hiroshi soma blue sky blog
  • 06Jan
    • リキテックススクール第3期のおしらせ。

      いよいよ第3期が1月12日土曜日からスタートします。今回は1月早々からのスタートもあってお申込みの席数にまだまだ余裕があるようです、興味がある方はこの機会にぜひご参加ください。まずはアクリル絵の具の特徴と他の画材との違いから講義と実践していきます。やはり一番多い質問はアクリル絵具とアクリルガッシュって違うの?です、名前も似ているし間違えやすいですよね、お店に行くとアクリルガッシュの方が安いし迷うことも・・・でもちょっとまってくださいね、何を描きたいかによって全然違ってきます、僕はアクリル絵具とアクリルガッシュは全く別物の画材として使っています、それぞれの個性と特徴を知ることによって表現の幅はどんどん広がっていきます。(アクリル絵具は1958年にリキテックスブランドによって急速に普及しましたが、日本でも70年代辺りから使われ出したアクリル絵具は、大変便利な画材ともてはやされたが、長年ポスターカラーを愛用してきたデザイナー(やイラストレーター)からは特有の光沢と色による透明度の違いを理由に敬遠されていた。そこで大阪に本社を置くポスターカラーの老舗メーカーが、敢えてポスターカラーと同じ顔料を採用するなど研究を重ね、1982年に発売を開始したのが現在のアクリルガッシュである。)第一回目はリキテックス絵具全般(リキテックスレギュラー・ソフト・ガッシュ+・プライム・リキッド)の違いの解説、ミクストメディアについての注意点の解説、そして油彩をイメージした使い方の実践方法、アクリル絵の具の使い方とどんなメディウムを使ったらいいかを実践しながらレクチャーします。~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~大好評!アクリル画の知識を体系的に学びたいアーティスト・イラストレーター・美大生たちのためのスクール『リキテックス スクール』第3期 開催のお知らせ!リキテックス スクールはアクリル画の知識を体系的に学べ、基礎的知識が全て身につくスクールです。講師は現役で活躍中のアーティスト。受講のお申込みは1講座からOKなので、ご興味のあるお好きな講座だけを選んでいただけます。受講に必要な画材や材料は全てスクールでご用意いたしますので、お気軽にご参加ください。☆アーティスト・イラストレーター・美大生以外の方でも、絵を描くことや絵具にご興味のある方はどなたでもご参加いただけます☆受講料 各¥3,000+税(1講座からのお申込みもOK!(先着順))-------------2019年1月12日(土) 10:30〜13:30アクリル絵具の基礎知識 11)リキテックス絵具の特長と使い方12)ミクストメディアの方法・油絵具と併用するには?3)リキテックスを使って油彩風に描くさまざまな種類があるリキテックスの絵具。自分の作品にはどの絵具が合っているのか、どのように使い分ければ良いのか、分かりやすくレクチャーします。またリキテックスと他の画材を併用する時の方法・コツや、油絵具と併用する時の注意点をレクチャー。さらにリキテックスを使って油彩風に描く方法を、実際にキャンバスに描きながら学んでいただきます。-------------2月23日(土) 10:30〜13:30アクリル絵具の基礎知識 21)リキテックス絵具の特長と使い方22)アクリル画用 筆の種類と使い方3)リキテックスを使って水彩風に描く「リキテックス絵具の特長と使い方」第2弾では、アクリル絵具とガッシュタイプとの違いや、透明色を重ねる方法をレクチャーします。またアクリル画に最適な筆についてもレクチャー。さらにリキテックスを使って水彩画風に描く方法やコツを、実際に水彩紙に描きながら学んでいただきます。-------------3月16日(土) 10:30〜13:30メディウムの知識&作品保護の方法1)基本メディウムの特性を知る2)リキテックス スプレー、マーカーを使いこなすには3)作品保護とバーニッシュについて約50種類もあるリキテックスのメディウム類。その中から人気の高い基本メディウムを体験し、特性を学んでいただきます。また最近話題の新しい画材・スプレーやマーカーを体験。さらに、知っているようで知らない作品保護の方法とその重要性について、リキテックスの豊富なバーニッシュ(保護ニス)を使って丁寧にレクチャーいたします。-------------4月6日(土) 10:30〜13:30下地の作り方&抽象画体験1)ジェッソで正しい下地作り2)ジェッソon油絵具の注意点3)かんたん!抽象画体験4)テクスチュア メディウムの特性を知るジェッソで丁寧になめらかな下地を作ると、作品の仕上がりが驚くほど変わってきます。その下地作りの正しい方法を、キャンバスを使って実践していただきます。またリキテックスのメディウムを使ったかんたんな抽象画体験もしていただきます。さらにさまざまな種類のあるテクスチュア メディウムを体験し、表現の可能性を見つけてください。-------------5月18日(土) 10:30〜13:30グリザイユで風景画を描くグレーの濃淡のみで描く、古典技法のグリザイユ。リキテックスのグレートーンシリーズの絵具を使い、さらに透明色を重ねていきながら、ワンランクアップの写実表現を学んでいただきます。※風景写真を使用して描くので、お好きな風景写真をご持参ください。-------------6月15日(土) 10:30〜13:30リキテックスの模写講座写真をトレースしたものを使用し実際にキャンバスに描きながら、リキテックスを使った絵画作品の模写の方法を学んでいただきます。※絵画の写真を使用して描くので、お好きな写真をご持参ください。-------------■定員 各回12名 (先着順!)■講師プロフィール 相馬 博(Hiroshi Soma)http://www.hiroshisoma.comhttp://liquitex.jp/lps/partner/somahiroshi/■お申込み①事前にメールにてお申し込みください。件名を「リキテックス スクール申込み」とし、ご希望の受講日・お名前・お電話番号をご記入の上、アドレス mail@liquitex.jp 宛てにご送信ください。②受付の確認が取れ次第、「お申し込み受付と受講料お振込みのご案内」メールをご返信いたします。※弊社休業日(土日祝日・年末年始)にお申込みの場合は、翌営業日以降のご返信となります。③受講料は事前振込制となっております。指定口座に1週間以内にお振込みください。ご入金の確認が取れた時点で、お申込み完了となります。※1週間以内にお振込みいただけない場合、お申込みは自動的にキャンセルとなります。■会場東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル8Fバニーコルアート株式会社 五反田事業所https://www.toc.co.jp/toc/company/map/map.html■アクセスJR・都営浅草線 五反田駅より徒歩8分東急目黒線 不動前駅より徒歩6分東急池上線 大崎広小路駅より徒歩5分

      2
      テーマ:
    • 2019 あけまして。

      遅くなりましたが、みなさま明けましておめでとうございます、本年もどうぞよろしくお願いします。昨年は大雪の中ギャラリー風での白黒展からはじまり、ギャラリー58のスクエア展、ギャラリーストークスのCONTEXTと大ベテランさんたちとの一緒の展示でだいぶ揉まれ大変勉強になりました。今年も1月21日の白黒展からスタートします、残念ながら主催の井口さんが昨年末に亡くなられてしまいました、ここ数年とても良い刺激を与えていただきました。。。学校は卒業制作の指導からはじまり、春からは例年より大変な一年になりそうです。そして1月12日からはリキテックススクールはじまります、今年もたくさん人にアクリル絵の具の知識を広められたらなと思います。4月にはギャラリー58の五回目の個展、11月にはギャラリーストークスでの三回目の個展、あとは都心ではありませんがもう一つ個展の予定です。今年はなんとか今までに見たことがないような作品作りができるようにがんばりたいと思います。2019年亥年画像はリキテックスアクリルガッシュ+使用。リキテックススクール第三期白黒展2019

      2
      テーマ:
  • 08Dec
    • 12月の二つの展示のおしらせ。

      ギャラリー華沙里 画廊企画 「material」 (マテリアル) と リベストギャラリー創 企画展示 2018 Christmas Exhibition のお知らせ。ギャラリー華沙里の画廊企画で、素材にこだわる三人の美術家による展覧会「material」を開催します、ぜひご来場ください。会期:2018年12月6日(木)~12月18日(火)時間:11:00~18:00(最終日17:00まで)※12月12日水曜日は休廊会場:〒215-0021 川崎市麻生区上麻生1-10-6-2F ギャラリー華沙里電話/FAX 044-954-2333※オープニングは12月8日土曜日17:00からです、三人とも揃いますのでぜひ、ご来場お待ちしています。今回の三人展は、9月に青山で行いました6人展「context」から、画家小原義也さんにより関仁慈・相馬博・山口健児の中堅作家三人を選抜していただきました。「この画廊企画展にあたり、このところめっきり力を付け、個展をはじめ各方面に活躍の場を広げている中堅三作家を紹介します。それぞれ自己の表現に忠実かつ真摯に作品の展開を図っており、今展は画廊空間の制約もあり小品中心ながら、きっと来場の皆様の琴線に触れるに違いありません。」 小原義也(画家)今回の展示は会場もなかなか広く三人で合計30点飾られています、私はcontextで出品した作品に4点の新作と旧作から少し出品です。在廊は土日の二時ごろからを予定しています、よろしくお願いします。同時期に吉祥寺リベストギャラリー創では画廊企画グループ展 2018 Christmas Exhibition が開催中です。会期:2018年12月7日(金)~12月12日(水)まで 時間:12:00~18:00 (最終日17:00まで)会場:〒180-0002 東京都武蔵野市吉祥寺東町1‐1‐19tel/fax 0422-22-6615http://www.libestgallery.jp/「作家それぞれのユニークな表現をしています。クリスマスプレゼントにアートを取り入れてみませんか。」私の作品は旧作ですがクリスマスや冬の空をイメージした作品三点と、ミラーシリーズを使ったクリスマスオーナメント作品一点を出品中です。会場は最近ではアニメや著名漫画家さんや、イラストレーターさんの展示などでたくさんの来場者が集まることも多い会場です。今回の展示では壁面は絵画やイラスト作品、卓上には立体やオブジェ、ガラスの小物などがところ狭しと並んでいます。私の在廊は最終日に時ぐらいからの予定です、こちらもお時間ありましたらよろしくおねがいします。↓オーナメント作品。

      5
      テーマ:
  • 29May
    • 第三回「うつせみのそら」展のおしらせ。

      好評をいただいて今年で三年目になります、グループ展示「うつせみのそら」のお知らせです。平日は授業があるためほとんど在廊できませんが、初日オープニングは少し遅れますが参加いたします。↓facebook イベントページhttps://www.facebook.com/events/1875111415852861/■展覧会情報■展覧会名:うつせみのそら会場:銀座K’sGallery〒104-0061 東京都 中央区銀座1-13-4 大和銀座一ビル 6F会期:2018/6/4(月)~6/9(土)   12:00~19:00(金:~20:00 / 土:11:30~17:00)http://ks-g.main.jp/参加作家 安藤開 (立体) 井形錬太郎 (平面) 石黒元嗣 (平面) 笠原宏隆 (平面) 関仁慈 (平面) 相馬博 (平面) フカワカズオ (平面)■展覧会趣旨■この展覧会は、同世代で個々に活躍している男性作家さんに着目してお声がけさせていただいてます。男性作家さんの素敵な作品を少しでも多くの方に観ていただきたく企画させていただいております。是非ご高覧よろしくお願いいたします。■展覧会タイトル意訳■うつせみには、現世・生きている人間の世界という意味があります。また、夏の季語という側面も持ちあわせています。このタイトルにしたのは、今生きているこの世界で輝く人々という意味を込めて『そら』も含めて付けさせていただきました。

      5
      テーマ:
  • 13Apr
    • 銀座ギャラリー58での個展のお知らせ。

      相馬博個展「光と色の表象」2018.4.23(月)-4.28(土) 12:00~19:00(最終日17:00まで)〒104-0061 東京都中央区銀座4-4-13琉映ビル四階ギャラリー58http://www.gallery-58.com/tel:03-3561-9177銀座ギャラリー58では4年連続4回目の個展になります、毎年少しずつ作品を変化させてきました、今年の個展の作品でも観てくれる方が作品世界に入り込み楽しんでくれるよう頑張りました、お時間ありましたらぜひお立ち寄りください。毎日13時以降在廊予定です、午前中授業がある場合少し遅れる可能性がありますのでご了承ください。23日月曜日はささやかながらオープニングパーティを行いますのでよろしくおねがいします。作家コメント:宇宙や空の光をモチーフに、生命の煌き、儚さ、流れゆく時間と輪廻を星々の光に照らし合わせ表現しています。そして作品の表面には漆のような艶を無そうにも重ね、光の屈折を利用しながら色彩の重層な奥行きの表現と漆黒や無ではない内面宇宙をイメージしています。それらの両方は無限であることを表し、画面に描かれた様々な対比で心の中の希望を表現しています。個展テーマ:目の前に見えるものと頭の中のイメージ、具象と抽象、作品画面内の明暗の対比や形があるものと無いもの、透明と不透明など、相反するものがそれが美として調和され、観る人を画面に引き込むような作品展示にしていきたいと思っています。そして、色彩の宇宙を深い色を透明感を出しながら多層的に表現や、その多層的で深く透明な色彩は機械ではなく人間の目だから映ることを、絵画作品の実物を見る価値や楽しさ不思議さを感じてもらえることをより追及できればと考えています。プロフィール:1972年 東京都生まれ1995年 中央美術学園造形芸術科アートコース卒業1996年 中央美術学園造形芸術科研究コース卒業<個展>2009年 K's gallery  (東京)2011年 「secret space」 gallery HALCA   (東京)2012年 gallery ボンブラ  (東京)2012年 「現代美術作家 相馬博展」 武蔵野市立千川小学校×Kichijoji Art Project企画(東京)2013年 「infinity」 K's gallery (東京)2014年 「complementarity-相補性-」 gallery子の星 (東京)2014年 「星霜-seiso-積み重なる色彩」 Gallery STORKS (東京)2015年 「光と色の刻-hikari to iro no toki-」 ギャラリー58 (東京)2015年 Kichijoji Art Project企画「circle of life」 コピス吉祥寺アートギャラリー(東京)2016年 「光と色の間 -hikari to iro no hazama-」 ギャラリー58(東京)2016年 「circle of universe -星たちの息吹-」 Cafe&Bar「NABE」(東京)2016年 「星霜Ⅱ-seisoⅡ-積み重なる色彩」 Gallery STORKS(東京)2017年 「悠久と深遠と」 ギャラリー58(東京)<主なグループ展>2006年 東邦大学医療センター ガレリアexhibition2007年 UZU展 (2007~2012)2007年 見参・遊美展 (2007~毎年)2007年 あおぞらDEアート (2007年~2013年)2008年 文房堂ギャラリーパステルアートコレクション20082009年 未来抽象芸術展(2009~毎年)2009年 ART FILE EXHIBITION (2009年~2014年)2011年 Pray for Japan Charity Exhibition< 20 Young Japanese Artists 2011 in New York Exhibition> (NY)2012年  Galleryやさしい予感×CJキューブコラボ企画 CJキューブユーザー合同展示2012年  Creatty × KDDI DESIGNING STUDIO「アート×ウェブの展示会」2012年 ARTFILE EXHIBITION Berlin  Gallery-DEN (ドイツ ベルリン)2013年 コピス吉祥寺 中美×吉祥寺アートプロジェクト 中央美術学園展2013年 ARTS-DEPOT ART EXHIBITION at N.Y. vol.1 "The mix" (NY)2014年 ”Summer Breakers"Ashok Jain Gallery (NY)2015、16、17年 Square展[ 30×30cmの正方形展 ] Gallery582015年 SPECIAL SUMMER EXHIBITION “New Arts Prospect from Japan”Ashok Jain Gallery(NY)2016年 「その向こうへ」 Gallery STORKS2016年 「うつせみのそら」K's Gallery2017年 「contact」 表参道画廊+museef(東京<受賞歴>2004年 第47回新象展 佳作賞2013年 第1回全国公募公開審査 アートイマジン芸術小品展 入賞2014年 第2回全国公募公開審査 アートイマジン芸術小品展 特別賞2015年 第1回コレスキ!作家名のない展覧会 大人が選ぶ部門1位<イベント>2014年 英国外務省主催 PSVI世界グローバル・サミット東京アートイベント日本代表(駐日英国大使館・東京)2016年 「こどもフェア2016・ハートトゥアート14」メインビジュアル担当

      6
      テーマ:
  • 24Jan
    • 白黒展&白黒展12+1展~銀座から坂戸へ~のおしらせ

      2018年最初の展示のお知らせ白黒展2018年1月22日(月)~1月27日(土)...12:00~19:00(最終日は16:00まで)Gallery風〒104‐0061 東京都中央区銀座8-10-4 和考銀座8丁目ビル2階TEL 03-6264-5171参加メンバー井口 通太郎大島 由美子小鶴 幸一硯川 秀人相馬 博田鶴濱 洋一郎長沢 晋一原 大介山口 健児山崎 美佐子渡邊 佐和子和田 幸三銀座のベテラン実力派のメンバー中で展示に参加させていただきます、お時間ありましたらご高覧よろしくお願いします。M40号1点と小品1点出品します。初日のオープニングと最終日在廊予定です。そして、この後は神形作家田村晴海さんをゲストに迎えさらに作品を追加して展覧会があります。アートギャラリー月桂樹企画ー白黒12+1展ー2018年2月6日(火)~17日(土)10:30~17:00 最終日16:00まで12日月曜日休廊初日16時よりささやかなパーティをします。アートギャラリー月桂樹〒350‐234 坂戸市緑町5-6TEL 049-283-3377http://laurel.artist-mori-tsutomu.com/M40号2点と小品2点出品します。

      3
      テーマ:
  • 19Oct
    • 「光の協奏曲(コンチェルト)」開催のおしらせ

      展示のお知らせ。それぞれ特徴的なマチエールの絵画制作に定評のある作家たちの光をテーマにした三人展です。非常に調和のとれた良い展示になったと思います。「光の協奏曲(コンチェルト)」相馬博・吉岡順一・山口健児 三人展会期 2017年10月18日(水)~10月25日(水)※会期中無休時間 12:00~19:00(最終日17:00)まで会場 東京都港区南青山 6-2-10 T.I.ビル4階 GALLERY STORKShttp://www.gallerystorks.com/地下鉄表参道駅B1またはB3出口より。南青山5丁目交差点を左折、骨董通りを高樹町方面へ徒歩7分10月21日土曜日17:00からは、簡単な食べ物やお酒を用意したレセプション行いますのでお時間ある方はぜひご参加ください。

      7
      テーマ:
  • 11Sep
    • "Contact" グループ展のお知らせ

      グループ展のご案内です!よろしくおねがいします。■展覧会タイトルContact■展覧会情報会場:表参道画廊 + MUSEE F会期:2017/9/11(月)~9/23(土)   12:00~19:00(最終日12:00~17:00)■展覧会趣旨芸の世界では、40歳を超えてもまだ若手といったことをよく耳にします。確かに60代、70代のベテランさんの感性と経験、技術からくる領域には達せていないところもあるかと思います。ただ40代前後は、世の中的には働き盛りの世代でもあります。今の40代前後の作家さん達には、また違った感性/経験/技術から、とても魅力のある作品を発表している作家さんも多く存在します。またその方達は個々に活動・活躍しています。その方達をより多くの方に認知していただきたく、この展覧会を企画しました。多種多様な作家さんが参加していただきます今展覧会をどうぞよろしくお願いいたします。関 仁慈■展覧会タイトル意訳今展覧会の成功ファクターとして、参加していただいく作家さんにこの展覧会を通してまた新たな出会いが生まれることとしています。その願いを込めて”Contact”とさせていただきました。■参加作家浅野 彌弦 (平面作品)伊藤 ちさと (平面作品)加納 野乃子 (平面作品)川城 夏未 (平面作品)須惠 朋子 (平面作品)関 仁慈 (平面作品/声掛け人)相馬 博 (平面作品/声掛け人)田中 宏美 (平面作品)田村 正樹 (平面作品)戸賀崎 珠穂 (平面作品)フクダ ユウヂ (平面作品)藤下 覚 (立体作品)布施 新吾 (平面作品)柳 早苗 (立体作品)山口 健児 (平面作品/声掛け人)表参道画廊さんにて個々に活躍されている30代~50代の作家さんにお声がけさせていただいて展覧会を開催いたします!是非ご観覧のほどよろしくお願いいたします!

      3
      テーマ:
  • 30Aug
    • シェアアトリエのメンバー新規募集

      『シェアアトリエのメンバー新規募集(1~2名)』シェアアトリエのメンバーの募集です、もとは美容室だった木造の物件で駅より1分。初期メンバー5名により壁のペンキ塗り替えや若干の改装などを行ってあります。壁は真っ白で、照明は蛍光灯が天井の中心1列に並んで配置されていてギャラリーのような光源で制作できます。 現在のメンバーは平面作家が中心ですが、他ジャンルも可能です。(ちなみに初期メンバーは、平面、立体、写真など)...住空間とは別に制作スペースやちょっとした事務作業スペースを持ちたい方にも向いている駅近物件で、立地と面積の割にはお手頃な賃料です。現在平日昼間の使用者がほぼいない状態なので、その時間帯使う方におすすめお問い合わせ、見学、随時受け付けています、興味があるかたはご連絡ください。info@hiroshisoma.com<物件概要>立 地:商店街の2階。南向き。駅から徒歩1分。    京王線沿線新宿・渋谷まで10〜15分。経 緯:当初は美容室、その後アクセサリー工房に。3年前からシェアアトリエとして使用。面 積:37.5㎡環 境:冷蔵庫、電子レンジ、電気ポット。キッチンススペース、押入、雑スペース有。    キッチンの他に水場1カ所。トイレ(簡易洋式)。いろいろなイス他。その他:火気厳禁、禁煙。居住不可ですが、泊まり込み作業は可。    商店街にありますが、裏手の住宅には配慮を。家賃:17,000円+光熱費(電気代と水道代で、数百円〜1,000円ぐらい)デポジット 1ヵ月分(17,000円)鍵2本のコピー代:1,080円初月計 35,080円、2ヵ月目以降 17,000円+光熱費※人数が増えれば、これより安くなります。共同アトリエ・改修前共同アトリエ・改修後

      5
      テーマ:
  • 18Aug
    • そごう横浜店イベント出品のお知らせ。

      k's Gallery増田さんよりお話をいただいて、明日よりそごう横浜店にてイベント展示会に、うつせみのそらに出品したM25号の作品を一点出品させていただいています。モダンなインテリアと並ぶと作品がどのような見え方や印象になるか楽しみです。アートモールさんからの出品展示になります、お時間あればお立ち寄りください。「秋のインテリアフェスティバル」そごう横浜店9階 新都市ホール2017年8月18日(金)~20日(日)8月18日(金) 10:00~20:0019日(土)  10:00~20:0020日(日)  10:00~18:00https://www.sogo-seibu.jp/yokohama/kakutensublist/…https://www.sogo-seibu.jp/yokohama/

      2
      テーマ:
  • 30Jun
    • 「うつせみのそら」展のお知らせ。

      2016年に好評をいただいたうつせみのそらの第2弾を今年も開催いたします!同世代かつ男性作家7人でのグループ展となりますご高覧よろしくお願いいたします。【展覧会情報】展覧会名:うつせみのそら会場:銀座K’sGallery会期:2017/7/10(月)~7/15(土)   12:00~19:00(金:~20:00 / 土:11:30~17:00)http://ks-g.main.jp/参加作家 安藤開 (立体) 井形錬太郎 (平面)... 石黒元嗣 (平面) 笠原宏隆 (平面) 関仁慈 (平面) 相馬博 (平面) フカワカズオ (平面)【展覧会趣旨】昨今、女性作家さんの活躍はよく目にしますが、男性作家さんの活躍をお聞きする機会が少なくなったと感じています。この展覧会では、同世代で個々に活躍している男性作家さんに着目してお声がけさせていただいてます。男性作家さんの素敵な作品を少しでも多くの方に観ていただきたく企画させていただいております。是非ご高覧よろしくお願いいたします。【展覧会タイトル意訳】うつせみには、現世・生きている人間の世界という意味があります。また、夏の季語という側面も持ちあわせています。このタイトルにしたのは、今生きているこの世界で輝く人々という意味を込めて『そら』も含めて付けさせていただきました。

      4
      テーマ:
  • 05Jun
    • 第3回東京国際美術祭のお知らせ.

      ご縁があって参加させていただくことになりました。第3回東京国際美術祭のお知らせを申し上げます。--------------------------------<展覧会概要>名称:第3回東京国際美術祭2017The 3rd Tokyo International Art Festival 2017開催日時:2017年6月5日(月)~6月10日(土)12:00~19:00(初日17:00から/最終日15:00まで)会場:好文画廊Kobun Gallery〒103-0007東京都中央区日本橋浜町2-24-1 1,2FTel: 03-3669-1957http://gallerykobun.com/主催:東京国際美術祭実行委員会10号以内の規定の展示です、2017年の個展に出品した10号作品一点出品しています。展示のあるギャラリーはこの立地でとても広く良いスペースだと思いました、お近くの際はぜひ立ち寄ってみてください。仕事の関係上、初日と最終日のみ在廊予定です。

      6
      テーマ:
  • 05Apr
    • 相馬博個展「悠久と深遠と」のお知らせ、ギャラリー58にて。

      相馬 博 個展  Hiroshi Soma Solo exhibition 「悠久と深遠と」2017.4.17(mon)-4.22(sat)12:00-19:00(最終日17:00まで) 日曜休廊会場 ギャラリー58〒104-0061東京都中央区銀座4-4-13 琉映ビル4FTel・Fax 03-3561-9177http://www.gallery-58.com/※毎日13時より在廊予定です。※初日17:00よりささやかながらオープニングパーティを行います、ぜひご参加ください。作家コメント:私の作品のテーマは “光と人” です。グラデーションのサークルや光の粒で生命の煌めき、儚さ、流れゆく時間と輪廻を星の光に照らし合わせ表現しています、それらの両方は無限であることを表わし、光の対比で心の中の希望を表現しています。そして作品の表面には漆のような艶を出して色彩の重層な奥行の表現と漆黒ではない内面宇宙をイメージしています。テーマ・コンセプト:今回の展示では色彩の宇宙を深い色を透明感を出しながら多層的に表現して行きたいと思います。その多層的で深く透明な色彩は機械ではなく人間の目だから映ることを、絵画作品の実物を見る価値や楽しさ不思議さを感じてもらえればと思います。素材はアクリル絵具の中でも特に透明で色彩豊かな絵の具を使用、作品の仕上げでは漆のような艶をだし色彩を深く見せています。プロフィール:1972年 東京都生まれ1995年 中央美術学園造形芸術科アートコース卒業1996年 中央美術学園造形芸術科研究コース卒業

      3
      テーマ:
  • 15Feb
    • 現代作家美術展「その向こうへ-2017-」のおしらせ

      昨年好評をいただきました、展示会の第2回目がいよいよ本日より始まりました。現代作家美術展 「その向こうへ‐2017‐」2017年2月15日(水曜日)〜22日(水曜日)会期中無休12:00〜19:00(最終日16;00)まで107−0062 東京都港区南青山6−2−10 T.I.ビル4階GALLERY STORKShttp://www.gallerystorks.com/現代の抽象表現を模索する、同世代の作家五人によるグループ展です。参加する作家や鑑賞者が既存の表現方法のその向こうへ繋がっていくような展示になってくれればと思います。...出展作家関仁慈相馬博日比野猛布施新吾山口健児(敬称略)18日(土曜日)17時より、ささやかながらレセプション行います、お時間合いましたらご参加ください。

      3
      テーマ:
  • 29Sep
    •  相馬 博 個展 「星霜Ⅱ-seisoⅡ・積み重なる色彩と光-」のおしらせ

      個展のおしらせ相馬 博 個展 「星霜Ⅱ-seisoⅡ・積み重なる色彩と光-」hiroshi soma solo exhibition2016年10月8日(土)~10月16日(日)12時~19時 最終日16時までギャラリーストークス〒107-0062 東京都港区青山6-2-10 T.I.ビル四階03-3797-0856http://www.gallerystorks.com/※10月8日(土曜日) 17時よりパーティを行いますのでお時間のある方はぜひご参加ください。■個展のテーマは積み重なる色彩と光です、何十層にも絵具を薄く重ねることによって、深みのある色彩や、透明で複雑な煌めきを美しく表現しています。また、光の反射で見る角度によって複雑な色彩と光が変わって見えるのを感じてください。■私の作品のテーマは “光と人” です。現在の作品は温かみのある黒または白を背景に色彩のグラデーションと粒で光を描き、漆のような艶を出して仕上げています。背景にあたる部分は人間の内面や感情が密度の高い状態を意味しそこに宇宙を照らし合わせ、それらの両方は無限であることを表わし、光の対比で 心の中の希望を表現しています。色の濃淡だけではなく、絵の具の層の厚みと奥行きによって感じる光と色彩が変わります。そして、曲線と直線では色の感じ方もが変わってくるのです。そんな人間の眼のとらえかたの不思議もお楽しみください。http://ameblo.jp/hiroshibluesky/http://www.hiroshisoma.com

      4
      テーマ:
  • 16Sep
    • こどもフェア2016&ハート・トゥ・アート14のおしらせ

      今回こどもフェア2016&ハート・トゥ・アート14のイメージビジュアルを担当させていただきました。それに伴い作品展示と公開制作を行います。 今回の作品のイメージは人のつながりと拡がりを無限に表し、前回の方のメインビジュアルとのつながりもこめました(赤~ピンクの色彩とリボンをイメージ)。こういう形での制作は始めてでしたのでとても貴重な経験をさせていただきました、なんとか期待に応えられていればと思います。 イベント日程... こどもフェア 9月17日10:00~15:00 第14回ハート・トゥ・アート 9月18日~20日12:00~19:00 イベント中は作品展示と公開制作を行います。 公開制作の日程は 18日(14時~・16時~・18時~) 19日(14時~・16時~・18時~) で行います。 ライブペイントではなく普段の作品制作を公開する形になりますのでじっくりお付き合いください。 会場:セシオン杉並「展示室」 ~以下主催の渡辺さんより~ こどもフェアでは、参加型アトラクション&ショー(11:30〜/パパママ☆リメイクファッションショー、13:15〜/リトミックコンサート、14:15〜/キテレツ楽団演奏会)が行われます。 会場でも当日受け付け可能ですので、興味のある方はぜひ! http://www.heart-to-art.net/KODOMO2016.html さらに、池平徹兵さんの「生命の壁画」展示、 田中イソラさんの変身写真館、 ぽたかふぇ。さんの出張ポタリー、 これスキ投票、 いうちりなさんのラブリー空間、 今回のポスタービジュアルを担当した相馬博さんの作品展示などを行います。 この期間、蚕糸の森公園でRyoさんと向井千惠さんのパフォーマンス、 森田智子さんのライブ、日子流体術演舞、絵鳩なぎささんの演奏、 ミニアートフリマなども予定しておりますが、天気によってはセシオン杉並にて行うかもしれません〜〜! 相馬さんは18、19日の2日間、会場(セシオン杉並展示室)にて公開制作を行います。 相馬さんが公開制作をされるのは初めてのこと。時間は「14時〜・16時・〜18時〜の3回」です。 相馬さんのサークル作品がどんな風に行われて完成するかを目の前で見ることができます。 詳細イベントページ https://www.facebook.com/events/305676899769499 17日〜20日まで、セシオン杉並の展示室で展示を行いますが、17〜19日には蚕糸の森公園の自然と融合する形でアート的なアクションを起こしていきます。 まだまだミニサイズですが、どうぞよろしくお願いいたします。 17日:15:45頃/Ryoさん&民族楽器イギルの演奏 18日:14:00頃/森田智子さん、15:00頃/日子流体術演舞、15:30頃/Rouさん&向井千惠さん、 19日:15:00頃(時間変更アリ)/Ryoさん&チェロの演奏 他にも絵鳩なぎささんといった方々が登場予定です。

      2
      テーマ:
    • 吉祥寺カルチャー体験授業のお知らせ。

      2016年9月17日鉛筆画で動物を描く一日体験講座 10:30~12:30を開催します、かわいがっているペットちゃんの写真からでも描けますご興味ありましたらご参加ください。吉祥寺カルチャーセンター 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11-5コピス吉祥寺B館8F http://www.culture.gr.jp/detail/kitijouji/index.htmlhttp://www.culture.gr.jp/detail/kitijouji/itemview_92_92000119.html

      3
      テーマ:
  • 30Jul
    • 7月30日土曜日 ART&MUSIC 相馬博×現代箏曲二重奏

      7月30日土曜日ART&MUSIC 相馬博×現代箏曲二重奏奏者/山田明美・城ヶ崎美保の一日限定コンサートです。 ※本日、コンサートのため通常営業はいたしません。 14時~・18時~の2回(各回先着25名様になります、要予約・30分前開場) 14時からの会はお茶菓子付き、18時は1ドリンク付きの2500円... 18時からの方は終了後別途1000円でクロージングレセプションビュッフェもございます(ドリンク料金別) 連絡先 03-6276-8333(NABE)演奏していただく山田明美さんのYOUTUBE動画がありましたのでご紹介します。https://youtu.be/ufxm17NIHpc相馬博 展 Hiroshi Soma「circle of universe -星たちの息吹-」 期間:2016年7月5日(火)~7月31日(日)... 場所:初台Cafe&Bar「NABE」 東京都渋谷区本町2-39-1-1F  Tel:03-6276-8333 定休日: 月曜日 営業時間 火~金 14:00~23:30 土 14:00~22:30 日 14:00~18:00 HP http://cafe-nabe.com/

      4
      テーマ:
  • 22Jul
    • 初台cafe&BarNABEのこれからの在店情報とコンサート情報。

      初台cafe&BarNABEでの個展情報。 7月22日金曜日 ランチタイム終了後貸切りコンサートのため通常営業はお休みです、その為不在となります。 7月21日土曜日 三時から五時まで在店予定です。 7月26日火曜日 六時頃より在店予定です。7月29日金曜日 六時頃より在店予定です。 7月30日土曜日 現代箏曲二重奏の特別コンサートです、個展の作品に合わせたイメージの演奏をしていただきます(予約制)。 昼・夜2公演。 7月31日日曜日 最終日のため搬出準備があるため在店予定です(時間調整中です)。※7月30日ART&MUSIC 相馬博×現代箏曲二重奏の一日限定コンサート。 14時~・18時~の2回(各回先着25名様になります、要予約) 14時からの会はお茶菓子付き、18時は1ドリンク付きの2500円 18時からの方は終了後別途1000円でクロージングレセプションビュッフェもございます(ドリンク料金別) ご予約は03-6276-8333(NABE)までお願い致します、予約はどうぞお早めに。

      6
      テーマ:
  • 05Jul
    • ARTisanet企画相馬博展「circle of universe -星たちの息吹-」

      Cafe &Bar NABEでのアーティスト企画展開催のお知らせです10回目は、相馬博 展 Hiroshi Soma「circle of universe -星たちの息吹-」期間:2016年7月5日(火)~7月31日(日)場所:初台Cafe&Bar「NABE」東京都渋谷区本町2-39-1-1F Tel:03-6276-8333定休日: 月曜日営業時間火~金 14:00~23:30土 14:00~22:30日 14:00~18:00HP http://cafe-nabe.com/作家在店日、毎週火曜日と金曜日は夕方から、土曜日は三時ごろからの予定です。※展示会は通常営業のCafe&Barの為、貸し切りとなる日もございますのでお電話にて確認されてからのご来店をおすすめ致します。※20:00~不定期にJazz ライブがあります(Music チャージ500円)※火・水・金 11:30~14:00ランチ営業中♪~以下企画をしてくれたARTisanet様から~見る角度に寄って全く違う表情を見せる相馬さんの作品。色の濃淡だけでなく絵の具の厚み、光沢、奥行き、色合い全てが違う表情をもって語りかけてきます曲線と直線では色のとらえ方が違う、濃い色を重ねて重ねて、、また重ねて塗っていくことでそのかかった時間に比例するかのように色が深みと重みを増していく・・・と言われる相馬さん今回の作品展について語って下さいました。『作品のテーマは “光と人” です。現在の作品は温かみのある黒または白を背景に色彩のグラデーションと粒で光を描き、漆のような艶を出して仕上げています。背景にあたる部分は人間の内面や感情が密度の高い状態を意味しそこに宇宙を照らし合わせ、それらの両方は無限であることを表わし、光の対比で 心の中の希望を表現しています。今回の個展では、より宇宙を感じていただけるように描きました。その中でサークルや光の粒で生命の煌めき、儚さ、流れゆく時間と輪廻を感じていただければと思います。  相馬博』是非、相馬 博の光の世界「circle of universe -星たちの息吹-」をお楽しみ下さい!プロフィール:1972年 東京都生まれ1990年 明治大学付属中野八王子高等学校卒業1996年 中央美術学園造形芸術科アートコース卒業1997年 中央美術学園造形芸術科研究コース卒業中央美術学園 評議員・絵画コース主任講師アートカルチャー 新宿世界堂8階 絵画講師ジュージアカルチャー多摩センター 多摩センター三越6階 絵画講師吉祥寺カルチャーセンター コピス吉祥寺8階 絵画講師国分寺相馬教室 絵画講師<個展>2009年  相馬博展 銀座K's gallery(東京)2011年 「secret space」 gallery HALCA (東京)2012年  相馬博展 gallery ボンブラ (東京)2012年 「現代美術作家 相馬博展」 武蔵野市立千川小学校×Kichijoji Art Project企画(東京)2013年 「infinity」 K's gallery(東京)2014年 「complementarity-相補性-」 gallery子の星 (東京)2014年 「星霜-seiso-積み重なる色彩」 Gallery STORKS (東京)2015年 「光と色の刻-hikari to iro no toki-」 Gallery 58 (東京)2015年 Kichijoji Art Project企画「circle of life」 コピス吉祥寺アートギャラリー(東京)2016年 「光と色の間-hikari to iro no hazama-」 Gallery 58 (東京)<パブリック・イベント>2014年 英国外務省主催 PSVI世界グローバル・サミット東京アートイベント日本代表(駐日英国大使館・東京)<受賞歴>2004年 第47回新象展 佳作賞2013年 第1回全国公募公開審査 アートイマジン芸術小品展 入賞2014年 第2回全国公募公開審査 アートイマジン芸術小品展 特別賞2015年 第1回コレスキ!作家名のない展覧会 大人が選ぶ部門1位<主なグループ展>2006年 東邦大学医療センター ガレリアexhibition2007年 UZU展 (2007~2012)2007年 見参・遊美展 (2007~2014年)2007年 あおぞらDEアート (2007年~2013年)2009年 未来抽象芸術展(2009~2015年)2009年 ART FILE EXHIBITION (2009年~2014年)2011年 Pray for Japan Charity Exhibition< 20 Young Japanese Artists 2011 in New York Exhibition> (USA NY)2012年 Galleryやさしい予感×CJキューブコラボ企画 CJキューブユーザー合同展示2012年 Creatty × KDDI DESIGNING STUDIO「アート×ウェブの展示会」2012年 ARTFILE EXHIBITION Berlin  Gallery-DEN (ドイツ ベルリン)2013年 ARTS-DEPOT ART EXHIBITION at N.Y. vol.1 "The mix" (USA NY)2014年 ”Summer Breakers"Ashok Jain Gallery (USA NY)2015年 Square展[ 30×30cmの正方形展 ] Gallery582015年 SPECIAL SUMMER EXHIBITION “New Arts Prospect from Japan”Ashok Jain Gallery(USA NY) 他多数《メディア掲載》美術の窓(2016年5月号)朝日新聞(2012年10月23日号朝刊)Web Designing(2012年9月号)読売新聞(2012年6月15日号朝刊)そして、7月30日ART&MUSIC 相馬博×現代箏曲二重奏の一日限定コンサートがあります。14時~・18時~の2回(各回先着25名様になります、要予約)14時からの会はお茶菓子付き、18時は1ドリンク付きの2500円18時からの方は終了後別途1000円でクロージングレセプションビュッフェもございます(ドリンク料金別)ご予約は03-6276-8333(NABE)または直接相馬までお願い致します、予約はどうぞお早めに。

      4
      テーマ:

プロフィール

現代美術作家 hiroshi soma

自己紹介:
現代美術作家 Hiroshi Soma 相馬博です。 宇宙や空の光をモチーフに、生命の煌き、儚さ、流...

続きを見る >

フォロー






LINK

リキテックスロゴ2
アクリル絵の具老舗メーカー・リキテックス社HP


$hiroshi soma blue sky blog-hiroshisoma.com/2
相馬博オフィシャルweb

ブログランキングならblogram
blogramのブログランキング



$hiroshi soma blue sky blog
人気ブログランキング


ブログ情報ポータル

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村 猫ブログ 猫絵・猫漫画へ
にほんブログ村ランキング


作品販売中
$hiroshi soma blue sky blog
作品登録SNSサイト





Ameba人気のブログ

Amebaトピックス