自転車乗るときいつも向かい風、でも時々追い風

自転車乗るときいつも向かい風、でも時々追い風

ダイエットの為に始めたロードバイクもはや10年目。
山口市からの広島市へ単身赴任中ですが、遅いなりに走ってます
11月のツール・ド・おきなわを目標に毎年頑張っています。

今年3年ぶりに開催が予定されている、ツール・ド・おきなわに向けて新しい輪行バッグを購入したお話です。

前回の大会(2019大会)までは、BOMAのリムブレーキ・機械式コンポーネントのロードバイクに乗っていました。
飛行機に乗せる時には、ロードバイクが壊れたり傷がつかないように10mmのウレタンが入っている輪行袋「OSTRICH OS-500」に入れて運んでいました。

image


空港や大会会場で見た限りでは、飛行機輪行袋としては、最もポピュラーな輪行袋だと思います。

※空港で荷物受け取り場所で同じバックばかりで間違えそうになる程


ロードバイクを分解した後に入れる時に若干コツが必要なうえ、ディレイラー等に緩衝材で養生をしないといけない煩わしさがあります。

今まで大きなトラブルになることはありませんでした。
※航空会社が丁寧に扱ってくれていることもあると思います

OS-500については、私のロードバイクのサイズ的に、シートポスト・ペダルを外さないと入りませんでした。

ロードバイクだけでなくジャージやヘルメット等も隙間に入れるため10Kg以上の重さになります。空港までの移動や空港の中で抱えるのかかなり重く疲れていました。
その上、念にはねんをと、緩衝材での養生やOS-500内に収まるように入れるために毎回苦労していました。

昨年の5月に、ディスクブレーキで変速が電動のDi2の「Specialized TarmacSL7」に買い替えました。これをきっかけに輪行袋も買い替えることにしました。
(OS-500はもう使うことがないので、買い取り業者にいいお値段で買い取って頂きました。)

image

というのも、Di2ということはバッテリーがシートポストの中に入っていて、ケーブルで接続されているので、シートポストを抜く場合ケーブルを抜かないといけなくなります。

練習しておけばいいのですが、沖縄まで行って機材トラブルになるのは避けたいので、シートポストを抜かなくても入る輪行袋が条件となります。

2019年までは大阪市在住で比較的空港までのアクセスが良かったので輪行袋の持ち運びが苦痛ではなかったのですが、現在は広島市在住で空港まで電車を1回乗り継いだ後、バスでの移動が必要で持ち運びでかなり疲れそうです。ですので、できれば輪行袋に車輪がついている輪行袋だとありがたい。

以上の条件で、色々と調べたところ、「SCICON AEROCOMFORT road 3.0」が最適だとわかりました。




ただし、かなり高額、、、


国内のショップだと10万円近くで売られています。
年に1回しか使わないものに、10万円かけるのはいくらなんでも有りえません、、、

海外のサイトを見てみると、6万円程度で売られていました。
以前は、4万円台で売られているのを見たことがありますが、円安の関係で6万円台になっているようです。
それでも、国内のショップで購入するよりも安いし、OS-500を売ったお金やこの輪行袋を数年後に買い取り業者に売ることも考えると3万円位の負担で買えるかな、と思い購入に至りました。

少しでも安く買うために、ゲリラ的に行われている割引のタイミングで発注し最終的には58,000円ほどで購入することができました。

(私が発注して1ヶ月後の、2022年9月22日現在では同じサイトで68,000円で販売されているので、購入するタイミングとしてはよかったと思います)

今回は、一旦ここまで。

 

実際に、ロードバイクを入れる工程について、次回UPしようと思います。

 

 

2019年大会を最後に、2020年、2021年と2年間中止となっていた、ツール・ド・おきなわですが、先日2022年大会の開催が発表されました!

 

ただし、当然のことながらコロナウイルス感染状況によっては中止となる可能性もありますが、エントリーも8月26日から開始されます。

 

また、エントリー費も上がったり出場者数も抑える等変更点がありますが、3年前とは状況が変わっているもで、仕方ないでしょう。

 

一応、開催されることを信じて、ホテル・レンタカー・飛行機はすでに予約済みなので、あとはトレーニングあるのみです。

 



頑張ります!!

ちょうど1年前に、Specialize Tarmac SL7を購入してからは、Tacx FLUX S Smart に元々乗っていた、BOMA号を付けてZWIFT練習に使用し、週末等の外練でTarmac SL7に乗るという2台体制でした。

 

ただ、保管するスペースの問題や、リムブレーキ仕様のBOMA号とディスクブレーキ仕様のTarmac SL7では、共有・流用できるパーツが多くないことから、BOMA号を知人に譲ることにしました。

 

そうすると、Tarmac SL7の1台でZWIFTと外練と兼用することになります。

 

ここで一つ心配事が。

 

スマトレの Tacx FLUX S Smart でディスクブレーキのロードバイクが使えるのか? ということ。

 

改めて、TacxのHPで確認すると、Tarmac SL7の仕様である、142×12mmのスルーアクスルに対応しているようです。

 
 

 

 

ただ、下のような色々なアダプターが付属しているのですが、どれをどう使ったら良いかわかりません、、、

 

 

色々と検索するとYoutubeでTacxのスマトレでディスクブレーキのバイクを装着する方法が解説されているものを見つけました。

 

 

ほぼこの通りなのですが、私が所有しているTacx FLUX S Smart の場合、ディレイラーがついていない方も、クイックリリース用のアダプターを外してスルーアクスル用のアダプターを付ける必要がありました。

 

色々と調べて見ると、ディスクブレーキの黎明期は規格が乱立しており、付属しているアダプターでは対応できないこともあるようですが、最近のロードバイクでは大体対応できるとのこと。

 

 

 

外練時にはホイールを付けて、終わったらまた外すという手間がかかりますが、スッキリしました。

 

 

これから梅雨入りすると、スマトレを使用する頻度も上がると思うので、汗対策をしっかりして、トレーニングに励みます。

 

完成車で、Specialized Tarmac SL7 UDI2を購入したのが、去年の5月。
納車から10ヶ月で7,500Km程走りました。

そこまで目立ってタイヤにヒビワレしたりはしていませんが、この1ヶ月で立て続けにパンクが発生しました。



目視では、確認できなかったのですが、いつもチューブの同じ箇所でパンクしていたので小さな何かがタイヤに刺さっていると思われます。

そろそろ納車から1年経過するし、タイヤのロゴも汚れて消えかかっていたので、新しいタイヤを購入することにしました。

 

条件は、
・太さは26C(25Cでは細いし、28Cでは太すぎる)
・もちろんクリンチャー
・ある程度転がり抵抗が低い

上記の条件で探すと、必然的に完成車にアッセンブルされていた

Specialized S-WORKS TURBO TIRE」
しか選択肢がありませんでした。



Specializedのオフィシャルショップで注文すると、翌日には自宅に届きました。

このタイヤはRovalのホイールにはめるのがメチャメチャ固くて、何度も心が折れそうになり、手の力が入らなくなるほど苦戦しながら、ようやくはめることができました。
(はめる時は、タイヤレバーを使わない派)

 



これで、パンクのリスクが低くなり安心して乗ることができます。

 

ただ、この周期でタイヤの交換が必要となると、かなりの出費(2本で16,500円也、、、、)なので次は少し安いものにしようかな、、

ロードバイクに乗り始めて約10年となります。

 

初めの頃は、1回のライドで20Km程度。

初めの目標は50Km。

50Kmが走れるようになったら、次は100Km。

 

これまで車や電車で行っていた距離をロードバイクで行ける。しかも速度がそこまで速くないので、知っている道でも新たな発見がある。

 

こんな所が魅力でロードバイクが続いているのかもしれません。

 

月間の走行距離は、以前はせいぜい500Km程度。

 

沖縄に赴任した頃からは、距離が伸びて800Km程度。

 

フルタイムワーカーでロードレースで好成績を収めている人たちは、最低でも月1,000Km走っているので、自分も一皮むけるために1,000Kmの大台を突破したいと思っていましたが、なかなかできていませんでしたが、1月は1,000Km走ることができました。

 

 

 

1月に1,000Km走れた要因としては、

 

・週末にほとんど雨がふらなかった(雪は降った)

・コロナの影響もあり、単身赴任している自宅には帰れなかった

・Zwiftで「Tour de ZWIFT」という8ステージのイベントがあり定期的にZwiftを使ったインドアトレーニングをするモチベーションがあった

 

ことが挙げられます。

 

 

 

仕事的には、まぁまぁの激務でしたが、その合間を縫って

 

・17日/31日 

・実走 11回   Zwift 7回

 

走りました。

 

実走では、平均で80Km程度とそこまで長くないですが、回数が多かったためここで距離を稼ぐことができました。

 

実際に1,000Km走ってみて、気づいた事は

 

・1回の実走距離をもう少し伸ばせは1,200Km位は走れそう

・50歳手前のおじさんなので、しっかり休足日は確保する

・短い距離でもZwiftを活用して乗る頻度を増やせばまだまだ強くなれる(と思いたい。。。)

 

2月もまだまだコロナの影響が残りそうなので、誰とも接触しない(汗)ロードバイクでのトレーニングに励みます

 

image

2021年も残りわすかとなりましたね。

 

2021年は自分にとって、いくつかの点で記念すべき年になりました。

 

まず買い物編ですが、8年ぶりに新車を購入しました!

 

コロナの関係で世界的に自転車パーツや車体が品薄になっている昨今で、たまたま広島市の隣の町のサイクルショップに在庫があった「SPECIALIZED TARMAC SL7 PRO UDI2」と運命的に出会い、購入に至りました。

 

価格的にもSpec的にも自分としては最高峰と思っています。恐らく今後新しいロードバイクを購入することはないでしょう。

生涯(自転車をやめるまで)乗り続けるでしょう。

 

 

 

 

 

 

Di2(電動シフト)やエアロフレーム・ハンドル等自分にはもったいない位のものですが、もう一つ今回初めてアッセンブルされているのが油圧ディスクブレーキ。

リムブレーキと比較して、雨の日でもちゃんと止まることに関しては感動しました。唯一「ちょっとなぁ、」と感じたのはブレーキパットのヘリ具合。

5月から乗り始めて7ヶ月、5,800Km程走ってショップで点検していただいたところ、フロントのブレーキパットをほぼ使い切っているとのこと。

リムブレーキの時のゴム製のパットは数年に1回交換すればいい位だったので、とても早く感じました。

なかなかシマノ純正のパットもないなか、たまたまあった在庫を付けてもらいました。





あと、今年はサイコンもGarmin edge520を購入したり、心拍計代わりに使用するスマートウォッチ「Garmin VENU SQ」も購入しました。

 

アイウェアも、OAKLEY JAWBREAKER PRIZM に買い替えました。

 

 

今年は、ツール・ド・おきなわも中止になって遠征費も浮いたので、買い物しすぎましたね(汗

 

ライド編では、数年ぶりにしまなみ海道を走ってきました。

 

 

前に比べて、更に魅力的なサイクリングコースになっていましたね、

 

 

あとは、中止になったツール・ド・おきなわの代替イベントのオンラインイベントにも参加しました。

2つコースがありましたが、私は1日に210Km走るコース。

今考えると、この日・このコースが最適でした。

何故か、行きも帰りも追い風(笑

あと、寒すぎず暑すぎず。

 

210Kmを8時間23分で走りました。

 

 

先日、完走記念品と記録証が届きましたが、第1期18名中7位!   サイトで確認すると、第1期と第2期合計では58人中14位でした。

各々違うコースを走るので、一概には比較できませんが、自分なりにはいい順位でしたわ。


 

 

2021年は8,800Km走りました。

これまでで最長記録です。

やはり、新車を購入したことでモチベーションが上がったことと、ツール・ド・おきなわが無かったことで、シーズンオフ(?)のタイミングがなくずっと走っていたのが要因と思います。

※通年は、ツールドが終わると燃え尽き症候群で2月位まではあまり乗らない

 

2022年も安全に楽しく走りますよー

ブラックフライデーのセールで安く購入できたフロントライト『OLIGHT RN1200』について、ようやく実走してきたので、レビューします。

 

まずは、開封から。

 

箱は、スマホのが入っていそうなしっかりとしたもので高級感があります。

 

うっすら見えますが、タブの部分にマグネットが入っていてその磁力で閉まっていて、最初開けるときに開け方がわからずあたふたしました。

 

セット内容は、

・本体
・ハンドバーマウント1
・GOPRO対応マウント
・シリコンバンド
・USB-Cケーブル
・3mm Hex レンチ
・取扱説明書  

 

TARMAC SL7 PRO のハンドルは、扁平したエアロハンドルなので、ハンドルに付けることができず、TARMAC SL7専用のサイコンマウントの下の部分にGOPRO対応マウントを付けて、逆向きで装着することにしました。

 

このライトは「防眩機能」(対向車が眩しくならない機能)といって、ライト面の上部にスリットがはいっていいます。

これを逆さに付けると、この機能が意味を為さなくなりますが、角度を調整して対向車が眩しくならないようにしています。

 
今日、朝5時に練習へ出発したのですが、周りは真っ暗。
早速ライトをミドル(600ルーメン)にセットして走り出しましたが、とても明るいうえ、照らす範囲が広く見やすかったです。
 
これまで使用していた、CATEYE Volt300は最大でも300ルーメンだったので、RN1200のミドルでもそれよりも明るいうえ、バッテリーは3時間持ちます。
 
この写真がロー(300ルーメン)

 

この写真がミドル(600ルーメン)

 

この写真がハイ(1200ルーメン)

ハイにするとバッテリーは1時間30分、ミドルでは3時間なので、明るさ的に必要十分なミドル600ルーメンで使いつつ、明るくなってきたらローに変更すれば4時間程度のライドでも十分使用できました。

 

暗いときに道を照らすことはもちろんのこと、事故に巻き込まれることを防ぐためライトをつけることは重要です。

 

明るくバッテリーが長持ちするRN1200には大満足です。

 

11月末にブラックフライデーセールがあちこちで開催されていましたが、フロント・リア両方のライトを購入しました。
 
まずは、リアですが『OLIGHT SEEMEE30』
Amazonで15%オフの1,334円で購入
 

 

 

フロントは『OLIGHT RN1200』

Amazonで定価の半額に近い3,876円で購入しました。

 

 
これまでライトはCATEYE派でしたが、今回両方とも『OLIGHT(オーライト』という懐中電灯の世界では(?)有名なメーカーのものにしました。最近自転車用のライトもかなりリリースしている新興会社です。
 
とりあえず、今日は開封しかしておらず、実際に使用していないので、使用したら詳細なスペックをレビューします。

 

今年も中止になった、ツール・ド・おきなわ 市民レースですが、代替としていくつかオンラインイベントが行われました。
今日、全てのイベントの走行が終了しましたので、来年の大会に向けて今日からがんばります。

その1 「ツール・ド・おきなわ2021」 オンラインOKINAWAチャレンジ_縁(えにし)


1日で210km走るか、1ヶ月の間に1,000km走れば完走。私は1日で210km走るコースを選択。
広島市内から尾道市まで往復して達成したした。8時間23分かかりましたが、自分が210km走れるんだと認識できたのは、大きな成果でした。チョキ



その2 Road to Okinawa ZWIFTチャレンジ


市民レースの210kmの部に出てくるコースの一部をイメージしたZWIFTのレース。

stage2は、獲得標高が658mとかなり厳しいコースでしたが、はぁはぁ言いながら何とか完走。今日stage3を走って、コンプリート。





来年の大会までは、もう1年もないので、寒い中ですが、遠征費用貯めながら、トレーニング頑張ります。

今年も去年に続いて開催が中止となった、ツール・ド・おきなわ の市民レース。
 
今年は、オンラインで開催されることになりました。
 
第33回「ツール・ド・おきなわ2021」オンラインOKINAWAチャレンジ_縁(えにし)
 
実際に走ったログを登録して参加するオンラインライドは今回が初めての参加になります。
 
第1期は開催期間が10月1日~10月31日。
 
種目は、開催期間の累計走行距離が1,000Km以上のものと、1度に210Km以上走るもの。
 
自分は、1日で210Km以上走る種目にエントリー。
 
天候等を見ながら、決行日を10月2日設定して、体調や準備を念入りにしつつコースを検討。色々と調べてみた結果、広島市内の自宅からR185さざなみ海道を尾道まで往復して210Kmh知ることに。
 
作戦は、往路の105Kmはできるだけ交通量が少なく走りやすい時間帯に走って時間をかせぎ、復路はガマンしながら確実に走る。
 
もう少し早く出発するつもりが、準備の手間取り4時32分に出発
 
ええええ
 
作戦通り交通量が少ないうえ、追い風基調だったため予定通り105Kmの折返し地点(三原市と尾道市の境目の地点)で4時間1分。

 

 
最寄りのコンビニで、遠くに見えるしまなみ海道の橋を見ながらおむすびとパンで補給してUターン。

 

 

交通量も多くなりはじめ、また気温も高くなり初めていたので、無理しないように安全に走ることに心がける。

 

そういえば、今回R185さざなみ海道を走ったことで、瀬戸内7海道のうち

・しまなみ海道

・とびしま海道

・かきしま海道

・はまかぜ海道

・さざなみ海道

と5海道を走破したことになります。

 

 

事前に確認していた気象情報通り、風向きが変わって復路も追い風基調に。

この日を選択したのは正解でした。

 

実は、これまでの1日の走行最高記録は170Kmほどだったので、かなりキツイ状況でしたが、こまめに休憩を入れて、ようやく広島市内の自宅にゴール!

 

復路は4時間22分かかっているのですが意外と遅くなっていいませんね。

 

走行時間:8時間23分52秒

到着時刻:14時16分(約10時間)

 

ゴール!!

 

今回、自己最長距離を走りましたが、半分以上は初めて走る道だったのいで、新鮮で10時間があっと言う間でした。

 

 
今年もツール・ド・おきなわの市民レースが中止になりましたが、久しぶりに自分で決めた目標に対して、体調やスケジューをあわせていく準備や緊張感を味わえて、充実感を味わえました。
 
しっかりと体を休めて次の目標に向かってがんばります。