奥丹波の田舎酒屋より
Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

満月の夜に

どうも、煩悩から生まれた赤ちゃんこと矢持です。

河原町で葡萄屋晴治郎をオープンして以来、ずっと構想を練って妄想しておりました。
そして多くの方に角打ちしてほしいとのお声をいただきながらも実現できず・・・。昨年、二階町に場所を移しても尚お声を頂戴しており、満を持して来月より開催することとなりました!
「葡萄屋晴治郎の満月BAR」

とりあえずこの名でいきます。
その名の通り満月の夜のみオープンするバーです。葡萄屋の屋号からワインメインで、主に自然派のものを中心に当店がセレクトしたワインを全てグラスでご提供いたします。
まだ未定ですが、モルトにジン、焼酎なども・・・基本当店で販売しているものはボトルからとなりますが、お楽しみいただけるようにと考えております。

なんで満月の夜なの?
というのは、自然派ワインの手法のひとつに「ビオディナミ」というものがあり、これは農薬や化学肥料は一切使わず、月や天体の動きに合わせてブドウ作りが行われる農法です。
畑やブドウは生き物、それは人と同じく月の満ち欠けに左右されるというビオディナミの考えから、満月の夜に行おうとなりました。
近年では、天体の運行による重力の影響や微生物の働きなど、目で見えない自然の働きも科学で解明され始めていることもあり、ビオディナミを取り入れる生産者も増えています。

また詳しい内容は追ってご連絡したいと思います。

まずは開催ご案内ということで、
来月の満月は3月21日(木)
場所は葡萄屋晴治郎 時間は17時より、のんびりスタート
確実に決まっていることは上記の内容とドリンクのお持ち込みはNGですが、フードのお持ち込みは自由!いや、むしろ大歓迎!!皆様とシェアできればサイコーです。
通常グラスワインで提供されないようなワインも開けていく予定で、音楽にもこだわりますのでお楽しみに!
皆様と満月の夜を楽しみましょう!
.

ダブルパンチ!

 
昨年九州蔵巡りの際にお世話になった福岡の蔵元#研醸 さんから、見た目も中身もパンチの効いた焼酎が入荷しました。

その名も#smoky smoky #スモーキースモーキー
この蔵元さんの特徴と言えば、なんといっても#完全焙煎 掛け麦を焙煎しただけでなく、麹用麦まで焙煎。この製法は特許出願中で、日本で唯一の麦焼酎です。
開栓後の無濾過ならではの濃厚な油(ガス)臭から~飲むにつれて香ばしい焙煎香に変化していく香と、荒々しさの中にも麹のしっかりした味わいも感じられる唯一無二の麦焼酎です。

※無ろ過の為、時間と共に白濁が進んだり油分が白くかたまって浮き出てきたりしますが、品質上は問題ありません。

■原 料:焙煎麦・焙煎麦麹(国産)
■仕 込:一次仕込み/ホーロ 二次仕込み/ホーロー
■蒸 留:常圧蒸留
■種 麹:白麹
■タイプ:麦焼酎
■アルコール度数:27度
720ml 1,678円(税込)

 
 

So nath!

どうも、お久しぶりです。
ひかみや矢持です。

人気のナナヴァン ソーナット!の新ヴィンテージが入荷しました。

「ナナ・ヴァン」は、クリスチャン・ショサールのこだわりはそのままに、気軽に飲めるブランドとして2006年に立ち上げたネゴシアン。2012年9月、当主クリスチャン・ショサールが不慮の事故でこの世を去り、その後ナタリーがドメーヌとともに引き継ぎ、現在に至ります。


こちらの2017年のソー・ナットはナタリーの自信作!
南の白とは思えないシャープで軽快なまるでミュスカデを彷彿させるようなキレのあるワインが出来上がったそうです。
ナタリー曰く、一般的に南の白は北と違い酸をバランスよく残すのが難しく、酸を残すために早摘みをするとワインは青っぽく平たい味わいになり、逆にしっかりとした味わいを求めると酸が落ちアルコール度数が上がりやすくなり、理想のワインをつくるのは赤よりも数段難しいとのこと。
今回のようなワインのバランスは彼女にとって奇跡に近いそうです。

潮のようなフレーバーとレモンのようなキリっとしまった味わいがあり、魚介と是非合わせてみたいワインに仕上がっております。
ビオ・ロジックで育てたテレブランを100%使用。自然発酵で10日間、ファイバータンクで9ヶ月熟成。SO₂はマロラクティック発酵終了後に10㎎/L、瓶詰前に20㎎/L添加。軽くフィルタ有。

その他、ペティアンナチュレルの#ソーワット! ロゼの#バブリー! も入荷しております。どちらもSO₂無添加のノンフィルターです。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>