本日は 大寒特別講座の1日目。

私は、大寒静功会を担当しました。

 

大寒(12時09分) の時間を 真ん中に はさんで

2時間の静功をするのです。

 

日之本元極では、24節気を とても大事に考えているので

特別な事情が無い限り 静功会を開催しています。

 

特に、特別講座と重なった 今日の静功会は

参加者も多く 集中して修練が出来る 

功力の高い方々が 多かったので 

場のエネルギーは めまいがするほど強烈でした。

 

この静功会に参加した 10代の青年がいます。

2時間の静功会には

二度目の参加ということで、 初々しさがにじみます。

 

莫大なエネルギーに影響されて 慣れない身体は

カクンカクン と 眠ってしまいます。

 

ところが、

意識には いつも気高い緊張感が あるようすで

姿勢が崩れません。

 

腰骨が、立っていて

背中が丸く 曲がったりしないのです。

足も崩れず、結跏趺坐が保たれています。

手の組み合わせも しっかりと 深く組まれています。

 

ただ単に 居眠りをしている様子ではありません。

緊張して、静功会に参加している 志はしっかり持っているけれど

入静状態? のように カクンカクン と

深く意識が 落ちているのかも知れません。

 

姿勢を正しく保つことは

どんなに ベテランの修練者でもなかなか 出来ないものです。

 

立派な姿だった と 思います。

また、参加してください。

私たちにも 刺激になります

 

image