結果‼︎ ジョシュア×ルイス ヘビー級三冠タイトルマッチ | ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?


テーマ:
ジョシュア、衝撃の陥落に宿敵ワイルダー辛辣「誰が誰から逃げていたのか!!!!」 THE ANSWER

>無敗対決が待望されていたワイルダー「彼のキャリアは嘘や棚ぼたから成っていた」

ボクシングのIBF、WBAスーパー&WBO世界ヘビー級タイトル戦(米ニューヨーク)が1日に行われ、3団体統一王者アンソニー・ジョシュア(英国)が挑戦者のWBA5位アンディ・ルイス(米国)に7回TKO負け。衝撃の大番狂わせとなり、3つのベルトを失った。かねてから無敗対決が待望されていた宿敵、WBC世界ヘビー級王者のデオンテイ・ワイルダー(米国)は辛辣なコメントを残している。

【画像】「誰が誰から逃げていたのか!!!!」とワイルダー辛辣! 陥落ジョシュアが無残にダウンを喫した実際の瞬間

 ボクシング界も騒然の大番狂わせとなった。7回の開始30秒、ルイスが猛烈な左右のラッシュを仕掛けると、ジョシュアがたまらず膝を突いた。米国人ファイターの勢いは止まず、再びラッシュを見舞ったルイスに対し、またもジョシュアが崩れ落ちた。レフェリーが試合続行不可能と判断して試合を止め、勝敗は決した。会場は騒然となり、ジョシュアは呆然自失の表情を浮かべた。

 過去22戦無敗と最強を誇っていた王者のまさかの陥落。衝撃シーンを米メディアも動画、写真などで続々と速報しているが、ライバルとみられていたワイルダーが声を上げた。試合終了からほどなくして、ツイッターを更新した。

「彼は真の王者ではなかったんだ」とぶち上げると、さらに「彼のキャリアは嘘、矛盾や棚ぼたから成っていた」と続けたワイルダー。最後には「我々は今、誰が誰から逃げていたのか知っている!!!!」と記した。今までファン、メディアの間で待望されていたヘビー級最強の無敗対決が実現しなかったのはジョシュアが逃げていたからと言わんばかりの勢いでまくし立てていた。

 米経済誌「フォーブス」も今回のツイートに注目を寄せ、「デオンテイ・ワイルダーがアンソニー・ジョシュアの番狂わせでの敗北に反応、思いやりはなかった」と特集。「ジョシュアの敗戦から1時間もしないうちに、ワイルダーはツイッターで傷口に塩を塗った」と報じ、脚光を浴びていた。




…あわわ

あるんだ、こんなことが

まあ、ヘビー級だから、一撃が明暗をわけることあるけど、でも、まさかなぁ

しかし、ワイルダーも性格悪いなぁ

ジョシュアが善玉、ワイルダーが悪玉…って感じではありましたが

タイソンが東京ドームでまさかのKO負けした時もこんな感じでしたかね、衝撃感は…

ジョシュア、これは再戦して取り戻さなくちゃかな

むむむ

絶対はない…と、改めて感じますな

携帯更新