人生の転機

テーマ:
人生の棚卸し中のため、
転機になったことを振り返ります。

その変化のキッカケは、
あるインパクト大な出会いだったんですが、
それ以前は「何かに熱中したいのに、熱中したいモノが見つからない」状態でした。

そういうと、誰でもあることかもしれません。

小さい頃は、わりと全てが自分の知らないことで、
出会うモノが新鮮、マンネリというのは無かったと思います。

誰でも成長するに従って、経験値が増えて
知ってること、聞いたことあること、
やったことあることが増えていきますね。

そして周りからの情報収集もするようになって、
どんな風にやれば得かなんかも考えていくようになります。

中学生の頃に、担任から
「おまえは合理主義だよな」と言われたことを記憶しています。

かなり損得勘定で色々とモノゴトを考えていたと思います。
(中学生なので、得する損すると言ってもたかが知れていますが)

高校生の頃は、「クールでドライ」
がカッコイイ?と思い込んでいて、
この頃は担任から、

「いつもポーカーフェイスだよね」
というコメントをもらいました。

この「クールでドライ」は、これから加速していきます。

大学生では、如何にモノゴトに対してドライになれるか?の追求。

「キャピキャピしてるよね~」
なーんて言われたことは、人生の中でただの一度もありません。

「落ち着いているよね~」
「冷静だよねー」
「クールだね」
↑何万回と言われてきました。

「クールでドライ」を目指したハズなのに、
これだけイメージして頂けることに
成功すると、飽きてきて目指したことさえ忘れてきます…

ただこのパターンは、まったく意識しなくても
プロ級になっています。

更にパターンを繰り返すので、輪をかけて磨きがかかり、研きに研きに抜かれていきます。

当然自分の感情コントロールも大得意!
泣き叫んだり、パニックになることもありません。

常に基本的に「冷静」「クール」「ドライ」

途中経過の事件も所々あるのですが、
ここでは省略します。
(のちのちどこかで書きますので)

そんなこんなで、常日頃が分析クセがついていました。

自分のことも分析、他人のことも分析。
思考でパズルのように、
分析結果と今まで入手している情報とで判定を導く。

どんな時もこれしかしてない。
人と一緒にいても、情報収集と分析なんです。

感情も分析対象。

すると、ある時気づいたんです。
これは、ヤバい!と。

目の前で当時のお付き合いしていたパートナーが、
これ以上ないくらい怒っていました。

もう別れる!と。

私は、そのとき別れたくはなかったんですが、
感情に、スイッチが入りません。
考えがグルグル動くだけです。

感情にスイッチが入らないので、体の反応も起こらない。
(例えば悲しくて涙が出る、、、とか)

目の前には怒っている彼、
実際には感情を動かすことが出来ないまま、
対処方法を考えます。

当時の私が導きだした、対応策↓

《悲しかった出来事を思い出して泣く》

酷いですよね。

自分でもそう思いました。

これは、私がヤバい、と。

こんな感情が硬直固まっていたら、
豊かな人間関係を気づけるハズもありません。
人を感動させること、
心地よくさせること、
嬉しくさせること、

無理です。

私はその後結婚してみたものの、わずか半年足らずで離婚に至りました。

そして、
本気でこの問題に向き合わざるを得なくなりました。いえ、向き合おうと思ったんです。

このころ、
「人生の的に出会いたい!」
強く強く願っていまして。

思いっきり方向を決めて、その的に向かってチャレンジしたい!
だけどどんな方向を向いたらいいのか、
どこに自分の的があるのか、分からない。

だから的さえ分かれば、後は中心を射抜けるようにやり続けるだけだ、と。

それには、的をハッキリと知りたいなと。

そこで出会ったのがnTech開発者のNohさんでした。

この出会いをキッカケに、的を知ることができ、
それまで役に立たないものと思い込んでいた、
感情に対するイメージもひっくり返りました。

熱くなりたいのに熱くなれない問題も、
自動的に解決されていきました。

色んなエピソードも生まれました。

ここまで思った以上にながーくなってしまったので、変化のキッカケとしてはこの位にします。

おいおい関連エピソードも追加していこうと思います。

ここまでお付き合いありがとうございましたm(_ _)m

剣道やってました

テーマ:
昔の自分を掘り起こし中。

人生の選択に繋がる種が、
幼い頃に出会ったできごとによって作られている場合が殆ど。

どんな種を作ったのか確認してるとオモシロイです。

小学4年生の頃(だったかな)、剣道やってました。
ただ、5ヶ月位で辞めてしまったので、
やってたと言えるほどではないのでしょうけれど。

友だちに誘われたのもあるけど、
当時から余り他の人がやっていないことに
惹かれることも多くて。

剣道は誘ってくれた友人と私、女子は2人ほどしかいませんでした。

みんなが揃ってやっていることは、
その中に身を置いても特に何かを感じることはなかったけど、

ほぼやっていないことを、
「自分は取り組んでいる。」

となると何だか貴重に思えてきて、
しっかりやろう。
とかの意識になりやすかったようです。

では、なぜ5カ月で辞めてしまったのか。

理由は、指導してくれる方がエネルギッシュ過ぎたから。

何とも伝わりづらい表現かもしれないのですが、
女子が少ないので、何かと気にかけてくれるんですね。
声をかけてくれるといいますか。

「分からないことないか」

「困ってないか」

などなど。

こちらとしてはありがたいような、気恥ずかしいような。

これも個々人の感覚は分かれると思います。

私は、どちらかと言うと普通にサラッと他と変わらずに居たかったのです。

そしてエネルギッシュと先ほど書きましたが、
その指導の方は、声も大きくハリがあり通ります。

ジェスチャーも大げさ(にみえていました…)

その頃の私は、おとなし目だったので、
注目されることが苦手だったのです。

声が通るその先生が声をかけて気遣ってくれると、
いったん場がそこに意識します。

そう言ったことが、居心地わるくなり、
良い先生だったとは思うものの、
その空気感に耐えられず数ヶ月で辞めてしまいました。

オーバーリアクションかどうかなどは、
本当に人それぞれだと思います。

私のリアクションが淡々としていると言われることがあるのですが、

振り返ってみると、こう言ったことも繋がってくるのかもしれないと思いますねー。

ここまでお付き合い頂きありがとうございました。


うっかりすっかり前回記事より1ヶ月経ってしまいました。

6月もあと数日、いよいよ夏がそこまで来ていますね~

梅雨といいつつも、関東はあまりまとまった雨が降ってないように感じます。

私は「夏大好き派」なので、このまま夏真っ盛りに突入しても全然OK🎶

夏!ということで、前回の色白問題に絡んだ事件についてです。

色白が利点だと感じられて無かった小学生の私は、
「健康的な小麦色の肌」

に憧れました。
そして、顔には「そばかす」があることにも羨望のまなざし。

当時ご近所の子ども達で「子供会」
(↑まんまのネーミングだけど)
というのがあり、季節毎に何かイベント事が行われていました。

小学校高学年の時で、
季節は夏、7月20日前後の海日和でした。

子供会の夏の季節行事で海がすぐそばにある、
海浜公園に行ったんです。

もちろん夏なのでプール🏊で泳ぎます。
(小学生たちの集まりなもので、
海は保護者の方々がキケンだということで
海🌊は眺めるだけ…)

🏊プールでもジリジリとした日射しが照りつけます。

小学生の私は、閃きました!
これならきっと一日で小麦色の肌になれる!

当時は日焼け止めなんて洒落たものは、
塗っておらず、まったくの素肌。

顔面を太陽に向かって寝そべること数時間。
(12時~15時位の時間帯。まさに一番紫外線が強い!?)

顔が熱いですが、小麦色になっていっていると想像すると、ウキウキです。


そしてグループ全体で帰る時刻がやってきて、
集合になりました。

母が私を見つけます。
「どうしたの!!!」
「顔が真っ赤じゃない!!」

私「???」
「日焼けしようと…」

母が
「何してるの!こんなになって…
ヤケドしてるじゃない!!」

《火傷??》

そうです。
日焼け止めや、もしくは日焼けするための
保護クリームなど一切塗らずに
太陽に向かって数時間過ごした訳ですから、
日射しによる、火傷状態だったのです。。。

では、その日射しの火傷状態でどうなったのか?

10歳前後の肌の回復力や素晴らしいです!
小麦色にはならず、うっすらオークル色が濃くなったかも?位に戻りました。

小麦色の夏はやってこず…

いまだったら、この当時の回復力をいまここに!
と切望しますが。

当時は色白くて良いね~と言われつつ、
ありがたみを感じるのは、まだまだ遠い先でした。

ここまで読んでくださりありがとうございます!
しろぶた→白豚さんです。

豚肉では、鹿児島の黒豚は有名ですね。

今回の
「小学生~しろぶた問題」
は、食の話ではありません。

体型の問題です。

小学生の時、白豚と呼ばれてまして。
】(定期的ではなく、時々)


時々といっても、そう呼ばれる要因もあるわけで。

小さい頃肌の色が白くて、
夏でも健康的な色になりませんでした。

そして、ぽっちゃり体型だったためか?

「白豚」呼ばわり
(豚さんすみません)

これにより、自分は太っている。
オマケに運動音痴だし。
ダメだぁ~とか思ってました。

オトナになると、色白はかなり得をする様な風潮ですが、

小学生の私にとっては、
「色白なんて全くいいことな~い」

そして白豚問題より、色白が嫌で、あることを試みました。

これも事件につながりますが、長くなるので別の機会にお伝えしますね~



そうです。

音痴です。
運動も、運動オンチ

だけど小学生~高校生までピアノを習っていましたよ。

これにも切ない事件がありましたねー。

弾くことは、音痴でも出来ます。
そこそこちゃんと弾けていました。

ただ、問題は

「聴音」「ソルフェージュ(読譜訓練)」

和音の聞き取りや、楽譜をみてそれを音に出すこと。
これがまったくからきし、ヘタ…

ピアノを習う、等のキーワードで検索すると、

ソルフェージュは、ピアノでも他の楽器でも非常に重要です、と書かれています。

事件は、友人と同時期に通い出したピアノ教室でのこと。

2人一緒にソルフェージュで、
楽譜をみて音を出してみましょうと。

それが私もお友だちもソルフェージュは、
はじめて。

前に通っていた教室では、
和音の聴音はやっていましたが、
自分の声で音に出してみることは、したことがありません。

ピアノのレベルからいくと、60番の楽譜からやってみましょうか?
と先生。

「……」

50番をやってみましょうか?
「……」

40番……、30番…

「……」


「22番をやってみましょう」

はい、じゃあここから進めて行きましょうね。

先生の想定レベルより、遥かに低いレベルに居たらしい。

一緒に習っていたお友だちは、
当然問題なく出来ていて、私が音を出せないものだから、
60番→22番までも、後退してしまったんです。

内心ショック過ぎて、受け入れがたく。
だけど、このソルフェージュをやる毎に、
自分ダメだ……の思いを固めていた日々だったと。

音痴系の事件は、あるあるある!がまだまだなので、
おいおい触れていこうと思います~

部活動やってました

テーマ:
小学校~中学校辺りの棚卸し中

部活動って、
有りましたよね?

私も部活動やっていました!
しかも、スポーツ系の。

「ミニバスケット」です。

だけど小学生の頃は、なんというか…
激しく運動音痴な子でしたねー。

(今も出来る!というワケでもないんですが。)

たしか4年生辺りから、2年~3年間は続けていたような。

一つ上の世代までは、
まぁまぁ強かった(地区大会出場)記憶があるけど、自分たちの代になり少々…

どんな感じで取り組んでいたかも、
記憶の彼方なんですが、
入ったキッカケは、たしかこれ↓↓↓↓

「運動音痴卒業したい!」

運動神経良いって言うのに、
ものすごーく憧れてました。

それは、それは、切ないくらいに。

その頃わりと勉強は出来た(といっても所詮小学生だけど)のですが、

「勉強出来ても良いことない!」

ってかなり思ってました。

それも日々感じていたのが、ある時事件が起こって尚更拍車がかかりましたとさー。

ある事件は、別の機会に触れますね~

那由他って? 10の60乗

テーマ:
「那由他って何?」

そう思った方もいらっしゃいると思います。

知ってる方は、
「あぁ那由他ね、知ってるよ」となるかと。

那由他って、漢字文化圏の数の単位です。

ウィキペディアによると、
《那由他(なゆた)は漢字文化圏における
数の単位の一つ。那由他がいくつを示すかは
時代や地域により異なり、また、
現在でも人により解釈が分かれる。
一般的には10の60乗を指すが、
10の72乗とする人もいる。

那由他は元は仏教用語で、
サンスクリット語の「ナユタ」を音訳した、
「極めて大きな数量」(新村出編 『広辞苑』第三版)の意味である。》

と出ています。

じゃあ私が那由他をどこで、知ったかと言うと、
前の記事に書いたように、
お気に入りの「漫画から」です♪

そのタイトルも、まんま!
【那由他】っていう。

主人公のお名前だったんです。

長くなりそうなので、
この漫画については、またの機会に書きますね~




昔好きだったこと

テーマ:
人生、棚卸し中です。

昔好きだったことを思い出してみて。

「漫画」

小学校低学年位から、「漫画」は大好き。

「漫画」にまったく興味無い人生
「漫画」にとっても興味有る人生

↑ぜーんぜん、違った生き方になってる!
と思う。

私は、この小学校~高校迄に読んでた漫画に
かなり影響受けた。

幼い頃は特に漫画やアニメが、影響するところも大きいと思う。

想い出に残るタイトルは、
沢山あるのでおいおい紹介していこうっと。

では、また~

3年ぶりにブログ再開

テーマ:
3年ぶりにブログを再開!

すっかり頁も開かなくなっていました。

これから、ちょいちょいリハビリ記事を書いていきます。

ここ最近、時代の流れが超特急!

と感じている方も多いのではないでしょうかー?

流れに任せつつも、流れを作れる様に、
なっていこう。

そこで、みんなもやっていると思いますが、
自分棚卸しを綴っていきます。

人間みな個性!
まずは、認め受け入れることから~

では、次から本格的に。

浜松町ランチ

テーマ:
お店【オデリスドドディーヌ】

大門・浜松町エリアのランチ

最近今までのお昼のメニューに飽きてきたので、
このエリアで
良さげなランチが頂ける所を開拓してみよーかな、ってことで行ってみました❗




しっかりしたお肉系のランチが食べられるって。
けっこう色んな所で記事になってたお店です。

かなり人気のよう。

遅めに行ってもお店の前で並んでる方々が。

早めに行くのがスムーズに入れそう。

11:30には、つくと待たずにいいかな☺

お味の感想は、
ナチュラルな味。
素材の味がそのまま感じられる。
個人的には、もうちょっと味が入れられてたらいいかなー(。・_・。)ノ

たっぷりの野菜とマッシュポテトをお肉と合わせて
頂ける。
お腹は満腹になりまーす。

スープ or サラダ
パン
メイン

1000円なり(*^^*)🎵

食後の飲み物はそもそもランチ時にはありません。

コーヒーなど飲みたかったら、
別のお店に入ってですね。

人気のお店だけあって、もちろんお店の中でゆっくりは出来ません…💦

食べたら、出る。
ランチ時には仕方ないかな~

行く価値ありだと思います(^^ゞ