美容治療を受けた後の心理状態〜ダウンタイム中の心配・不安〜 | ヒルズ美容ステーション
2015年02月23日(月)

美容治療を受けた後の心理状態〜ダウンタイム中の心配・不安〜

テーマ:院長の美容コラム

美容治療を受けたいと思った方の中には、

 

クリニックへ来院するまでに、

 

数ヶ月あるいは数年かかる方がいます。

 

「先生のところの広告はずっと前から見ていたんだけど、

 

  なかなか電話をする勇気がなかった・・・」

 

と実際に来院されてから、その心境を私に教えてくれます。

 

その気持ちとてもよくわかります。

 

また患者様は来院しても、

 

医師と話をするまで、

 

あるいは美容治療を受けられるまで、

 

不安な気持ちでいっぱいのようです。

 

ところで今回は、美容治療を受ける前ではなく、

 

美容治療を受けた後の患者様の心理状態をお話します。

 

 

美容治療の中でも、ヒアルロン酸やボトックスなど注射系の施術、

 

また二重まぶたや若返りの手術などでは、

 

自分が希望した治療が終わったあとに、一旦不安から解消され安心されます。

 

しかし、

 

注射や手術には“ダウンタイム”と呼ばれる時間があって、

 

注射系なら内出血、手術なら腫れや内出血などが生じた場合に、

 

それらが落ち着き、普通の日常生活に戻るまでには時間がかかります。

 

 

この時間をダウンタイムと呼びます。

 

顔の施術は、家族や友人など他人から目につきやすい場所ですから、

 

周囲の方々から色々と指摘される場合があります。

 

例えば・・・ご主人様から、

 

「その内出血は大丈夫なのか?

 

子供から、

 

「お母さんその腫れはひくの?

 

もっとひどい場合は、友人から、

 

「その腫れ・・・失敗じゃないの?」

 

という具合に、このような言葉をかけられた場合、

 

患者様の気持ちはどうなるでしょうか・・・

 

そうです。心配・不安な気持ちになります。

 

そして、

 

ダウンタイム期間中ずっとその気持ちを抱えすごすことになります。

 

いくら治療前に“内出血”や“腫れ”など、

 

施術後の経過を聞いて納得していても、

 

周りの方から指摘されれば心配になります。

 

このような内出血や腫れの症状が出た場合の解決策として、

 

一般的には、運動や飲酒などは腫れることを増長させるような行為は避け、

 

趣味などに没頭することもひとつです。

 

 

また他者が何を言おうが

 

“必ず解消される”

 

とドンとかまえておくことも大事でしょう。

 

あるいは施術を受けたクリニックに電話し、

 

受付や看護師、そして担当医に遠慮なく確認するも大切です。

 

 

いかがでしたか?

 

美容医療は基本的に健康な身体に施術を行うものです。

 

当然患者様は楽しみである反面、

 

治療を受ける前は不安になりますし、

 

今回解説したように、

 

治療を受けた後はダウンタイムのために不安になります。

 

また家族に内緒で来られる方も多く、

 

ダウンタイムの過ごし方は意外に大切です。

 

もちろんクリニック側のサポート体制も万全でないといけません。

 

          丸山成一

 

 

 

 

 

ヒルズ美容ステーションさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス