麻酔入りのヒアルロン酸は痛くないのか検証 | ヒルズ美容ステーション
新型コロナウイルスに関する情報について

麻酔入りのヒアルロン酸は痛くないのか検証

今回はヒアルロン酸のお話です。

 

そしてこのお話は患者様に有益な情報かと思います。

 

というのもスイス製で麻酔入りのヒアルロン酸を導入しました。

 

以前もスイス製のヒアルロン酸を使用していましたが、

 

麻酔入りではないため注入時の痛みがありました。

 

ヒアルロン酸はジェル状の物質ですので、

 

液状のもの違い組織に入っていくときに抵抗があり、

 

そのため痛みを伴っていました。

 

そして今回導入にあたり、

 

「まず自分たちで試そう!」

 

・・・ということで、

 

当院スタッフTと院長の私が体験しました。

 

 

スタッフはほうれい線に麻酔入りヒアルロン酸のみを注入、

 

私の場合はおでことほうれい線に、

 

“麻酔入り”と“麻酔なし”のヒアルロン酸を注入し比較検証しました。

 

麻酔入りヒアルロン酸 しわ治療

 

上の写真からわかるように効果は直後からみられます。

 

問題は痛みです!

 

スタッフのT曰く、確かに針を指すときは痛みはあるのですが、

 

ヒアルロン酸注入時とその後が痛くないようです。

 

最後に私ですが注入は自己注射しています。

 

そして麻酔なしも、麻酔ありも針を指すときはどちらも同じように痛みはあります。

 

しかし、

 

注入時とその後は全然違いました。

 

麻酔ありはやはり注入時とその後が断然楽ですね。

 

また量は以前のものより0.3cc増えています。

 

しかし当院では同じ価格で提供していますのでご安心下さい。

 

*麻酔入りヒアルロン酸の詳細は>>>こちら

 

 

 

麻酔入りのヒアルロン酸でも、

 

流石に針を指すときだけは痛いですね。

 

ただ注入時の痛みなくなったので、

 

注入後の鈍痛(にぶいいたみ)は全くなくとても楽です。

 

是非お試し下さい。

 

          丸山成一

 

※before & afterの画像についてのご注意

写真はあくまで参考画像であり、症例により効果や満足度は異なりますのでご了承下さい。

 

※リスク・副作用・合併症

内出血、腫脹、凹凸、アレルギー、塞栓による皮膚壊死・失明・脳梗塞、

自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。