●手書きの力。

 


今日はバレンタインデーなので、

 

 

少しバレンタインデーに関係した事を書いてみたいと思います。

 

 


一番多いのは、チョコレートを買って、渡す時、

 

 

「これ、受け取ってください。」と言って渡すケースだと思います。

 

 


当然ですが、渡す時、「好きです。」と言って渡せればより強力です。

 

 

ただ、渡す時に告白できる人は、ごくわずかでしょう。

 

 

照れますし、誰が聞いているかわかりませんから。

 

 

 


でも、渡す時に告白するのと同じくらい有効な手があります。

 

 

それは、手書きのメモを入れて置く事です。

 

 

「好きです。」と書いてもいいのですが、

 

 

「○○さんへ

 

 好きです。」と名前を書いた方がより有効です。

 

 


それでも、手紙でも好きです。書くのには抵抗があるという方には、

 

 

「○○さんへ、

 

 いつも応援しています。」とか、

 

「○○さんへ、

 

 いつも優しいアドバイスありがとうございます。」とか、

 

 


「○○さんの笑顔が大好きです。」や、

 

「いつも○○さんが頑張っている姿が、大好きです。」
                                                                                                                                                                         
と、好きです。を紛れ込ませる手もあります。

 

 


そして、より良い手書きの方法は、

 

 

彼へのメッセージを書く時、

 

 

彼への思いを込めて書く事です。

 

 

例えば、「好きです。好きです。」と言いながら書く。

 

 

そして、渡す時に、心の中で好きです。と言って渡します。

 

 

 

 

 

 

 

 

これは彼氏にだけではなく、

 

 

御主人や息子に渡す時も、手書きの言葉を添えてあげてください。

 

 

特に、普段なかなか言えない事を、書いてあげましょう。

 

 

例えば、「愛する○○へ  いつもお勤めご苦労様。」とか、

 

 

「○○さんへ、 この前外食したのとっても嬉しかったです。またよろしくお願いします。」

 

 

「愛する息子○○へ、 いつも皿洗い手伝ってくれてありがとう。」とか、

 

 

「大好きな息子○○へ、 いつも弟の面倒をみてくれてありがとう。」とか、

 

 

 


手書きの言葉には、貴方の念が入り、

 

 

相手により貴方の気持ちが伝わるのです。

 

 

 

 

年に一回、気軽に本音を言えるチャンスですよ。

 

 

もしかしたら、息子さんの一生の宝物の言葉になるかもしれません。

 

 

 

 


「息子○○へ、 

 

 大好きだよ。

 

 お母さんの子供に産まれてきてありがとね。」


END