扉をとおって向こうに行くことができる」
ということを言います。



ぼくも、最近やっとその辺のことがわかってきたところです。

スピリチュアルのワークというのは、けっきょくのところ
エゴを超えた領域を開発していくことなんです。

エゴを超えた領域では、グループの集合意識が作用します。

グループの集合意識のさらに下に「空(くう)」があるけれど、
「空(くう)」はただ静かでのっぺらぼうの領域ではなく、
毎瞬毎瞬エネルギーを生み出している、
とてもダイナミックな側面も持っています。

グループの集合意識をとおして、そこにつながったときに
しばしばブレイクスルーが起こるわけです。

だから、仲間とともに道を歩むことが効果的なのです。



この世の中にはたくさんの「サンガ(僧伽)」があります。

そこにあるのは優劣の差というより、
カラーやスタイルや、道の質として
その人にとって、よりしっくりくるかどうか、
ということだと思います。



ぼくは大きく言うと、ボブ・フィックスさんの会に参加することが多く、
それからまたぼく自身の会において、
何人かの方々とご縁を持っています。

これを読んでいるみなさまも、
ぼくのところがしっくりくるようであれば歓迎したいし、
そうでなければどこか別のところでもいいので、
ご自身にぴったりのサンガ(僧伽)に
参加なさることをお勧めします。



よかったら、この機会にふたつのメルマガに
購読登録をしていただけるとうれしいです。

●とっておきの叡智と、たわいのない独り言と……
 メールマガジン『ライフアルケミー』
 ⇒ http://life-alchemy.net/neo/usrctrl.php?mag_id=2

●まぐまぐ経由、情報提供系のメルマガ
 ⇒ http://www.mag2.com/m/0000107876.html


ボブ・フィックスさん~松田の系統のサンガ(僧伽)では
9月以降、ひろくみなさまに「アセンション・プログラム」を
ご提供していく予定です。

そのための基本は、

・瞑想の習慣ができている
・ある程度「空(くう)」を体得している
・ある程度「シャクティ(エネルギー)」が動いている

──この3つです。



このようなワークがまったくはじめてのかたは
「ELM瞑想(永遠の愛の瞑想)」の基本から
お伝えすることになると思います。

ただし、ぼくのほうでは、これまですでに
ある程度基礎的なプログラムをご提供してきたので、
半年以上、下記のプログラムに取り組んでくださった方は
直接「アセンション・プログラム」を
ご提供できるかなと思っています。


■『アセンションのステップ
 (カルマをスリップする/ヴァイオレット・ファイア)』

■『シュリヤントラ入門』

■『意識のめざめ』

■『チャンダリーの火 入門』


もし、これからでも上記を受講してキャッチアップしたい
という方がいらしたら、お早めにご相談ください。

まとめて受講していただける場合は、
ある程度受講料を割引させていただきます。





━━━━━━━━━━━━━━━
「アセンション」と「現実創造(魔術)」に向けて
━━━━━━━━━━━━━━━

「アセンション・プログラム」じたいは
9月以降になりますが、いまからもう
そのために知っておいていただきたいこと、
取り組んでおいていただきたいことを
お伝えしていきます。

そして、ある意味で「アセンション」とセットになるのが「魔術」。

「魔術」というと、おどろおどろしい
イメージを持つ人もいるかもしれないので、
とりあえず「現実創造」と言っておきます。

「アセンション」と「現実創造(魔術)」──
ご関心のある方はぜひご受講ください。



───────────────
≪「アセンション」と「現実創造(魔術)」に向けて≫

【1st レクチャー】

■3月13日(日)13:15-16:45
 Iccco=名古屋市 覚王山

 ※Zoomはありません。


■3月26日(土)13:15-16:45
 Walk大町=鎌倉市

 ※Zoom参加もOKです(後日視聴も可)。


──両日とも、同じ内容を予定しています。


■8,000円 

※下記のすべてを受講済みの方は5,000円

『アセンションのステップ
 (カルマをスリップする/ヴァイオレット・ファイア)』
『意識のめざめ』ステップ1-3
『チャンダリーの火 入門』ステップ1-4
『シュリヤントラ瞑想』

──クーポンコード=‘ICS5000’ と入力してください


------------------------------


【ワーク】

■3月29日(火)13:15-15:45

■東急線 祐天寺

 ※Zoomでもご参加いただけます(後日視聴も可)。

■3,500円

リアル参加の方には、終了後にシヴァカヒーリングもさせていただきます。

平日開催のみですが、ワークに取り組みたい方は
Zoom(後日視聴可)にてご参加をください。


※現在、ライフコーチングを受けていただいている方は
 上記いずれも無料。

★お問合せ、お申込みはコチラよりお願いします。

※上記からの手続きがうまくいかない場合は、
 このメールへの返信にて必要事項をお知らせください。
───────────────




────────────────
あらゆる問題解決、願望実現、自己探求をお手伝い!
●ライフ・カウンセリング <対面/遠隔>(チャネリング/エネルギーワーク/トート・タロット)

3ヶ月で人生をバージョンアップ──
特定の課題のある方、具体的な目標を持っている方のために!
●ライフ・コーチング <対面/遠隔>
────────────────



★その他、各種ワークショップ、イベントの詳細ご案内は
⇒ こちらをご覧ください

★個人セッション等のご案内は
⇒ こちらをご覧ください

★その他、お問合せは
メールアドレス⇒ ishiki.design@gmail.com


+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+

こちらでも、お目にかかれるとうれしいです!


●とっておきの叡智と、たわいのない独り言と……
 メールマガジン『ライフアルケミー』
 ⇒ http://life-alchemy.net/neo/usrctrl.php?mag_id=2


●まぐまぐ経由、情報提供系のメルマガ
 ⇒ http://www.mag2.com/m/0000107876.html


●ツイッター
 ⇒ http://twitter.com/hit_mat


●インスタグラム
 ⇒ https://www.instagram.com/h.mazda/ 




よかったら、フェイスブックでも!


※友達申請をしていただく際には、「ブログを読んでます」とか何か一言メッセージをいただけると、こちらも安心して承認させていただくことができます^^



『現実化のためのコツ』と題して、今年最初のメルマガを配信しました。

情報発信はメルマガを中心にしているのだけれど、
せっかくなのでこちらにも転載させていただきますね!


   ◇       ◇       ◇


メルマガ限定の記事も少なくありません。

よかったら、この機会にふたつのメルマガに
購読登録をしていただけるとうれしいです。

●とっておきの叡智と、たわいのない独り言と……
 メールマガジン『ライフアルケミー』
 ⇒ http://life-alchemy.net/neo/usrctrl.php?mag_id=2


●まぐまぐ経由、情報提供系のメルマガ
 ⇒ http://www.mag2.com/m/0000107876.html



━━━━━━━━━━━
『現実化のためのコツ』
━━━━━━━━━━━

┏━┏━┏━┏━┏━┏━┏━┏━
┃ラ┃イ┃フ┃ア┃ル┃ケ┃ミ┃ー 
┗━┗━┗━┗━┗━┗━┗━┗━
■第496号■


松もとれ、ぼちぼち新年も本格稼働ですね。

とはいえ、やっぱり月の満ち欠けにもとづく
旧暦のお正月(今年は2月1日)が本来の新しい年のスタート。

それまでは、ある意味での移行期間。

じっさいのところは、もうちょい調整の時期がつづくかもしれません。


    ◇       ◇       ◇


ぼくもすでに個人セッションの仕事はスタートしていますが、
明日は今年はじめてのワークショップ
『斜め読み【日本神話】』を開催します。

この連続ワークショップのもともとの趣旨は、
ぼくたちのなかにあるレムリアの記憶のスイッチを入れること。

魔術や願望実現、あるいはスピリチュアルな進化、、、
すべてに言えることですが、コツは
自分の望む方向に意識を向けること。

顕在意識にできる一番まともなこと
(もしかしたら唯一のこと)がそれです。

サーフィンやスノボやスキーにおいて、
頭を向けた方向にむかって板がついていくのとおなじように、
すべてのものごとは意識を向けた方向に
むかって進むようになっています。



明日の第3回目は、いよいよイザナギ、イザナミ。
神話上の物語のスタートです。

基本的なストーリーを押さえたうえで、
いくつかの興味深いポイントを掘りさげていきます。

たとえば──

(1)古事記、日本書紀以外のテキスト(万葉集とか風土記)には
 国づくりの神さまとしてちょくちょく
 オオムナチとスクナビコナのコンビが登場するのに、
 イザナギ、イザナミは古事記と日本書紀にだけ
 突然登場するのは、どのような事情によるものか?

(2)イザナギ、イザナミがいちばんはじめに産んだのは
 ヒルコだけど、すぐに葦船に乗せて流してしまった。
 それって、どういうこと?

(3)イザナミは火の神カグツチを産んだのが原因で死んでしまう。
 そして、イザナギはイザナミを連れ戻そうとして
 黄泉の国までいくのだけれど、そこで一悶着ある。
 ぼくたちは、そこから何を読み取るべきか?

……等々。

たぶん、おもしろい話ができると思います。

今回はZoomのみでの開講です。
(後日視聴可)

よかったら、ご覧になってくださいね!


------------------------------
『斜め読み【日本神話】』

■1月10日(月祝)13:15-16:45

 ※Zoomのみでの開催とします。
  (後日視聴可)

■5,000円(税込)

※後述の『赦しについて』とあわせて受講していただける場合は、
 合計7,500円でご参加いただけます。

※ライフコーチングをお受けの方は無料。

●お申込みは、こちらからお願いします。
------------------------------





━━━━━━
赦しについて
━━━━━━

1月25日(火)はリクエストにもとづき、
「赦し」をテーマにお話とワークをしたいと思います。


それに際して、一部の方々にヒントのご提供をお願いしました。

ぼくが「赦し」について長年抱いてきた疑問に関するヒントです。



 
その疑問とは──

キリスト教において、神に赦しを求めるよう命じられている点です。

神様って、こちらからお願いをしないと赦してくれないの?

人を選別して、赦したり、赦さなかったりするの?

そういうことって、イエス・キリストの言う
「無条件の愛」との整合性はどのようになっているの?

ぶっちゃけ、「赦す」と「赦さない」の違いって、
死んでから天国に行くかどうかの違いということ?



一応、ぼくなりの結論も持っていたし、
いろいろなご意見や知見のご紹介もいただきました。

また、こちらでもすごく以前にご紹介したことがあると思うけれど、
とっておきの知恵袋=Quara で、
思わずなるほどと唸るヒントを見つけることもできました。



まぁ、そういう哲学的、宗教的な疑問だけでなく、
もっと生々しく「アイツだけは許せない」みたいな感情も含めて、
このテーマについてどのように向き合っていったらいいか、
ごいっしょに思いを巡らせたいと思います。



プラス、コロナの感染状況と、参加者の人数
その他をみての判断となりますが、
できたらブリージングをやりたいと思っています。

ぼくが瞑想以外にお勧めをする2大ワークのひとつです。

ブリージングをしないときには、
2大ワークのもうひとつ=ヨーガニドラー(寝たままヨガ)をやります。


------------------------------
『赦しについて』

■1月25日(火)13:15-16:45

■八雲住区センター 第4会議室(和室)=東急線 自由が丘

 ※Zoom参加もOKです(後日視聴も可)。

■5,000円 

※前述の『斜め読み【日本神話】』とあわせて受講していただける場合は、
 合計7,500円でご参加いただけます。

※ライフコーチングをお受けの方は無料。

●お申込みは、こちらからお願いします。
------------------------------





━━━━━━━
カルマを超えて
━━━━━━━

昨年の年末スペシャル『カルマを超えて』。

けっこうたくさんの方からご反響をいただきました。

──「カルマ」ってあんまり深く考えたことがなかったけれど、
ずいぶんたくさんの思い込みをしていたみたいです。
たくさんの誤解を解消することができました。

──受講直後に、怒涛の荒波のような時期を経験しましたが、
ワークショップで教えてもらった内容が助けになりました。

……等々。



ただし、Zoomのダウンロード機能がうまく
はたらいてくれていないみたいなので、
別途ダウンロードができるようにしました。

そこで、せっかくなので、年末にお申込みの機会を
逃してしまった方もご覧いただけるように
したいと思います。


------------------------------
『カルマを超えて』

ワークショップ録画をダウンロードしてご覧いただけます

■5,000円 

●お申込みは、メールにて承ります
 ishiki.design@gmail.com
------------------------------





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『年末年始 浄化とセットアップのエネルギーワーク【遠隔】』
『2022年上期イヤーリーディング』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2022年イヤーリーディングも、好評受付中です^^

トートタロットを中心に、数秘術とチャネリングを交えて、
あなたの2022年を占い、エネルギーワークを整えます。

------------------------------
『2022年 イヤーリーディング』【対面/遠隔】

■期間: 2月8日(火)まで

■料金: 12,000円(税込)

※2月9日以降は、通常のライフカウンセリング(16,000円)にて
 対応させていただきます。

コチラよりお申込みください




────────────────
あらゆる問題解決、願望実現、自己探求をお手伝い!
●ライフ・カウンセリング <対面/遠隔>(チャネリング/エネルギーワーク/トート・タロット)

3ヶ月で人生をバージョンアップ──
特定の課題のある方、具体的な目標を持っている方のために!
●ライフ・コーチング <対面/遠隔>
────────────────



★その他、各種ワークショップ、イベントの詳細ご案内は
⇒ こちらをご覧ください

★個人セッション等のご案内は
⇒ こちらをご覧ください

★その他、お問合せは
メールアドレス⇒ ishiki.design@gmail.com


+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+

こちらでも、お目にかかれるとうれしいです!


●とっておきの叡智と、たわいのない独り言と……
 メールマガジン『ライフアルケミー』
 ⇒ http://life-alchemy.net/neo/usrctrl.php?mag_id=2


●まぐまぐ経由、情報提供系のメルマガ
 ⇒ http://www.mag2.com/m/0000107876.html


●ツイッター
 ⇒ http://twitter.com/hit_mat


●インスタグラム
 ⇒ https://www.instagram.com/h.mazda/ 




よかったら、フェイスブックでも!


※友達申請をしていただく際には、「ブログを読んでます」とか何か一言メッセージをいただけると、こちらも安心して承認させていただくことができます^^



ワークショップのご案内です。

当初お知らせをしたタイトル(『日本神話のおさらい』)を
変更しました。

「斜め読み」というと、まずはさくっと
手っ取り早く目をとおすというような感じですが、
それプラス、「ちょっと違った角度から見てみる」
という思いも込めたタイトルです。



きっかけは、ボブ・フィックスさんのチャネリング。

いわく──「いまの‘歴史’がはじまるよりもはるか昔、
サティヤユガと呼ばれる時代、
人間は神や天使とともに生きていた。
そのころの文明をレムリアという。

そこから徐々に波動が下がっていき、
アトランティス文明になると、
女性に対する男性の優位、
愛やハートに対する技術や実利の優位、
一方が他方を支配やコントロールすること
等々が蔓延をしていき、
それが地球と人類の波動を下げ、
いまのカリユガ(暗黒時代)をもたらした。

その期間、日本は光に守られて、
アトランティス人からは見えない状態を維持していた」
というものです。

そして、ボブが言うには
「このようなチャネリングははじめてだけれど、
そういう情報が降りてくるということは、
これからそのあたりのことが明らかになっていくということだと思う。
つまり、アトランティスの期間、
隠され、守られてきたレムリアのエネルギーが
よみがえる時期が来たということだ」
とのこと。



これまでは、ぼくたちの精神文化は
『古事記』や『日本書紀』に書かれた神話を土台にしていたけれど、
残念ながら記紀はいずれも‘歴史’がはじまってから
(つまりカリユガになってから)まとめられたもの。

たぶん、今後はそこからさらにもっと
大元のところまで遡っていくことになるはずです。

でも、もしかしたら、いま残されている神話のなかにも
ある程度はその痕跡があるのではないか、
そしてそこに意識を向けることによって、
ヴェールが取り払われることが促進されたらいいな……、
そんな思いで、ざっくりと日本神話を探求してみたいと思います。





ということで、ちょっと調べてみたら、
いろいろと興味深いことが分かってきました。

まず第一に、ここ2-30年、放射性炭素年代測定による
考古学的な調査が進んで、縄文時代のはじまりは
約16,000年前に遡れるらしいのです。

日本の古代史は、旧石器時代とか新石器時代という
くくりには当てはまらないんだけど、
縄文土器はみなさまもご存知とおり、
「旧石器」というにははるかに手の込んだものです。

※「旧石器」というのは、割った石をそのままナイフとして使う程度のものであり、
 おもな使い手はホモ・ハビリスとかネアンデルタール人といった
 旧人類たちによるものでした。



そして、数百人からもしかしたら数千人単位の
かなり大きな集落もあった。
そこでは、かんたんな植物の栽培もおこなわれていたし、
動物も飼育されており、装飾品などを身に着ける文化もあった。

それは世界的にいうと、ほぼ「新石器時代」に
相当するといってもいいのではないかと思うんだけれど、
海外の「新石器時代」は古いもので
8,000年前のことだと言われています。

つまり、日本の古代史は、世界の他の地域と比べると
異質な形で、そしてかなり早くから発達したものらしいのです。





ちなみに、縄文文化が「新石器時代」とみなされないのは、
本格的な農耕が始まっていなかったというのが、
理由のひとつらしいです。

でも、人間は農耕によって堕落をしたんです。

今日のためではなく明日のために生活をするようになり、
財産を持つ人と持たない人の差ができ、
そこからお金が生まれ、
さらには土地や労働力や財産をめぐって戦いを行うようになり
──そういうのって、全部農耕文明から生じたことなんです。

そもそも食べ物がふんだんにあったら、
農耕なんて必要ないでしょ?

原初の日本人たちはそうやって暮らしていたんです……。





そうして、あらためて年代を見てみると、
初期の縄文土器は16,000年前あたりから見つかりはじめ、
アトランティスが滅亡したと言われるのが、
いまから約12,000年前。

そして、最終氷河期が終了したのが約10,000年前。

日本で言うと、富士山が一番最初に噴火したのが、
やっぱり約10,000年前。

「新石器時代」のいちばん古いものが約8,000年前。

そして、エジプトとかシュメールといった
いわゆる文明がはじまったのが約5,000年前。



要するに、アトランティス文明が衰退しはじめるのと
並行して、縄文人たちは物理次元に姿を現しはじめ、
アトランティスの滅亡(氷河期/富士山爆発/隕石による大量絶滅)を
経て、世界的に「いまの世の中」がはじまった……、
という流れになります。

だから、縄文文化のなかにレムリア文明の痕跡が残っている
可能性は十分にあるんです。





ちなみに、縄文土器がそんなに古くまで遡れるようになっても、
歴史学のほうはほとんど進化していません。

歴史学者いわく、まぁ、そのころはざっくりいって原始時代。
いわゆる「文化」というのは、弥生時代になって
大陸からもたらされたということになっています。

なぜか?

──ひとつの理由は、文字が残されていないからだと思います。

(一応、神代文字といわれるいくつかの書体があったとも言われますが、
かならずしも統一的なものではないし、
現時点ではほとんどアカデミズムの承認は得られていません)

でもね、当たり前ことだけれど、
人がいっしょに暮らしていたのだから、
コミュニケーションはあったはずなんです。

きっと、かなーりの部分は「以心伝心」というやつだったと思うけれど、
まぁ、ふつうに考えて、声をとおしたコミュニケーションもしていたでしょう。

おそらく話し言葉というのもあったでしょうが、
たぶん元は歌に近いものではなかったのではないでしょうか。

鳥のさえずりとか、犬の遠吠えとかに近いような。

彼らにとっては、それで充分だったと思います。





ちなみに、人はなぜ「文字」を発明したのだと思いますか?

いくつかの理由が想定されるけれど、
少なくともそのうちのひとつは、
何かを後々まで記録しておくためですよね?

つまり文字というのは、人が「いま」を
100%生きなくなるのと並行して、
使われるようになっていったのです。

先に、「農耕」は人間を堕落させたと書いたけれど、
堕落した結果つくられたのが「文字」だとも言えます。

だから「農耕」や「文字」を文化の基準にしているかぎり、
縄文時代は文化のうちには入らないということになるでしょう。

でも、きっとレムリアというのは
そのような文化だったのではないでしょうか。





ちなみに、日本ではいつ文字が作られたのか?

──そのひとつのきっかけが古事記だったのです。

そのころにはすでに中国から漢字が入ってきたけれど、
日本人の話し言葉とは別のものです。

はじめのうちは当て字のようにして、
漢字の訓読みを使って日本語の会話の音を表現していたけれど、
少しずつ日本語を表現するための文字の使い方がなされるようになった
──古事記は、そのような試みでもあったわけです。

ちなみに、古事記のなかには、
「文章」ではなく「歌」がそのまま記載されている箇所も残っています。



今回からトーク&ワークで行う『日本神話のおさらい』をとおして、
そういう「いまの世の中」がはじまる前のことを知る
手がかりを得られたらいいなと目論んででいます。



   ◇       ◇       ◇



あと、この会は『トーク&ワーク』といって、
トーク(お話)以外にワーク(実習)の時間もとっています。

今回は「ヨーガニドラー(寝たままヨガ)」をやりたいと思います。

横になって誘導を聞いていただきながら、
意識の深い層を開拓していくワークです。

スクリプトが複数あるので、だいたい毎回変えているし、
やっぱり誘導するぼくのそのときのエネルギーが乗っているはずだから、
ぜひその都度参加していただけるとうれしいです。

⇒ お問合せ、お申込みはこちらよりお願いします。




ふだんは[メルマガ]→[このブログ]→[フェイスブック]
という流れでシェアをすることが多いんだけど、
今回は趣味の話なので、まずはこちらに書くことにします。



ローリング・ストーンズのドラマー
チャーリー・ワッツさんが亡くなりました。

ストーンズといえばミック・ジャガーとキース・リチャーズの
ふたりが表に立つことが多いけれど、
音楽通の人たちのあいだでは
チャーリーのドラムはとても評価が高かったみたいです。

ハイハットをパシャパシャ叩いたり、
派手なドラムソロで見得を切ったりしないので、
地味といえば地味なんだけど、
ちょっとしたタメというのかな、
リズム感が独特なんです。

いまでこそ、ポピュラーミュージックにおいて
グルーヴってとても重要な要素だけれど、
1960年代、70年代のロックであの感じを出している
バンドは他になかったのではないでしょうか。

ヨーロッパ人がブラックミュージックを
消化しばじめた初期の頃の話です。



ストーンズの音楽には、聴く人の内側を掻き立てる
独特の何かがあります。

ストーンズと言えば、しばしば「オルタモントの悲劇」が
引き合いに出されます。
20-50万人がつめかけたといわれる野外ライブで、
ストーンズの演奏中に、ステージに向けて銃を向けた黒人を、
警備にあたっていたヘルズエンジェルスの連中が後ろからナイフで刺し、
袋叩きにして殺してしまったという事件です。

まぁ、この事件そのものを肯定するわけではありませんが、
ストーンズにはそのような「魔」を喚起するところがあり、
それはある部分、宗教や神秘体験、
あるいは恋愛やセック.スの悦びに通じるところでもあるのです。

ある意味でその「独特の何か」を支えているのが
チャーリーのドラムだったのかもしれません。

ブライアン・ジョーンズがその種を植え、キースが仕掛け、増幅し、
そのうえでミックが踊り、歌っていた。。。



ストーンズは、しばしばビートルズと双璧と並び称されるけれど、
ビートルズは基本的に善人の音楽です。

まぁ、ビートルズのなかでもジョン・レノンだけは
闇を知っている人で、だからこそ最期に
マーク・チャップマンを引き寄せて
凶弾に倒れちゃったとも言えるんだけど。。。



でも、人間も、そしてこの宇宙も
狭い「善」の枠組みには収まり切れない。

そこからはみ出す部分を愛でる、というのが
すべての近現代アートの根っこにあるように思います。

たしかに、学校の音楽の教科書に採用されるのは
ビートルズでしょう。

でも、アンディ・ウォーホルやジャン・リュク・ゴダール
といった当時トップクラスのアーティストたちが取りあげたのは、
しばしばビートルズではなくストーンズだったのです。

村上龍さんが小説家として開眼をしたのは
『コインロッカーベイビーズ』がきっかけだったと思うんだけど、
あの作品におけるミック・ジャガーのエピソードは
けっこう大事なスパイスになっていると思いまます。

あと、ぼくが中学生の頃、『小さな恋のメロディ』という映画が流行って、
そのなかで超キュートなヒロイン=トレーシー・ハイドが
墓場にミック・ジャガーのポスターを拡げてキスをするシーンがあって、
ゾクゾクする感覚を憶えたものです。
(オヂサンの遠い目。。。)



そういえば、ぼくがはじめて自分のお小遣いで買ったレコードは
カーペンターズでした。
じつはある雑誌を読んでいたら
スゲーかっこいいヤツラの写真が載っていて、
それがストーンズだったんだけど、
キャプションが間違って「カーペンターズ」
って書かれていたんです。

それを見て、(当時はYouTubeとかなかったので、
事前に確かめる術もなく)レコード店に駆け込んで
カーペンターズのレコードを買っちゃった、
というわけです(汗×涙)

なんで写真じゃあ、あんなに悪そうなヤツラが
こんなヌルい音楽をやっているのか、
しばらくのあいだ混乱をしたものです。
(またもや、オヂサンの……)

まぁ、ホンモノのストーンズには
たぶんその約3ヶ月後に辿り着き、
カーペンターズはその後、数十年を経て
英語のレッスンの際にお世話になったけれど。。。



ぼくは、ストーンズのなかでは圧倒的に
キース・リチャーズが好きなんだけど、
キースは「チャーリーでなければローリング・ストーンズとは呼べない」
と言い、チャーリーもまた「キースの音さえ気にしていれば、
バンド全員の音にまで気を配る必要はない。オレはヤツのギターに従うまでだ」
と語った、あのふたりのラインがストーンズを支えてきたんだな、
とあらためて感慨に浸った次第です。



ちなみに、ぼくはミック・ジャガーのことは魅力的だとは思うけれど、
好きではありません。

マーティン・スコセッシ監督が映画『シャイン・ア・ライト』で
ストーンズのライブを撮影する際、
ミックは最後までオープニングナンバーを教えなかったって、、、
性格悪いと思いません?

でも、そのドキドキ感を映画じたいのオープニングのネタにしちゃう
スコセッシ監督も大したもんだけど^^



ぼくは、ミックとチャーリーのつぎのエピソードが好きです。

あるとき、酔っぱらったミックがチャーリーのところに電話をかけて、
「オレのドラマーはどこだ」って言ったのに対して、
チャーリーはミックのところに乗り込んで、
ミックのことを一発殴ってこう言ったそうです。
「二度とそんな口をきくな。オマエがオレの歌手だ」^^

ピーター・バラカンさんはチャーリーの死去に際して、
「僕らの黄金時代に終止符」と書いていました。

たぶん、ストーンズとともに青春を過ごした人たちよりは、
ぼくの方がちょっと年下で、
ぼくの書く文章を読んでくださるみなさんの多くは、
さらにぼくよりももうちょっと年下だと思うけれど、
やっぱりひとつの時代が終わっていくことを感じています。


メインの情報発信はメルマガでやっていますが、
ひさびさにこちらにもシェアさせていただきます^^


   ◇       ◇       ◇


メルマガ限定の記事も少なくありません。

よかったら、この機会にふたつのメルマガに
購読登録をしていただけるとうれしいです。

●とっておきの叡智と、たわいのない独り言と……
 メールマガジン『ライフアルケミー』
 ⇒ http://life-alchemy.net/neo/usrctrl.php?mag_id=2


●まぐまぐ経由、情報提供系のメルマガ
 ⇒ http://www.mag2.com/m/0000107876.html




+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+
以前にインドのチャリティで仏像と数珠のご案内を差しあげました。

現在、コロナの関係で事実上物流がストップしており、
輸送にお時間をいただきましたが、
追加でご希望をいただいた分の入荷が
先日やっとすべて完了しました。

ただ、仏像と数珠、各1点ずつが残ってしまって……(汗)。

こちらの送付漏れでなければいいのですが、
もし残ってしまった場合、これからでも
チャリティに協力したいという方がいらしたら、
お志をいただけると幸いです。

詳細はコチラになります。






━━━━━━━
カルマについて
━━━━━━━

ぼくは、「自分が自身に課している制限や制約から自由になる」
ということをめざし、そしてみなさんにもご提案をしています。

まぁ、それが最終的には悟りとか覚醒とかアセンションとか、
そういうことになるのですが。。。



自身に課している制限や制約というのは、
たとえば固定観念とか、
考え方のクセとか、
心のなかにオリのように残ってしまっている古い感情とか、
罪悪感とかコンプレックスとか、
誰かを許せない気持ちとか……、
まぁ、そういうこと諸々の集積です。

そういったものを抱えた状態では、
ニュートラルな対応ができない──

つまり人生におけるさまざまな場面において
どんな対応を取ることができるか、
その選択肢を狭めることになってしまうわけです。



スピリチュアルの分野では、そういうことを
ひっくるめてカルマと呼んだりします。

カルマにのなかには
自分が今回の人生でつくったものもあるし、
魂が過去生から積み残してきたものもあるし、
ご両親やご先祖から引き継いだものもあるでしょう。



もっと言うなら、カルマというのは「個人」のものではありません。

何だかんだ言っても、
持って生まれた資質とか、
育った家とか土地とか国とかによって、
人はかなーり左右されるし、

ものの考え方だって、
じつは両親や、幼少時の環境や、
もっというと胎内にいたときの環境とか、
周りの人たちの影響がものすごく大きいです。

たとえば、出生前の胎内環境が悪かったりすると、
「人生は楽ではない」とか
「もがき、戦いつづけないと生きていくことはできない」
という感覚を持ちやすいという研究結果があるそうです。

あるいは感情的なわだかまりも、
他の人との関係のなかで抱えてしまったものが
ほとんどではないでしょうか。



けっきょくのところ、カルマというのは
人が個人の責任で抱えているものではなく、
人類がみんなでガチャガチャやっているなかで
生じたエネルギーの偏りなんです。

だから、みんなが積み残した課題を、
とりあえず手分けして解消しているわけです。



解消というのは、偏ったまま滞っている
エネルギーを解放することです。

それはしばしば感情の解放という形で起こったり、
心身の不調やトラブルという形で起こったりします。

とりあえず、ただ解放すればいいだけなんだけど、
でも偏ったまま滞っているエネルギーというのは、
その人にとってはイヤなものです。

元はと言えば、イヤだからスルーできずに、
滞らせてしまったもの──それがカルマだから。

だから、カルマの解消というのは、
たいていの場合、本人にとっては
不快な感覚を伴うようにできているんです。



でも、どうやらカルマは100%までは
解消しなくてもいいみたいです。

要は、自分が自由でいられる程度まで解消すれば、
それでOK。



だから、悟りを開いてもある程度カルマは残ります。

ぶっちゃけ身体もまたカルマの結果だから、
ほんとうにカルマがゼロになったら
身体も消えちゃいます。



本当の目的は悟りや覚醒を得ることではなく、
制限や制約から自由になった状態で人生を味わうことです。

そのためには身体をはじめ、
ある程度人生を経験するための器が必要なんです。

というわけで、悟りを開いた後も、
人生を継続するために最低限必要なカルマが残る、、、
それをレーシュ・アヴィドゥヤというそうです。



もちろん、さっき書いたようにレーシュ・アヴィドゥヤ以外にも、
ある程度のカルマは残ります。

たとえば、インドの超有名な聖者の何人かは、
少年に対して性虐待をしたという
悪意に満ちた噂によってダメージを受けたし、
逆恨みを持つ人に殺されちゃった聖者もいます。

全部、彼らが引き受けたカルマです。



ぼくの先生のひとりであるボブ・フィックスさんは、
そのようなケースについて、お金に喩えて説明をしてくれました。

たとえば、貯金のない人にとって100万円の支払いは
かなり負担の大きいことだけれど、
100億円の財産を持つ人にとって100万円の支払いは
大した問題ではない。

つまり、悟りや覚醒を得た人にとっては、
一見どんなにひどいカルマであっても、
その人の心を乱すことはない、、、のだそうです。

その究極が、人類のカルマを一身に背負って
十字架にかけられたイエス・キリストだと言えるでしょう。



   ◇       ◇       ◇



長々と書きましたが、道を歩むうえで、
カルマの解消は避けては通れないテーマとなります。

とくにいま、コロナによって、
人類の集合意識が大きく変動をしはじめています。

これにともなって、多くの人が揺さぶられる
──それがカルマの解消を引き起こし、
集団アセンションへの道を開くのですが、
やっぱりそのプロセスは必ずしも心地よいものではないから、
それをサポートするために、このところ毎月のように
あたらしいエネルギーワークをご提供している次第です。



で、ほんとうをいうなら、どんな問題でもそうなのですが、
ことが起こってから何とかしようとするより、
芽が出る前に原因をつぶしておいた方がいいのです。

これもボブ・フィックスさんいわく、
カルマは種の段階でローストすることによって発芽を回避できる。
でも、いったん芽が出てしまったら、
花が咲くまでカルマの命をまっとうさせなくてはいけない、
のだそうです。

もし、いまは順調でいらしたとしても、
ぼくのご案内でピンとくるメニューがありましたら、
ぜひご用命ください。



◆現在ご案内中のおもなエネルギーワーク

【ライオンズゲート & ご先祖さまヒーリング】
 
8月8日を中心に「ライオンズゲート」が開くと言われています。
精神性と物質性のあいだの門、
高次元への門、
あたらしいステージの門、
……、そんなニュアンスでしょうか。

それにつづいて、多くの地域ではお盆を迎えることになります。

成長した魂の持ち主ほど、自分ひとりのカルマだけではなく、
先祖をはじめとしたより多くのカルマの解消に関わろうとします。

お盆というのは仏教における風習ですが、
ちょうどこの時期、ヒンドゥ教でも
「ヴァーヴバリ」といって祖先と母なる自然に対する
感謝の気持ちを表す儀式を行うそうです。

そんなこともあって、今年のライオンズゲート・エネルギーワークは、
ご先祖さまヒーリングとセットで行うことにしました。


■期間:お申込み ご入金日 ~ 8月15日(日)

くわしくは、コチラをご覧ください。



【ラクシュミ=ナラシムハ・ヒーリング】

どんなテーマについても「不可能を可能にする」といわれるヒーリングです。

とくに、カルマがからんだ厄介な問題について、
抜群の効果を発揮します。

じつは、ぼく自身が先日家族に関する問題を抱えた際、
これを試したところ、速攻で状況が好転しました。

くわしくは、コチラをご覧ください。




【カマラ・ヒーリング】

従来の『アバンダンティア・アバンダンスレイ・アチューメント』に
かわる、“豊かさ”に向けたタントラ(密教)的アプローチです。

8月31日(火)までにお申込みをいただいた方は、
特別価格にて施術をさせていただきます。

くわしくは、コチラをご覧ください。




【オープニング・ザ・ハート】

ハートを開くというのは、万人にとって
もっとも基本的なテーマになります。

なかでも、いまちょうど連続ワークショップ
『マスターチャネリング入門』を開催しており、
マスターをはじめとする宇宙の根っことつながるのは、
やっぱりここ=ハートなんです。

同ワークショップをお受けの方には、
ご優待価格で施術をさせていただいています。

もちろん、受講中でなくても
ここが最重要であることに変わりはありません。
すべての方よりお申込みを受け付けています。

くわしくは、コチラをご覧ください。






━━━━━━━━━━━━━━━━━
『魔術入門』再放送が決定しました!
━━━━━━━━━━━━━━━━━

心理占星術研究会に主催していただき、
秋から『魔術の学校』をはじめる予定です。

そのプレレクチャーとして、先日
『魔術入門』というワークショップを開催したのですが、
好評につき再放送が決定したとのことです。

前回見逃してしまった方は、
ぜひこの機会にご覧ください。

★詳細とお申込みはコチラからお願いします



────────────────
あらゆる問題解決、願望実現、自己探求をお手伝い!
●ライフ・カウンセリング <対面/遠隔>(チャネリング/エネルギーワーク/トート・タロット)

3ヶ月で人生をバージョンアップ──
特定の課題のある方、具体的な目標を持っている方のために!
●ライフ・コーチング <対面/遠隔>
────────────────



★その他、各種ワークショップ、イベントの詳細ご案内は
⇒ こちらをご覧ください

★個人セッション等のご案内は
⇒ こちらをご覧ください

★その他、お問合せは
メールアドレス⇒ ishiki.design@gmail.com


+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+

こちらでも、お目にかかれるとうれしいです!


●とっておきの叡智と、たわいのない独り言と……
 メールマガジン『ライフアルケミー』
 ⇒ http://life-alchemy.net/neo/usrctrl.php?mag_id=2


●まぐまぐ経由、情報提供系のメルマガ
 ⇒ http://www.mag2.com/m/0000107876.html


●ツイッター
 ⇒ http://twitter.com/hit_mat


●インスタグラム
 ⇒ https://www.instagram.com/h.mazda/ 




よかったら、フェイスブックでも!


※友達申請をしていただく際には、「ブログを読んでます」とか何か一言メッセージをいただけると、こちらも安心して承認させていただくことができます^^



ときどき、メールマガジンだけの限定記事もあります。
よかったら購読登録してください^^










久しぶりに、メルマガの内容をシェアさせていただきます。

--------------------------
昨晩は、心理占星術研究会主催の
Zoomレクチャー『魔術入門』にて
講師を務めました。

もう終了しちゃっているので、
いまからPRしても遅いかもしれないけど(汗)、
後日視聴の対応をしているはずだから、
いまからでも関心があるという人は、
心理占星術研究会に問い合わせてみてください。

https://www.new-majutu.com/

worldastrology@daisannome.biz



これまで、ぼくの中心テーマは
悟りやアセンションでした。

でも、そこがゴールなわけではなく、
悟りやアセンションを達成してからの人生こそが重要なんです。

ぼくにとっては、それが魔術なわけです。

魔術的人間になること。
魔術的生活を送ること……。



今年は『魔術入門』の延長で、
本格的な『魔術の学校』をやっていく予定なので、
これからしばらくのあいだ、
魔術の探求が生活の中心になりそうです。



   ◇       ◇       ◇



何かに興味を持つと、それに関する情報がやってくるというのは
多くの人が経験していることだと思うけれど、
ちょうど魔術系列の話で、先日「奇跡」に関する面白い話を聞きました。

ある人がご紹介で「すごいお坊さんがいる」というので、
講話会か何かに参加をしたんだそうです。

そうしたら、上からパラパラと小物が降って来たとのこと。
ちょっとしたアクセサリーとか、開運グッズのようなものらしいんだけど。

何種類か降って来たんだけど、ぜんぶピッタリ人数分だったとか。

それ以来、ちょくちょくその人のところに行くようになったんだけど、
そうしたことがしょっちゅうあるらしいんです。

で、じっさいに写真を見せてもらったんだけど、
まぁ、工業製品で、いくつかのものはパッケージに入っていたり、
説明書がついていたりするものもありました。

つまり、まったく天然のものではなく、
たぶんどこかで作られたり、売られたりしているものなんです。

で、さらにおもしろいのは、おつきの人いわく
「ときどき、先生のお財布からお金が少し減っているんですよね」
って言うんです^^



この話を聞いて、いまは亡きサティア・サイババの話を思い出しました。

サイババもまた奇跡を起こす人で、
手からビブーティ(神聖灰)を出していたのはよく知られているけれど、
それだけでなく時計だとか、いろいろなものを出しては
帰依者たちにプレゼントしていたそうです。

で、ある人がサイババが手から取り出した時計をよく見てみると
「Made in India」って書いてある。

その出所を追ったところ、数日前にある時計屋さんに、
アフロヘアでオレンジ色の服を着た小柄な人^^が
やってきて、その時計を買って行ったというんです。

※最近では、もうサイババのことは知らない人も多いのかな?
 こんな方でした^^
 
そのことから、その人はイカサマの可能性を示唆したんだけど、
ぼくはそこにこそ「奇跡」の秘密が隠されているように感じます。



宇宙の基本原理は「不増不減」(般若心経)なんです。

原則として、無から有を生み出すことはない。
(じゃあ、ビッグバンはどうなんだという疑問もあるので、
 一応「原則として」と言うに留めておきますが)

一見何もないところから、何かが出てくるのはたしかに奇跡なんだけど、
でも宇宙全体のなかではちゃんと辻褄があっている。

魔術を行う上で、このあたりのことは
けっこう重要なポイントとなってくるので、
いいネタがひとつできました^^





スペシャルオファーあり!
━━━━━━━━━━━━━━━
アセンションのための【マスター・チャネリング】入門
━━━━━━━━━━━━━━━

チャネリングにはいろいろなやり方があります。

まずは、その人にとってやりやすい方法で
マスターをすればいいのかもしれませんが、
ぼくのところでは長らく「ハイヤーセルフにつながる」
というやり方をお伝えしてきました。

それはまず第一に「安易に他の存在にご自身を委ねる」
ということはお勧めしがたいからであり、
また第二に「ハイアーセルフにつながる」ということは
あなたが「源」とのつながりを思い出すための
ステップとなるからでもあります。

けれども、人類のアセンションのプロセスがはじまっているのに伴って、
そろそろ「つぎのやり方」をお伝えする段階にきたようです。

今回あたらしくお伝えするのは、これまでの
「ハイヤーセルフにつながる」のとは少し違ったやり方になります。

一言で言うと、「あなた自身がアセンデッド・
マスターのグループの一部になっていただく」
というやり方です。

このチャネリングは、従来のチャネリングのように
「ほしい情報を得る」ということも可能ですが、
じっさいにはあなたのハートを開き、
アセンデッド・マスターのグループエネルギーを
あなたとブレンドしていく作業が中心になります。

それによって、あなたのアセンションのプロセスは
劇的に進むことになるでしょう。

それはまた、アセンションした後の生活の練習にもなるし、
また今秋から予定をしている「魔術学校」で
最終的に取り組む高等魔術(「神人間」をめざす道)にも
つながります。

何か特殊な霊感であったり、高等テクニックを
必要とするかのようなイメージをお持ちの方も
いらっしゃるかもしれませんが、
じっさいにはハートを開くことが
重要なポイントになります。

「チャネリングはまったくはじめて」という方でも、
心に響いた方はぜひご参加ください。

今回のクラスは全3回。
プラス、ご関心のある方に補講を設けます。



【日程】

★アセンションのための【マスター・チャネリング】入門

■第1回
7月20日(火)/ 7月25日(日)/9月12日(日)

■第2回
8月15日(日)/ 8月24日(火)/10月10日(日)

■第3回
9月5日(日)/ 9月28日(火)/11月14日(日)

※時間は、いずれも13:15-15:45です。

※場所は、東京都目黒区の東急東横線沿線。
 ただし、9/12,10/10,11/14の回は
 名古屋市千種区の民間施設。
 参加者に直接ご案内します。

※それぞれ同じ回については、内容も同じです。
 重複参加してくださってもかまいませんが、
 事前に予定をお知らせください。

※東京開催の回についてはZoom参加も可能ですが、
 エネルギーの共鳴を分かち合うことになるので、
 ビデオonにてご参加いただけることが条件となります。
 後日視聴もできるようにしますが、できれば
 リアルタイムでご参加いただいたほうが
 うまくいきやすいと思います。



★補講『光線/大天使/アセンデッド・マスター』
 8月1日(日)13:15-15:45

マスターチャネリングに際して、
大天使とアセンデッドマスターに関する
予備知識があったほうがやりやすいという人も
いらっしゃるかと思うので、
「光線」という観点から主要天使とマスターの紹介をします。

※Zoomのみでの開催です(後日視聴可)

※今回の『アセンションのための【マスター・チャネリング】入門 』に際して、
 こちらの参加は任意です。
 また、『アセンションのための【マスター・チャネリング】入門 』を
 受講なさらない方も参加可能です。


------------------------------
くわしいご案内、お問合せ、お申込みはコチラからお願いします。
------------------------------



そして、本件についてスペシャルオファーがあります。

これを機に、集中的にワークに取り組みたいという方のために、
下記を同時受講してくださる方には
50%offとさせていただきます。

------------------------------
『スピリチュアル・レッスン』全12回

または

『意識のめざめ』全3ステップ(9回)
------------------------------

今回の『アセンションのための【マスター・チャネリング】入門』
に加えて、上記いずれかを同時にお申込みいただける場合、

・『アセンションのための【マスター・チャネリング】入門』
・『スピリチュアル・レッスン』
・『意識のめざめ』

すべて50%offとなります。



『アセンションのための【マスター・チャネリング】入門』については、コチラのページをご覧ください。
お申込みをいただける場合は、
上記よりクーポンコード=‘douji’と入力し、
メッセージ欄に同時お申込みをいただける講座名をご記載ください。



もちろん、今回のスペシャルオファーではなく、
・『アセンションのための【マスター・チャネリング】入門』
あるいは
・補講『光線/大天使/アセンデッド・マスター』
のみをお受けいただくことも可能です。





━━━━━━━━━━━━━━━
“豊かさ”に向けたタントラ(密教)的アプローチ!【カマラ・ヒーリング】
━━━━━━━━━━━━━━━

ぼくのところでは、これまで豊かさのための
エネルギーワーク(ヒーリング)として、
長らくのあいだ『アバンダンティア・
アバンダンスレイ・アチューンメント』を行ってきました。

ところが、先日あるクライアントさんに
このワークをしている最中に、
突然ラクシュミとつながる、ということがありました。

ラクシュミもまた、インドにおける豊かさの女神であり、
女神同士のエネルギーとしても共通するところが多いので、
そのときはその流れにしたがって
「豊かさのワーク」をさせていただきました。



ワークが終わった後で、どうしてそういうことに
なったのかとラクシュミに訊いてみたところ、
理由はいくつかあるみたいなのですが、
一番にはいまのぼくにとっては
アバンダンティアよりもラクシュミの方が
つながりやすいというのが大きかったみたいです。



あと、他にもいくつかある理由のうちのひとつは、
アバンダンティアが神界のなかで生まれた存在であるのに対して、
ラクシュミは直接「空(くう)」で生まれた存在だということ。

で、さらに言うと、一応わかりやすいように
ラクシュミと書いたけれど、より正確にはカマラなんです。

先日の『シュリヤントラ入門』を受講してくださった方には
ご説明をしましたよね。

カマラとは、マザーデヴァインの10の様相
(マハーヴィディヤー)のひとつで、
ラクシュミのタントラ(密教)表現です。

「タントラ(密教)表現」ということについて
説明をすると話が長くなっちゃうので、
ここではかんたんに言うと、
ずばり「よりパワフル」+「ウラの意味」
という要素が加味されるんです。



ラクシュミはもともと、出産、繁栄、幸福を
もたらす富の女神として知られているけれど、
タントラを使うと、その力がよりパワフルに
はたらきます。

どれくらいパワフルかというと、
歩くのと車に乗ることの違いに喩えられるほどの
差があるとされます。

なぜかという説明は専門的な話になってしまうのだけれど、
タントラはシャクティという圧倒的なエネルギーを
起動するからなんです。

このあたりは『チャンダリーの火 入門』でも
ご体験いただいているところです。

※『チャンダリーの火 入門』については、こちらをご覧ください。 

それから「ウラの意味」というのは、
ただ現実的に出産、繁栄、幸福が得られるだけでなく、
もう二度とそのようなテーマに悩まされることが
なくなるように導かれるということです。

悩みや苦しみから解放されると、
もうそのことに執着をする必要がなくなるから、
結果的にぼくたちは悟りに導かれるわけです。

つまり、表面的な現象レベルで願いを叶えてくれつつ、
じっさいにはその奥にある根本的な
悩みや苦しみの原因そのものを消してしまう
──というのが「ウラの意味」になります。

それもこれも、もともとはラクシュミが
直接空で生まれた存在だから可能になることなのですが。



カマラは蓮の花の上に座り、みずからが黄金色に輝いています。

蓮の花は泥の中で成長し、大きな葉をもち、
音を立てて豪華で香り高い花を開かせることで知られています。

それは、ぼくたちが泥のような現実生活の中から、
みずからの聖なる可能性を開花させることを象徴しています。

彼女はさらに4つの手のうちの2つに赤い蓮を持ち、
他の2つの手が示すのは、それぞれ
「保護」と「授与」を表す印(しぐさ)だとされます。

そして、彼女の上からは、4頭の象が
生命力と豊かさをもたらす水を注いでいます。



話は少し逸れますが、今回のアメリカ副大統領は
カマラ・デヴィ・ハリスさん。

お父さんがアフリカ系(ジャマイカ系)、
お母さんがインド系で、女性としても有色人種としても
はじめての副大統領なのだそうです。

彼女の名前は、まさにこの女神からとったものです。
(そして、デヴィは「マザーデヴァイン」から)

こういうことは「たまたま」ではなく、
まさしくいまそのような力が顕現されていることの
証と言えます。



長い説明となりましたが、以上のような経緯で
これまでの『アバンダンティア・アバンダンスレイ・
アチューンメント』は終了とし、
今後は豊かさのエネルギーワークとしては
『カマラ・ヒーリング』をさせていただくことにします。

対面でも遠隔でも対応可能です。

つきましては、8月31日(火)までにお申込みをいただいた方は、
特別価格にて施術をさせていただきます。

くわしくは、こちらをご覧ください。



────────────────
あらゆる問題解決、願望実現、自己探求をお手伝い!
●ライフ・カウンセリング <対面/遠隔>(チャネリング/エネルギーワーク/トート・タロット)

3ヶ月で人生をバージョンアップ──
特定の課題のある方、具体的な目標を持っている方のために!
●ライフ・コーチング <対面/遠隔>
────────────────





★その他、各種ワークショップ、イベントのご案内

★個人セッション等のご案内

★その他、お問合せは
メールアドレス⇒ ishiki.design@gmail.com

────────────────────

こちらでも、お目にかかれるとうれしいです!

●まぐまぐ経由、情報提供系のメルマガ

●「意識デザイン」関連の気軽なエッセー アメーバブログ『意識デザイン』

●フェイスブック

●インスタグラム
 
※友だち申請の際、「ブログを読んでいる旨」メッセージをいただけると、
ぼくの方からも安心して承認させていただけます m(")m



┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏━━━┓
┃\_/┃ 【意識デザイン】 松田 仁
┗━━━┛  Email: ishiki.design@gmail.com
       https://ishiki-d.info/


ちょっとご無沙汰になってしまったけれど、
昨日のメルマガをシェアさせていただきます。



最近はメルマガ中心にやっているので、
よかったら、この機会にふたつのメルマガに
購読登録をしていただけるとうれしいです。

●とっておきの叡智と、たわいのない独り言と……
 メールマガジン『ライフアルケミー』
 ⇒ http://life-alchemy.net/neo/usrctrl.php?mag_id=2


●まぐまぐ経由、情報提供系のメルマガ
 ⇒ http://www.mag2.com/m/0000107876.html


━━━━━━━━━━━━━━━
「すべては神が与えてくれます」
━━━━━━━━━━━━━━━

ぼくにとってはじめて、コロナで知り合いを失いました。

3年半前にインドに行ったとき、とても
思い出深いやりとりのあった方です。
まだ、それほど高齢ではなかったはずなのですが……。

知らせを受けて10日ちょっとになるけれど、
やっぱり文章に残しておきたいので、
みなさんにもシェアさせていただきます。

以下は、当時インドから、日本でご希望の方に向けて
毎日遠隔エネルギーワークをして、
それに伴うメールを差し上げていたのですが、
その転載となります。



------------------------------
■2017/12/01

昨日、ブッダガヤに「戻って」きました。


今回は、Dさんという方にガイドをお願いしているのですが、
ここブッダガヤでゲストハウスも経営しているので、
今回の旅行はこの地を拠点にして周っています。


先にここにやって来たときにも書きましたが、
この地の波動はハンパないです。

ただ波動が高いだけでなく、ほどよく田舎町なので、
ここにくると落ち着いてホッとします。

その意味でも、ここに戻ってくると「帰ってきた」感があるんです。



ブッダガヤは、ゴータマ(ブッダ)が悟りを開いた所。

今では、菩提樹のある場所にマハーボディ・テンプル(大菩提寺)
というお寺が建立され、世界中からたくさんの仏教徒が集まって、
グループごとに熱心に五体投地、読経、祈祷、瞑想をしています。

とくに、毎年12月から1月にかけてダライラマが滞在をする際には
20万人の人が押し寄せると言われます。

今日からあと1週間はここに滞在するので、
みなさんにもぜひこの街と、そしてマハーボディ・テンプルの
波動をお送りしたいと思います。



この街とマハーボディ・テンプルについても
書きたいことがたくさんあるんだけど、
今日はまた別にお伝えしたいことがあるので、
それを書くことにします。

お伝えしたいこと、と言うのはーー

今朝は一番にマハーボディ・テンプルに行ったのですが、
道すがらガイドのDさんの「お兄さん」いう人といっしょになり、
連れ立っての参拝となったんです。

「お兄さん」と言っても血が繋がっているわけではなく、
黒人たちの「ブラザー」とか、日本でもその筋で「兄貴」と言うのと
同じ意味での呼称のようですが^_^



で、そのお兄さんという人は、何とマハーボディ・テンプルで生まれ、育った人。

ちなみに、マハーボディ・テンプルはとても大きなお寺ですが、
ただゴータマをお祀りしているだけで、
お坊さんが常駐しているような僧院ではありません。

そして、この辺りが今のように整備されたのは、
インドが経済的に成長をした、最近5年余りのこと。

それまでは、建物の周辺はただの野原だったそうです。

したがって、マハーボディ・テンプルで生まれ、育った人ということは
特別に尊いことではあるけれど、
現実的なことを言うならホームレスの子として
生まれ、育ったということだと思います。



そんな彼が、はじめのうちは参拝客に
菩提樹の葉をプレゼントをしてチップをもらうようなことからはじめて、
やがてお寺の境内でお土産物を売るようになった頃、
Dさんと知りあったようです。

Dさんが参拝客を案内してお兄さんのところに連れて行き、
お兄さんが土産物を売るという関係。

観光業界というのは、旅行代理店もそうだけれど
基本的に紹介で成り立っていて、
紹介料の原則は売値の30%、って感じで成り立っているみたいです。

まぁ、ある意味ではすべての業界に共通する
ビジネスの基本モデルなのかもしれませんが^^



やがて、日本のバブルが顕著でしたが、
多くの先進諸国で好景気となり、
観光客の急増に伴って、
彼らもけっこうな利益をあげたようです。

とくにお兄さんは、稼いだお金で土地を買ったところ地価が何十倍にも高騰。



後に、マハーボディ・テンプル境内での露店が禁止されたんだけど、
たぶん土地を担保に融資を受けたのでしょう。

境内での生活を終え、ベッド数200以上のホテルを建てて経営。

それだけでも、寝ていても稼げるだろうけれど、
(コロナが流行してからは大変だったかとは思いますが)
ホテルのロビーにお土産物屋さんも併設してやっているようです。



でも、お兄さんはすごく素朴な人。

ガイドのDさんいわく、「かんたんに人にだまされちゃう」。

そんなお兄さんと並んで歩ていたら、彼が言うんです。

──すべては神が与えてくれます。
 私たちには、すべてが与えられます。
 そのことを信じられない人は、
 人生をむずかしいものにするでしょう。



いやぁ、参りましたね (^^;;

ふだんなら、ぼくがみなさんにお話ししていそうなことを、
ぼくの方が諭されちゃって ( ^ω^ )



で、彼に訊いてみたんです。

「ほんとうに、そう思います。あなたは、どうやってそれを知ったのですか?」と。

そしたら、それに対する彼の答えは、
「いや、そんなことははじめてから知ってた」と!!

もしかしたら、「お母さんが教えてくれた」とか、
そんなような答えを想定してたんだけど、
これにはヤラれました。



そうなんです。

はじめっから、疑う必要なんてなかったのです。



それで、ホームレスからはじめて、人に騙されながらもホテル経営。

で、そっちはスタッフに任せて、自分は相変わらず、
自分がもっともしっくりすること──つまり
お土産の販売を淡々と続けているんです。

扱っている品物のグレードは、
かつては最低レベルだったものが、
いまでは高価な仏像だとか
最高レベルのものになっているけれど。

そして、かつてはやり手のDさんがお客さんを連れてきたけれど、
いまではホテルのお客さんが自動的に立ち寄ってくれるので、
いわゆる集客に困ることはない。。。



ということで、今日は「すべては神が与えてくれます。
私たちには、すべてが与えられます」
──そのことを信じ、そしてほんとうに、
みなさんにすべてが与えられることを願って、
エネルギーをお送りします。
------------------------------





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
月例お話とワークの会=『トーク&ワーク』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

6月の『トーク&ワーク』は、22日(火)と26日(土)に
開催をすることにします。

いずれもリアル開催(Zoom参加OK、後日視聴も可)という形を
予定していますが、万一緊急事態宣言延長に
伴って会場の利用ができなくなった場合は、
Zoomのみの開催とします。



22日(火)は、クライアントさんのおひとりから
お題をいただいて、「意図すること」について
お話をさせていただきます。

創造的な人生を送るうえで、「意図」はかかせません。

ちなみに、かりに悟りを開いたとしても、
肉体をもって世の中で生きていく以上、
「何もしない」ということはできないのです。

意図がどのような働きをするか、
意図をするときのポイント、
松田自身はどのようにして意図を使っているか
等々についてお話をさせていただく予定です。

ワークは、前回できなかったヨーガニドラー(寝たままヨガ)を行います。



26日(土)のお話のテーマは未定。

どなたかからよいお題をいただけたら、
それを取りあげますし、でなければ
何かこちらで準備をしていきます。
(あるいは、そのときその場でチャネリングをするか……)

ワークは、ひさびさにキルタンクリヤ瞑想(サタナマ瞑想)をやります。

『シュリヤントラ入門』でマントラのすばらしさに
めざめた方も少なくないみたいですが、
マントラの使い方の練習にもつながると思います。


■6月22日(火)13:15-15:45 
 八雲住区センター 第6会議室(東急東横線 都立大学)

■6月26日(土)13:15-15:45 
 緑ヶ丘文化センター 第10研修室(東急線 自由が丘)

※いずれもZoom参加もできます(後日視聴も可)

※6/22(火)は横になってワークをするので、ご準備ください。。

■3,500円(税込)
※ライフ・コーチングをお受けになっている方 …… 無料

※6/22(火),26(土)両方ともにご参加いただける方は、合計5,000円にて申し受けます。

くわしいご案内とお申込みは、こちらからどうぞ!


※先月の『トーク&ワーク』は「タントラ」に関するお話と、
 マントラ+瞑想の時間を持ちました。
 あともう少しZoom後日視聴が可能です。
 ご希望の方は、メールにてご連絡をください。
 (3,500円です)
 
★メールアドレス⇒ ishiki.design@gmail.com




━━━━━━━━━━━━━━━
夏越(なごし)の遠隔ヒーリング
━━━━━━━━━━━━━━━

神道では、6月末に「夏越の祓(なごしのはらえ)」、
12月末に「年越の祓」として、半年ごとに厄落とし、
厄除けをする伝統があります。

旧暦で行われていたものですが、いまでもおおむね
6月30日と12月31日に行われることが多いようです。

それにちなみ、私のところでも毎年みなさまの
クリアリングのご祈念とエネルギーワークをさせていただいています。



新型コロナウイルスに端を発した「世界の棚卸し」が進んで、
金融ならびに経済、そしていくつかの国における
政情不安は危険水域にあり、この半年間で
相当な「膿出し」が行われる可能性はとても高いです。

けれども、それもまた「ドラマ」。
私たちは、「ドラマ」を見ながらも、
そこから自由でいることができます。

円滑に、そして有意義にこの時期を
お過ごしになることができるよう、
サポートをさせていただきます。



当日の朝は沐浴をし、自宅で大祓の祝詞を奏上。
その後、神社に詣でて茅の輪くぐりをさせていただく予定です。

また、せっかく神さまと繋がるので、
クリアリング以外に御祈願のある方は、
神さまにお取次ぎをする形でご祈念をし、
あわせてチャネリングメッセージをお伝えさせていただきます。

■実施日: 6月30日(水)

※翌7月1日(木)にご報告のメールを差し上げる予定です

■料金
基本料金 3,500円
(御祈願のある方)上記+3,000円=合計6,500円

⇒ お申込みはコチラよりお願いします。


   ◇       ◇       ◇


先日は『シュリヤントラ入門』を開催し、
受講いただいた方にはヤントラをプレゼントしましたが、
余裕をもって準備したので、少し余っています。

「受講はできなかったけれど、ヤントラがほしい」
あるいは「もう1枚ほしい」という方には、
3,300円(送料、税込み)にてお分けします。

もともとインドでは、ヤントラは
日本の神社のお札のように扱われており、
シュリヤントラはそのなかでも最高クラスの
幸運と豊かさのヤントラなので、
ただ飾っておくだけでもご利益があるんじゃないかと思います。

あと、『シュリヤントラ入門』を受講しそびれたけれど、
いまからでも記録動画を視聴したいという方がいらしたら、
ご相談ください。

ヤントラ、動画、いずれについても
メールにてお申しつけください。

★メールアドレス⇒ ishiki.design@gmail.com



────────────────
あらゆる問題解決、願望実現、自己探求をお手伝い!
●ライフ・カウンセリング <対面/遠隔>(チャネリング/エネルギーワーク/トート・タロット)

3ヶ月で人生をバージョンアップ──
特定の課題のある方、具体的な目標を持っている方のために!
●ライフ・コーチング <対面/遠隔>
────────────────



★その他、各種ワークショップ、イベントの詳細ご案内は
⇒ こちらをご覧ください

★個人セッション等のご案内は
⇒ こちらをご覧ください

★その他、お問合せは
メールアドレス⇒ ishiki.design@gmail.com


+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+

こちらでも、お目にかかれるとうれしいです!


●とっておきの叡智と、たわいのない独り言と……
 メールマガジン『ライフアルケミー』
 ⇒ http://life-alchemy.net/neo/usrctrl.php?mag_id=2


●まぐまぐ経由、情報提供系のメルマガ
 ⇒ http://www.mag2.com/m/0000107876.html


●ツイッター
 ⇒ http://twitter.com/hit_mat


●インスタグラム
 ⇒ https://www.instagram.com/h.mazda/ 




よかったら、フェイスブックでも!


※友達申請をしていただく際には、「ブログを読んでます」とか何か一言メッセージをいただけると、こちらも安心して承認させていただくことができます^^



ときどき、メールマガジンだけの限定記事もあります。
よかったら購読登録してください^^






メルマガのシェアです。
よかったら^^

---------------------------
先日、もうひとつのメルマガで、
シュリ・シュリ・ラヴィ・シャンカール師の
言葉をご紹介しました。

コーヒーを注いだカップを手にしていたところに
誰かがぶつかってきたら、コーヒーがこぼれる……。

なぜ、コーヒーがこぼれちゃうのか、
という話です。

ふつう、それは「誰かがぶつかってきたから」
だと思うのですが、ラヴィ・シャンカール師は
ちょっと意表を突く答えを示します。

いわく、「あなたが持っていたカップの中に
コーヒーが入っていたから」だと( ゜Д゜)

そこで、ぼくは少し話を継ぎ足して、
ここでいうコーヒーは「感情」という言葉と
置き換えてもいいかもしれない、
と書きました。




メルマガ限定の記事も少なくありません。

よかったら、この機会にふたつのメルマガに
購読登録をしていただけるとうれしいです。

●とっておきの叡智と、たわいのない独り言と……
 メールマガジン『ライフアルケミー』
 ⇒ http://life-alchemy.net/neo/usrctrl.php?mag_id=2


●まぐまぐ経由、情報提供系のメルマガ
 ⇒ http://www.mag2.com/m/0000107876.html




先の文章でラヴィ・シャンカール師は、
「自分」というカップのなかを
感謝、許し、喜び、親切さ、やさしさ、
安らぎ、謙虚さ、そして愛で満たすことを
説きます。

でも、いまの時点でコーヒー、つまり
怒り、苦々しさ、人を傷つける思い、
悲しみ、不安、不満、意気消沈……等々で
満たされていたら、どうしたらいいでしょうか。

あるいは、いままさに自分の服や周囲に
コーヒーをぶちまけてしまったところ
だとしたら……?



もしあなたが、純粋にいまを生きていたとしたら、
感謝、許し、喜び、親切さ、やさしさ、
安らぎ、謙虚さ、愛に意識を向けた瞬間、
コーヒー(怒り、苦々しさ……)は消え去るでしょう。



でも、まぁ、そこまでインスタントにはいかない
という人のほうが多いんじゃないかな。

そんな人は、まずいまのコーヒー(怒り、苦々しさ……)を
何とかする必要があります。



ぼくからの提案は、感情を供養することです。

「供養」というと、ふつうの人は「先祖供養」とか、
お亡くなりになった人にお供え物をして、
祈りを向けることだと思われるかもしれないけれど、
もともとは仏教用語で、仏菩薩や神々を敬い、
捧げもの(もっとも尊い捧げものは「真心」です)
をすることを言います。



ハワイにペレという女神がいます。

火山の女神で、チョー嫉妬深くて、チョー怒りん坊。

火山と同じで、噴火しちゃうと手がつけられないし、
周囲に甚大な被害が及びます。

でも、ハワイの人たちは女神ペレのことを敬い、
どことなく親しみを持ちつつ、
彼女のことを崇拝します。

彼女(火山)のことを自分たちの思いどおりに
できるとは思っていないし、かといって
疎ましい存在として嫌うのではなく、
敬愛をしているのです。



ぼくは、厄介な感情の扱いのヒントが
そこにあるように思います。

感情は荒れ狂っちゃうと厄介だけれど、
ちっぽけなマインドにはコントロールできません。

でも、厄介ではあるけれど、まさにそれこそが
大自然(個人のレベルでいうなら生命力)の
表われなんです。

そのことに敬意と親しみをもつこと……。



ということで、自分の中に厄介な感情が
あることに気がついたときには、
そこに大自然に対するのと同様、謙虚に、
厄介さから適度な距離を保ちつつ、
畏怖の気持ち、敬愛の気持ちを向けるよう
試してみてはいかがでしょう。

女神ペレに対するのと同じように、
自分の中の厄介な感情を供養する……、
というのがぼくからのご提案です。



   ◇       ◇       ◇



じつは、感情というのはカルマと深いかかわりがあります。

感情はカルマをつくる原因にもなるし、
逆にカルマが解消されるときの
リードの役目を担ってもくれます。

ぼくのところでは『スピリチュアル・レッスン』という
インターネット動画クラスをやっているのですが、
このあたりのことについて触れた部分だけを
抜粋してみました。

よかったら、ご覧になってください。


------------------------------
『カルマ/浄化&癒しについて』
------------------------------

<おもな内容>
・基本的なワーク=センタリングとランニングエナジー
・「思考」と「感情」について
・感情の癒しと浄化=内笑法
・インナーチャイルドワーク
・カルマのしくみ
・浄化の手段=祓詞

■3,500円

※ご注文は、ishiki.design@gmail.com 宛てのメールにて、
件名を『カルマ/浄化&癒しについて』として、
「視聴希望」の旨とお名前をお知らせください。



上記の動画集は、もともと『アセンションのステップ』と
題した連続ワークショップの補助教材として
編集したものです。

『アセンションへのステップ』については、
これまでのところ『カルマをスリップする/
ヴァイオレット・ファイア』と
『光を思い出す』というふたつのワークショップを
行っています。

そのうちの『カルマをスリップする/
ヴァイオレット・ファイア』の録画が
ご覧いただけるようになりました。
受講しそびれたけれど、気になっていた
という方は、ご用命ください。
(税込10,000円です)

ご注文は、
件名を『カルマをスリップする』として、
「視聴希望」の旨とお名前をお知らせください。

※『カルマ/浄化&癒しについて』と
『カルマをスリップする/ヴァイオレット・ファイア』
を同時にお申込みくださった方は、
合計お支払金額のうち1,000円分を割引をさせていただきます。
(3,500円+10,000円=13,500円 のところ 12,500円)



   ◇       ◇       ◇



あと、先週開催したお話とワークの会=
『トーク&ワーク』のZoom録画も公開中です。

内容としては、神社とお寺/おすすめのパワースポット、
そして般若心経の解説と読誦をしました。

ただ、ちょっとBGM等の音質が悪くて……、
3,500円のところ2,000円にて
ご覧いただけるようにします。

視聴期限は、あと1週間ほどです。

こちらは、とくにデータを残す予定はないので、
ご覧になれるのは「いまだけ」です^^

ご注文は、ishiki.design@gmail.com 宛てのメールにて、
件名を『トーク&ワーク』として、
「視聴希望」の旨とお名前をお知らせください。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Zoom】1day「チャネリングに挑戦!」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

もうひとつのメルマガに
【Zoom】1day「チャネリングに挑戦!」
についてご案内をしたけれど、募集後
数分ですぐに満席になってしまって、
追加日程を設けたんだけど、それもまたすぐに満席。

おひとりずつ様子を見ながらエネルギー調整をし、
そしてチャネリングの中身についてもご指導をしたいので、
いちどに対応できる人数に限りがあって恐縮です。

希望者全員にご参加いただくことができていないので、
(さらに言うなら、今回参加していただく方には
フォローアップの機会もご提供したいので)
できれば追加日程を検討したいと思っています。

3月は土日で時間が取れる日はないけれど、
平日午後なら何日か空きがあります。

ご関心のある方には優先的にご案内をしますので、
ishiki.design@gmail.com 宛てのメールにて、
タイトルを「チャネリング講習会の案内希望」として、
お名前をお知らせください。

土日開催は4月以降に検討します。





━━━━━━━━━━━━━━━━━
トートタロット★オンラインレッスン
━━━━━━━━━━━━━━━━━

心理占星術研究会に主催していただいている
オンラインレッスンの再放送が、
2月27日よりスタートとの、連絡をもらいました。
------------------------------ 
松田仁の『トート版タロット 入門から奥義まで』
------------------------------

今回から再受講料金が大幅に値下げとなるみたいです。

※もしかしたら、上記サイトはまだ
新しい情報が更新されていないかもしれないけれど、
よかったら、コチラよりお問合せをなさってみてください。


────────────────
あらゆる問題解決、願望実現、自己探求をお手伝い!
●ライフ・カウンセリング <対面/遠隔>(チャネリング/エネルギーワーク/トート・タロット)

3ヶ月で人生をバージョンアップ──
特定の課題のある方、具体的な目標を持っている方のために!
●ライフ・コーチング <対面/遠隔>
────────────────



★その他、各種ワークショップ、イベントの詳細ご案内は
⇒ こちらをご覧ください

★個人セッション等のご案内は
⇒ こちらをご覧ください

★その他、お問合せは
メールアドレス⇒ ishiki.design@gmail.com


+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+

こちらでも、お目にかかれるとうれしいです!


●とっておきの叡智と、たわいのない独り言と……
 メールマガジン『ライフアルケミー』
 ⇒ http://life-alchemy.net/neo/usrctrl.php?mag_id=2


●まぐまぐ経由、情報提供系のメルマガ
 ⇒ http://www.mag2.com/m/0000107876.html


●ツイッター
 ⇒ http://twitter.com/hit_mat


●インスタグラム
 ⇒ https://www.instagram.com/h.mazda/ 




よかったら、フェイスブックでも!


※友達申請をしていただく際には、「ブログを読んでます」とか何か一言メッセージをいただけると、こちらも安心して承認させていただくことができます^^