●何度も婚活パーティに参加するけど結ばれない。

 


占いの仕事をしていると、

 

 

こういう相談が圧倒的に多いです。

 

 

■恋人が出来ない。

 

■友達が出来ない。

 

 

そんな電話相談の時、

 

 

 

「何か恋人が出来るおまじないか何か無いですかねぇ。」

 

 

と聞かれる事もあります。

 

 

 

 

そこで今日は、

 

 

恋人が出来るおまじない。ではありませんが、

 

 

近いものを紹介したいと思います。

 

 

 


ある女性の方から、電話相談でこんな相談をされました。

 

 

何度も結婚相談所主催の婚活パーティに参加するんですけど結ばれないんです。

 

 

聞くと、もう6回は色々な婚活パーティに参加したそうですが、

 

 

未だにカップルになった事が無いそうです。

 

 

そこで、彼女に質問しつつ、こんなアドバイスをしました。

 

 

まぁどこの占い師もそうかもしれませんが、

 

 

占い師が用意しているノートには、婚活パーティというページがあり、

 

 

婚活パーティーに行っている人向けのアドバイスがまとめてあります。

 

 

そうしないと、短い電話相談の中で、なかなか思い出してアドバイス出来ません。

 

 

だから、種を明かすと、私も婚活パーティという単語が出てきたら、

 

 

その予めまとめてあるページを開いてアドバイスするという訳です。

 

 

 

 

■まず、服装。

 

スカートやワンピースが良いのは当然ですが、

 

周りの女性達も多分そうでしょう。

 

そこで問題になるのは、ですね。

 

どんな色の服でもいいのですが、

 

顔に近い部分だけは、白色かパステルカラーにすると、

 

明るい色がレフ版の役目をして、顔が明るく見えます。

 

パステルカラーとは、こんな色です。

 

 

婚活パーティの様な部屋の中での集まりでは特に、

 

そういう明るい服を着た方が良いのです。

 

 

■会話を始める時、

 

相手の名前を確認しましょう。

 

例えば、私であれば、博史ですが、

 

「ヒロシ」さんでいいですか? と確認してから、

 

その後は、「ご趣味は何ですか?」ではなく、

 

「ヒロシさんの、ご趣味は何ですか?」と毎回「ヒロシさん」を入れます。

 

男からすると、それだけで何か親近感が沸いてくるのです。

 

 

■相手の会話に反応してあげる事。

 

ただ相手の話を聞いているだけ。という人もいますが、

 

それだと、聞いているのか、ただ流しているのか分かりません。

 

それよりも、相手の話には、目を見て必ず相槌(あいづち)を打ってあげる。

 

「すごいですね。」「楽しそうですね。」「うんうん」

 

相槌を打ってくれると、相手にちゃんと聞いてくれてるという安心感を与え、

 

良い子だな。という印象を持ってもらえます。

 


■会話では、相手のプロフィールカードをよく見て、

 

なるべく自分との共通点を探しましょう。

 

共通点があったら、その話題を振ります。

 

もし共通点が無かったら、共通点がありそうな所を質問します。

 

例えば、映画が趣味だったら、自分は映画が趣味じゃなくても、

 

もしかしたら、自分が好きなディズニー映画かもしれませんから、聞いてみます。

 

そのついでに自分はディズニー映画が好きです。とも言えます。

 

最近では、共通の趣味を持っている同士がお見合いするパーティもありますから、

 

そういう趣味を持つ同士の婚活パーティはお勧めです。

 

 

 

■最後に席を立って、隣に移る時、

 

必ず、彼にお礼を言ってから席を立ちましょう。

 

これは、どんな相手に対してもしてください。

 

どんなに酷い相手であってもです。

 

なぜなら、隣の次の男性も、そういう所も貴方を見ているからです。

 

そして、椅子を元に位置に戻しましょうね。

 

そういう何気ない所に、男性は「ああ、良い子だな。」と感じるんです。

 

 

 

あと裏技ですが、

 

 

■話す相手のプロフィールの名前の所に、花丸をして、

 

何気なく、相手が見える様に机に置く。

 

そうすると、自分の名前に花丸しているのを見て、悪く思う人はいません。

 

良さそうな人には、全員花丸します。

 

 


■終わりに近づいて来た時の最後の会話のチャンスでは、

 

男性も女性も、相手が自分に投票してくれるのか不安です。

 

そんな時、よくやるのが、「私、貴方に投票しますね。」と宣言する方法。

 

場合によっては、気になる人が5人いたら、5人全員に、

 

「貴方に投票しますね。」と言う方もいます。

 

 

ただ、私に電話相談してくる女性には、そういうアドバイスはしません。

 

なぜなら、そもそも全員に「貴方に投票しますね。」と言える女性は、

 

私に電話相談なんかしてきません。

 

 

 

ただ、自分に投票して欲しいという場合、

 

自分も貴方の事が気に入っていますよ。と男性に知らせる必要があります。

 

 

 

そこで私がアドバイスするのは、

 

 

会話の中から、相手の趣味や好きな物、行きつけの店や場所などを聞いて、

 

最後に、男性を目を見ながら、こう言う事です。

 

 

「もし、カップルになったら、その店に連れてってもらえますか?」とか、

 

「もし、カップルになったら、卓球教えてもらえますか?」

 

「もし、カップルになったら、その絵の描き方教えてもらえますか?」

 


これなら、ウソではありませんし、

 

相手に自分は貴方に気がありますよ。と匂わせる事が出来ます。

 

 

 

 

 

 

最後に、彼女にこんなアドバイスをしました。

 

 

婚活に限らず、人は皆に愛されている様な人と仲良くなりたい、

 

 

幸せな人と一緒にいたい。と思う人が多いです。

 

 


どうですか? 

 

 

貴方は、誰かに愛されていますか?

 

 

貴方は、今、幸せですか?

 

 

 


すると、彼女は、

 

 

今、一人暮らしで、家に帰っても誰かに愛されている事は無いし、

 

 

とても幸せとは言えません。と言います。

 

 


そうですか。

 

 

でも、そういう事って、雰囲気や顔に出る事があります。

 

 


そこで、

 

 

まず、貴方の雰囲気や顔に自信をつけましょう。

 

 


「えっ、どうやって? ですか?」

 

 


これから次の婚活パーティまで、毎日、

 

 

朝起きたら、鏡の前に行って、

 

 

鏡に映った自分の顔に向かって、こう言ってください。

 

 

「貴方の事が好きです。」

 

「私は幸せです。」

 

 

 

 

 


人に好きになってもらうには、

 

 

まず、自分で自分の事を好きなるのです。

 

 

ウソでもいいから、婚活パーティまで毎日やってみてください。

 

 

 

 

その後、彼女は毎日やったそうです。

 

 

そして、婚活パーティでも、

 

 

会場に入る前や、途中のトイレ休憩の時も鏡の前でやったそうです。

 

 

「貴方の事が好きです。」

 

「私は幸せです。」

 

 


すると、見事カップルになったそうです。

 

 


これは婚活パーティだけでなく、

 

 

普段から、恋人や友達が出来ないという方にはお勧めです。

 

 

 


人に好きになってもらうには、

 

 

まず、自分で自分の事を好きなるのです。

 

 

鏡の前で、

 

 

「貴方の事が好きです。」

 

 

「私は幸せです。」

 


きっと、貴方は素敵な人になっていきますよ。

 

 

END