ヨーロッパ発 日欧ミドルGAYカップルのツレ連れ日記

40’s日本人と50’sベルギー人のゲイカップルが織り成す日常を写真満載で綴っていきます。事実婚関係をキープしつつ家族意識が深化している僕ら。国際カップルならではのエピソードや、遠い欧州の地での異邦人としての体験談や独り言もお届け。雑誌感覚のブログを目指します。


テーマ:

 

昨日のブリュッセルは青空の一日。郷里の新潟の燕三条では25年ぶりの豪雪(積雪152cm記録したとか…)で本当に大変なようなんですけど…。

 

そんな水曜の午後は、お友達の誕生日にプレゼントを持参して、その後は冬物クリアランスセールへ参戦。結局またまた色々見つけちゃって、買っちゃいました(お前、無職なのにね…。いえ、これからなんとかします!)。

 

そして、最後ベルギーで唯一のデパート Galeria Inno のホームインテリアをひととおり覗いたあと、店を出たら、ちょっとしたうろこ雲(いわし雲、ひつじ雲)。教会とのコラボがいいでしょ?

 

 

そして、オペラ座のあるモネ劇場(モネ広場)の方角へ歩いて行き、ユニクロの前を通り過ぎたところで、また空が広がって。そして、種は判らないけど、鳥が舞っていて。

 

 

そして、何枚か写真を撮っていたら、こんなショットも。お分かりになります?

 

 

雲の中を羽ばたいているからなのか、影のように写っている鳥二羽。

 

 

そして、こちらは三羽。カラスではなく、ハトでしたかね。後から広場に着地していた姿を見る限りは。

 

 

いいでしょ♪ちょっと幻想的。ベルギー・シュールレアリズムの巨匠、ルネ・マグリットの絵に出て来そうな一枚なのでした。

 

友達であり、ご当地情報サイト「ベルギー青い鳥」編集長もどうやって撮ったのか、興味津々のようでしたが、あくまでスマホ(Huawei P9 Lite)のカメラ x ひきりん腕の作だったのでした。

 

ノーベル文学賞作の物語『青い鳥』の作者、メーテルリンクもベルギー人(こないだ訪れたゲント出身)。そして、『青い鳥』のモデルは鳩ということなので、イメージぴったりの奇跡の一枚なのでした。

 

その後、オペラ座横に移動すると、雲の表情も大きく変化して。

 

 

その後、男の子3人組が店を切り盛りしていたキッチン用品屋で色々物色した後で、サンミッシェル教会前で信号待ちしていると、西の空が濃いピンクに焼けて。

 

 

ちょっと良いことあり、新たな僕の生活が始動しそうな予感もありの水曜の午後でした。

 

読者登録してね

 

↓2つのランキングに参加中!どちらにもクリック&応援お願いしま〜す!
 

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ 
にほんブログ村 ベルギー情報ランキング 
同性愛(ノンアダルト)ランキング

 

 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
ベルギー(海外生活)ランキング

にほんブログ村 ゲイブログランキング

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

ひきりんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。