元極姉さんが、功法有無レベル2の

修練をしていると 途中から「楽しくなる。」

と 書いておられます。

 

この修練をしていて感じる「幸せな気持ち」は、

私の場合は 静功をしているときに 「幸福」を感じます。

 

「幸福感」といえるのかどうか?

なぜだか 理由も無く嬉しくて

なにも 不足を感じないし 

良くも悪くも無い 感覚なのです。

 

2時間もの間 ただただ 座って念訣をしているだけの

静功の修練が なぜ楽しいのか? 喜ばしいのか?

過不足無く充実した感覚なのか?

 

理由は分かりませんが

心の底から わき上がってくるような 喜びです。

しかも 喜びは 静かに 穏やかに ひっそりと

落ち着いて 光っているだけなんです

 

静功をしていると 「なんとなく楽しい」のです。

私は 修練をすることが 好きなのだと思います。

好きだからこそ 継続できるのだと 思います。

 

自分の好きなことを 

生涯の仕事に させて頂いているのですから

これほど、喜ばしいことはありません。

 

もっと 頑張らなければなりません。

最近のこと 「もう、私は年が 年だから…」 と

何かにつけて 言い訳している私がおります。<(_ _)>

 

好きな修練をして

この「幸福感」を 皆さんに拡げていく仕事をしたいモノです。

 

この道を 真っ直ぐに 歩いて行きます。