ひこぱぱ

 ひこぱぱ

 反原発・反基地・反差別・反弾圧・反貧困・反TPP!
    「積極的(戦争による)平和主義」という妄想に惑わされず
 「福島事故は終わってない!命を守れ!」の声を一つにして
    平和憲法を守り、軍事国家への転換を阻止しよう!
      


テーマ:

今月10/21(日)実施される川西市議会選挙では、

谷正充(たに・まさみつ)に投票してくださるようお願いします。

 

谷君は、現川西市議・北上哲人君の後継者です。

北上君は来年の統一地方選挙で兵庫県会議員に立候補するために市議を辞職することになったのです。

 

僕は北上君と2011東北大震災・福島原発事故後、反原発の運動に携わる中で知り合いました。

北上君はそれ以前から、川西市議として、社民党として熱心に平和と安心・安全な生活のために活動しており、ビックリするくらい誠実な若者でした。

市民生活のあらゆる課題・・・労働問題だけでなく、食の問題から子育て、貧困、環境の問題など、幅広く精力的に活動していました。

 

その背景、基盤となっていたのが、関西よつ葉連絡会です。

https://www.yotuba.gr.jp/renrakukai.html

「1976年、私たちは、当時の「有機農業運動」と「食品公害追放の消費者運動」の高まりの中で大阪の地に生まれました。現在、約4万世帯の会員を抱え、関西各地域の20の配送センターから食品や生活用品を届けています。・・・安全な食べもの・安心して使える生活用品を供給しています。

・・・

関西よつ葉連絡会は、生産・流通・消費を結びつけ、食べものをめぐる社会的仕組みを作り変えなければ安全な食べものを手に入れることはできないと考えます。そのために私たちは、社会の問題、経済の問題、そして政治の問題をも考え、国内だけでなく世界にも目を向け、世界の人々と協同して活動していきます。

 

北上君はこの関西よつ葉連絡会の代表だったのです。

そこから代表・よつ葉を辞職し、市議に転身しました。

 

谷君は北上君の後を継ぎ、よつ葉の代表として、まさに両輪のごとく二人で活動してきました。

 

北上君がさらに活動の領域を広げるべく、今回、市議を辞職し、県議会議員に立候補することを決めた時

谷君は北上君の抜けた穴を埋めるべく、市議に立候補したのです。

 

この若い二人を僕は応援しています。

僕自身は宝塚在住なので出来ることは限られますが

川西市在住の皆さんにお願いします。

10/21の選挙では、谷正充(たに・まさみつ)君に投票してください。

そして、このブログを読まれた方は、いいね、リツィート、お声掛け、電話などで拡散してください。

よろしくお願いします。

 

 


テーマ:

今日、落合恵子さんの講演会があった。

 

そして終了後、僕は62歳にして生まれて初めて、購入した書籍にサインをいただいた。
これはブログにしなきゃね♪
めでたくブログ復活。しかし、アメブロ書き方が変わっていて、不安・・・

『泣きかたをわすれていた』


サインがこちら



集会は残念ながらガラガラだった。
その理由は色々考えられるだろうが、誘われて出向いただけの僕が言えることは余りない。
落合さんは少ない客に対しても、丁寧に、時には力強く2時間弱語られた。
内容はテーマにかかわらず多岐にわたった。
原発、辺野古、憲法改悪、オーガニック・・・

『ホントの強さは自分の弱点を知ること、そして屈辱に耐え続けること、闘うってことは屈辱だらけなんです』

僕はこの言葉が響いた。
プロレタリアート・人民はその日まで敗北の連続で、しかし敗北で学び強くなっていく、という労働運動の大原則がある。

思いだしたのは、2011.3月の東北大震災・福島原発後の秋に伊丹で開いた
『さようなら原発1000人集会in関西』
あの時も講演していただいた。
事故直後の秋ということもあり、1200人ほども集まってくれて大成功だったのだが
その理由の大きな一つに落合さんの知名度が上げられていた。
今日感じたのは、それもあっただろうが、主催者の熱意が一番大きかったんじゃなかったか?
ということ。
僕も手伝わさせていただいたが、川西、伊丹において精力的にチラシ配布を行った。
伊丹ホール周辺、能勢電の各駅周辺の住宅への徹底したポスティングと街頭での配布
参加できるメンバーを集い、連日行った
そうした主催者の熱意が地域住民を動かしたんだなと今さらながら思った。

けっして今日の主催者の熱意が不足していたなどと言うつもりではない。

ただ、事故後、7年余りが過ぎ、右翼反動の勢いが益々強くなり、改革派市民の運動が敗北し続けてきた
その寂寥感が大き過ぎる。
屈辱に耐えて闘い続けることの困難さ、偉大さを改めて思う。
『諦めない!許さない!』オキュパイ大飯の闘いは永遠に続く(^^)v
僕もそろそろ、両親の介護から陥った鬱・引き籠りから脱していかなきゃと思ってる。

★「ひこぱぱ」で検索GO!
最近はツイッター、FBを主にしています。


 


テーマ:
オリンピック絶対反対!
圧倒的少数意見であることは承知の助。

しかし、フクシマ、東北地震、大分地震、各地で相次いだ豪雨の被災者の方たちを思い浮かべれば・・・
それ以外の社会的弱者の人たち・・・障害者、シングルマザー、在日の人たち、・・・思い浮かべねばならない人たちがたくさん、たくさんいるだろう?
結局は1兆を超すともいわれる巨額なカネは実際誰のために費やされるのか?!

■久米宏、明石家さんま、鴻上尚史、アジカン後藤、ウーマン村本…同調圧力に負けず東京五輪に異議を唱えた著名人
http://lite-ra.com/2017/08/post-3379_4.html

オリンピックの招致からいまにいたるまで繰り返されてきたのは、
〈人間の尊厳の保持に重きを置く平和な社会を奨励すること〉でも、〈スポーツを人類の調和の取れた発展に役立てること〉でもない。(※注)
政治家や財界人が利権にたかって私腹を肥やし、
現場の労働者は命を削って過重労働を強要される。
傷つき救いを求める被災地の人々は放っておかれ、

本来そこに投じられるべきだった金はこれといった必要性も見当たらない競技場などにつぎこまれる。
挙げ句の果てには、法律がなければオリンピックは開けないとして、治安維持法の再来のような悪法まで成立させられる結果となった。

久米宏は言う
五輪を返上すると、違約金が1000億円くらいかかるらしいけど、僕は安いと思う。それで許してくれるのなら、非常に有効なお金の使い道です

ホンマ!激しく同意!

※注
オリンピズムの根本原則
オリンピズムの目的は、人間の尊厳の保持に重きを置く平和な社会の推進を目指すために、人類の調和のとれた発展にスポーツを役立てることである。

********

※是非、プロフィール頁の動画2本も折にふれ観て下さいm(_ _)m
http://profile.ameba.jp/hiko1956/


テーマ:
東京オリンピック絶対反対!と先日書いた。
その続編。

オリンピック憲章はこう宣言している。
「オリンピック競技大会は、個人種目または団体種目での選手間の競争であり、
国家間の競争ではない。」

つまり、日本だろうがどこの国であろうが、国ごとのメダル獲得数は関係ない!
各国がそれを競争する大会ではない!
と言ってるんだ。
しかし現実はどうか?
以下の抜粋、例によって着色、拡大、改行増加by浜田。

2008.7.14の古い記事だが
■オリンピックの理想を打ち砕いた国家間のメダル競争
http://diamond.jp/articles/-/6622

寺山修司は述べている。
<オリンピックはいつのまにかスポーツマンの祭典ではなく、もう一つの戦争になってしまった。
クーベルタンは「国家の尊厳」に殺されてしまったのだ。
100mランナーの栄光も悲惨も、いまでは国家が肩代わりしてしまい、
選手は国家のスタンドイン(代理人)として走っているだけにすぎなくなった。

122本の国旗が掲げられたときから、オリンピックは政治的なゲームとして開始され、
その歪みを引き受けて、テロ(1972年ミュンヘン・オリンピックでのテロ事件)を誘発するに到ったのだ。>

『東京五輪誘致をめぐる国とJOCの皮算用』

JOCは、独自に「2016年に金メダル世界トップ3達成」というプランを新たに立て、
北京オリンピックを同プランのスタートと位置づけた。
なぜ、目標達成を2016年としたのか。
それは東京オリンピック招致と絡ませたからである。


64年東京オリンピックでは、スポーツ振興法を盾にしてメダル獲得のためにヒト・モノ・カネが総動員された。
2016年の東京オリンピック招致で同じようなことが再現されれば、金メダル世界トップ3を達成できる、というわけである。

<臨時教育審議会第三次答申(87年4月)で述べられているとおり、
「競技スポーツにおける成果は国民一般、とくに青少年のスポーツに対する意欲をかきたて、スポーツ活動の普及・振興に好ましい影響をもたらすとともに、
民族・社会の活力を増大させる」ものであり、
その意味において、国際競技力の向上は、国の重要な政策課題である>

上記は、87年10月に中曽根康弘首相(当時)が私的諮問機関として設け、竹下登首相に引き継がれた「スポーツの振興に関する懇談会」の報告書(88年3月)の要点である。

ここには、国威発揚のために国家としてのスポーツ政策の必要性が強調されており、
その流れに沿って文科省の「スポーツ振興基本計画」の策定、
JOCのメダル獲得プランへと繋がってきたのである。
日本においても、国家によってオリンピックの理想は殺されてきたのであり、選手たちは、その犠牲者ともいえるのである。

怖い、怖い!
日本は素晴らしい国だ。
国民はこの素晴らしい国のために、スポーツを含めてあらゆる分野で「滅私奉公」し、その能力を発揮せよ。
「国威発揚」「お国のために」こそがすべて。
そして、その裏で、大企業とその代弁者たちは「利権」を貪るのだ。

さあ、今からでも、オリンピック返上の声を上げよう!
おカネを使うべきところが他に目白押しなのだから。

********

※是非、プロフィール頁の動画2本も折にふれ観て下さいm(_ _)m
http://profile.ameba.jp/hiko1956/


テーマ:
高度プロフェッショナル制度(高プロ)は
結局は賃金の抑制、カット、残業代ゼロを目指す雇用者サイドに都合の良い法案・制度でしかない。
誰の目にも明らかなその法案の「合意」を志向した時点で労働運動の敗北である。

「連合」はずっと以前から労働者階級の利害を代弁できなくなっている。
なぜなら、その中心は企業別組合、しかも大企業の組合であるからだ。

大企業、例えば、関電など電力独占体の組合は労働者の組合か?!
違う!
いくら何万人単位の社員を組織していようが、彼らの多くは大企業=独占企業に雇われたおかげで、その超過利潤からおこぼれをもらう高所得のサラリーマン。
その高所得ゆえに会社の利益こそが彼らの利益、それゆえに会社に従順な奴隷と化しているのだ。
労働者階級、人民の利害は彼らにとってはむしろ損であり、企業の利益こそが彼らの高所得の基盤である。
彼らを労働者階級とは言えない。

関電の社員が、原発に反対するか?反対できるか?
トヨタの社員が、後進国の労働者を低賃金に抑えつけるグローバリズム・自由主義に反対するか?反対できるか?

反対しないし、出来ない。
なぜなら、会社の利益こそが彼らの高所得の源泉だと知っているからだ。
そういう会社の買い取られた「労働者」が中心の「労働組合」はすでに終わっていると言えよう。

しかし、その傘下には、本当の労働者階級も組み込まれている。
革命的な労働組合の力がそがれてしまっている現状で、多くの労働者は騙され、ただただ巨大なだけの「連合」に組み込まれているのだ。

にもかかわらず、その階級的本能は、今回の執行部の反労働者的な行動に反応した。
執行部は、ぎりぎりのところで、その行動を踏み止まった。
多くの労働者の声に応えざるを得なかった。
なんとか「労働組合」の名を守ったと言えるだろう。

こうした真の労働者階級をこそ大衆的に組織していく方向性を探ろう!
大企業に買い取られてしまった部分から切り離して、労働者階級の利害を真に代弁する運動を創り上げていこう!

■残業代ゼロ「容認とは思わず」 連合・神津会長に聞く
http://urx.red/Ff67

曰く、
越えちゃいけない一線は越えない。
それは当然あった。
『制度は必要ない』と総理にも話したし。
合意と引き換えに、連合に対する信用力を失うことはありえない。
1回けじめをつけようと思い、協議を打ち切ることにした」

********

※是非、プロフィール頁の動画2本も折にふれ観て下さいm(_ _)m
http://profile.ameba.jp/hiko1956/

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス