【タイミング】中学生がやる気になるのは、「たったの○回」 | 広島市佐伯区の1対1の完全個別指導塾【メイクアップ】

広島市佐伯区の1対1の完全個別指導塾【メイクアップ】

広島市佐伯区にある1対1の完全個別指導塾【メイクアップ】です。

伸び伸び学習の専門家 太田です。

 

 

本日もブログにお越しいただき、

 

 

ありがとうございます。

 

 

 

 

さて、今日のタイトルも中々センセーショナル

 

 

「中学生がやる気になるのは、たったの○回」

 

 

 

 

中学校は、

 

 

どこを通えど日本であれば3年間。

 

 

 

ざっくり言っても1000日程あります。

 

 

 

しかし、

 

 

の1000日の中でやる気を出すのは

 

 

片手で十二分収まります。

 

 

 

結論を言いますと、

 

 

たったの3回です。

 

 

 

その理由は明確です。

 

 

 

 

子どもが勉強に向くのは、

 

 

自分のことを客観的に見て勉強が足りない

 

 

そう感じるから。

 

 

 

 

しかも、その動機が

 

 

本人にとって直接的でないと意味を持ちません。

 

 

 

 

そう思わせる大きなタイミングは、3回。

 

 

 

たったの3回です。

 

 

 

「ココ」を逃す方が非常に多いので

 

 

 

ウチのような学習塾が役に立っています(^O^)

 

 

 

ありがとうございます!

 

 

 

さて、そのタイミングとは??

 

 

 

1つ目は、入学後最初のテスト

 

 

 

これは小・中・高・大すべてに当てはまります。

 

 

 

「自分の周りのレベルはどのくらいか?」

 

 

 

気になるものです。

 

 

 

それが明らかとなるのが

 

 

「定期テスト」

 

 

 

特に前期中間テストが持つ意味は甚大

 

 

 

小学校からの比較的あまーいテストに

 

 

慣れてきた子が多いため

 

 

最初のテスト、舐めてかかります。

 

 

 

そりゃーもう、なんたって100点ばかり

 

 

取ってきましたので。

 

 

 

 

それが蓋を開けてみると、

 

 

60点、50点のオンパレード。

 

 

 

 

こんなはずじゃなかったのに・・・・。

 

 

 

そして、周りを見ると80点、90点、100点など。

 

 

 

【このままじゃマズイ・・・】

 

 

 

これが最初のタイミングです。

 

 

 

「次回こそは!」と燃えている子どもの背中を

 

 

スッと押してあげましょう。

 

 

 

それで次が持ち直したら、

 

 

本人は勉強ペースを自ら整えていきます。

 

 

 

そんな子どもの小さな「変化」を見逃さないだけ

 

 

「勉強しなさい!」なんて

 

 

ムダな言葉かける必要ないんですよ。

 

 

 

 

必要な言葉を必要な時にかけてあげるのが

 

 

教育です

 

 

 

 

気になる2、3回目のタイミングとは・・・!?

 

 

 

 

その辺りは

 

 

次回のブログでご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

公式LINE@にご登録されていますでしょうか?

 

 

LINE@では、ネット上では決して公開されない

教育の最新情報の配信、学習法のご紹介、

お子さんの相談までもできます!

 

 

 

まだ登録されていない方は

こちらから 

 

友だち追加

 

 

さらに特典として 

「7日で50点アップさせた方法」

 「子どもが分かる!勉強理解度シート」

「広島県公立高校入試制度の解説書」

無料プレゼントします! 

 

 

パソコンからご覧になっている方は

こちらをスマホから読み込んでください。 

 

 

特典の詳細はこちらから↓

 

今、お友達になると限定4大特典付 

限定■4大特典■

①【1対1のトークルームを無料提供!】 

②7日で50点アップさせた方法【学習法】

(PDF形式)

③子どもの勉強理解度シート【子ども理解】

(PDF形式) 

④公立高校入試制度の解説書【入試情報】

(PDF形式)

【広島市】1対1完全個別指導塾 太田さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス