日蓮正宗 法華講員 HIROのブログ

日蓮正宗 法華講員 HIROのブログ

元創価学会員でしたが日蓮正宗に帰依して生活のドン底から這い上がることができ、幸せをつかみました。日蓮正宗の信心の事などを書いていきます。

 

『佐渡御勘気抄』  
               文永八年十一月初旬  五十歳

仏になる道は、必ず身命をすつるほどの事ありてこそ、仏にはなり候らめと、をしはかる。既に経文のごとく「悪口罵詈」「刀杖瓦礫」「数々見擯出」と説かれて、かゝるめに値ひ候こそ、法華経をよむにて候らめと、いよいよ信心もおこり、後生もたのもしく候。
                      
(御書482㌻)



【通釈】
仏になる道は、必ず身命を捨てるほどのことがあってこそ、仏になれるのおだと考えれる。すでに経文には「悪口罵詈」「刀杖瓦礫」「数々見擯出」と説かれており、このような難にあってこそ、法華経を(身をもって)読むことになるであろうと、いよいよ信心も起こり、後生もたのもしいものとなる。

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会 批判・告発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

宗教ランキング