ひでです。お早う御座います。孫の運動会の帰りに金城温泉に立ち寄りました。此処は国道8号線から少し入ったところで、産業展示館のすぐそばの、位置的には金沢の真ん中です。

 

1人400円を支払って入ります。ん~ん、リーズナブルですね~。

腰湯だそうです。此処に腰掛けるんだって。それにしても、何だこの色は。まるで醤油みたい。

安いくせに、ジェットバスもあります。笑

向こう側が気泡風呂だって、生意気に。笑

真ん中の湯船と、腰湯だけが源泉掛け流しだって。この色、なんかおでん鍋で煮込まれているようです。笑

 

大根(1人)ともち巾着(1人)と巣ごもり(1人)と車麩(1人)とはべん(カマボコやかさつま揚げの事)(1人)と、鰯のつみれ(1人)と牛筋(1人)とバイ貝(1人)とみいでら(がんもどき)(1人)と赤まき(1人)とロールキャベツ(1人)とふかし(かまぼこの一種)(1人)とカニ面(私)の13人ほどが、だし汁のようなお風呂にノンビリ浸かってます。石川おでんといえば蟹面が代名詞ですけど、私は食べた事がありません。笑

 

源泉を飲んで見ましたが、ん~良く分らないな~。こんな色のお湯はモール泉と言うんでしょうから、この源泉の味はモール味って言うんでしょうか?

この指を見てください、私は直ぐにシワシワになる方なんですよね~。何故だと思いますか?。この間ちこちゃんでやってました。分らない方、ぼうっと生きてるんじゃないよ~。私はぼうっと生きてるんで叱られました。笑

 

正解は、指が濡れると滑って物がつかめない。しわしわになり摩擦が出来る事でつかめる様になるんだって。へぇ~~~。

ここは源泉が2つありまして、掛け流しの所と腰湯の所と他の湯船は源泉が違います。と言っても似たり寄ったりですが。笑

 

1号泉の方は、ナトリュウムー炭酸水素塩・塩化物泉(低張性・弱アルカリ性)で、掛け流しと腰湯以外は加温・循環・塩素が入っています。そりゃそうですよね~。衛生には1番気を使いますから。でも、どっちが1号泉でどっちが2号泉だったのかは忘れました。笑

金沢は、珍しいモール泉の多い土地柄のようです。私は初めての体験でしたが、つるつるになると~っても良いお湯でした。わざわざ遠くへ探しに行かなくても、青い鳥はすぐ傍にいるんだね。分ったかいグレーテルや。笑

 

ヘンゼルの体はだし汁の味がしました。ってうそ。笑

↓ ↓ ↓


にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村