「平和」をどう伝えるか~広島の個別指導塾メイクアップ~ | 広島市佐伯区の個別指導塾【学習塾メイクアップ】

広島市佐伯区の個別指導塾【学習塾メイクアップ】

『塾生全員が成績アップする塾』として話題の個別指導塾メイクアップです。

大人気メルマガ

 

「プロが教える!「黙ってても勉強する子」に変える5つの秘訣」登録はこちらから!

 

 

 

【広島の公立高校受験専門の塾】

授業外のサポートで宿題もバッチリ!!

個人のペースに合わせた個別指導塾
 

学習塾メイクアップ塾長・太田です。

 

 

 

8月6日。

 

 

1945年、広島の地に

 

 

世界初の原子爆弾が落とされた日―。

 

 

 

日本国民は誰もが、

 

 

学校でこのことを学習する。

 

 

 

殊、広島においては、それだけに止まらず

 

 

折鶴を折ったり、平和記念資料館に行って

 

 

原子爆弾投下前後の

 

 

日本・広島の様子を学習したりもする。

 

 

 

そうせずとも、

 

 

広島市内に住んでいれば

 

 

「原爆ドーム」すら見慣れた光景だ。

 

 

以前に中学校で社会の先生をしていた時、

 

 

子どもたちに「戦争」について考えさせた。

 

 

 

子どもたちは真剣に考え、

 

 

自分たちの「戦争・平和」に対する考えを

 

 

書いてくれた。

 

 

 

それは、本当に子どもたちの内からの想いで

 

 

 

感動して読んだのを昨日のように思い出す。

 

 

 

 

実は平和教育に関しては

 

 

大学でも研究を進めていたため、

 

 

全国の論文や学校での実践を目にしていた。

 

 

 

そのほとんどが

 

 

「平和教育」=人権教育  だった。

 

 

 

●いかに戦争がひどかったのか

 

 

●戦争で差別を受けた人がいた

 

 

●中国や朝鮮・東南アジアで犠牲となった人がいた

 

 

 

 

しかも、直近の実践でも1990年代―。

 

 

 

今現在、日本の平和教育は、

 

 

 

文字通り「止まっていた。」

 

 

 

 

そこに、ようやく新たな兆しが見え始めた。

 

 

 

これまで社会科に押し付けてきた

 

 

「平和教育」の捉え方が

 

 

少しずつ変化してきていることだ。

 

 

 

 

現在、広島市の小・中学校では

 

 

社会科や道徳とは別に

 

 

平和教育を進める時間がある。

 

 

 

 

広島の当時の様子を知る授業や

 

 

広島が被爆した直後に

 

 

物資の支援してくれた外国人の話など、

 

 

その題材は以前の物とは明らかに異なっている。

 

 

 

 

教育に正解がないように、

 

 

平和にも正解はない。

 

 

 

 

しかし、答えを見つけようとすることこそが

 

 

 

大切であり、必要なことである。

 

 

 

 

72年前と今の広島が違うように、

 

 

日本を取り巻く状況から

 

 

求められる「平和」は

 

 

これまでと違うかもしれない。

 

 

 

これからの子どもたちにしてもらいたいのは、

 

 

 

大人の作った「平和への誓い」を読むことでなく、

 

 

 

平和のあり方を模索することだ。

 

 

 

 

声高に「戦争反対」を叫ぶことよりも、

 

 

 

今一度「戦争」について知ろうとすることが

 

 

 

「平和」へ近づく一歩に見えて他ならない。

【広島】学習環境コーディネーター太田さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス