全統小の結果

テーマ:
いつも拝見しているブログ主さんたちが、全国統一小学生テストの結果を載せていたので、我が家の第2子(小6)の結果(全国偏差値のみ)も載せますね。

算数 SS58
国語 SS57
理科 SS46
社会 SS44
---------
4科 SS53

国語が何故か良かったのですが、答案用紙がマークシートで苦手な記述問題がなかったのが要因かと(^^;)。算数は時間が足なかったようで、後半の難しい問題は着手できていない感じでした(設問別チャートから)。理科社会は学習していない単元がダメダメだった感じかと。

4科合計では一応全国平均を超えたので、北海道の小学生の成績としてはまあまあでしょうが、中学受験生としては微妙ですね...志望校判定もCでしたし。国語算数はマグレではなく日々の家庭学習の成果で少しずつ力がついてきている....と信じたいです(^^;)。

最近の学習の様子

テーマ:
前回の投稿から少し時間が経ちましたが、久々に子供たちの学習の様子を書こうかと思います。

第1子(中2)の1学期末テストは無事終わりました。結果ですが...学年順位はいつもの定位置に戻りました(前回より成績は下がり目標のクラスTOPも取れず)。塾を丸2週間休んでのテスト対策も不発でした。スマホ休憩が多く集中して勉強に取り組めていたか微妙だったので、第1子には「2学期末テストでは塾を休んでの対策は認めない」と言い伝えました。

ただ今回のテスト結果、本人もすごく反省しているようで、今から夏の道コン、及び秋の英検準2級に向けて勉強を始めています。道コンは「成績上位者に大きい文字で載る」事を目標に定めたようで(クラスTOPが載ったからですが)、実現できるよう継続して頑張って欲しいと思います。

第2子(小6)の開成中突破模試は、成績表が返ってきていました。結果ですが...適性Ⅰは平均超、適性Ⅱは惨敗でした。適性Ⅱの平均点は(77/100)と易しい問題だったかと思いますが、第2子にとって適性Ⅱはすごくハードルが高いようです。

暗記した知識や、計算結果を答案に書くという旧来の試験にはそこそこ対応できても、問題(課題)を読んで、自分の考えをまとめ文章に書く試験に全く対応出来ていない現実を突きつけられています。ただここで焦ってもしょうがないので、今の学習を継続し、少しずつでも良いので力を付けてもらうしかありません...。
札幌市内の小学校では、卒業式に袴(はかま)を着る子供たちが年々増えています。

我が家でも、第2子(小6)の袴(はかま)と着付けの美容室を6月上旬に予約しました。第1子(現中2)の時は7月に入ってから予約しましたが、時期が年々早くなっているようですね。。。

第2子は、第1子の卒業式の時には「自分は別に着なくていい」と言っていたのに、今年3月の卒業式で先輩たちが袴(はかま)を着ているのを見て「自分も卒業式で着たい」と急に言い出しました。

5月のGW明けに、自宅近くのキッズ写真館(札幌市内の大手)へ行ったのですが「袴レンタルの予約は受付終了しました」と断られてしまいました。そこで自宅からは少し遠いのですが、第1子の時にも借りた別の写真館に電話連絡したところ「まだ大丈夫です」という話だったので、第2子と一緒に先週お店へ訪問し、選択可能な数種類の中から気に入った衣装を選びました。

着付けのほうは、自宅から一番近い美容室を予約しました。美容室はまだまだ余裕があるようで、良い時間帯(小学校に行く1時間前)を確保できました。

小学校卒業式に袴レンタルと着付けを検討されているご家庭は、早めに動いた方が良いかと思いますよ~(^o^)/。

今回学習ネタはありませんm(_ _)m。
札幌市内では先週の5/26(土)に運動会の小学校が多かったと思います。第2子(小6)が通っている小学校もその1校でした。

第2子は最後の運動会に向けて頑張っていました。運動会当日に重なっていた学習塾の土曜授業は、同じ週の平日夕方2日間に振替してもらいましたが、小学校から帰宅後すぐに公共交通機関に乗らないと授業開始に間に合わないため、体には結構な負担だったと思います。

さらに運動会当日は、気持ちが高揚したのか運動会終了後そのままクラスメイトと公園へ遊びに行き、夜は運動の習い事にも参加しました。

その結果ですが....翌日から風邪で38度の熱が4日間続き、小学校も休む事になってしまいました(T_T)。

札幌開成の調査書には欠席日数の記載欄もあるため体調管理に注意していたつもりでしたが....。さらに家族にも風邪がうつり(幸いにも熱は出ませんでしたが)、第1子(中2)は「咳がとまらない」「体がダルイ」とボヤキながら1学期末テストの勉強をするなどグダグダな1週間となりました。

第2子は明日の6/3(日)に「全国統一小学生テスト」を受けますが、体調が戻り切っていないため「参加するだけ」になりそうです...。運動会前から当日にかけて予定を少し詰め過ぎたかな、と反省しています(ムリは禁物ですね)。
第1子(中2)が通う地元公立中では、6月上旬に1学期末テストがあります。家庭学習では既に定期テストモードに入っていますが、その前に行われる宿泊学習の準備等にも時間を取られて、テスト対策時間の確保や成績の維持・UPができるか不安なようです。

通っている学習塾には、色々な地域から生徒が集まっています。中学校での授業進度やテスト範囲、テスト日が生徒ごとに異なるため、5月下旬から6月上旬の間は授業が行われず自習となります(提出用ワークを消化したりテスト範囲の勉強を行うようです)。

このような状況で第1子が考えた1学期末テスト突破作戦は「テストが終わるまで塾には行かず家で自習する」です。「塾へ往復する時間がもったいない」「塾ではカリキュラム順となり自分のペースで自習できない」「塾の先生に質問する事も特にない」というのが理由だそうです。

親としては「半月分の塾代もったいないので塾で自習したほうが良いんじゃね?」という思いもよぎりましたが(セコい? ^_^;)、前回の中1学年末テストの時も1週間塾を休んで自習し自己最高成績を残した事もあり「周りを納得させる結果を残すつもりで家で真剣に勉強やるならOK」という条件で了承しました。

この作戦、中1の時に同じ学習塾の成績超優秀な子がやっていて、それを見て真似てるんですよね。形や行動だけでなく成績の方も是非真似て欲しいと思ってますが...。

学習プランを自ら考えて実践する事は、結果はどうあれ良いチャレンジですので、今回も第1子の意見を尊重して見守りたいと思います。塾で自習した方が、もし結果が残せなかった時も言い訳しなくて済むのに...勇気ある決断だと思います。結果が出なかった場合、次回は塾で自習してもらいますか~らね (^o^;)/。