K’s 伝記~理美容人の為の情報発信ブログ~

K’s 伝記~理美容人の為の情報発信ブログ~

髪の乱れは、心の乱れ。

一人でも多くの人が、自分の髪に対して関心を高めて貰えるような記事を書きたいと思います。

コロナ禍もやや収束しつつある雰囲気ですが、まだまだ油断は禁物です。

 

特にお店を経営している方にとって、感染は経営リスクであることは変わりありません。

 

今回は宇都宮市保健所に行って、感染予防対策についてお話を伺ってきました。

 

 

Q1 なぜお店に入る際に熱を測る必要があるのですか?

A  37.5度の微熱の時が一番菌を排出している可能性が高いからです。

 

私は以前から、なぜ体温を測る必要があるのか疑問でした。無症状の方もいるので、熱を測っても感染予防にはならないのではないかと思ったからです。そこで保健所の方に聞いてみました。

 

すると、「患者は37.5度前後の微熱がある初期症状の時にウイルスを大量に排出している可能性が高いため、必ず熱を測ってください。」とのことでした。

 

この症状の方と接した方は濃厚接触者として認定されるとの事です。

 

つまり微熱のある方がお店にご来店してしまい、あとから保健所の追跡調査で発覚するとお店のスタッフが濃厚接触者になってしまうということです。お店を守るという意味で、微熱のある方のご来店はお断りする必要がありますね。

 

 

やっと安定して入荷してきました。

非接触型 赤外線温度計

定価4,980円

 

ネットを見ると色々なものが出ていますが、

価格と機能のバランスを見ると

お手軽に導入できる商品化と思います。

次亜塩素酸水に関するお問い合わせが日に日に多くなっています。

当然ですよね。

私もネットやニュースの報道を見ていると泣きたくなります。

 

空間噴霧は絶対してはいけません!

次亜塩素酸水は効果がありません。

 

●●教授や○○病院の院長さんのコメントを見るたびに、

不安になります。

 

弊社からご購入のお客様もきっと不安な気持ちなのでしょう。

大変申し訳なく思っています。

 

10年以上販売してきて、コロナ禍の際には多くの方に喜んでご利用頂いた商品です。今更なぜ?というのが正直な気持ちです。

 

 

 

さて、先日書いた記事でもお伝えした通り、次亜塩素酸水には様々な製法があり、それぞれの主張が異なります。

 

今の私が出来ることは弊社の取り扱っている商品の安全性と効果を証明して安心してご利用頂くことです。

 

昨夜、弊社取り扱いメーカーから今回の件に関する見解が発表されました。

主力の「プリュテック」をはじめ、他のメーカーからも見解が出ていますので、併せてごらんください。

 

相変わらず画像のコントロールが出来ず横向いています。

見づらくて大変申し訳ございません。

 

 

 

(株)創研    「プリュテック」  代表取締役 増山直人様からの

『次亜塩素酸水に関する報道への見解』

 

 

株式会社創研でございます。お問い合わせ有り難うございます。この度のメディア報道に際しましてご懸念、ご質問等いただいております。弊社といたしましては、この度のメディアの次亜塩素酸水に対する報道に関しては薬事法の遵守、正しい使用方法のレクチャー等非常に好ましいと思っております。

 

次亜塩素酸水を空気中に噴霧していたら目が腫れた、呼吸器に炎症を起こしたetc報道が成されましたが、次亜塩素酸ナトリウムを空間噴霧したら当然このような症状は起こり得ます。

 

カビキラーを撒くのと同じでございます。次亜塩素酸ナトリウムの主成分は次亜塩素酸イオンOCL-でございます。このナトリウムイオンは粘膜を刺激し目や呼吸に炎症を及ぼします。しかしながら今回アルコール等の除菌剤が不足した状況でウエブ上やメディア等で次亜塩素酸水がかなり取り上げられ、自治体等では無償で配布していた事例もございます。ただし、自治体が配布していた次亜塩素酸水は電解水が多く非常に経時変化が早い物が多いです。また、製造年月日、濃度、PH、使用期限等を記載しない物が多く、弊社もあるスーパーで配布された物を検査しましたが、まったく濃度が出てなく効果が望めない物が大半でございました。

 

次亜塩素酸ナトリウムの中で除菌消臭効果があるのは次亜塩素酸HOCLでございます。電気分解も薬剤混合も炭酸ガスも全て次亜塩素酸HOCLを増幅させるための製法でございます。弊社次亜塩素酸水は、次亜塩素酸HOCLが90%で次亜塩素酸イオンは10%も残留していません。またこの次亜塩素酸イオンは、有機物やウイルスに触れると分解され残留いたしません。弊社プリュテックは、足利市で市費での配布により北関東で感染率は極端に抑えられています。10年以上環境衛生全般、噴霧を行っている病院や施設様もございますが1例もこのような事例はございません。

 

1)    次亜塩素酸400ppm濃度の原液水道水で4倍希釈した次亜塩素酸水は充分効果がございます。製造年月日、濃度、PHをご確認いただき環境衛生にお役立てください。

 

2)    空間噴霧に関しましては、次亜塩素酸HOCLを噴霧している場合はまったく問題ございません。次亜塩素酸ナトリウムを噴霧したら粘膜損傷、健康被害等がございます。また、電解水を使用する場合は、濃度,PH、製造年月日を記載された物で1週間以内に使用することは望ましく、高温多湿のこれからの季節は安易に水分を放出することはカビや菌の増幅を招きます。あくまでも環境衛生に寄与するツールとお考えください。

 

次亜塩素酸水を空間噴霧すると新型コロナウイルスに効果があると謳うことが重大な薬事法違反です。弊社噴霧器を使用しているお客様は1000件以上いらっしゃいますが、報道のような事例は一件もございません。また、何かご質問、ご要請がございましたらどんなことでも結構です。ご連絡を賜りますようお願い申し上げます。

 

株式会社 創研   

代表取締役社長 増山直人

 

 

(株)エバーメイト 「ウィルプロテクト」販売メーカーの見解

 

(株)トリコインダストリー 「ハセッパー」販売メーカーの見解

 

そして、新型コロナへの効果の有無に関する議論ですが、北海道大学が次亜塩素酸水による新型コロナウイルスの不活性化を発表しています。

 

 

自社取扱商品の安全性と効果をお伝えしたうえで、

 

1 確かに怪しい商品が多い。

2 「新型コロナに効果あり」と明記しては薬機法に違反する。

3 販売する側の次亜塩素酸水に関する理解不足。

4 次亜塩素酸ナトリウムの空間噴霧は絶対ダメ。

 

ここは受け入れたいと思います。

 

とくに2ですが、効果という意味ではコロナウイルスへの不活性化のデータは各社持っています。つまり効果は確認しています。しかし薬機法上、除菌としか表記できません。その議論の結論としては大変歯がゆいのですが、お客様へのアピールには使用しないでください。

 

こちらのPOPだと問題ありません。

良かったらご利用ください。

(出典:ニチリHP https://www.nichiri.com/pop/index.htmlより)

 

 

商売に対する基本姿勢をもう一度見直し、我々は物を売っているのではなく、商品に関する情報を販売しているという自覚を持ち、責任ある商品販売が出来るように努めたいと思います。

 

 

【関連記事】

 

安心して次亜塩素酸水をお使いいただくために

https://ameblo.jp/hidykk/entry-12601648703.html

 

次亜塩素酸水を空間噴霧する為の3つのポイント

https://smile-challenge.jp/info/jia3/

 

 

 

 

次亜塩素酸水に関する報道で多くの方にご心配をおかけしております。

今回のNITEの発表は調べれば調べるほど深いですね。

 

販売している私が知らなかったこともたくさんありました。

一つずつまとめてみたいと思います。

 

1 次亜塩素酸水には種類がある

次亜塩素酸水と呼ばれる商品には、

ものすごくたくさんの種類があることが分かりました。

 

まずは大きく分けると製造方法により2つに分かれます。

 

① 電気分解方式

② 攪拌(かくはん)方式

 

厚生労働省が「次亜塩素酸水」と定義するものは、①電気分解方式で作られたものであり、今回のNITEの発表はこの①電気分解方式で作られた次亜塩素酸水のことです。

 

しかし、やっかいなのは電気分解方式にも様々な種類があり、同じ電気分解方式で作られた次亜塩素酸水でも、全然性格が異なるということです。

 

電気分解方式の次亜塩素酸水 A  有効塩素濃度  400ppm

電気分解方式の次亜塩素酸水 B  有効塩素濃度  20~25ppm

電気分解方式の次亜塩素酸水 C  有効塩素濃度  50ppm

 

そして各社から一斉に見解が発表されています。

 

「我が社の次亜塩素酸水は安心・安全です。」

 

と。

 

その内容を確認すると自社独自の特許技術に基づいた製法で作っているので他社の次亜塩素酸水とは違う!という主張が書かれています。

 

商品を比較する際にポイントとなる要素は

 

1 PH(ペーハー)  微酸性・弱酸性・強酸性などがある。

2 有効塩素濃度  これも厄介。同じ数値でも効果が違うこともあるようです。

3 使用期限     開封後早いものは1日。長いと2年!?

4 希釈倍率     原液~20倍!?

5 価格        無料配布~数千円

6 保管方法     直射日光を避ける。遮光性ボトルを推奨。

 

もうこれは・・・

一言で「次亜塩素酸水」とまとめて話すレベルではないと思いました。

 

私はかなりの数の次亜塩素酸水のメーカーさんのHPや資料を調べましたが、自社独自で検証実験を外部に委託し、安心・安全のエビデンスを明確にしているところがほとんどでした。

 

次亜塩素酸水の新型コロナウイルスへの不活性化が認められたとの報告も出てきましたね。








 

2 使用方法を遵守しましょう!!

安心安全で除菌効果もある次亜塩素酸水ですが、

なぜNITEは、次亜塩素酸水に関するあのような発表をしたのでしょう。

 

その理由を考えてみました。

 

1で述べたように「次亜塩素酸水」には様々な商品が存在し、

それぞれの使用方法があります。

 

この使用方法を守らないと安心安全、除菌効果は発揮されません。

ここにまず問題があります。

 

特に使用期限や保管方法が性能に大きな影響を与えそうです。

 

次亜塩素酸水は基本的に大変不安定です。

そこが高い除菌力の秘密なのですが、反面弱点でもあります。

不純物や紫外線に反応し分解されると、になってしまいます。

 

つまり保管方法によっては効果があると思い使っていた次亜塩素酸水が、

ただの水だった・・・ということにもなりかねません。

 

また、商品によって推奨希釈倍率が大きく異なります。

原液から20倍までありました。

 

ちゃんと説明書を読まないで20倍希釈のものを原液で使用したら・・・

人体への影響がないわけないですよね(ーー;)

 

このように商品ごとに正しい使い方をしなければ、

メーカーの示す効果は得られません。

 

しかし、消費者はここまでの知識や危機感がありません。

 

平気で透明なペットボトルに入れて窓際に放置したり、

ふたを開けっぱなしで放置したり、

使用期限を忘れて使用し続けたりしてしまいます。

 

そしていざ使用すると・・・

 

こういう事態が多発しているため注意喚起するためにNITEは、

調査の中間発表をしたのではないでしょうか。

 

 

 

3 薬機法による表記の制限

次亜塩素酸水はずっと前から販売されていました。しかし、コロナで消毒液が不足したことで注目され、この数ヶ月で市場参入業者が増えました。

 

今まで書いたように、大変複雑な次亜塩素酸水の特性を理解せずに販売する業者が続々と出てきました。

 

一番多く見かけるのが、薬機法違反の広告宣伝です。

 

次亜塩素酸水は、食品添加物として認可を取っていますが、

消毒液ではありません。

 

ですから消毒や殺菌といった言葉は使用できません。

「除菌」は使えます。

 

コロナウイルスを完全消毒!!

当店では次亜塩素酸水で完全殺菌しています!!

 

という表記をあちこちで目にします。

この表記がまずいです。

 

私自身も細心の注意を払っていても、つい「消毒」や「殺菌」などの言葉を使ってしまうことがあります。話すだけなら残りませんが、チラシやPOPなどに書いてしまうと薬機法違反となります。

 

このような事例が全国各地でものすごく多発しています。

そもそも薬機法違反なんて消費者も販売者も知らない方ばかり。

 

一度や二度説明を聞いたくらいじゃ分からないでしょう。

分からない人が分からない人に売るからこのように混乱が生まれたのです。

 

 

4 まとめ

NITEの発表は中間報告でした。

今後また新たな報告が発表されるでしょう。

 

しかし、ここで書いたようにメーカー各社は、

 

「弊社の次亜塩素酸水は大丈夫です!!」

 

と主張すると思います。

 

そして実際、大丈夫でしょう。

そういった商品は、安心安全で除菌効果も高いはずです。

 

「次亜塩素酸水」は、使用法を間違えなければ安心安全で除菌効果の高い未来の消毒液候補であることは間違いありません。

 

問題は何か?

その商品を販売する側に責任があると思いました。

 

次亜塩素酸水を販売する業者は、徹底的に自社の取り扱い商品を勉強して、

使用する方に誤解のないように正確に使用法を理解して頂く責任があります。

 

 

私も今回の報道を受け、弊社の取り組みの甘さを猛省致しました。

 

勉強したつもり。

分かったつもり。

言ったつもり。

説明したつもり。

 

 

甘かったです。

 

 

メーカーさんの想いを届けるために、私たち販売業者は消費者の皆様に情報を正確にお届けする責任があります。

 

 

本日より弊社の取り扱い商品に関しては、新規のお客様もリピートのお客様にも毎回必ず使用説明書を添付いたします。

 

内容としては、製造日、開封日、有効期限、PH、有効塩素濃度、推奨希釈倍率を明記させて頂きます。また、より消費者の方が分かりやすいように保管方法などの確認も行います。

 

購入した商品の有効塩素濃度を測定したい方向けの簡易的な塩素濃度測定紙をご用意して、ご希望のお客様には提供させて頂きます。

※現在、無償で提供できるかメーカーに交渉中です。

 

 

弊社が主に販売している商品は、攪拌(かくはん)方式で製造されており、正式名称は、「弱酸性次亜塩素酸精製水」となります。

 

攪拌方式で作られた次亜塩素酸精製水は安全性を疑問視する方もいますが、やはり商品によって違います。弊社取り扱い「プリュテック」に関しては、除菌効果、安全性実験の検証データもご用意しており、過去10数年に渡る医療現場や老人ホーム、公共施設や理美容院などでの使用実績があります。

 

これからも正しい使用法を遵守しながら安心安全に使用して頂けるように、販売を継続していきます。

 

 

 

 

商品名      弱酸性次亜塩素酸精製水 プリュテック

PH         6.5~6.8

有効塩素濃度  400ppm

有効期限     未開封1年・開封後半年・希釈後2ヶ月程度

希釈倍率     2倍(200ppm) キッチン、調理器具の除菌

           4倍(100ppm) 手指、一般清掃

           8倍(50ppm)  空間噴霧時

 

一部資料を添付します。

(なぜか横になってしまいます。見づらくて申し訳ございません。)

 

質問やご意見は、担当または黒崎までご連絡ください。

 

黒崎

email  :  hk@bombom.co.jp

 

 

資料1  診療室落下細菌検査

 

資料2  ドライ噴霧システムの霧の吸入に関する安全指標

資料3   動物安全性試験

 

 

 

 

突如なりだした携帯。

 

「社長!報道観ましたか?」

「社長!この記事に対してどう思いますか?」

 

昨日は一日お客様からの対応に追われました。

その原因はこれ。

 

https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20200529/1000049524.html

 

 


 

 

 

 

このニュースを見たお客様から、弊社が販売している弱酸性次亜塩素酸水「プリュテック」に関するお問い合わせを多数頂きました。

 

この報道を観れば確かに不安になりますよね。

 

こういう報道があると考えさせられます。

本当に大丈夫か?と。

そして再度商品情報を調べます。

 

 

実は卸業をやっているとこういうことは少なくないのです。

 

今までも何度もありました。

 

 

最近だと首からぶら下げる感染防止グッズとか、

水素関連商品だとか・・・

 

 

その度に思うのですが、問題は商品ではなく作っている会社の姿勢ではないかと。つまり経営理念や社長の想いが基準になると思います。

 

 

弊社は比較的小さな規模のメーカーさんとのお取引を大切にしています。社長の顔が見えるから。想いが伝わってくるから。

 

 

 

小さな規模だと挑戦が出来ます。

挑戦の裏には失敗が当然あります。

時にはうまくいかないときもあるでしょう。

 

そんな時に経営者を支えるのは、

商品に対する想い、事業に対する理念でしょう。

 

そして数多の困難を乗り切り、継続し続けることで、真の評価に結び付くのではないでしょうか。

 

 

今回取り上げられている次亜塩素酸水問題ですが、仕入れ先である(株)創研の増山社長とは、10年ほど前からのお付き合いです。

 

当時は今の様に「次亜塩素酸水」など知られていなかったので、増山さんの用意した資料を基に勉強会をして、納得した上でサロン様を中心に販売をしてきました。

 

安価でありながら高い除菌消臭効果を持つ「プリュテック」は、大変喜ばれました。少しずつ広がっていきました。理美容室はもとより老人ホームや病院、公共施設などにも導入されています。

 

今日に至るまで、SARSやMARS、ノロやインフルエンザなど様々な感染症が流行し、その度に大きく報道されることはありませんでしたが「プリュテック」は日本全国、そして世界へと販売され感染予防に役立ってきました。

 

 

(株)創研 ホームページ

https://jyokin.co.jp/

 

 

この商品のこれまでの経緯と実績を知る私としては、今回の報道は他人事でした。確かに最近見かける次亜塩素酸水関連商品は怪しいものが多いなぁと思っていました。そういったものは無くなってしまえばいいのに、とむしろ報道に賛成でした。

 

しかし、ここにきて「プリュテック」の効果性・安全性にも疑惑がかかってきました。少々驚いております。

これまでの活動自体が否定されてしまうのでしょうか?

 

 

ある方から弊社ブログに対して大変貴重なご指摘を頂きました。

 

次亜塩素酸水とは製造方法が大きく分けると2種類あることを明確にした方が良いとのこと。混同されないようにご説明させて頂きます。

 

・ 電気分解方式

・ 攪拌(かくはん)方式

 

電気分解方式は、水と塩を電気分解して生成する方法であり、食品添加物殺菌料として認められているものもあります。非常に高い安全性がありますが、粗悪品も多数出てきており、今回の騒動につながっています。

 

電気分解方式の中でも信頼できるメーカーさんは沢山あります。弊社とはお取引はございませんが、この会社のHPを見る限り信念を持った素晴らしい企業ですね。

 

株式会社ワンテンス

http://www.onetenth.co.jp/

 

 

攪拌方式は次亜塩素酸ナトリウムに希塩酸などを混合して生成する方法です。プリュテックは攪拌方式です。原料に次亜塩素酸ナトリウムが使用されているため安全性などを疑問視する声もありますが、プリュテックに関しては独自の攪拌技術を持っており、安全性を検証したデータもあります。

 

 

私は、メーカーさんのこれまでの取り組みや商品開発への想いを基に、正しい使用法や知識をお伝えしながら信頼できる商品として今後も販売していきます。

 

本当に大切なことは、メーカーの定める使用法を守ることであり、私たちはそれをお客様に伝えることが今一番大切なのだと考えています。

 

お客様にご説明させていただいた使用方法を含む内容のブログをまとめましたので、よろしかったらご覧になってください。

 

 

次亜塩素酸水を購入する際の4つのポイント

https://smile-challenge.jp/info/jia/

 

次亜塩素酸水の効果についての報道への見解

https://smile-challenge.jp/info/jia2/

 

次亜塩素酸水を空間噴霧する為の3つのポイント

https://smile-challenge.jp/info/jia3/

 

空間除菌できているのかの簡単な確認方法

https://youtu.be/3jkt1yxZPvc

 

 

本来ならばディーラーの立場でここまでの内容を書くことは必要ないのかもしれません。メーカーに振ってしまえばよいのかもしれません。しかし、弊社を信じて購入して下さっている方には、私からご説明したく思い、私の理解している内容を書かせて頂いております。

 

専門家ではない為、稚拙な内容で説明不十分な部分もあるかと思います。お気づきの際は、ご批判を頂くと私も弱い人間なので心が折れてしまう可能性もありますので、今後のために優しくアドバイス、ご指摘頂ければ幸いです。

 

政府もマスコミもメーカーも私たちもお客様も、目的は安心安全な商品でコロナ感染予防をすることであることを忘れずに、皆で協力しながら今後もコロナ対策に取り組んでいきたいですね。

緊急事態宣言が延長される。

持続化給付金の申請受付開始。

理美容への休業補償を東京都が発表。

家賃交渉が全国で広がる。

リーマンショックを超える対策予算が可決。

 

 

最近のニュースを見ていて自分の甘さに気づきました。

まずいですね。

コロナはまだまだ終息しない。

 

 

アフターコロナ」という言葉によって、危機意識が薄くなっていました。

 

 

いつかは終わるだろう。

 

 

そのいつかというあやふやな期限を一年後と設定してみました。

 

 

一年後には終わるだろう。

 

 

売上が20~90%ダウンという今の状況が一年続いたら

ほとんどの企業がつぶれますね。間違いなく。

 

 

ではこの一年間はどのような一年間になるのでしょう。

 

 

このように考えることでコロナの経営に対する影響は、

3段階あるのではないかと考えるようになりました。

 

 

ON   コロナ  緊急事態宣言中

 

WITH  コロナ  緊急事態宣言後

 

AFTER コロナ  コロナの終息宣言後

 

 

ちょっと自分の頭の中を整理する意味で書いてみます。

理美容業界に特化してまとめました。

 

 

 

ON コロナ】   人との接触を極力控える時期

 

 

 

 

 

緊急事態宣言発令中の現状です。

一か月程度の延期とのことで、現状はまだ続きそうです。

 

人との接触を8割減らす

という政府の方針に則り、外出に大きく規制がかかっています。

 

この時期は外出を自粛するため、当然来店客数は激減します。

 

特徴

・ 公共交通機関を利用した移動は特に制限がかかるため、

  商圏の広い都市部の理美容室は特に大きな売上減となる。

・ このような状況下でわざわざ新規のサロンを探して行こうという客は減る。

・ サロンも感染リスクの不明な新規客獲得は消極的になる。。

・ 一方、信頼関係のある既存顧客は安定して来店する。

 

まとめ

・ 既存顧客率の高い郊外型サロンは20~30%程度の落ち込みで

  何とかとどまる傾向にある。

・ 新規率の高いクーポン依存型サロンは50~70%の落ち込みが必至。

・ 都市部の個人店も電車等の移動手段を利用する顧客の自粛の影響を受け

  50%程度の落ち込みとなる。

 

対策 

売上を作るよりも従業員満足向上を!!

・ 危機的な状況ほど経営者の本質を社員は見抜く

・ 売上が下がるのは間違いないと覚悟する

・ まずはキャッシュの確保

・ 損益分岐点を出し固定費変動費の見直し

・ 該当する助成金や補助金などを徹底的に活用する。

・ 緊急事態宣言解除までとにかく我慢

・ 既存顧客の失客が一番怖い。顧客接点を作る(DM・電話・ライン・SNSなど)

 

 

 

 

 

WITH コロナ】   絶対に感染しない・させない時期

 

image
 
 
 

この時期を認識することが大切だと思います。

コロナを受け入れつつ、営業を再開・継続しなければならない時期。

 

ON コロナ緊急事態宣言中)の時期は、長くても2か月程度でしょう。

 

しかしその後のWITH コロナの時期は長期化、例えば1年かかると仮定すると、

そのまま我慢しているとキャッシュがもたずに倒産します。

 

この時期にコロナ以前と同等もしくはそれ以上の利益を出す体制にしておかないと本当に苦しくなります。※利益であり、売上ではありません。

 

 

特徴

・ コロナに感染しない、させないが上位概念になる。

・ 制限付きではあるが経済が動き出す

・ 長い自粛から消費者の購買意欲・消費意欲は高。 

・ テレワークやオンラインセミナーなど新しいビジネススタイルが定着

 

 

まとめ

・ コロナ感染者が出ると一発休業のリスクは依然残る。致命的。

・ 感染対策、安心安全はすべての会社が訴求する。

・ 固定費・変動費の圧縮が完了したら、攻めの経営へ。

・ 人は動かずとも、お金は動く

・ お客様はヘアサロンに行きたくてウズウズしている

 

 

対策 

既存客を最優先に戦略を考える。

・ 絶対に社内で感染者を出してはいけない。圧倒的な感染防止策を

・ どこも安心・安全を訴求する。差別化するならプラスワンが必要

・ 購買意欲・消費意欲はあるので積極的な販促を行うべし

・ 新規客はどんな人が来るのか分からないため、まだまだ怖い

・ 既存顧客のONコロナで溜まったストレスを解消するメニューの提案。

 

 

 

 

 

AFTER コロナ】   新4Pの時代到来

 

 

 

超3密(笑) 

早く平穏な日々が戻ってきますように。

 

 






WITH コロナ という期間を経た後に AFTER コロナ を考えると、

果たして明るい未来はあるのかなぁと不安になります。

 

特徴

・ コロナのワクチンもしくは治療薬が開発されている。

・ 失業率が高くなっている。

・ 学校制度や社会に仕組みが大きく変わっている

・ オリンピックの開催も危うい。

・ とんでもない額の国債の発行の怖に国民が気付く。

・ 犯罪が増え治安が悪化してる。

 

 

 

まとめ

・ 残っている企業は強い企業、しかし自己資本率の低下・借入金の増加

  健全な状態ではない。

・ ONコロナ・WITHコロナ の時期に何をやっていたかで、

  会社も人生も大きく変わる。

・ 強制的にオンラインが普及したことにより、5Gの普及が加速する。

・ 人が基本という事は変わらない。

 

 

 

対策

新4Pの時代が来る。

  Promise         契り

  Philosophy       哲学 

    Personality       個性・人柄

    Product(in house)  自社製品

 

  元商業界の笹井さんが昨年から説いている考えの新4P の時代が到来する 

  と確信しています。

 

  コロナで自粛中に急速にデジタルの世界が広がります。

  しかし気づくはずです。

  

  根本は「」なんだと。

  「」とは、上記に書いた新4Pです。

 

  「」を活かすためのデジタル。

  デジタルとアナログの共存。

 

  デジタルは手段であり、本質ではない。

 

  そこに気付き、準備をした企業・人にとって

  AFTER コロナ は、希望に満ちたものになるのではないだろうか。

 

 

 

 

さぁ準備をしましょう。

今が未来を創る。

 

ON コロナ の時期に

暇だ、やることがないと嘆く大人になるのか、

普段よりも忙しいと汗を流すのか。

 

 

WITH コロナ はすぐに来る。

今動かねば、大変な波に飲み込まれる。

準備を進めよう。

 

 

圧倒的な感染予防対策

圧倒的な顧客満足

圧倒的な従業員満足。

 

AFTER コロナ はチャンスなんだと

自分自身にマインドセット!!

 

 

 

 

 

 

弊社はスタッフ数が14名の小さな会社です。

今の状況は企業の規模によって打つべき対策は変わると考えています。

 

1 家業と言われる家族のみの経営

2 少なくても1名以上の他人を雇用している経営

 

まずはこの2分類だと思います。

 

今回は、今の私の立場である「2」の視点で書きたいと思います。

 

先輩経営者や規模の大きな経営者はスルーしてください。

理美容業界に多い小規模サロンの若手経営者向けに書きます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

私の会社も身内が多く在籍していますが、

社員さんやパートさんも在籍して下さっています。

 

こういう状況になると痛感します。

 

雇用するということは他人の人生を背負うという事。

そして私の経営判断は、社員さんの家族にまで影響を与えるという事。

 

改めて『事業の継続』こそが経営者の責任だとまず考えます。

 

そのために何をするべきか?

3つに絞り込んでみました。

 

1 キャッシュを集める

  ・金融機関からの借り入れ

  ・現金化できるもののリストアップ

  ・売掛金の回収

 

2 支出を減らす

  ・固定費の見直し

  ・人件費の見直し

  ・支払の見直し 

 

3 利益の確保

  ・今の売上

  ・未来の売上の種探し

 

 

1 キャッシュを集める

 

お金を借りることを嫌がる方がいますが、

この状況であればまずは借りても良いと思います。

なぜか?

 

宇都宮市の『新型コロナウイルス感染症対策特別資金』の場合、

1000万円借り入れすると、

 

最長1年間は返済は始まらない。

・金利は実質ほぼ0%。

・保証人は要らない。

 

余計な情報が入ると判断が鈍るので簡潔に書きました。

 

要するに借りておいて使わなければ、

1年以内にそっくり返済すれば良いのです。

 

なぜ借りるのか。

お金があれば心に余裕が生まれるからです。

この余裕が、次の手を打つときに大きく影響をあたえます。

 

 

借入する金融機関は大きく分かれると3種類あります。

・国民政策金融公庫

・商工中金

・民間金融機関

 

それぞれで融資が受けられます。

 

慌てて国民政策金融公庫に行かなくても、普段からお付き合いのある民間の金融機関に相談すれば、同じような条件で借り入れ可能です。

 

こういう話は誰に聞けばよいのか意外と分からないですよね。

 

私の情報は経営者仲間との情報交換の結果をまとめていますので、

100%正確な情報かどうかは分かりません。

真偽はご自分で行動して確かめてくださいね。

 

自社の規模に応じて必要な金額が決まります。

日頃から固定費などを意識していないと

いくら借りればよいのか分からないかもしれません。

 

そんな時は何度も言いますが、

まずはリスクがない範囲(金利や返済が負担にならない範囲)でまず借りる。

 

一瞬お金持ちになれますw

 

その他の「現金化できるものを現金化する」や「売掛金の回収」などは各会社によって大きく変わるので割愛します。

 

 

2 支出を減らす

 

固定費とは毎月出ていくお金のことですよね。

定期購入しているものや定期契約しているものを見直します。

 

家賃・光熱費・人件費・広告宣伝費・研修費・接待交際費・・・

今はやりのサブスクなども入ります。

 

先ほど借りたお金に手を付けたくなければ

徹底的に見直します。

 

 

特に今は緊急事態なんですから、不要なものは迷わず切る!!

 

 

人件費の見直しも頭が痛いところです。

ここで『雇用調整給付金』が登場します。

 

しかし、これも良く勉強しないと痛い目に合います。

 

雇用調整助成金

・雇用保険に入っていることが大前提。

・自社の場合、いくら返ってくるのか事前に調べた方が良い。

・会社が前払い。あとから支払われる。

・社会保険労務士を使うと手数料がかかる。

・申請してから適用するまでの流れを理解すべし。

 

少人数だと手間と労力と社労士への手数料を考えると

さほどのメリットはないような気がします。

 

最後に支払いの見直しですが、先日税理士さんに聞いた支払の優先順位です。

 

1 手形(払わないと潰れます)

2 給料(人がいないと潰れます)

3 仕入れ(これを最後に持ってくる人がいますがやめてください(ーー;))

4 経費(ペナルティが発生する場合があります。)

5 税金・社会保険料(支払い猶予の特例が出ています)

6 金融機関への返済(相談することが大切です)

 

 

3 利益の確保

キャッシュを用意して、支出を抑える。
 
大けがした患者が目の前にいます。
まず手術する環境を用意して、出血を止めたわけです。
次は輸血です。
 
企業にとっての血液、つまり利益。
このとんでもない状況でどのように利益を確保するのか?
 
こんな状況だからこそ問いましょう。
 
誰に?
何を売るのか?
 
自分は何業なのでしょうか?
 
飲食店がテイクアウトを始めています。
飲食店は何を売っているのか?
 
「料理」だと考えると、
テイクアウトの市場はすでにオーバーストア状態です。
 
もともと多くのテイクアウト専門店があったのです。
今更参入してもノウハウが違います。歯が立ちません。
 
確かに料理を提供するのですが、
誰が買ってくれるのか?全くのご新規様でしょうか。
 
なぜ買ってくれるのか?
なぜ他のお店ではなく自分のお店で買ってくれるのか?
 
この問いを持ちながら考えると、ワクワクしてきます。
 
誰に何を売るのか?
 
今、何を売るべきなのか?
そしてその先にはどんな未来があるのか?
 
そんな想像をして販売計画を作っています。
 
弊社は現在マスクに関しては利益を頂かないで、
仕入金額で販売しております。
 
コロナ騒動前に400円程度だったマスクが4000円!?
製造原価は一緒のはずです。
 
中間マージン乗りすぎです。
これに弊社も利益を載せて暴利の片棒は担ぎたくありません。
必要としている方に弊社のできる範囲で協力できることをします。
 
 
次亜塩素酸水「プリュテック」も、コロナ騒動前から変わらない価格設定です。
ここのところ色々な商品が出てきましたが、ほとんど高い。
 
この状況で売り切る姿勢が見え見えです。
利益とは付加価値とよく言われます。
 
確かに一杯のコーヒーが1000円のホテルは、
肯定的な自社努力をして付加価値をつけて販売しているでしょう。
 
でも今は違います。
緊急事態です。
 
売上は信頼のバロメーターと言われています。
 
今我々はモノを売るのではなく、信頼を売らねばなりません。
 
お客様との関係はコロナが終息した後もずっと続きます。
だからこそ目先の利益に振り回されずに芯のある販売計画を立てましょう。
 
そのために、1 キャッシュの確保をして、2 支出を減らして、まずは心を整え、
冷静に判断できる状態になるべきです。
 
 
借金しても会社はつぶれません。
お客様からの支持を失うと会社はつぶれます。
 
今気を付けるべき3つのポイント。
私なりにまとめてみました。
 
自戒も込めて(^^;)
 
 
 
最後に・・・
ニュース番組の中で一番好きなのが『サンデーモーニング』です。
コメンテーターや番組からのメッセージが私にはしっくりきます。

今日も早稲田大学の名誉教授がDVが増えている環境を危惧し
このようなコメントを発信していました。

他人に責任転嫁して責めるのではなく、
 不幸を受け入れたうえで何か自分に出来ることはないか考えようではないか

おっしゃる通り。

今回の100兆を超える対策費用は必ず国民が負担することになります。
オリンピック関連も然り。

強い心をもって国の為、家族の為、社員さんの為、お客様のために
自分が出来ること』を考えましょう。

助成金や給付金に頼ることも必要かもしれませんが、
その前にやることは沢山あります。
 
 
日本人の強さを世界に発信しましょう。
 
 

理美容師様のための情報サイト

週に2回最新の業界情報を発信中!!
 

理美容師様限定 販売サイト

リスペクツ・オレンジコスメ・清五郎・あわわのわなど
マニアックな商品がお好きな方向きですw
 

オリジナル商品 販売サイト

清五郎シャンプー・あわわのわ・プリュテックなど、
近くで取扱サロンがない方はこちらから。
 

(株)クロサキからのお知らせ

政府の緊急事態宣言の発令を受け、

弊社では5月6日まで営業活動の一部自粛を致します。

卸業としての、物流、金融機能は引き続き継続し、

お客様への商品の納品は行います。

 

しかし対面での新商品の案内等の商談、講習会の開催は控えさせて頂きます。SNSやYOU TUBE、ブログ等を活用して引き続き最新の情報発信を行って参ります。

 

サロン様の休業を受け弊社も休業を検討致しましたが、

商品を必要とされるお客様へご迷惑をおかけしないように

物流機能は残します。

 

商品を用意して配送は宅急便という選択肢もあるのですが、

過酷な環境の中頑張っている宅配業者様に

さらに負荷をかけてしまうことを避け、

県内は従来通り担当営業による配達を行うことを決めました。

 

営業には商品配達・集金の際の除菌を徹底させると共に、

訪問時に店内での不要な長時間滞在を禁止することで、

政府の求める接触機会の8割削減に取り組んで参ります。

 

感染拡大防止のためお客様のご理解、ご協力のほどよろしくお願いします。

一刻も早く日本そして世界に日常が戻ことを心より祈念致しております。

 

本社機能は通常通りですので、ご注文・お問い合わせの際は
こちらまでご連絡ください。

 

(株)クロサキ 
営業時間 9:00~17:00
定休日  日曜・祝日
TEL 028-636-5828 
FAX 028-636-5820

私が飲みに行くと大体5,000円位払います。
最近飲みに行かなくなったので、
お小遣いは減りませんf^_^;

ふと思いました。
飲みに行ったつもりでテイクアウトしたら、
どうかなぁ?

というわけで、「お父さんが飲みに行くお金でテイクアウトしてみたら?」企画!!




今回は近所の人気そば店「喜久粋」が始めたばかりのテイクアウトに挑戦。




実は以前より裏メニューで人気のうどんが、
満を辞してテイクアウトメニューに登場。
コシの強いうどんが好きな方にはオススメです^ ^

他にも、子供達が好きな喜久粋のもつ煮込み2人前や鳥の唐揚げ、砂肝の唐揚げなどボリューム満点^ ^

いつもはお父さん1人で使っている5,000円で、
家族と一緒に幸せな時間を自宅で過ごせました(^^)

それにしても人気店「喜久粋」がガラガラ。





コロナ自粛の影響は凄まじいですね。

でも、しょうがない。
だからといって飲み会をやるわけにも行かないし。

今回テイクアウトして思ったのは、飲んだつもりで5,000円位払えば、フツーに家族5人が自宅でお腹いっぱい食べることができるということ。




酒は自分が好きなものを飲めるし安いし。
自宅飲みの幅が広がりますね〜^_^

まずは南宇都宮のテイクアウトを制覇しますw

人気和食割烹「了寛」特製弁当!
天才パティシエ「チヒロ」のスィーツ
ラムチョップが美味いイタリアン「グスト」
もんじゃのテイクアウトも?「ありらん」
本場韓国料理店「ハノク」のキムチ!
などなど、
南宇都宮は美味い店が一杯ありますwww
しばらくは楽しめそうです^_^

自粛は家族と過ごす良い機会です。
今までの罪滅ぼしで、
家族に金を使います(^◇^;)




そば 喜久粋
宇都宮市菊水町3-20   電話番号 028-635-0802
定休日 水曜日
営業時間    11時30分〜14時  17時30分〜22時

もしテイクアウトするなら、
電話予約がお勧めです。