マリーシェル|チャット占いUranow(ウラナーウ)と電話とチャットでウラナッテな日々
  • 24Nov
    • 占い師募集・求人の補足。納得のうえ、エントリーできるように。の画像

      占い師募集・求人の補足。納得のうえ、エントリーできるように。

      マリーシェル占い館の占い師募集・求人に関する補足事項をまとめます。マリーシェル合同会社の会社としての目的は、"ひとりで悩まない世界の構築"です。そのためには安心して占いサービスを受けられることが必要で、いつでもどこでもそんなサービスを受けられるために、アプリサービスではUranow(ウラナーウ)他、店舗ではマリーシェル占い館を展開しています。安心したサービスとは、入りやすい店づくりや料金明瞭化などもありますが、実際に占いを提供する占い師の占いサービスのクオリティが最も重要です。個の売上げを伸ばすために、話を引き延ばして料金を上げるや、他の占い師の評判を陥れ自分に顧客が入るようにするなどはあってはならないもので、そうしたことがあると、客離れや店のムードが崩れ、結果的に場の崩壊を招くことになるでしょう。私が考えでは、安心したサービスを提供することを前提とした場合、占い師の人間性が最も重要な要素になり、そこが欠けている占い師は招かれざる者です。マリーシェル占い館は、三菱商事系のコピス吉祥寺、JR系のアトレ秋葉原と、社の信用がなければ出店できない場で占い館を展開しており、信用面では他の占い館とは一線を画す店舗です。これは占い業界ではあまり注目されるポイントではないですが、ビジネス面においては、こうした部分は強みであり、客層に関してもマリーシェルは質のよい客が多いとされるのはこのためでしょう。一般社会における占い店のイメージは、暗い・汚い・気持ちが悪いといったある種3Kのようなネガティブなイメージを持つ方も多く、こうしたイメージはこれまで一度も覆されたことがないのではないでしょうか。我々、マリーシェルはこうしたイメージを一新できなくても、マリーシェルの占いはこれまでの占いのイメージとはまるで違うねと思っていただける、新たな価値やイメージを創造することにも取り組んでいて、駅ビルでのテナント展開の挑戦もその一環です。マリーシェル占い館が主要駅の駅ビル10施設で展開し、年間4回のイベントを展開した場合には、利用客数は年間2万人、口コミなどによる波及で10万人以上の認知を図ることができます。毎日利用する駅で占いの看板を見かければ、おのずと記憶の片隅に残りますし、秋葉原だけでなく、品川でも、恵比寿でも見かけるとなれば、自然とマリーシェルブランドの構築が図れるでしょう。社会的な信用のない占いだからこそ、信用のある場で展開することで、新たな信用を得、認知を拡大できると考えています。これはネットサービスでは生まれることのないもので、リアル店舗の信用を得ることで、弊社のUranow(ウラナーウ)の信用や認知も自然と高まることになると考えています。マリーシェル占い館の戦略としては、主要駅の駅ビルでの多店舗展開により、上記のブランド認知と信用の構築を図っていくことになりますが、それには占い師の仲間が必要です。同じプロでも、一流の占い師、一流を目指す占い師が必要で、実力者を求めています。マリーシェル占い館は、1日の売上げ目標額を10万円に置いていますが、同規模の占い館ではもっと目標は低いかもしれません。1日1万円でもいいみたいなところもありますが、我々は他業種と比較しそれなりに戦える数字を目標に置いた結果の10万円で、1日1万円目標では商業施設では相手にされるようなところはまずないでしょう。吉祥寺も、秋葉原も、顧客0の状態から次第に数字を積み増ししてきました。最高のサービスを提供すれば、リピーターは自然と付いてくるはずで、占い師にすべてを負わせるのではなく、代表である私も自ら店頭に立ち、新規顧客の獲得を目指してきました。出演占い師には課題や問題点を指摘し、その改善を務める努力を各自が行ってきた結果、2店舗ともそれなりに戦える体制がようやくできてきました。野球でいえば、1番から9番までそれぞれの役目がありますが、占いに限っては全員4番みたいなもので、お客様にとってはベテランも新人も関係なく、ひとりの占い師として見られるのです。自分がマリーシェルの店頭に立つというのは、そういった意識をもってもらいたいと思いますし、何でも周りがやってくれるだろうって考え方は、この場には居場所がありません。また、自分だけが良ければとか、有名になりたいという考え方の占い師も世の中には多いですが、中身も実績もない張りぼての占い師はうまくいっても長続きがするはずがありません。実際にメディアに出演する占い師が稼げてるかというと、実はそうでもない現状です。そもそもひとりで活躍するにしても限界があり、売上げでも上限が発生します。チームや組織で動く場合には、個の限界も大きく伸ばすことができるし、成功の度合いや規模が拡がります。マリーシェルの戦略が成功した後の世界を考えた場合には、これまで繰り返されていたTVでのインチキ占い師による占い業界の信用の失墜がなくなるはずです。これまではメディアが創り上げた人気占い師がやりたい放題で、そこで問題が起こされるたびに、占いの不人気という状況がありました。けれども、マリーシェル戦略後では、インチキ占い師がTVで出て、業界の信用を落とすような発言をするなら、このブログに書いてあるくらいストレートな表現で反発の声を私は挙げます。店頭でもサービスでも反発の声を挙げると、マリーシェルサービスを利用するユーザー、1年では最低10万人ですが、3年あればその頃には50万人以上になっているわけで、それなりの力が生まれます。変な奴をメディアにあげてはならない風潮を生むことができるはずです。そして、不正なサービスや不正な占い師も同様に、占いの仕事ができにくい世界が形作られるのではないでしょうか。こう書くと業界を寡占化するつもりかのように思われる方もいらしゃいますが、そんな考えはなく、冒頭に書いたように弊社は"ひとりで悩まない世界の構築"ができればそれでよく、うちのサービスが合うユーザーもいれば、他社のサービスが合うユーザーもいるわけで、自分に合うサービスが受けられる環境ができればそれでよいのです。そして、どのサービスでも安心・安全に利用できる、それが最終的な目標です。あまり先の目標を書いても現実味がないと思われるかもしれませんが、人員さえそろえば、ここで書いたことはすぐにでも現実になると思います。1日3,000円しか取れない占い師は、そのまま一人で活動を続けても、それ以上に数字を伸ばせないのがこの世界です。それには理由があり、本人が改善すべき点をいつまでも気付くことがないからで、マリーシェルではそこを気付かせています。中には心が折れる人が出てくるかもしれませんが、お客様に対する鑑定の責任というものが本来あるはずだから、指摘を受けて萎える人はプロとは本来言えないと思っています。実際に指摘を受け、その場では納得いかなくても、その後結果がでれば、きっと本人も努力してよかったと思うし、やりがいや達成感も得られるでしょう。私は店にいる占い師が一人で稼げるようにする責任があり、嫌われるのが嫌だから何も言わないというのは責任放棄でしかないと思っています。こうした考えが私の基本的なものであり、占い館の方向性でもあります。それらを理解できる方は、ぜひ占い師をしていただければと思います。占い師募集ページhttps://uranai.news/uranaisibosyu-2/

  • 22Nov
    • 登録者100万人超えのモンスト公式番組にマリーシェル占い師が出演!

      マリーシェル占い館アトレ秋葉原店の汐名美香が登録者数100万人超えの人気モンスト公式番組に手相占いで出演♬Uranow(ウラナーウ)の背景をバックに、出演者3名をバッチリと占いました!こちらの番組でマリーシェルを始めて知ったという方、ぜひ秋葉原までお越しくださいませ。JR秋葉原駅の駅ビルアトレ2Fにマリーシェル占い館があります。遠くて来れない方は、スマホからアクセスできるチャット占いUranow(ウラナーウ)があります。番組の背景に映っているのが、Uranowです。【開運】ガチャで神引きするためにガチで占い師に運気アップの方法占ってもらったらまさかの・・・【モンスト公式】<ご出演> 占い師:汐名美香(しおなみか)さん マリーシェル占い館アトレ秋葉原店に出演。手相、四柱推命、タロットを用いた鑑定を提供。 ▼詳細はこちら https://uranai.news/akihabarauranaikan/ ご出演ありがとうございました! ※たけちょりの感情線の説明の箇所につきまして、一部編...www.youtube.com

  • 19Nov
    • 史上最強の占い館の画像

      史上最強の占い館

      マリーシェル占い館アトレ秋葉原店は、昨日出演占い師ひとりで二桁のお客様を鑑定するという活況ぶりでした。昨日2名体制だったのですが、途中会議などで空けてしまい、待ちのお客様まで作ってしまい・・・。日中に #君は008 つながりで、遊びに来てくれた方がイラストを描いて持ってきてくれたので、店頭で飾りました。ちょうど昨日が単行本11巻の発売日にあたりまして、私がアイスマン先生が好きだということを知って、アイスマン先生のイラストも描いてくれました。(11巻がアイスマン先生表紙なので、そのためかも)マリーシェル占い館が昨日から"君は008"ショップになった感じです。商品を置いてあるわけではありません。こちらの画を持ってきてくれた方から、お花までいただきました。"君は008"の作者が、昔 "史上最強の弟子ケンイチ"という作品を書いていて、その作品のキャラも上記の写真にあるように描いてくれたので、史上最強の占い館とかけてつぶやいたところ、Twitterで作者アカにいいねされ、それ見た別のファンの方もマリーシェルに訪れてくれました。現状店舗では、#トニカクカワイイ コラボが館でやっている関係で、その告知をしているんですが、そちらを押しのけて、うちだけ君は008押しになってます。君は008のファンの方で、イラスト描いてる方はそれを持って、秋葉原しましょう。アトレ秋葉原の本屋の目の前を"君は008"で埋め尽くし、スゲー盛り上がってる感を出して、本屋さんのオススメマンガコーナーに枠を設ける計画はどうでしょうか。マリーシェル占い館は、本屋さんのオススメマンガコーナーの真ん前で、毎日、1000名以上のお客様がそこに集います。その反対側で、君は008がオススメマンガコーナー以上のスペースでいろんな展示が並んでいる状況になれば、きっと気になります。その1%の方が興味を持てば、10人が本を手にすることになるし、0.1%でも30日なら30冊売れます!30冊売れれば、オススメコーナーにはすぐに置かれるようになるはず。ちなみにファンの方で、うちに足を運ぶと占いをやらないといけないんじゃないか?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、そこは気になさらずでかまいません。マリーシェルの営業方針は、悩みがある方の問題を解決するというもので、悩みがない方の占いをする店ではないので。それにそもそも駅ビルの普通のテナント区画に店をさせるのは、首都圏ではうちくらいで、コロナで同時期に入った店舗が全滅退店した中、うちだけ残っているように、顧客の方々に支持されています。だから、画を置かせてもらうからとかは気にせずに来てください。私としては、"君は008"のファンということもありますが、この作品のウサギ先生の被り物をして占いをやりたいという目標があります。秋葉原はそうした格好をしても、温かく受け入れられる雰囲気がある街ではありますが、さすがに店でそれをやってると、周囲の冷たい視線を感じるでしょうし、漫画の認知が進まないと何あのキャラ?みたいになってしまいます。ですので、まずは画を展示し、館内の他店のスタッフにも、「あーマリーシェルさんは"君は008"が好きで展示してるのね」って認知を図りつつ、お客様にもPR。徐々に認知が拡がってきたところで、"ウサギ先生登場!"みたいな流れにしていきたいのです。うちが"君は008"とコラボの際は、コラボのタロットカードを作ろうと思います。来年は外国人旅行者がたくさん来るので、外国人向けの商品です。タロットは全世界共通で、日本製のアニメのタロットのお土産ということなら、需要はあるはず。そのタロットは、アトレ秋葉原のマリーシェルにしかないとなれば、旅行客経由で海外にネット情報が流れるし、弊社のアプリ海外展開にもプラスになるので。つまりは、日本人向けに売る仕様には一切ならないと思います。たまたまこの記事を目にした"君は008"のファンの方は、冗談程度にしか感じないかもしれませんが、マリーシェルは実現率かなり高いです。現状のアトレ出店に関しても、一度松戸で限定でやったのち、またアトレに戻ると宣言し、その通りにしましたし、上場企業傘下の企業に権利侵害され、もう泣き寝入りはするつもりはないと、外部弁護士立てずに自分で裁判をしかけ、ガチ弁護士相手に負けませんでしたし、3年目でそろそろメディアに出るようなことをしたいねと口にして、実際に新聞の全国紙に掲載されたし、うちを陥れた上場企業との戦いに関しても、最終的に相手役員の首が飛ぶという結果になってますから。"君は008"の作者は"闘う漫画家"で、史上最強の弟子ケンイチを生み出しましたが、うちは"闘う占い師"で史上最強の占い館を作ります。マリーシェル占い館https://uranai.news/akihabarauranaikan/

  • 07Nov
    • 呪術廻戦 だけじゃない。コラボ企画が11月は目白押し

      #呪術廻戦 コラボのキャラカードのプレゼントはまだ少し在庫ありますが、土日で終了する恐れがあります。#秋葉原 にお越しの方は、ぜひアトレに立ち寄り、マリーシェルにお越しください。アトレのトリコラボ企画なども、11月は展開しています。大好評『次回延長10分無料サービス』|マリーシェル占い館|アトレ秋葉原 -atre-アトレ秋葉原「ニュース」のページです。www.atre.co.jp

    • まともな占い講座がやれてるとこ、少なすぎる・・・。の画像

      まともな占い講座がやれてるとこ、少なすぎる・・・。

      11月に入り、2日に1回ペースで占い師の対面による面談をしています。今週末の面談の方は何となくいい感じが面談前からあるんですけども。9月10月と占い師の対面での面談をずっとやってきましたが、ここまで全滅でした。正直な感想として、このレベルでプロとしてデビューさせた占い師は恥ずかしくはないのかと。カードでも星読みでも、基本的に本を読めばそれなりにわかる。講座を受講したのなら、プロとしてもそれなりにやれるものかと思えば、まったく違うものでした。私の知り合いの占い師の場合、講座を受講した生徒がデビューの段階に一緒に付いて鑑定がスムーズにできるか確認したり、私のサンプル鑑定を受けさせたりと、デビューさせる側の責任を感じさせる対応をしてました。講座の途中で資質がない、問題があると感じれば、デビューさせないという厳しい対応を取る、こうしたことをやってる占い師が今は少なくなったのかもしれません。ネットの情報を鵜呑みにして、講座エントリーをする人が多いんだと思いますけど、きちんと実績の裏付けや真偽、その価値などを調べられた方がいいんじゃないかと思いますね。マリーシェルの場合は、以下のようなところがお客様には評価されています。・チャット占い市場を作り出したパイオニア。・朝日新聞の本紙朝刊社会面に掲載。・占いサービスにおいて、複数の東証1部企業のバックヤードを請負う。・JR駅ビルアトレやコピスなど、入居ハードルの高い施設にテナント入居し、実績を出している。こうした実績の積み重ねがあり、調べられてもケチがつかないところがあります。詳細に調べられた方からは、裁判では負けなし、大復活劇などまで知っていたりする方もいたりします。逆にこんなケースは辞めた方が良いと思うのが。占い講座なのに本人の記事などで、"カルマ"や"業"という言葉がよく並ぶ場合です。こういう言葉を逃げ道にする占い師やスピリチュアルカウンセラーは多いです。なんでもかんでもカルマと業を持ち出す。仕事の相談なんかでこれをみかけると、おいおいそれは学歴の問題じゃないか?と思ったりもします。そもそも日本は学歴社会が根底にはまだ残っているわけで、そこで判断されることが多いのに、カルマや業を持ちだすって大丈夫かと。また、本人が努力しないことや性格やコミュニケーションの問題なのに、カルマや業を持ち出したりもします。それ見てるとバカのひとつ覚えのように感じます。実際の問題が本人起因のものであるのに、すべて別のモノのせいだという話をすると、非を認めたくない本人にとっては都合のよいものになるでしょうし、その話を受け入れたくもなるでしょう。でも、何も変わらない、相談の意味がない。とどのつまり、“逃げる人生”を選択させてしまっていることになるんじゃないでしょうか。今の自分を大切にする、これから楽しく過ごすのに、前世やカルマなどはどうでもいいことだと個人的には思います。前世はあくまで前世で、現在はあくまで今の自分なんだから。前世やカルマのせいにして、今の自分に向き合わないかぎりは、幸せな人生ということにはならないんじゃないでしょうか。前世で結ばれるはずだったとかいう方がたまにいますが、じゃあ現世で付き合ったらうまくいくのか?これだけ離婚が増えている現状で、前世の縁があるから、現世で結婚して幸せな人生を送れると思う人は現実にまったく向き合えてはいないんじゃないだろうかと思います。そんなに自分が好かれる自信がどこにあるんだろう?と不思議なんですがね。私は前世やカルマ、業などを全否定する気はありませんが、そこを気にするよりも、今の自分を大切にする、楽しく生きる、自分が楽しいと思える世界を描くということの方が大事だと考えています。現実に向き合うには辛い状況もあるからこそ、占い師と一緒にどう立ち向かうか考える、迷った時にいつでも相談できるというのが、占い師の仕事というか、かかわり方なんじゃないかと思いますね。少なくともうちの占い館は、未来を向き、未来を創るサービスの提供が大事だと思うから、過去にとらわれるような発言をする占い師がいれば即座に注意します。未来は変えられても、過去は変えられない。辛い過去はあくまで見方を変え、それを受け入れられるようにすることで、未来に目を向けられるようにするし、現在どうすべきかを一緒に考える。これが基本スタンスです。私の考えに間違いがあれば、今のように店舗やサービスを増やすことはできなかったと思います。新聞の取材にせよ、駅ビルの入居にせよ、利益関係のない他人の目からの評価として〇が出ているわけで、これからも間違いをしない限りは、目で見える結果がついてくると思います。

  • 02Nov
    • 10年後、占い師の勝ち組でいたい方はぜひ

      note更新しました。そちらに記載してるとおりで、現在戦力となる占い師を募集しています。自分のことを観れないとかいう占い師がたまにいますが、そんなことを口にするのはいいわけですね。自分のことを観れないなら、周りを通して自分を知ればいいわけで、つまり、noteの内容も書いたとおりに動くのか、そうでないのか、そこをしっかりと判断できるでしょう。10年後、占い師の勝ち組でいたい方とタイトルを付けましたが、私がnoteで記載した世界になると、想定できるのは外部組織の介入。たとえば国家。noteに書いた状況になると、資格制度を日本で導入=それがそのまま世界でというような流れにも進む可能性が出てきたりもするでしょう。すると、国内での活動には資格が必要ですとなり、〇〇協会?そんなもの通用するわけないですね。国家資格じゃないとという流れがあるやもしれません。つまりは勝ち組どころか、活動できないという状況も少なからず考えられるわけです。そうじゃない世界でいえば、既存のサービスも残っているでしょう。けれども、そこでは格差が生まれる。かたや世界サービスとなっており、占いといえば”〇〇”と言われるサービスとそれ以外という状況になるわけですから。10年後を観たわけではないですが、タイトルはこちら路線で付けました。たまに占い業界を変えるというメッセをブログやTwitterで発信する輩がおりますが、具体的な中身もなければ知恵もない人の発言と、私の記事の内容とを比較すれば、どちらが本気かがわかるのではないでしょうか?現在の状況を見ればわかるように、過去に調子のよかった会社が今も順調で、未来があるかといえばそうではありません。マリーシェルがリアル鑑定アプリのパイオニアという地位に甘んじることなく、長期的なビジョンを立て、リアル店舗の展開に挑戦し、そこで成功をおさめ、次なる挑戦を進める現状を実際に目にする方々の中には、すべてが成功し出来上がってから参加しようという人もいるでしょう。でも、そんな方々はマリーシェルには必要のない人であり、関りを持つべきではない人間です。挑戦している人々にとって、何もしない人々の姿をみると、やる気をそがれるだけだから。マリーシェルが店舗に力を入れられるのは、Uranowで頑張っている占い師がいるからで、そこを守ってくれているからこそ、マリーシェルとして別の道にチャレンジできるんです。だから、今活動する占い師は我々からすれば、感謝の気持ちしかないですが、すべてが成功した後から入ってくる占い師に関しては、同じ気持ちを抱くことはないでしょう。当然ですが。https://note.com/mariciel/n/n0fad68718f19リアル信長の野望の先に|占いの会社マリーシェル 代表 鯉沼寿慈|note 信長の野望世代な私の・・・ 信長の野望が根強い人気という記事をニュースで見かけ、自分もファミコンで小学生から中学生までずっとやっていたなと。開墾して兵糧を蓄え、兵士を増やし強化する、そして戦で領土を広げていくという地道でコツコツ時間のかかる作業。 大人になった私が今やっていることは、現実世界での信長の野望のように思えてきた。占いというジャンルだが、新し…note.com占い館の採用は、人間性重視です。まずそこが破綻していると無理です。審査時にかなりダメ出しすることがあります。真摯に受け止め、改善できる人じゃないと無理でしょう。

    • アトレ秋葉原店が絶好調!マリーシェル占い館の画像

      アトレ秋葉原店が絶好調!マリーシェル占い館

      マリーシェル占い館アトレ秋葉原店では、11月1日(日)過去最高の客入り&売上げを達成することができました!コロナ禍で都内ではまだまだ敬遠する方が多い中での記録更新はうれしく思います。1人あたりの占い師が1日に担当できる数には制限があり、8人程度がベストですが、それを上回る10名以上という状況が発生し、休憩もままならない忙しい一日でした。11月からアトレ秋葉原の10周年祭、 呪術廻戦コラボ、GoTo占いキャンペーンとイベントが重なる月となり、1日にも満席お断りが発生しましたが、11月中は時間帯によっては同様のケースが発生することが予想されます。鑑定の事前予約に関しては、予約日時の希望が重なるケースが多く、すべてのお客様に対応ができていない状況が発生しているため、混雑の緩和と公平性を考慮し、前回予約をキャンセルしたお客様に関しては、次回予約を受付けないこととし、当日受付という形を取らせていただくことにいたしました。2021年1月には、占いイベントを実施予定のため、席数増設も検討し始めました。前回催事では4席展開で開催しましたが、現在の状況を踏まえると、倍の8~10席が必要な状況に感じます。スペースの関係で席数増にも限界がありますので、1月の催事に関しては整理券配布など、密にならない運営を企画していく考えです。https://twitter.com/m_uranaikan/status/1323073403687899136 マリーシェル占い館アトレ秋葉原店🔮 本日より、#アトレのトリ 占い🔯企画が開催されます。あなたのトリせつをご希望の方は、鑑定後にお伝えください。#呪術廻戦 コラボのキャラカードもプレゼント🎁#アトレ秋葉原 #マリーシェル #占い #uranow #ウラナーウ pic.twitter.com/DfG6oxs3ZO— マリーシェル占い館🍀吉祥寺店🍀秋葉原店 (@m_uranaikan) November 2, 2020

  • 31Oct
    • 連日、満席となっております。ご注意を!の画像

      連日、満席となっております。ご注意を!

      アトレ秋葉原HPでも紹介していますが、まるっとさんに関しては、11月1日予約分に関しても満席です。鑑定をご希望の方は、3日以降の日程で再度ご検討ください。マリーシェル占い館アトレ秋葉原店、コピス吉祥寺店ともに、満席情報に関しては、占いニュースで掲載をいたしますが、即時反映ではないため、満席表示がない場合でも予約を停止していることがあります。https://www.atre.co.jp/store/akihabara/shop/news/146105まるっとさん予約満席情報|マリーシェル占い館|マリーシェル占い館|アトレ秋葉原 -atre-アトレ秋葉原「ニュース」のページです。www.atre.co.jp

  • 29Oct
    • 10月31日のまるっとさん予約は、最終時間を除いてすべて満席です。

      マリーシェル占い館の出演情報を更新しました。10月31日(土)コピス吉祥寺店のまるっとさんの予約に関しましては、最終予約時間以外すべて埋まっておりますので、他の時間をご希望の方は11月のスケジュールをご確認いただき、ご予約ください。占いニュースが最新になりますが、アトレ秋葉原、コピス吉祥寺HPでも随時アップ予定です。秋葉原で占いなら、マリーシェル占い館 ★11月スケジュール★|マリーシェル占い館|アトレ秋葉原 -atre-アトレ秋葉原「ニュース」のページです。www.atre.co.jphttps://www.atre.co.jp/store/akihabara/shop/news/145941

  • 27Oct
    • アトレ秋葉原10周年祭 アトレのトリ占い『あなたのトリせつ』が11月から!の画像

      アトレ秋葉原10周年祭 アトレのトリ占い『あなたのトリせつ』が11月から!

      アトレ秋葉原の10周年記念祭が11月から開始です。マリーシェル占い館×アトレ秋葉原コラボとして、アトレのトリ占い『あなたのトリせつ』企画を実施します。https://www.atre.co.jp/store/akihabara/shop/news/145680アトレのトリ占い!あなたのトリ扱い説明書をプレゼント♪|マリーシェル占い館|アトレ秋葉原 -atre-アトレ秋葉原「ニュース」のページです。www.atre.co.jpアトレのトリ占いは、11月いっぱいの期間限定イベントです。『あなたのトリせつ』はTwitter用とインスタ用の2種類、お好きな方を制作してプレゼントします。ぜひこの機会をお見逃しなく!

  • 25Oct
    • マリーシェル占い館に本日来店前にご確認を!の画像

      マリーシェル占い館に本日来店前にご確認を!

      マリーシェル占い館アトレ秋葉原店ですが、本日まるっとさんが予約分ですでにいっぱいになってしまいました。鑑定をご希望されるお客様は、また次回出演時にご予約をお願いいたします。比較的、昨日、今日は直前までは予約の空きがございましたが、前日に瞬殺という状況になってしまいました。本日は、アトレ秋葉原は長尾宝龍、コピス吉祥寺は夢雲が出演となりますが、こちらの両名に関しても時間帯によっては受付不可の時間がございますので、事前にお電話でお問合せくださいませ。

  • 24Oct
    • 25日コピス吉祥寺|スカイ・ベリーの予約満席につきましての画像

      25日コピス吉祥寺|スカイ・ベリーの予約満席につきまして

      10月25日(日)吉祥寺のスカイ・ベリー鑑定予約は満席になりました。マリーシェル占い館のスケジュールに追加で掲出した25日コピス吉祥寺店のスカイ・ベリー出演に関してですが、本日満席となりましたので、受付終了とさせていただきます。また、当該曜日は臨時出演のため、スケジュールへの反映はいたしません。13時30分~の夢雲に関してはご予約を承っております。スカイ・ベリーに関しては、アトレ秋葉原店を主に出演しておりますので、鑑定をご希望の新規の方はアトレ秋葉原店をご利用ください。コピス吉祥寺店に関しては、リピーターおよび小中学生などのいじめ相談のみを基本対応いたします。

    • リアルに予約が取れない占い師まるっとさんが25日アトレ秋葉原に!の画像

      リアルに予約が取れない占い師まるっとさんが25日アトレ秋葉原に!

      9月までは土日のみの出演のため、毎回鑑定を受けられずにお帰りいただく状況が続いたため、10月は火曜、木曜もお店に出演していただくことになりました。平日でも予約で満席が続き、キャンセル待ちのみで入れる状況でしたが、月の後半となる今週は時間帯によっては調整可能な枠がありますので、ご興味のある方はぜひこの機会にお越しください。アトレ、コピスともに館内で働くスタッフの口コミが噂を呼び、スタッフの方がお越しになる機会が増えています。まるっとさんと他の占い師の違いは何か?という質問をたまにいただくことがありますが、タロットで鑑定した結果の質が全く違うという点で、タロットを学んでいる人ほど、その凄さが分かります。占いを知らない人は、普通に驚きますが、これが占いかって感覚で他の占い師の鑑定を受けガッカリして、ようやくまるっとさんの凄さが分かるという方が多いです。タロット占い師でもきちんとカードが出ていない占い師も中にはいますし、カードは出ているのに伝えることが間違っている人もいたりします。そういう意味ではタロット占い師は当たりはずれが大きいと感じます。自分はきちんとできていると思っている占い師でもお客様がつかないのは、何かができていないということで、そこをまず理解して修整する必要がありますが、それをやれる人はなかなかいません。一流の占い師の鑑定を見ると、自分に足りない点のヒントが見つかったり、時にはその場で貴重なアドバイスも受けられることもあるでしょう。まるっとさんのマンツーマン占い講座T45では、通常版とは異なりますが、そうした今の自分に足りない点やどう改善すべきかの気づきを得るレッスンもありますので、ご希望の方はご相談ください。https://www.atre.co.jp/store/akihabara/shop/news/14531525日はまるっとさんでニコニコに!|マリーシェル占い館|アトレ秋葉原 -atre-アトレ秋葉原「ニュース」のページです。www.atre.co.jp

  • 23Oct
    • 吉祥寺の占い館が連日活気ずく状況に

      マリーシェル占い館コピス吉祥寺店が、ここのところ勢いを感じます。9月前半に一度過去最高の客入りを付けて以来、凸凹がある中、10月は数字がまとまってきたというか、日によっては受け付けられずにお帰りいただく日も出てきてしまいました。コピス吉祥寺店では、OPEN当初から子育て中の相談や子どものいじめ相談を積極的に受け入れる体制をとっており、子ども向け教育施設への出張案件も今年は受けるなど、お客様の幅が拡がってきました。https://www.coppice.jp/newsandevent/A405/4207/”子どもの気持ち”考えたことある?パパママ親子鑑定 | News ニュース | コピス吉祥寺 – coppice KICHIJOJI –マリーシェルでは親子鑑定を行っています。最近、お子さんがなんか変だとか、暗い感じがすると感じたら、何かご両親には言えない悩みがあるのかもしれません。そんな時には、親子一緒に親子鑑定を受けて、悩みを一緒に解決してみては?マリーシェル占い館の親子鑑定親子鑑定は、毎www.coppice.jp誰でも気軽に利用できる形を目指し、マリーシェル占い館が今のようなスタイルになりましたが、まだまだ改善すべき点はいろいろあって、優先順位を設けてひとつひとつ改善し、より利用しやすい空間を作っていきたいと思います。

  • 21Oct
    • 呪術廻戦コラボはもうまもなく!|マリーシェル占い館アトレ秋葉原

      マリーシェル占い館アトレ秋葉原店情報🔮11月1日~15日は、ついに呪術廻戦コラボが開始されます!マリーシェル占い館も、いつもどおりならコラボオリジナルグッズを配布することに。まだ占いをやったことのない方は、ぜひこの機会に当店で占いをご利用ください。https://www.atre.co.jp/store/akihabara/news/143808「呪術廻戦 × アトレ秋葉原」コラボ開催!|アトレ秋葉原 -atre-アトレ秋葉原「ニュース」のページです。www.atre.co.jpちなみに10月中はこちら。五等分の花嫁コラボです。マリーシェル占い館でも、コラボカードを配布❣https://www.atre.co.jp/store/akihabara/news/144752「五等分の花嫁∬ × アトレ秋葉原」コラボ!|アトレ秋葉原 -atre-アトレ秋葉原「ニュース」のページです。www.atre.co.jp

  • 18Oct
    • 失敗しない占いサービスや占い館の選び方の画像

      失敗しない占いサービスや占い館の選び方

      今回、占いサービスや占い館の選び方についてのご紹介。といっても、別にうちのサービスを宣伝するつもりはないが、私の考え方を述べるので、そのように受け止める方も出るだろう。占いサービスや店にはそれぞれの考え方やコンセプトがあり、占い師個々に考え方が違うから、同じサービスでも合う合わないが出てくるだろうし、うちがいい人もいればそうでない人も出る。長年占いに関わっている人は、自分で判断ができても、新たに占い業界に足を踏み入れた人にとっては、サービスを選ぶ際に何を基準に選ぶか、結構迷う人もいるだろう。求人情報やサイト情報など、WEB系では上位に表示されればいいもののように感じるが、それは実際には違ったりする。広告費をかければ上に表示されるようになるし、占い師が集まらなければサービス側は広告をかける。つまり、ダメなものが上位に表示されることになるのだから。占いを真っ当にやってきて、これからも地道に頑張っていこうという人は、最初のサービス選びはきちんとした方がよい。後々、問題が発生したサイトに所属してしまうと、それが自分のブランドを汚すことになるのだから。自分ではそんなところは気にしないと思っても、世間、一般の利用者はそういうところを見る。そもそも占いサービスを詳しく知っているわけではないし、問題があって報道されたサービスだけを知る人だって多い現状だ。私自身が起業する前、占いの世界に入る際にも会社選びには今ほど情報があるわけではないから迷った経験がある。白黒はっきりとつけたい性格だし、倫理観や正義感が強いから、変なところには入りたくはないと思った。何より、人を幸せにするサービスだからこそ、不幸の集まりみたいなところは無理だとかなり極端な考え方をしていた。その頃の占い系の企業では、片方は内輪もめに離婚、もう片方は不倫問題と幹部の相次ぐ離脱みたいな話が出ていて、どちらも真っ当な会社だとは思えなかった。他の企業に関しても、占いを扱っているのに、それをまるで活かせてないと感じた。だから、どこが正解なのか、判断に迷うこともあった。その当時は協会も力を失っていて、ギスギスした雰囲気があったし、これは業界的には崩れるなと思っていたら、まさにそうなった。そうした状況の中、当時は一緒に働くメンバーで選んだ。それは結果的に正解だったと思う。当時は大広という広告業界の大手の会社で赤鬼と呼ばれていた方が、顧問みたいな立ち位置で、事業を統括する立場にいて、占いビジネスという視点からではなく、あくまでビジネスや営業、マーケティングという視点でいろいろ指摘してくれ、何より新しいものに挑戦する際に自分の考えに足りない面を気付かせてくれたことがありがたかった。今は当時とだいぶ状況が変わっているが、サービスや占い館を選ぶのに大事なのは、そこで自分がブランドを背負っていけるかとか、一緒に活動して拡げていきたいと思えるか、そういう部分じゃないかと思う。こういう考えで入ってきた人は、覚悟が違う。自分がマイナスなことをしてしまうと、他に迷惑がかかる、だから精一杯の努力をしようと考えるはずだ。だから、こういう部分で選んだサービスというのは、同じようなタイプの人が集まって、自然と質の高いサービスになる。私が自分の考えをはっきりと書くのも、考えが近い人やベクトルが同じ方向を向いている人に参加してもらいたいからだ。会社のHPにせよ、ブログの内容にせよ、好き嫌いが分かれる内容になっている。占い以外で活躍してきた人からは、当たり前のことを書いてるよねと言われるけれども、そうでない人には反発を生むことがある。でも、それは個々の意見の違いだから、それでいいと考えていて、同じ意見や考え方の人が集まればいいと思う。私はマリーシェル占い館もUranow(ウラナーウ)も大事だけど、すべて自分の好き勝手に決めるということはしていない。なるべくそこに関わる占い師がやりやすいことはなにか、どうしていきたいか、そこを検討する。上記に記載したように、このサービスを選んだ人、みんなの夢を載せたサービスであるため、みんなの夢を叶える方向にもっていかなくてはならないからだ。マリーシェル占い館には、そこに関わる占い師の夢が乗っかっていて、Uranow(ウラナーウ)にもそこで活躍する占い師の夢が乗っかっている。それぞれ別個のもので、関わる占い師も完全には一致しないから、大筋の方向性は一緒でも、細かいところではやや違う方針もあったりするのも当然だと思う。Uranow(ウラナーウ)は、プラットフォーム型サービスにみられるが、誰でも自由に入れる形式は取らない。プラットフォーム型は、審査不要や形式だけの審査で入会スルーパスが常態化しているが、これは占い師をネジなどの部品のようにしか見ていない。どんどん新しい部品に取り換えて、新鮮さで売るというやり方であり、私はこんな人を人としてみないやり方は納得がいかないので、Uranowでは取り入れない。私は、Uranowというサービスがそこにいる占い師と一緒に成長していけるサービスにしていきたいと考えている。だから、2年以上とか、ずっとここで活動するような占い師はやはり他の占い師とは違う扱いを本来していくようにすべきだと思うし、時代錯誤だといわれるかもしれないが、このサービスでの経験年数に応じた年功序列的なものがあるべきだなと思っている。占い館に関しては、現状はリピーター率が高い占い師を作るというものを短期目標に置いている。何度か記載しているように、マリーシェル占い館は、これから全国に展開をさせる方針で、首都圏の足固めから始めている。地方展開をする際には、私ひとりでは到底無理で、各地域でこれまでの店舗と同じようなモデルを組める、作れる人材が必要になる。だから、現場にいる占い師に自らできる占い師に変わってもらい、新店を自分の力で作っていけるようにしていかなくてはならない。そして、占い館はUranowの拠点に今後変化させる必要も出てくる。この連携がうまくいけば、双方に大きな収益をもたらす結果が出ることになるからだ。まだまだ連携が弱いが、占い館のお客様がUranowを利用し、逆もしかりの状態になる。これが中期目標で、占い館のみ参加の占い師がUranowの紹介をするのは当然のこと、逆にUranowの占い師の方が占い館を紹介するのが当然だという感覚を徐々にもってもらえればありがたいと思っている。でも、これ一見自分に利があるように感じないものだから、それを積極的にしようという意識が働かない人もでてくるだろう。それは仕方のないことだけど、長期目線では必ず双方にメリットが出てくるものだから、弊社としてもこれはしばらく発信していこうと思う。Uranowと他サービスとの決定的な違いのひとつは、Uranowには占い館があるということ。それもコピスやアトレというブランドのある施設の中で展開しているというのは、占い以外の業界にいる人々から見ると、結構重要なポイントになる場合がある。占い館でも、ただ路面店に出すのと、施設にテナントとして出すのとでは信用力が違う。ビジネスマンなら、そういう部分をしっかりと分かってる人も多いし、評価する人も多い。だから、案外、中の占い師は気付くことが少ないが、他サービスよりも客質が良いという状況が現状でも生まれている。複数サービスを利用する占い師が口をそろえて客質の良さや違いを口にすることも多い。マリーシェル占い館にせよ、Uranow(ウラナーウ)にせよ、パッと花を咲かせて、次第に朽ちていくようなサービスを私は求めてはいない。盆栽のように年とともに、より評価が上がり、完成形に徐々に近づくようなサービスにしていきたいと思っている。そんな姿を求めているからこそ、単なる腰掛けや籍だけおくような占い師は不要であり、サービスとともに一緒に成長していこうとする気持ちをもっていたり、自分がサービスを引っ張っていくような強い心持ちの人がこれから求める人材といえる。自分が今いるサービスで働く理由、それが明確でない人は多いだろう。目的や意識がクリアになっている人とそうでない人とでは、様々な面で大きな差が生まれるだろうし、これは別に占いに限ったことではないが、何よりも幸福度の違いが出ると思う。夢や目標が明確になっていると、それに近づくごとに喜びを感じるし、よりやる気も充実してくる。また自分の中での確固たる自信にもつながってくるだろう。そして、それを達成した時には、達成感を得られる。でも、それがない場合は何も感じるものがないし、得られるものも薄いだろう。1件の鑑定に関しても、前者はやり遂げたと充実した仕事に感じたり、その鑑定での反省点を踏まえ、次は同じミスを犯さないと前を向くことだろう。けれども、後者には前者が得たものと同じような感覚や心境にはならないし、ミスをしても、それが自分の責任ではないという考えに結び付いたりもする。下北沢で掲出したこの広告は、ある意味では私の決意表明といえる。もう一度、マリーシェルとして、変えることに挑戦する。そして、井の頭線の終着である吉祥寺駅のこの広告。これが変えた後の世界にある姿だ。占い師募集詳細について

    • 評価はまあまあいい、でもリピーターがいない占い師の課題の画像

      評価はまあまあいい、でもリピーターがいない占い師の課題

      コロナ禍で副業として占い師を始めているためか、最近占い師の実技審査を見るケースが増えています。しかし、納得のいくようなレベルの占い師にはまず面会できずじまいという感覚です。さすがにパーフェクトはいかなくても、それなりにというレベルの方は一定数いるはずなのに、ピラミッド構造の底辺だけが増えたというのが正直なところでしょう。HPやブログなどで、こんだけの実績があるとか、占い師の知識の披露をしてるんですが、実際に鑑定させると、おいおいこれだけかいと。本人にやる気があって、人間性のある人であれば、今後の伸びしろがあると判断することもあるんですが、そういうふうには思えないって人が増加しています。実際にあったケースをそのまま今回は紹介します。今回は、霊感・霊視とタロットを使う占い師で、他社ですでに占いは実績があるということ。過去実績の評価は良いという話でも、そもそも複数サービスに手を出すということは、リピーターがいないという可能性があります。リピーターがいる占い師は、サービスを選ぶようなことはせず、どこでもやっていけるからです。また、実績ではうちの場合はすべて掲出されますが、他のサービスは悪い評価が反映されないというサービスがほとんど。そもそも人の心理として、評価をわざわざ低くつけるような人は少なく、たいていは高評価を付けるもの。だからこそ、悪い評価に記載のある内容に価値があると思うんですが、それを載せるのは一部なんですね。そこで今回は評価情報についても確認しやすい相談テーマで進めていこうと思い、プロフィールには相手の気を見て判断できると、チャット占いでもそれができるということなら、それを判断するテーマで審査しようと考えてみました。以下が実際の流れです。一見、普通の流れに見えるでしょう。でも、私はこの段階で×が付きました。さらに×が並びます。これ以上、やってもムダだと判断し、終了。フォローバックの電話をしました。そして、正直な感想を伝えました。リピーターさんはほとんどいませんよね?鑑定の流れが自分で作れていないと。どこがどう悪いか、説明したところ、「あー、これ以上無駄なんで辞めます」と占い師側から断ってきました。そして、上記の最後に記載のある『捨て台詞』無駄になったのはこっちだよと思いつつ、こういう輩がほんと増えてると感じます。1枚目のやりとりのところで、素人だなと感じ、2枚目の冒頭で、ダメだこりゃと。そもそも霊感・霊視を押してるのに、なぜ押しで観ない?説明には微塵も知的なところを感じさせない。全体を通してみると、流れは作れていない。話に深みや面白さが一切ない。本人の個性が一切ない。逆によかったところは、返答の速さと丁寧さを感じさせる文章。10点満点中1点。最後の暴言でマイナス1すると、0点とすると、もはや占い師ではない。占い本についてたカードで占いを始めた人レベル。実績があるというのに、この程度というのはこの占い師だけじゃなく、サービス自体に問題がありますね。占いに関しては、悩みのあるユーザーが来るわけで、その悩みを解決してあげたい、少しでも緩和させてあげたい、そういう気持ちがない人には、うちのサービスではやってほしくないという考えがあります。チャットはテキストだけのやり取りですが、そのチャットのやり取りだけでも気持ちが伝わります。伝え方の技術云々ではなく、自分の心に従った言葉というのが自然と出る、だからそれが相手にも伝わるんですが、心のない人ではそれができない。今回の応募者をそのまま採用してしまったら、おそらくサービスで活動後にお客様とのトラブルが確実に発生したと思います。自分の間違いを指摘され、逆切れという結末。占いサービスでは、お客様の声がストレートに届きますし、そこで真摯にそれを受け止められない人ではダメなんです。今回のような人は、占い師だけではなく、お客様にもいるでしょう。やはり集団サービスでは、似たものが集まる傾向があり、こうした問題のある占い師の数が多ければ、それに応じて同じようなお客様も増えてしまう。逆に問題のある占い師を削減すれば、似たタイプのお客様も近寄らなくなります。きちんとした鑑定や対応ができる占い師には、徐々にでもリピーターさんが付いてくるし、一定数のリピーターがつけば、問題のあるお客様からの依頼も入らなくなります。全体がそうした傾向になれば、問題のあるお客様は別のサービスに自然と離れていきます。実技審査のフォローバック時には、毎回それなりに注意点を伝えます。それを真摯に受け止められる人もいれば、今回のように受け止められない人もいる。受け止めないというのは、そこで成長が止まるわけですし、嫌みを言われたとか、好き嫌いで判断というのはそもそも仕事ではありえないことなんですが、そこを理解できない人々が、最近急増しているという状況がこの業界にはありますね。こちらの立場でいえば、わざわざ問題点を指摘し、反感を買うようなことを好き好んでしてるわけではないんです。ひとりひとりの占い師がきちんと稼げるようにする、そういった責任が私にはあると思うし、最初でつまずくとそこから立ち直るのはほぼ難しい。そういったことがあるから、開始の前にきちんと伝える。それを理解し、改善していこうとすれば、時間はかかっても、きちんとお客様を取れるようになるし、その証明が先日の占い館の売上げグラフだと思うんです。ひとりだけが頑張ってもダメで、個々を底上げし、みんなで頑張ることで大きな利を生む。チャット占いもそうで、占いは個人プレーに見えても、実はそうではない。そのサービスにいるみんながひとつのチームであり、誰でも参加させたら、みんなのブランドを傷つけることになる。各々に得意不得意があって、自分なりにできることをやる、それが積み重なっていくことで、素晴らしいサービスができあがると私は思います。顔を合わせることのないサービスで、みんなで団結するというのは難しいもので、本来はサービスをよくしていこうという想いに焦点が集まり、進めることができれば成果を出すことができるでしょう。でも、時には不満を持つ者同士が別のベクトルで進んでかき乱すようなことも起こります。自分が不幸だと感じる人間が、周りも自分と同じ状況にしようという考えで悪さをするのが原因です。だから、人間性のある人を採用し、問題のある人には離れてもらう。少しずつでも理想のチームに近づけることで、きっと成果を出せるようになると考えています。

  • 14Oct
    • 占い師を取り巻く環境が変わる時の画像

      占い師を取り巻く環境が変わる時

      占い師を取り巻く環境は、今から遅くとも5年後には大きく変わる。首都圏の占い館では、コロナ化で苦戦を強いられる店が多かったようだ。都内でコロナによる自粛要請が出ても、営業を続けていた館もあり、要請に従い約2か月フルに休んだ店は数少ない様子。マリーシェルは都の要請期間の休業後も、他店が再開する中、6月からの再開を決め、都合約2か月の休業を強いられることになったが、売上げ・客数とも休業前の20%増の状況が毎月続くことを伝えると驚かれることが多い。商業施設の隙間スペースで間借りする店の占い師と話をしたところ、売上げがない日は前からあったが、コロナ後はさらに増えたように感じるという。場所によっては、数字を施設側に報告するために、売上げ0でも占い師が自腹を切って、売上げを付けるようなところもあるそうだ。たしかにお客様が少ない日もあるが、コロナ後に売上げ0という記憶はない。それを伝えると驚かれるのだが、そちらの世界とこちらの世界でだいぶ認識が違うんだなと感じた。そちらの世界基準で店を運営していたら、おそらく3か月で店を閉めるだろう。毎月3桁近い家賃の支払いが重くのしかかるわけで、売上げ0は死刑宣告のカウントダウンを聞いているようなもの。正常な神経では1か月も耐えられない。正直、ビジネスモデルや店の運用、占い師自身などに欠陥があるんじゃなかろうかと思った。店を持つ前のテスト段階の時には、弊社も売上げ0の経験はある。人通りがないからそもそも無理な場合もあれば、人通りがあっても無理な場合がある。この経験をもとに、現状の売上げ0にならないモデルを生み出した。今回、話を聞いた場所では、そもそも場所は悪くない。それ以外に問題があり、私にはリピーターが取れないことが要因だと思った。新規客を入れても、きちんとリピーターとしてキャッチできなければ、右から左に流れて何も残らない。これはチャット占いや電話占いでも同じことが言えるのだが、鑑定件数をこなしても、リピーターを取れない人が多い。そちらの世界では売上げ0に悩んでいるが、こちらではどう他業種の店舗に売上げで勝つかということを模索している。弊社の場合、入居する施設側から売上げのランキングが掲出され、それを毎日確認するのだが、1日で3桁の売上げを記録するところにはどう転んでもかなわないが、2桁であればなんとかなると考えている。コロナ流行直前で入居したため、急に伸ばすことは難しいのは百も承知だ。同時期に入居した店が次々と閉店する中、唯一生き残った。閉店した後に入った店も長くはもたない。そんな過酷な環境であるが、私はランキング最下位には絶対なりたくないし、可能な限り上を狙いたいと思っている。そのため、数字を作る占い師を増やすこと、リピートするための改善指導を開始した。また、自分自身の出演回数を増やし、リピート数も上げつつ、この地にあった運営を模索している。占いサービスがアパレルや雑貨などの小売りに勝てるなんて、誰も想像しない。マリーシェル以外が参入しても、そちらの世界の企業では勝つことができないだろう。やるべきことを理解する前に撤退を余儀なくされるはず。しかし、マリーシェルであれば勝負できると踏んでいる。リンク&シェアを仕組化して、それが成果につながっているからだ。マリーシェルでは、次の第三の店舗がカギになる。三店舗目がこれまでと同様、順調に推移すれば、その後は一気に拡げられるだろう。(※補足1:他のチェーン、フランチャイズ型との違い)2席しかない店でも、2倍3倍の広さの店と同様の売上があれば、坪売をひとつの指標とする施設にとっては高評価になる。計画通りに首都圏10店舗展開が進めば、年間で10万件以上の利用につながり、地方展開につなげるために、占い雑誌を創刊するなど、これまで温めてきたことをひとつづつ進めていきたい。販促物を店ごとに用意するくらいなら、雑誌を作った方が効率的であり、”マリーシェルの占い”の雑誌が占い雑誌では発行部数・実売ともにTOPになるはず。占い雑誌が日本ですべて廃刊になった時期に、ちゃんと売れるモノを作ればいけるはずなのにと感じており、その筋の人に相談したことがある。その人のもとでなら、今までの占い雑誌の概念をひっくり返して素晴らしいものができあがると考えている。年間10万件利用の場合、平均単価3500円として計算すると、3.5億円の売上であり、ランニングをもろもろ引いても、7,000万弱は残る。以前、試算した際には雑誌の諸経費は3万部であれば、当時月200万で、年間2400万円あれば月刊誌で展開でき、もうちょいかかっても5000万円はくだらない。3500円の20%で700円ですから、1件あたりの販促費が500円と考えると、5000万円は許容範囲と判断できる。実際の占いの現場で活躍していない占い師が著名占い師として扱われる風潮は、これをスタートさせると変わってくるはず。この雑誌で紹介された占い師が他のメディアに進出する、つまりは真っ当な占い師が表に出られるようになる。実際にユーザーが購入したいと思う雑誌は、きちんとユーザーの動向を把握していないと作れないし、現場の占い師が関わっていない雑誌がユーザーにはウケない企画になってしまうのは当然で、そういったものが廃刊になるのは仕方のないことだと考えている。私が創造する占いサービスは、アプリや店舗、雑誌などがそれぞれ別個に別れているものではなく、それぞれが連携する循環型モデルであり、小さな円が新しいコンテンツを加えるごとにより、これまでの円がそのコンテンツと連携させ、取り入れることで、より大きな円を描いていけるようなモデルだ。人の目に触れる機会が増えれば、マリーシェルが取り組む自殺防止の運動にも効果が出るだろう。悩んだ時にいつでも安心して相談できる環境を創るというのがマリーシェルとしての方針であり、それに一歩近づくはずだ。現在、WEB等に複数存在する占いプラットフォームは、利用者にとっては良い面よりも悪い面が強まってしまった。誰でも占い師のような状況で、何の解決にもならないケースが増えているからだ。これじゃ詐欺だとか、騙しているといわれても仕方のない状況だし、それらは本来の占いの意味をなさないと考える。さらにプラットフォーム運営企業は、占いが本業ではないから、問題があればいつでもプラットフォームをつぶせばいいと考える、そして収益化のためには本来の占い業界ではやるべきじゃないと考えていることを平気でやってしまうし、現状それを防止するような仕組みがない。マリーシェルは、そんな現状拡がっている暗黒の世界を循環型モデルで変えていくつもりだ。マリーシェルがどんなに頑張っても、全体をひっくり返すようなことはできないが、暗黒の世界とは別に切り離されたオアシスのようなものを創ることはできるはず。真っ黒な占い師は暗黒の世界で生きればいいし、オアシスには真っ当な考え方ができる、人間性のある占い師だけが入れるようにしないといけない。みんなが飲み水として利用するオアシスの泉で、排せつするような輩がいるのは迷惑だ。安心・安全なサービスを提供するには、中の人である占い師の人選が重要であり、それができないサービスは暗黒の世界の中で、真っ黒な占い師の活動の場としてあればいい。これが基本的には私の考えであり、反社や不正企業に関わる占い師(※補足2)とは一切取引なんてしたくはない。たまに問題のある会社だと知らなかったという意見も出るが、占い師が善悪の判断もできずに活動をすること自体がおかしいと思うし、ダメだと思った時にすぐに引くのが当然のことだろう。そういう判断がまともにできないなら、オアシスの中の占い師としてはふさわしくはない。悩みを抱えたお客様が最終的には笑顔になって帰ってくれる、そんなサービスを弊社マリーシェルでは目指している。一度の相談で解決できればそれにこしたことはないが、ある程度の期間がかかる問題もある。そうした占い師と二人三脚で乗り越えるような問題は、信頼関係が築かれていなければ途中で崩れてしまい、問題解決には至らない。だからこそ、きちんとした信頼を築ける占い師が重要であり、プロとしての責任を持てないような占い師ではいけない。プロデビューしたての占い師は、これまで学んだものがすぐに活かせないという壁にぶつかる人が多いだろう。これは教える側の占い師がそもそもリピートを抱える技術がない、解決できるスキルが乏しいといった問題があるからだ。こうした場合であっても、マリーシェルは人間性のある、志が高い占い師なら決して見捨てはしない。個別に現状の課題を分析し、その改善を行うアドバイスをしていく。今後の計画を進めるうえでは、きちんと問題を解決でき、数字を立てられる占い師を集めなければならない。中途半端な状態でプロで活動する占い師では、指摘されたことを受け入れることはできない、ならばデビューしたての占い師を再度教育し直す方が時間をかけずに、一人前に仕上げられると考えている。実際にプロ占い師を育成する講座を受講した占い師が、チャット占いや店舗に応募し、そこで鑑定をやらせてみるが、すぐに活躍できると思える人物には出会ったことがない。大学から社会人になって、そのままでは通用することがないのと一緒で実戦経験がないとまるでダメなのは当然だ。だから、最初はその状態でも気にする必要はなく、鑑定の流れのポイント、リピートに繋げる工夫、伝え方のコツなど、アドバイスした点をしっかりと修整すれば、基礎はそもそもあるのだから、すぐに通用するようになる。弊社の方針に共感し、一緒に活動したいという人はぜひエントリーしていただきたい。https://mari-ciel.co.jp/bosyu-2/首都圏で残り8店舗を展開するにあたり、戦力になる80名が必要だ。いくら数が必要だといっても、エントリー者すべてを受け入れはしない。これまで通り、審査で見合わない場合は見送ることもある。上記で触れた問題があるから見送るわけで、プロに必要な素養があるかないかという最低の基準だと考えている。※補足1:他のチェーン、フランチャイズ型との違い商業施設のレストランフロアの隙間区画などのチェーン店との違いは、占い師に対する考え方で大きな違いがある。隙間スペースのチェーンは、通常のテナント契約とは異なり、催事契約となり契約料が低い分、1日の収益が低くても運営会社は儲かる。仮に土日しか客が来ない場合でも、月に8万円の売上げに対し、賃料2万円なら6万円は収益になる。100店舗運営すれば、これだけで600万円は確保できるというモデルだ。しかし、このモデルは占い師の収入を考慮しているものではない。月に8万円しか売上げがないとなると、どうやって生活する?という疑問が生じるだろう。こうしたチェーンに高齢の占い師が多いのは、占いで稼ぐというよりも、お金には不自由のない高齢者が趣味の一環や鑑定場所がないから利用するというケースがほとんどだろう。このモデルが悪いということはなく、実戦の場を提供するという意味ではよいのかもしれない。フランチャイズ型を取る店舗は、直営も抱えていることが多い。これらの店舗では、店の対面売上げが安定しているのは一部で、実はお客様がこないために電話占いを占い師にさせているところが多い。組織の代表の講座で講座利用は増えるが、店には客がまったく来ないというケースもあり、店が軌道に乗っての横展開という話を聞いたことがない。※補足2:反社や不正企業に関わる占い師これはあくまでもマリーシェルとしては、反社や不正企業のサービスに籍を置く占い師とは一緒に仕事をしたくないということで、個人の思想信条をどうこういうつもりはない。明らかに犯罪を犯す人間や他人に悪さする連中を自社で抱えるなんてことは、他の占い師に失礼であり、信用問題にかかわると考える。上場企業をうたうサービスであっても、こうした問題を許容する現状が見られますが、弊社は他社がやってるから目をつぶるということはしたくはない。不幸を生むリスクは避けるべきだし、お客様に迷惑がかかるのは明らかだと考えるため。たまにそうしたサービスに所属する占い師が、自分は悪いことしていないという話をする人がいるが、しないのが当然で、じゃあなぜ問題があるのにそれに目をつぶっていられるのか、そこが理解に苦しむ。同じ穴のむじなとしか見えないということ。不幸を見過ごせる占い師が幸福な人であるはずがなく、自分が幸福でないから、幸福・成功している人を貶めたり、傷つけることで、自分と同じ境遇に陥れ、歪んだ満足を得ようとする、そうした占い師に幸せな世界を壊されたくない。

  • 08Oct
    • 10日吉祥寺店の空き枠は残り1枠に。の画像

      10日吉祥寺店の空き枠は残り1枠に。

      10日(土)マリーシェル占い館吉祥寺店のまるっとさんの予約が残り1枠となりました。これまで土日枠は満席が続き、新規利用希望者が鑑定を受けられない状況が発生したため、10月からは、平日に出演日を設けました。平日、土日関係なしに毎回大入りとなっており、新規利用者も大幅に増えております。今週の土日はあいにく台風直撃で、それに伴い遠方の方のキャンセルが入った関係で、予約枠が1枠空いております。普段は土曜はコピス吉祥寺店、日曜はアトレ秋葉原店の出演ですが、今週は2日間ともコピス吉祥寺店出演となります。まるっとさんによる45分のマンツーマンタロット占い講座T45もここのところ人気で、受講者からプロ講座に進む方も出てきまして、近々プロデビューを予定しています。各サービスへの試験・審査を開始しましたが、他の講座利用者と比較して、圧倒的にパフォーマンスが高く、即実戦で通用するレベルであると感じました。カードの意味を伝えるだけとか、暗記しろというような低レベルな講座も世の中には数多くありますが、受講者に実戦で通用するレベルに持ってこれる講座はなかなかないと思います。特に現役で現場に出ていて、脅威のリピート率を誇る占い師。アトレやコピスの施設で働く人からも、まるっとさんの噂が広がっており、休憩所で知らないスタッフからも挨拶されたり、話しかけられる、そんな占い師は他では聞きません。10月は平日では火曜、木曜を出演日で調整しており、これまでの月よりは鑑定を受けられるチャンスが広がっておりますので、ご興味のある方はぜひ!現役占い師で、リピーターが取れない。一流占い師とはどこが違うのか?そう感じる方のエントリーも受け付けます。店に私がいる時であれば、サンプル鑑定をその場でやっていただいて、何が足りないのか?どうすればよいのか?などのアドバイスも空いている時ならアドバイスもいたします。WEB予約は上記バナーをクリックで、予約サイトに遷移します。

  • 06Oct
    • 下北沢の恋(鯉)の詩の画像

      下北沢の恋(鯉)の詩

      昨日は吉祥寺の広告を紹介しましたが、下北沢ではまじめな広告出してます。まじめなは語弊ですね。想いをストレートに乗せた広告です。拡大するとこちらの広告は下北沢駅の改札口13面で同時表示されています。ちなみにこの広告を写真に撮ると、角度によってロゴ部分がフラッシュします。人によって、ロゴが写ったり、写らなかったりするので、ロゴが表示された人はおそらくマリーシェルに来て、占いが必要なのかもしれません。必要な場合は以下のような写りです。ロゴが写ってます。後で気付いたんですが、Uranow(ウラナーウ)を掲載するの漏れてたんです。吉祥寺には出してたのに・・・。必要な人の心に届けばいいやと思うので、こういった広告内容にしました。17年前の当時を振り返って書いた、恋(鯉)の詩です。