★犬 デパス 0.25★ | ひめ吉半襟・デザイン日記

ひめ吉半襟・デザイン日記

オリジナル刺繍半襟「ひめ吉」のゆうかの制作日記です。たくさんの人に半襟の楽しさを伝えていければと思っています。

追記ありです。犬にデパスを飲まそうかと思う方は一番下の追記を読んで下さいありがとう


あれから、ずーとモヤモヤしていまして、昨日やっと気持ちの整理がほぼ出来たので、やっとブログ書けます。なぜモヤっていたかと言うと、あの子が私の側にいないので。


あの勢いで書いてたら、その後のやりとりもリアルに書きすぎてしまうところでしたが、今はポジティブに書けそうですぽっ 書いて問題の無いとこはリアルに。

では、続き。長いよ~覚悟して読んでっにひひ

保護した後、今晩は店に置いて帰る訳にはいかないので自宅に連れて帰りました。いつものように玄関に。


最初は大人しく寝ていたのですが、よほど怖かったのでしょうねぇ

過呼吸になって鳴きだす。立とうとするので起こしてやり体制を変え寝かすとしばらくは大人しく、また過呼吸になり鳴きだすを繰り返し、その間隔が30分に一回から15分に一回になり、犬の側を離れることが出来ず、時間がどんどん経ち、さすがに私も眠たい。それにけっこう大きい声で鳴くので近所迷惑。


とうとう4時頃に、こりゃいかん。寝れないし過呼吸を見ているのも辛いし本人も体力消耗すると思い、人間用の安定剤デパスを飲ませたらどうだ?と考えて急ぎネットで検索。いろいろと検索ワードを変えて検索しましたが、犬の誤飲ばかり。しかもブログではなく、どうしたらいい?というあれ何て言うのかな、それに見た人が答えるやつ。誤飲の量とか薬の強さなどが書いてないし結果が書いてない物ばかり。


人間用の薬って最初は動物実験から始まっているので量さえ間違えなければ大丈夫とは知っているんですが、量を知りたかったの。


そうこうしていたら、人間の致死量を書いた物に行きつき、見てみた。

ふんふんなるほど、相当の量を飲まないと死なないらしい。しかもその量を自分で飲むのは不可能と書いてありました。途中で寝てしまうらしい。


その量が人間の私として、私はたぶん50㎏くらい。あの子は10㎏くらいだろうと思いその数字を5で割ってみても、1000錠以上になりましたので、よし飲ませても大丈夫。死にはしない。しかも私が持っているのは、0.25の一番軽いやつ。


この子ね、こんな状態でも食欲だけはすごいの。鼻先に臭いを嗅がせると、横に寝たまま食べる。なので薬をあげるのは簡単でした。家に犬用なかったので猫のカリカリに薬をまぜ手のひらに乗せあげました。


↓これは、違う写真(笑)
 

薬が効くまで45分くらいかかったかな?5時頃ようやく、普通の呼吸になり寝てくれました。やっと寝れると思いベットへ。

一時間で目が覚めましたが、ぐっすり寝た気分になりました。

様子を見ると、彼はまだ寝ています。よしよしっ

ブログタイトルを犬 デパスにしたのは、もし誰かが困って検索した時にヒットするようにです。


病院は9時からですが、予約は出来ません。名前を書いた順です。

いつも8時くらいに行くとすでに10名は確実に名前が書かれているので7時過ぎに家を出て20分くらいに着きました。すでに一人車で待っていました。よしっ2番目ならすぐだ。30分に戸が開き名前を書き、先生に軽く事情を話し、人間用のデパスを飲ませた事を伝えました、そしてノミが沢山いて、そのまま連れてくると他の人に迷惑が掛かるのでと、まだ話の途中なのに先生が診察室に入り何か持ってきました。これ使ってと。フロントラインスプレーです。

猫ならば、キャリーに入れて離れておけばいいんですが、この子は大きく、裸で行く事になるので。名前は2つ書きました。午前と午後。午後からはダイちゃんとちびくろ。3匹一緒には連れて来れないので。


ありがとうございます。のちほど連れてきますと言って帰りました。


昨晩保護してすぐに手持ちのマイフリガードはしてたんですが濡れていたのがいけないのか、全部は死なず、ガムテープでもかなり取ったんですけどねぇ。

帰ってすぐに外のガレージに出し、スプレーしました。全身にです。

意識はあるんですが、薬が効いてボーとしています。


車で病院へ向かう途中電話がなりましたが、運転中ですので出れません。

病院に着いて着信を見ると知らない番号ですが、下3ケタが110でしたので警察です。落とし物管轄は会計課。

とりあえず彼を待合室に置こうとベットごと抱えて中に入ると、スタッフさんが出てきて、いぬ・・・ですねぇと。いつも猫だから(笑)


外に出てかけ直すと、犬の特徴をもう少し詳しく教えて欲しいと担当の女性が言うのですが、順番が来たらしく、診察室に連れて行かれていたのでかけ直すと切りました。


まず先生が、よく寝ていますねぇ~と。過呼吸夜泣きの動画見せてたから。


推定12歳。えっΣ(゚д゚;)と思っちゃった。去年ダイちゃんの見立ては13歳。うそぉ~ダイちゃんより若いのぉ~(笑)


まぁーとにかくよく見てくれました。出来るすべての検査、レントゲン、注射数本、診察台が二台あるんですが、一台はこの子が占領して一時間半。その間ずーとという訳ではないんですけどね、検査結果などの待ち時間も入れて。普通は一旦待合に帰されるんですけど、大きくてノミがいて寝てるからかもしれませんが、そこにいさせてくれました。その間ずーとスタッフの一人と私は弱っているノミや死骸。ダニを梳き櫛とガムテープでひたすら取る。綺麗になりました。



診察も終わり、退室前に先生が「しかし、よく効いている。これいいなっなんて薬?」「デパスの0.25です」と言うと、メモッてました(笑)


診断結果は、内臓に悪い所なし。年の割には歯も綺麗。しかしやはりフェラリアにかかっていて、後は腰がヘルニアとノミアレルギーで毛が剥げ赤くなっている。内臓に悪いところなしには驚きました。


薬も4袋。なのにぃ~診察代は驚きの激安でした。いつもすみません。ありがとうございます。ちなみに、午後からの診察代は、バッチリお支払いいたしましたよ笑


 帰って警察に折り返しの電話。犬の特徴をと言うので、推定12歳。よれよれで歩けない。目は白く濁り毛ははげはげと。すると、「以前こちらで保護した犬によく特徴が似ていて、似たような捜索依頼が出ている」と。もう一度その方に確認して、折り返しますと。すぐに折り返しの電話。間違いないみたいですと。いつ死んでもいいような感じだと。私の連絡先を教えていいかと言うので、はい。

相手の名前を教えてくれました。男の人。


マジで~こんな酷い飼い方してるのに、探してるの?どんな爺さんだっ


数分で、すぐに電話がかかってきました。とても、丁寧な言葉遣いの思ったより若い声。まずは本当に探している犬かの確認。何かの間違いだとずーと思っていたから。手の白い部分にダルメシアンのような斑点がありますか?と聞くとあると。間違いないみたいです。


何のケアもされていませんよねぇと言うとはい。と即答。イラッ

フェラリアにかかっていますよっぷんぷん あーやはりそうですか。ブチッ切れた。

昨日どれだけ大変だったか分かってるんですかっ溺死しそうだったんですよっ


落とし主が見つかった場合、速やかに返還。の約束です。

「もう、私が引き取りますっっ」あっ言っちゃったぁ~


すると、「一目だけでも会わせて下さい。せめて黒ちゃんかどうかの確認だけでも」と。あれっ?愛情はあるんだね。

後で見ると5分ほど話したみたいです。分かった事は、名前は黒ちゃん。16歳。黒ちゃんと2人暮らし。なんども行政に指導されている事。


話し合いましょうと電話を切り、寝ている黒ちゃんを見る。16歳かぁ~第二のワン生はないなぁ~



16歳・・・・・黒ちゃんはどこに帰りたいかなぁ~。やっぱりどんな飼い主だって16年も一緒に過ごしたんだもの大好きだよねぇ。ハァ~。慣れ親しんだ家に帰りたいよねぇと思い。返す事にしました。


黒ちゃんに、お父さん迎えに来るよっちょっと怒ってあげるからね。と話しかけました。だってね。平気で保健所に持ち込む人もいるんだよ。それを思えば・・・


↑の写真、仲良く見えますよねっダイちゃんは他の犬にすぐ吠える犬です。

この子はいいんだなっと思って、ほんわかしてたんですが、実はコレ見張っていたみたいです。


夕方になり薬が切れて来たのか、黒ちゃんが立ち上がろうと動いたら、もの凄い剣幕で吠え出し噛みつきそうだったので慌てて間に入ったら私の足を噛んだ。チーン


隔離。その後黒ちゃんはよれよれですが歩く事が出来ました。


仕事が終わってから来るという事で、18時30分に来られました。

まずはガラス越しに確認してもらい、昨日何があったか現場に連れて行き、かなりキツく注意しましたが、なんか手ごたえがない・・・・


しかし、不思議な人です。謎。そういうしか表現が出来ない。恐ろしく丁寧な言葉遣いで良識もある人に見えましたが、糠に釘?(笑)

要は放し飼いです。狂犬病の注射もしていません。もしかしたら未登録かも。

もう何回も通報、保護されて何度も警察にお世話になっているみたいです。


次に一人歩きしているのを見たら、奪うよっと。釘を刺しておきました。

あと、尽力してくれた消防と格安で見てくれた病院にお礼を言ってくださいと。


やはり黒ちゃんも嬉しそうでした。抱っこして帰られました。

抱っこした時に飼い主さんの首をペロッペロッと二回舐めました。私・・・ペロされていない・・・。やはりそうゆう事です。


帰った後にみーちゃんが、あの有名な放し飼いの子よねぇと言い出し、えっどの子?

えぇぇぇぇ~あの子ぉ~∑ヾ( ̄0 ̄;ノ 記憶をたどれば、若い頃の黒ちゃん知っていました。前の犬マロの散歩で時々見かけていました。初めて見た時は迷い犬かと思い保護しようとしたんですもの(笑)のちに、放し飼いと知りました。


今回あまりにも老いていて同じ犬とは分からなかった。

最後に見たのは2年前、土手を少しよろけながら歩いているのを車から見て、まだ生きてるんだぁ~と思ったんです。


家は近くもなく遠くもなく、ダイちゃんの散歩を少し延長すれば行けるところ。

昨日見てきました。玄関にちゃんとリードに繋がれ安心した顔で寝ている黒ちゃんを見て、これで良かったんだっとやっと思えました。これからも、時々こっそり様子を見に行く事にします。内緒でねっウィンク


そして、次の日にレスキュー隊員さんのケーキ屋に行って参りました。

ここより田舎なのに、次々とお客さんが入って来て、人気のお店みたいでした。


家族経営でおじいちゃん、おばぁちゃん、お父さん、お母さん 4人いらっしゃって、事情を話し。お礼を言いました。おばあちゃんがオマケまで付けてくれました。


やみくもに沢山買ったので、さて・・・・・どこに配ろうか。

あっそうかっと病院へ持って行きました。すると、和田さんちょっと入ってと診察室に呼ばれました。「電話ありました」と。びっくりしました。お礼を言ってとは言ったけど、ちゃんと電話しているとは思わなかったんです。あの人がと言うより、出来ない人、世の中沢山いるよね。今まで沢山迷い犬などの保護もして取りに来られましたが、今回の人ほど丁寧な方はいません。きっと消防にも電話していることでしょう。なのに犬の飼い方だけは間違っている(笑)


夜ベットに入って、心に余裕が出来て来たからか、いろいろと思い出し、あらっ?あらら?急におかしくなって笑っちゃいました。あの警察の会計課の女性。今までの経験でもそうですが、警察は迷い犬にそんなに真剣に取り組んでいるように思えなかったんですが、あの人何回も黒ちゃん面倒見ているんだなっと。それであんなに迅速な対応。あの女性も黒ちゃんであって欲しいと思ってたのかもっ(笑)言葉では表現出来ないけど、電話の声がそんな感じでした。


だって引き取りに来ている時に、飼い主さんの電話がなり内容から警察と分かりました。書類にサインをしなくてはならないみたいで。

普通は今日の事でそこまで、せっついて言わないだろうけど。黒ちゃんだったか知りたかったのかなぁ~笑 みんなに愛されてる黒ちゃん。


私の大好きな寅さんみたいな存在なのかしら?


だから、飼い主さんの事悪く言わないでね。書けないけどいろいろと話をして私は今は怒っていない。ただ、今後もし、ふらふらと黒ちゃんが歩いていたら、そのまま一緒に散歩をして、送り届けるだけ。


長ーいお話に、お付き合いありがとうございました。ちょっと仕事が放置になってしまい大変だぁ~


9月10日追記


今回犬に人間用の安定剤デパスを飲ませましたが、緊急時だけにしてね。

出来れば、動物病院で犬用をもらってくださいね。


犬の体重は9.7㎏0.25gを一錠飲ませて、約12時間寝ていました(意識はあるがボーとしているのも含めて)今回の犬は高齢ではありましたが、内臓に悪い所なしでした。人間のドクターに話すと、一錠では少し多かったかな。と言われましたので、半錠でも良かったかもです。5㎏の子なら四分の一くらい。

通常0.5gが処方される事が多いので内容量に気を付けて下さい。紙に包み金槌などで割って与えた方が良いと思います。薬が効くまで45分くらいかかりますので、最初は少なめで与えてみて下さい。特に小型犬は気を付けてくださいね。


ちなみにデパスのジェネリックは、エチゾラムです。内容成分は同じです。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ