ヒルズ美容ステーション

様々な美容治療をご紹介


    
【医療広告ガイドラインの改定について】
2018年6月より、医療法における病院等の広告規制(厚生労働省)に沿い、表現を随時改訂しております。
なお、症例写真(ビフォー・アフター)のリスク・副作用・合併症については、各記事の下部にまとめて記載しております。





1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018年09月14日(金)

眼瞼下垂を伴うサンケンアイの治療〜挙筋腱膜前転術の解剖〜

テーマ:目の上のへこみ(サンケンアイ)治療

今回は眼瞼下垂を伴うサンケンアイの治療です。

 

また挙筋腱膜前転術をイラストと、

 

実際の解剖でわかりやすく解説しています。

 

症例は47歳女性です。

 

目の上の凹み(サンケンアイ)の症状により、

 

年齢よりも老けて診られるということでした。

 

眼瞼下垂・サンケンアイ

 

所見として、目の上の凹み(サンケンアイ)、重瞼ラインが広い、

 

また目を大きく開いてもらっても殆ど通常の状態と変わりません。

 

これは眼瞼下垂の状態です。

 

手術は局所麻酔下にて挙筋腱膜前転術を行います。

 

眼瞼下垂・サンケンアイ デザイン

 

デザインです。

 

瞼縁から約6mmにデザインします。

 

このようなサンケンアイの症例では皮膚を切除しません。

 

目が開きにくい原因が皮膚のたるみではないためです。

 

それでは挙筋腱膜前転術をイラストで解説します。

 

挙筋腱膜前転術 イラスト

 

挙筋腱膜が伸びきってしまっている場合や、瞼板から外れていることにより、

 

眼瞼下垂が起こり、

 

また連続する眼窩脂肪を包む眼窩隔膜も奥に引き込まれ、目の上が凹みます。

 

そのため挙筋腱膜を瞼板に固定する(前転;前に引き出してくる)ことで、


連続する眼窩隔膜も前に引き出され、

 

凹み(サンケンアイ)と同時に、下垂症状も改善します。

 

さらに挙筋腱膜前転術を解剖でわかりやすく補足します。

 

挙筋腱膜前転術 解剖

 

上段は目の解剖です。挙筋腱膜の下にミュラー筋があり、

 

上方には眼窩脂肪を認めます(サンケンアイでは眼窩脂肪の除去は禁忌)。

 

挙筋腱膜は先端は薄く徐々に分厚くなります(*)。

 

(*)挙筋腱膜と瞼板とを糸で縫着する時(前転時)の重要なポイントになります。

 

画像をみてもわかるように、出血を出来るだけ抑えることで、

 

術野が綺麗に見えますし、術後の腫れを予防できます。

 

最後にbefore & afterを確認しておきましょう。

 

眼瞼下垂・サンケンアイ before & after 開眼

 

重瞼ラインが下がり、目の開きが良くなっています。

 

また目の上の凹み(サンケンアイ)が改善しています。

 

かなり若返った印象です。

 

眼瞼下垂・サンケンアイ before & after 閉眼

 

術後1ヶ月の傷ですが重瞼ラインとして落ちています。

 

時間の経過とともにさらに目立たなくなるでしょう。

 

眼瞼下垂・サンケンアイ before & after

 

眼瞼下垂によって開きぬくかったため、

 

術前では前頭筋を使って(眉毛の挙上とおでこのしわ)目を開けていましたが、

 

これらも改善されています。

 

 

いかがでしたか?

 

このように目の凹みが顕著で、

 

上まぶたの下垂があり、

 

重瞼ラインが上方に位置していても、

 

適切な処置を行えば、見た目・機能は改善します。

 

          丸山成一

 

※before &afterの画像についてのご注意

写真はあくまで参考画像であり、症例により効果や満足度は異なりますのでご了承下さい。

 

※リスク・副作用・合併症

内出血、腫脹、左右差、後戻り、浅い重瞼線、深い重瞼線、不整な重瞼線(予定外重瞼線)、目が開きすぎる、角膜炎、ドライアイ、目の開きが悪い、瘢痕形成(傷跡が残る可能性があります)、頭痛、目の奥の痛み、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

 

 

 

 

2018年08月29日(水)

顔面多発外傷に対する美容外科の役割

テーマ:傷跡修正

今回は顔面多発外傷後の顔面の変形に対して、

 

私が行った美容外科治療について解説します。

 

実際の治療は1年半にわたって行っています。

 

 

患者様は2008年、当時34歳の時に、

 

北海道で仕事中に5階相当のビルから落下し、

 

両側前頭葉損傷、急性硬膜下血腫、前頭蓋底骨折、顔面多発骨折を受傷、

 

その他にも両側肺挫傷、出血性ショックなど認めたようです。

 

*ここでは他院で行われた詳細な手術は省略します*

 

それらに対し近医で頭蓋底形成などを行い、

 

術後経過中にはMRSAにも感染し大変だったようですが、

 

一命を取り留めました。

 

 

私のクリニックを受診されたのは、2014年患者様が39歳の時です。

 

顔面多発外傷 3DCT所見 頬骨骨折 鼻骨骨折

 

3DCT所見です。前頭部は広範囲にチタンメッシュで覆われています。

 

他院で頭蓋骨欠損、高次脳機能障害と診断されていました。

 

来院当時は、高次脳機能障害の影響か意思疎通は困難で、

 

クリニックでは暴れもしましたが、

 

私をふくめスタッフと本人の母親の協力もあり、

 

ゆっくり信頼関係を築いていけました。

 

それでは症例を供覧します。

 

顔面多発外傷

 

上記症状を認めます。

 

眼瞼下垂は外傷によるものと考えます。

 

また正面からのviewではわかりにくいと思いますが、

 

顔面多発外傷 CT所見

 

下からのviewとCT画像で確認すると、左顔面の陥没が目立ちます。

 

治療ですが、本来は眼窩・頬骨の骨切りを行いたいところでしたが、

 

高次脳機能障害や頭蓋底のこと、何より母親がリスクを伴うことは反対され、

 

せめて顔を綺麗にして欲しいということでしたので、

 

美容外科的に顔面の形態を整えていき、

 

さらに若返りも同時に行うことにしました。

 

とにかく少しでも前向きになってもらおうと、1年以上かけて手術を行いました。

 

 

まず右目の挙筋腱膜前転術と下眼瞼除皺術を行いました。

 

比較的損傷が軽度であった右顔面、特に眼瞼の治療を先に行い、

 

挙筋腱膜前転術

 

それにあわせ左眼瞼の治療を2回にわけて行いました。

 

特に左の眼瞼は頬骨・眼窩陥没もあり、

 

土台が不安定であり非常に難しい手術になりました。

 

眼瞼再建術 耳介軟骨移植術

 

まず下眼瞼を安定させるために耳介軟骨を用いて再建しました。

 

耳介軟骨は眼輪筋の下に移植し支持組織としました。

 

そして約1年あけて、

 

挙筋腱膜前転術とtransposition flapを併用し眉毛を挙上しました。

 

それでは最後にbefore & afterを確認します。

 

顔面多発外傷の再建

 

まだ左右対称とはいえませんが、整容的によくなりました。

 

私的にはあと少し左眼瞼の修正と、

 

何より頬骨の再建を行いたいところです。

 

 

いかがでしたか?

 

私は二重や鼻の手術といった一般的な美容外科だけでなく、

 

決して元通りにはなりませんが、

 

顔面多発外傷後の顔面変形に対して、

 

少しでも整容的によくしようと、

 

日々メスをふるっています。

 

          丸山成一

 

※before &afterの画像についてのご注意

写真はあくまで参考画像であり、症例により効果や満足度は異なりますのでご了承下さい。

 

※リスク・副作用・合併症

内出血、腫脹、左右差、後戻り、浅い重瞼線、深い重瞼線、不整な重瞼線、瘢痕形成(傷跡が残る可能性があります)、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

 

内出血、腫脹、左右差、下眼瞼外反、下眼瞼陥凹、流涙(涙が流れない)、瘢痕形成(傷跡が残る可能性があります)、目尻側にドッグイヤー(傷跡の端が盛り上がる)、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

 

また軟骨採取部は耳介後面の傷、耳介の感覚鈍磨、疼痛、外耳道の変形などが考えられます。

 

 

 

 

2018年07月09日(月)

当院アクセスと料金表について

テーマ:お知らせ

7月6日(金)より、ヒルズ美容クリニックのWEBサイトが、

 

サーバー会社のシステム障害により閲覧できなくなりました。

 

7月9日復旧予定でしたが、延長との報告がきており復旧のメドがたっていません。

 

サーバーを変えて閲覧できるように対応していますが、

 

パソコン、スマホ、タブレットによっては表示が不安定になっているようです。

 

サイトが閲覧できない間、クリニックや施術に関するお問い合わせは当院受付0466-55-6737へ

 

直接お電話いただくようお願いいたします。 

 

また、特にお問い合わせの多い当院へのアクセスと料金表については下記をご参照ください。

 

患者様におかれましては、大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

※2018年7月17日現在復旧されています。

 

 

【当院アクセス】

 

 

 

■JR藤沢駅(2F改札口)からお越しの方

南口(改札出て右方向)を出て駅コンコースを直進。そのまま続く歩道橋を渡り、正面にある小田急百貨店さんに向かって直進。百貨店左端の階段を降ります。降りてすぐの「ファミリー通り」を20メートルほど直進すると右手に1階が調剤薬局になっているビルがあります。薬局の右側にビル入り口がありますので、看板を確認し、7Fまでお上がりください。駅からは徒歩3分ほどで到着します。

 

■小田急江ノ島電鉄線藤沢駅(1Fに改札口)からお越しの方

改札を出て正面にみえる小田急百貨店方面へ。バスターミナルの周りの横断歩道を渡っていただき、小田急百貨店左側の 「ファミリー通り」に入ります。20メートルほど通りを直進すると1階が調剤薬局になっているビルがあります。薬局の右側にビル入り口がありますので、看板を確認し、7Fまでお上がりください。駅からは徒歩3分ほどで到着します。

 

 

【料金表】

 

■ 料金一覧についてはこちら → 料金表

 

 

2018年06月30日(土)

安易に行って欲しくない術式〜切開式重瞼術と小鼻縮小

テーマ:院長の美容コラム

今回は、◯◯だし△△だからという理由で、

 

安易に行って欲しくない2つの手術について説明します。

 

一つは、

 

「糸が緩むし、外れたら嫌だから上まぶたを切開したい」

 

これはTwitterの整形アカの方々のつぶやきやで見かけますし、

 

カウンセリングしているとよく聞きます。

 

一方で、

 

「切開して後悔している」

 

これもよく見かけますし、よく聞きます。

 

私の考えはまず挙筋法による埋没法。

 

気に入らなかった場合にすぐ外せるので、リスクは切開よりも少ないです。

 

また少し設定ラインを上にし、結ぶ強さを調整すれば、

 

ある程度ハッキリしたラインになります。

 

切開は厚い皮膚や、腫れぼったいまぶた(脂肪除去も合わせ)、

 

切開の修正(他の医師が手術したあとほど難しいものはない)、

 

そして眼瞼下垂がよい適応です。

 

またある程度皮膚に余裕がでてから行ったほうがよりよいでしょう。

 

横から見て数字の3のようになったり、

 

ボンレスハムやソーセージのような上まぶたになるのは、

 

切開線より睫毛側で起こりやすく(ダウンタイム中なるのは仕方ない)、

 

特に眼輪筋の処理であったり、皮膚ー瞼板ー皮膚で糸を縫合していると、

 

起こりやすくなります。

 

切開は決して難しい手術ではありませんが、

 

適応を見極め、術前のカウンセリングをしっかり行っていなければ、

 

トラブルの原因になりますので気をつけましょう。

 

 

さてもう一つの安易に行って欲しくない手術は、

 

「小鼻の皮膚が厚いし、存在感のない鼻にしたいから小鼻縮小したい」

 

これもTwitterの整形アカの方々のつぶやきやでよく見かけますし、

 

カウンセリングしているとよく聞きます。

 

一方で「笑い顔が不自然になった」、「コンセント鼻になった」

 

などで、これもよく見かけますし、よく聞きます。

 

小鼻縮小はこのブログやTwitterでも発信していますが、

 

適応を見極めること。

 

もういちどおさらいしておきます。

 

【自宅でできる小鼻縮小のシミュレーション】

 

指で小鼻の付け根を内側に向かって軽くおしてみて下さい。

 

・正面から見て鼻孔が三角形(コンセント鼻)にとがればNG

 

・下からみて鼻孔の形が不自然になればNG

 

・鼻尖がより強調され団子鼻のようになればNG

 

特に内側法を適応がないのに行えば、人中がのびたようにみえます。

 

また小鼻の皮膚が分厚い方がいますが、

 

鼻孔縁形成で薄くしようとしても、

 

切開するのでそこは肥厚性瘢痕になることも多く、

 

逆に分厚くなったり、小鼻の丸みが損なわれることもありますので要注意です。

 

存在感のない鼻というのは、こぢんまりした鼻だと思いますが、

 

鼻は顔の中心にあるので、おかしくなれば余計に目立ちます。

 

決して無理に小さくしてはダメです。

 

形態異常が起こると修正がどんどん難しくなります。

 

適応を見極め、ある程度受け入れることも大切です。

 

 

いかがでしたか?

 

切開式重瞼術も小鼻縮小も“修正”が難しいので、

 

決して安易に行わないようにしましょう。

 

         丸山成一

 

 

 

2018年05月31日(木)

鼻尖形成〜鼻尖部耳介軟骨移植

テーマ:鼻尖形成(耳介軟骨移植)

今回は鼻尖形成;耳介軟骨移植について説明します。

 

団子鼻や鼻尖部が低い症例に行います。

 

鼻の解剖イメージ

 

移植は鼻翼軟骨上に挿入しますが、

 

移植する軟骨は耳介軟骨や肋軟骨を用いますが、

 

鼻尖部の丸みと柔らかさを出すなら、

 

耳介軟骨、特に耳甲介(concha)軟骨を使用します。

 

耳介軟骨採取

 

手術は局所麻酔で行います。

 

術中に患者さんに高さ、角度をみてもらうためです。

 

軟骨は耳の裏側からから採取します。

 

原則鼻の切開は鼻腔内で行い(クローズ法)ます。

 

鼻尖形成(クローズ法(¥)

 

鼻尖部をどの方向に高くするかで、移植位置をかえます。

 

今回は前下方(やや前方)へ高さが出るように移植することにしました。

 

*写真は患者様のご厚意で了解を得て掲載しております。

 

鼻尖部耳介軟骨移植

 

耳介軟骨をピラミッド状に重ねて移植しました。

 

術後は原則テーピングを1週間行います。

 

術後経過を確認します。

 

鼻尖形成(耳介軟骨移植)写真

 

側面の状態です。

 

術後1週間はまだ腫れていますが、かなりスッキリしています。

 

術後3週間では腫れも殆どなく、鼻先が自然な感じに高くなっています。

 

鼻尖部耳介軟骨移植写真

 

斜位です。

 

鼻尖部がスッキリしました。

 

 

いかかでしたか?

 

耳介軟骨を移植することで、

 

団子鼻が修正され鼻先の印象がかわります。

 

          丸山成一

 

※before &afterの画像についてのご注意

写真はあくまで参考画像であり、症例により効果や満足度は異なりますのでご了承下さい。

 

※リスク・副作用・合併症

内出血、腫脹、感染、鼻先が硬くなる、軟骨の吸収、軟骨の位置異常(ずれ)、鼻尖部の形態異常、

鼻孔の変形、鼻尖と鼻翼の間の溝の形成、瘢痕形成(オープン法の場合は、鼻柱に傷跡が残る可能性があります)、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

また軟骨採取部は耳介後面の傷、耳介の感覚鈍磨、疼痛、外耳道の変形などが考えられます。

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス