二重のラインがハッキリしないために眠たい目に・・・ | ヒルズ美容ステーション
2015年04月27日(月)

二重のラインがハッキリしないために眠たい目に・・・

テーマ:埋没法(挙筋法);二重まぶた

今回は二重まぶたのラインがハッキリせず、

 

しかも眠たい目に見える症例をどう変えていくかを検討します。

 

下の写真をご覧ください。

 


 

 

二重まぶたのラインがハッキリしていません。

 

 

そのためまぶたが間延びし、黒目にかかってしまい、

 

眠たい印象の目になっています。

 

このような場合は、

 

ラインをハッキリつくることで、上まぶたを折りたたみ、

 

黒目にかかっている部分を少なくすることで解消されます。


 

作成するラインの位置(高さ)を決め、

 

 

内側(目頭)までしっかりラインが入るようにデザインします。

 

それでは経過をみてみましょう。

 


 

 

眠たそうに見えた目は改善され、

 

 

目元も明るくなりました。

 

また、

 


 

 

目を閉じても糸のあとなども目立ちません。

 

 

それでは最後に時間的変化をみてみましょう!

 


 

 

時間の経過とともにラインの位置も落ち着き、

 

 

スッキリしていますね。

 

 

 

いかがでしたか?

 

二重まぶたのラインをハッキリさせると、

 

眠たい目の印象が改善し、

 

明るい目元になるんですよ。

 

         丸山成一

 

※before & afterの画像についてのご注意

写真はあくまで参考画像であり、症例により効果や満足度は異なりますのでご了承下さい。
 

※リスク・副作用・合併症

内出血、腫脹、左右差、糸がゆるむ、糸が外れる、浅い重瞼線、深い重瞼線、不整な重瞼線、糸を通す部分の数㎜の白い瘢痕(傷跡が残る可能性があります)、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。
 
 
 
 

 

 
 

 

 

 

ヒルズ美容ステーションさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス