次女11歳になりました

テーマ:

今日は次女の誕生日でしたニコニコ
毎年この日を迎えると、
どこかホッとしている自分がいます。

 

次女との11年はまさに「未知との遭遇」(笑)
私の想定をある時は簡単にブチ破り、
ある時は軽々とこえて行きました。

※1歳の頃の次女※

 

小さい頃は、
いわゆる親子らしいコミュニケーションが、
ほとんどできなくて、
気持ちが通い合っている実感が薄いまま、
次女の欲求やパニックに振り回されていたっけ。

 

小児の理学療法士という経験から、
それが発達障害という特性からなのだと察してからは、
『この子のことは私がなんとかしなくては』
と、手を変え品を変え必死にアプローチ。


でもそれは、
「普通の子と同じようにして欲しい」という、
自分の気持ちの押しつけであり、
私の不安を解消したいだけの日々でした。

 

クローバークローバークローバー

 

7歳の夏に、
『学校に行きたくない』
『私はダメな子だから死んでしまいたい』
と言われた時、
次女も壊れるほど辛かったと思うけど、
私の心も1度死にました。と、思いました。

 

でも、色んなものが崩れ落ちても、
まだ私は生きていたし、
次女も笑って生きていました。

 

「何にもできないけど、なんかこれで良いんだな」


この時の気づきが今の自分の原動力です。

 

クローバークローバークローバー

 

「次女は次女のままで良い」
「うまくいかないけど、これで良い」


そう思えてからは、
宇宙人のような(笑)次女との日々を
流れに身を任せるように過ごせる時間が増えました。

 

びっくりしすぎて、
思わず笑っちゃうような出来事があったり、
彼女の言葉や文章、作品には、
今までの私には想像もつかなかった、
新しい価値観や表現にあふれていて、
次は何が出てくるんだろう、と楽しみになってきました。

※次女の作品※

 

次女と出会えて本当に良かった。
元気に笑顔で誕生日が迎えられて、
本当に良かった。
来年のお誕生日もまた笑顔でお祝いできるように、
一日一日を大切に過ごしていきたいです。

環境を整えることが大切、と感じたもう一つのエピソードです。

 

先日、5年生最後の授業参観がありました。

クラスメートの次女に対する対応の仕方が、

以前に比べて変わったなぁと感じました。

 

授業参観は、私にとって緊張する行事の一つです(笑)

授業中に、

自由に発言したり、

手悪さをしていたり、

他のことに夢中になっていたり、

居眠りしていたりする次女。

 

そんな次女に対するクラスメートの反応や、

周りの保護者の視線を気にしつつ、

穏やかに笑顔で参観するのには、

ちょっと勇気と気合が必要です(笑)

 

クローバークローバークローバー

 

先日の授業参観は家庭科の授業。

寒い時期にどんな風に服を重ねて着ると、

効率よく体が温まるか?という学習内容でした。

 

班ごとに、ペットボトルを色んなパターンの布で巻いて、

(タオルを何重かに巻く、とか、フェルト生地で巻くとか)

中にお湯を入れ、

どのパターンの巻き方が、温度が下がりにくいかを調べる、

という実験をしました。

 

 

 

次女はこういった「班行動」が苦手です。

 

輪に加わらないで、一人だけ違うことをしている、

または、全ての作業を独り占めしてしまう、

という様子がよくみられます。

 

今回は後者でした。

実験に興味がある様子で、

ペットボトルを持ち、黙々と独りで布を巻き始めました。

ほかの班は、数名で協力し合いながら作業しています。

 

困ったな…と感じてみていましたが、

この時のクラスメートや先生の対応に、私はとても嬉しくなりました。

 

クローバークローバークローバー

 

以前でしたら、クラスメートから

「次女ちゃん、ダメだよ!」と注意されたり、

「ちょっと貸して!」と取りあげられて、

輪から外れてしまうことが多くて、

次女は、泣いたりイライラしたりしていました。

 

 

ところが今回は、

同じ班の子どもたちは、ちょっと困った顔をしながらも、

様子を見守ってくれていました。

「こんな時、どうしたら良いんだろう?」と、

困っているような空気が漂っていましたが、

誰も次女を責めたりしません。

 

そして、それに気づいたとなりの班のA君が、

先生に

「次女ちゃんが一人でやっちゃってます」と、

さりげなく報告してくれました。

そこで先生が介入し、

「次女ちゃん、一人でやると上手くいかないから、

こことここは手伝ってもらって」

と、具体的にどう分担するかの指示を出してくれました。

 

そのことで、同じ班の子どもたちの表情がほぐれ、

次女も納得して、

みんなで共同して作業をする事ができました。

 

 

特に、先生に報告してくれたA君の変化に驚きました。

A君は、正義感が強くて、ちょっと気が強い子で、

マイペースすぎる次女は攻撃の対象になりやすく、

以前に何度かトラブルになったこともありました。

でも今回は、強い調子でなく、

次女が気付かないように、さりげなく先生に伝えていました。

 

 

ちょっと戸惑いながらも、落ち着いた表情で、

皆の輪の中で作業している次女を見て、

私はとても嬉しくなりました。

 

 

5年生の始めに、

「次女ちゃんとクラスメートの間に溝があるように感じます」

と、話してくださった先生。

診断名はふせながらも、

次女の特性についてクラスメートに話をしてくれ、

次女の困った行動について、

どう対応したら良いかを丁寧に指導し続けてくださいました。

 

そのことで、次女とクラスメートが、

溝ではなく、ほどよい距離間で

関われるようになってきているのかなぁ、と感じました。

 

 

4月になるとクラス替えになってしまうのが、残念ですが、

「こうすると、トラブルを減らして生活できる」という、

一つのモデルを学ぶ事ができたと思います。

 

前回の塾の話に続いて、今日は音楽教室の話しです。

先生の指導方法によって、こんな風に違いが出てくるのか、

と気づかされ、最近方向転換しました。

 

次女が音楽教室に通い始めたのは、2歳のころ。

親子参加型の音楽遊びのような内容からスタートしました。

 

その音楽教室では、子どもの習熟度や希望によって、

いくつかのクラスに分かれてレッスンを受けます。

発達障害の特性ゆえか、

次女は、音の聞き分けが得意で、記憶力も良く、

絶対音感を身につけていたため、

比較的上位のクラスで学んでいました。

そのクラスでは、

エレクトーンを使ったグループレッスンと

エレクトーンの個人レッスンの2種類のレッスンを毎週受けていました。

 

クローバークローバークローバー

 

このコースで学んでいく中で、次第に難しくなってきたことが、

・楽譜を読むこと

・楽譜を書くこと

でした。

クラスの課題として、ほぼ毎年昇級テストを受けなくてはなりません。

次女は、耳で聞いて答えたり、演奏することは得意なのですが、

楽譜の読み書きが苦手で、テストを断念することがありました。。

 

また5年生になって、グループレッスンの

担当の先生が変わったことも、

次女にとって大きな変化になりました。

 

それまでの先生は、明るくしっかりした女の先生でした。

宿題の出し方も、練習の進め方も、とても几帳面で、

指示が細かい分、次女にとっては

「今、何をやればよいのか」が把握しやすかったと思います。

 

新しい先生は、関西出身の男の先生。

親しみやすい雰囲気で、話し好きな印象でした。

レッスン中も冗談を言って和ませてくれたり、

楽しい雰囲気でしたが、

指示の出し方を見ていると、

「この辺まで進めておいて…」と内容が曖昧だったり、

宿題も出したり出さなかったり…というのが、

次女にとっては

「何をしてよいのかわからない」という状況に

なってしまったように思います。

 

クローバークローバークローバー

 

家で、エレクトーンに向かってぼんやりしていたり、

まんが本を読み始めたりすることが増えてきました。

そうなると、レッスンがますますわからなくなり、

先生に間違いを指摘されることも増えてきてしまいました。

 

自分の間違いを指摘されることが、

大の苦手な次女は、

レッスン中に「弾いているフリ」をしたり、

エレクトーンのボリュームを下げて、

音が聞こえないようにして弾くようになってしまいました。

 

 

それでも、そのクラスに在籍している以上は、

発表会やコンクール、昇級試験という

「教室の敷いたレール」に乗って、やり続けなくてはなりません。

 

私はそのことに限界を感じ始めていました。

 

クローバークローバークローバー

 

先生には、あらかじめ書面で、

次女の発達障害のことは伝えてあったのですが、

先生の個性や考え方もそれぞれなので、

受け止め方も、対処の仕方も違いがあっても仕方ないと思います。

 

しかし、音の聞き分けが上手だったり、

曲作りの発想が豊かな次女が、

どんどん弾けなくなっていくのをそばで見ていて、

「このままではいけない」と思うようになりました。

 

「教室の敷いたレール」に乗っていくのではなく、

もっと自由に、音楽を楽しんでほしい、

そう考えた結果、クラスを変更することにしました。

 

クローバークローバークローバー

 

今までのクラスを辞めて、

エレクトーンの個人レッスンのみ受けられる、

比較的自由度の高いクラスに移ることにしました。

エレクトーンの個人レッスンの担当は、

3歳頃からみていただいてる先生なので、

次女も私も気心が知れていて、安心です。

 

さっそく、次女が興味のあるジブリ映画の音楽などを

レッスンに取り入れてくださり、

次女は再び、家でもエレクトーンに向かえるようになりました。

 

クローバークローバークローバー

 

先生の指導が良いとか悪いではなくて、

「次女に合うやり方」を探していくのが大切なんだと思います。

そのためには、このような軌道修正(環境の調整)も

必要になってくるのですね。

学年も上がってきているからか、

最近このような出来事が増えてきているなぁ、と感じています。