キングヒロ部長のラーメンブログ

キングヒロ部長のラーメンブログ

安倍政権が最重要課題と位置づける「地方創生」。人口減少を克服し、地方が成長する活力を取り戻すために必要なものは何か?をラーメンを通じて熱く論理的に語ります

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:

およそ1年ぶりに訪問したのは前橋市にある「らーめん つの旨」。


到着時間は午後5時50分。そもそも1年ぶりなんだけど、夜営業の訪問となると記憶がないくらい久しぶり。開店時間の6時になるとあっと言う間に店内は満席に。


券売機からチョイスしたのは「小ラーメン」。


トッピングは、「にんにく、あぶら、生姜」。


ここは、いつも美味しいんだけど、久々に食べたせいか、スープのしょっぱ加減、麺の独特の食感、豚の何とも言えない弾力、そして全体的なボリューム感etc・・すべてがいつも以上に高水準に感じた。

美味しいからと前半飛ばしすぎたせいか、後半バテてしまい最後は少しだけ残して終了。最近あまり連食していないせいか胃袋が衰えてきた・・。





テーマ:

渋川市にある「らーめん 伊藤商店」に2度目の訪問。


到着時間は午後5時50分。


この日に選択したのは「特製醤油そば」。


魚介が強めで、和風テイストなスープは、これと言ったストロングポイントはないんだけど、クセもそれほどなく比較的万人受けするタイプ。


麺は、中細のややちぢれたタイプで一本一本が短め。具材は、チャーシュー三枚(肩ロース)、メンマ、水菜、ノリ、ネギ。

個人的にはどちらかと言うと特製らーめんの方が好み。そういえば券売機から塩が消えていたのが気になった・・。




テーマ:

3月30日のこと。


3月の限定メニューをどうしても食べたかったので、月末ギリギリで訪問したのは玉村町にある「中華そばつけそば 千思萬考」。


到着時間は午後12時50分。


頭の中は限定メニューで一杯だったんだけど、限定はもちろん、本絞り、つけそばがすでに終了で残るのは一番絞りか淡麗のみ・・かなりショックだったんだけど、気を取り直して「特製一番絞り(醤油)」を注文。


鶏の旨味と野菜の甘みが相まって穏やかながらもしっかりとしたスープに仕上がっている。


麺は、中細タイプでややウェーブがかっている。


具材は、鶏つくね、鶏チャーシュー、タケノコ、カイワレ、玉子。軟骨入りの鶏つくねは食感よく美味しい。


久々に一番絞りを食べたけどやっぱり美味しいと再確認。限定もいいけどレギュラーメニューの安定感もいいね。




テーマ:

3月21日のこと。


久しぶりに渋川の誇る名店、「麺処 いち林」へ。


到着時間は午前11時5分。この日は店員さんが1名不在らしく、カウンター7席のみでの営業だった。それにしても開店5分で満席+7名の待ちはさすが。そして約25分ほどで着席。


あっさり系を欲していたので、塩か醤油かで迷ったんだけど、最終的に「味玉醤油らぁめん」にチャーシュートッピング。


店主さんのTwitterによると、この日は山梨県産の甲州地鶏、青森県産の青森シャモロックのブレンドで、鶏油も多めに入っているとのこと。


淡麗系の見本のような一杯は、いつも以上に鶏感が溢れていて、鶏油も多めに感じられる。より今っぽさを感じられる味で、個人的にはかなり好き。


麺は、細麺ストレートでパツッとした食感。何度啜っても心地良さを感じられる。


具材は、チャーシュー、味玉、白髪ネギ、青菜、メンマ。チャーシューはロース、バラ、モモの3種類。具材1つ1つのどれもが高水準なのはホント嬉しい。


今は、券売機が導入されて、さらにメニューが1種類(坦々そば)増えているようなので、また近いうちに訪問しなければ!




テーマ:

3月20日のこと。

大好きなお店なので、大抵のメニューは食べたんだけど、未食のメニューを提供中とのことで訪問したのは伊勢崎市にある「豚骨らーめん れん」。


到着時間は午後6時15分。


注文したのは「トマトタンタン麺」+「燻製TKG」。

タンタン麺にトマトが入ったトマトタンタン麺は初の実食。豚骨をベースにしてトマトの酸味が加わった一杯は、円やかさと濃厚さが共存していて、さらにラー油の辛みも加わることで、この店ならではの味に仕上がっている。レンゲがなかなか止まらないね。


麺は、細麺のストレート麺。具材はトマト、ナッツ、ひき肉、バジル。


燻製TKGは予想どおりの味わい。

そろそろイカ煮干しが恋しくなってきたので、次回の訪問時にまた食べようかな・・。




テーマ:

3月4日のこと・・

3月1日に渋川市に新店が誕生したとの情報を得たので、「らーめん 伊藤商店」に初訪問。店主さんは都内の名店「斑鳩」出身とのこと。


到着時間は午後6時30分。

営業時間はこんな感じ。


店内は今どきと言った感じで、カフェのような造り。


で、券売機の中からチョイスしたのは一番上に表示してあった「特製らーめん」。


いわゆる豚骨魚介系のラーメンで、豚骨濃度、魚介ともに割と抑えめの設定でミドルタイプの印象。それでもしっかりと豚骨の旨味は引き出されているので物足りなさは感じない。


店主さん曰く「斑鳩は濃厚だけど、個人的には比較的あっさりだけどコクのあるラーメンが好き」と言ったような趣旨の話をしてくれた。


麺は、中太のストレート麺。具材は、チャーシュー3枚、味玉、水菜、メンマ、ネギ。チャーシューは肉厚で食べ応えがある。

同じ北毛地区ながら、渋川市にまた今後に期待できるラーメン店が出来て羨ましい・・沼田にももっと沢山できてくれないかな~・・。




テーマ:

新メニューが登場したとの情報を得たので高崎市にある「中華蕎麦 あお木」へ訪問(訪問したのは2月27日・・)。


到着時間は午後12時20分。


注文したのは「煮干しラーメン(煮たまごトッピング)」。


透明感のあるスープは、鶏ベースに煮干しを合わせているとのこと。煮干しの主張は感じるものの淡麗な仕上がりで、煮干し特有のクセは皆無で、煮干しがあまり得意ではない人でも大丈夫くらい。塩ダレの濃度も適量なのでかなり飲みやすいね。


麺は、全粒粉入りの中細ストレート麺。具材は、チャーシュー、穂先メンマ、かまぼこ、カイワレ、ねぎ、煮たまご、つくね。

バランス良く仕上がってて、醤油、塩に続く第三の柱になりそう。




テーマ:

この日の最後に訪問したのは、ラーメンストリート内にあるソラノイロ NIPPON「」。本当は、ビブグルマンを獲得した銀座にある未訪店に行くつもりだったんだけど、時間が合わずに断念・・。


到着時間は午後6時25分。


券売機はこんな感じ。


ソラノイロ本店を訪問した時にベジソバを食べなかったので、それにしようかと思っていたんだけど、東京駅限定かつ期間限定メニューの「トリプルチャーシューmiso」を発見したため衝動的にボタンをPUSH。


説明書き①


説明書き②


スープは、表面に浮いた油の効果もあって熱々。味噌の甘みとコクがしっかり出ていてニンニク、生姜も効いているので飲み応え十分。予想ではアッサリ系だと思っていたので良い意味で裏切られた感じ。色々な味が複合的に口の中に入ってくるので飽きずに飲んでいられるね。


麺は、中太のちぢれ麺。具材は、ラーメンの名前にもなっている豚、鶏レア、牛ロースの3種のチャーシュー。キャベツ、ニンジン、ニラ、ゴボウ、ニンニク、生姜、糸唐辛子と沢山。

値段は少々高めなんだけど、それに見合う味を堪能できて満足だった。



東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街東京ラーメンストリート内B1F

テーマ:

続いて訪問したのは、東中野にある「好日」。
こちらもビブグルマンを獲得した店。


到着時間は午前11時55分。


店の前にあった説明書き。

店内は昔ながらの中華料理屋のようなアットホームな雰囲気。平日のランチタイムだけあってなかなかの混雑ぶり。常連さんが多そうだった。


で、メニュー表の中から選んだのは「煮玉子らぁめん」。


無化調、無添加のスープは、何かが突出しているわけではないものの、魚介と鶏ガラのバランスがよく、優しい出汁感を味わうことができる。無化調なんだけどしっかりとコクもあるので物足りなさもないね。丸みのある醤油ダレはやや強めの設定。


麺は、その日の朝に打つという中太のストレートタイプの自家製麺。もっちりしていて弾力十分な麺は、風味、食感ともに抜群。


具材は、チャーシュー、細切りメンマ、ネギ、煮玉子。二つに割れた煮玉子は味付けが好みで美味しかった。

店員さんがすべて女性と言うこちらの店は、接客も良く、ラーメンのクオリティーの高いので人気になるのも頷けた。



東京都中野区東中野1-53-7 MKハウス1F

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス