丸亀のkappaのブログ
  • 09Dec
    • 18.12.09 Nial Fuller からのemail

      Here’s What Will Happen If You Practice One Trading Strategy 10,000 TimesBesides a little bit of luck both mentally and physically, the best professional athletes, business people and traders all have two things in common that have made the biggest contribution to their success…Those 2 things are: Habitual practice of the processes and (or) concepts that will bring them closer to their end-goal / success. Complete discipline and focus on the task at hand until TOTAL mastery is reached. Then, they work to maintain it and add more ‘weapons’ to their arsenal.This article is going to discuss how and why you should narrow your focus in trading, so that you are eliminating variables and truly perfecting your craft. The people who make the most money in this world all have one thing in common: they are VERY GOOD at a small amount of things or even just one thing. Ever heard the saying “Jack of all trades, master of none”? Think about that for a minute because it’s true and especially so in trading. The consequences for not becoming a “master” of your trading strategy are severe, whereas in other professions that may not be so.You need to read this article, all of it, so that you truly learn why you need to practice one trading strategy “10,000” times and also, so that you learn how to do it. This lesson, if properly comprehended and implemented, has the power to transform your trading from losing or breaking even, to winning. The following Bruce Lee quote was the inspiration for today’s lesson: “I fear not the man who has practiced 10,000 kicks once, but I fear the man who has practiced one kick, 10,000 times.” – Bruce LeeWhat Do The World’s Greatest Traders All Have in Common?I don’t care what you have heard or what you think, the best traders in the world and even hedge fund managers are nothing if not insanely focused and masterful in their trading approach.The reason for this is that these traders know you simply cannot make money in the markets consistently if you have a “scattered” trading approach that is a messy combination of many different methods. What you need is one or a small handful of simple technical analysis tools or patterns to properly analyze and trade the charts.The best traders have practiced and employed one core trading strategy hundreds or thousands of times over their career; they are not practicing and trying to utilize many different trading strategies nor are they jumping from one trading style to the next. It takes time for any trading strategy to be learned and mastered and then more time to see it played out over a series of trades.Here are some of the core traits that you will need in order to start being more focused on one trading strategy and eventually becoming a master of it…Total Focus and DisciplineFocus and discipline are paramount to any life endeavour, everyone agrees on that. However, when it comes to learning one trading strategy and mastering one strategy at a time, it becomes even more important (and perhaps difficult).You will need focus and discipline to stay committed to one price action signal at a time, for example. So that means you are not jumping at every single candlestick pattern you see on the charts. Instead, you have pre-decided you will learn one at a time and MASTER it before moving on to the next. You will accomplish this simply by picking one and learning as much as possible about what it looks like and how it’s traded and then start looking for it on the charts.For example, you might decide to master the pin bar trading strategy first. OK, so if that is what you decided, you will learn about all types of pin bars, how they are best traded, which chart time frames are the best to trade them on and more. Your mission is to become a “pin bar expert”, here’s how you do that…Become an Expert at Your CraftAs Bruce Lee said, he “fears not the man who has practiced 10,000 kicks once, but I fear the man who has practiced one kick, 10,000 times.” Now, why would he say that? Because practicing 10,000 kicks one time is essentially a gigantic waste of time that accomplishes nothing. The human brain needs repetition and habit to form more solidified neural pathways that make us become better at things, whether that is playing the piano or trading a specific strategy. The more you do something, the better your brain (and you) get at that thing.Pro athletes, chess players, poker players, business people, hedge fund millionaires, actors, etc. they all know the secret to life and wealth; become an expert at your craft. Of course, first you must decide on your craft, which in trading means your trading strategy. Sadly, many traders never even get this far, they simply are too scattered and confused and possibly overwhelmed with all the conflicting information on the internet to actually decide on one particular strategy.Now, since you are reading this and are probably interested in price action trading, we are still using the example of the pin bar signal as discussed in the previous section.The way or the “how” to master one particular trade signal at a time lies simply in the focus and discipline we mentioned earlier. You can print out examples of the signal, study the signal from courses and mentors and look for it on the charts. You need to learn everything about it so that you reach the point of being able to open up your charts and instantly recognizing whether a quality pin bar signal (or the signal of your choosing) is present, or not.Master One Trade Setup. Only Then Can You Add AnotherIf you’ve been reading my lessons for any length of time you probably know that mastering one setup at a time is a favorite “mantra” of mine and a core belief that I hold about trading and about what a trader should do especially early on in their career.The reason why you need to commit to mastering one setup before adding any others is primarily because this gives you something concrete to do, to stay accountable to. Most traders have trouble with discipline and focus and a lot of the reason why is because they simply are too distracted and overwhelmed by all the information on the internet, they can’t make a decision. Decide, commit to doing this and you will start to see the fruits of your decision as time goes by. If there is one thing I can promise you about trading, it’s that the slower you take things and the more focused you become, the faster trading success will find you.In a recent article I wrote about mastering one thing to reach trading success, I discucces a book I had read recently that was fittingly tilted “The One Thing” (I suggest you read it). In short, it’s about how the greatest people and companies that have achieved massive success always tend to be masters of one core process or thing; they perfect that thing and then keep repeating the process. They simply stick with the one thing they are good at and scale from there. Sound familiar? If so, it’s because it’s the same thing that I am saying to you about trading; master one setup, one strategy at a time and then build off of that, don’t trade in a random, mishap way.Here’s an example:You are mastering the “pin bar signal” first. So, one of the variations of the pin bar is trading a pin bar after a pull back within a trend, you are looking to enter at the 50% of the pin bar. You see this is quite specific and so it’s much more than just “trading a pin bar”, there are many different variations of each of the core patterns I teach, which I get into in detail in my trading courses, but for now, let’s look at this one specific pin bar example:In the first chart below, we have zoomed out a bit so you can see the trend and the multiple pin bars that formed after pull backs within that trend, on the daily chart. This is your setup that you’re looking for and looking to master.The next chart shows a zoomed in view of the middle pin bar shown above, showing you how a 50% tweaked entry would have easily netted you ‘up to’ 6R + profit for a lower risk higher reward trade. I suggest you print out the setup you want to master first and tape it to your wall so you start drilling it into your memory!ConclusionWhether you are training to be a martial arts master like Bruce Lee or a successful trader, there are things that every successful person must do, no matter the profession. The most important thing in my opinion and the subject of today’s lesson, is practicing one thing at a time, over and over, until you have mastered it.I have laid out the “whys” and the “hows” in this article, all you have to do is follow it. You pick a setup that you like and you learn how to trade it, inside and out, so that you are literally seeing it in your dreams. Once you do this, it will make everything else a lot easier; you won’t have to second-guess yourself as to “whether or not” there is a trade present on the charts, because you will know almost instantly. Upon mastering a trading strategy like one of the strategies that I teach in my professional price action trading course, you can put your extra time into focusing on trading psychology and money management, which are arguably more difficult to master. Yet, again, if you apply the same principles discussed today to those topics, you will end up with the same result; mastery.

      テーマ:
  • 08Dec
    • 18.12.08日本人の誇り

      誇りなき日本世界第二の経済大国日本は、弱肉強食で戦火終わりなきの真っ只中で、独自の姿を押し出せるのか。日本はアメリカに追従し、次から次へと戦争を続ける帝国に軍資金を出しているが、感謝もされず尊敬もされず、日本の存在まで無視されている。小さなアジア諸国も世界大国の真似をするかのように、日本に「謝罪と金」を恐喝するかのごとく要求してくる。日本の若者は、このような日本を誇りに思うのか。日本人拉致を知りながら二〇年間無視できる国家に「愛国心」を持てと若者たちに説けるのか。個人を守らない、守れない国は、国も守れない。勇気と律儀世界的に有名であった日本人の勇気と律儀は、どこへ消えていったのか。戦後日本が「お金」という富の象徴をかき集めている間に、勇気と律儀は邪魔になったのだろうか。いや、日本人は勇気と律儀を失ったのではない。個人の品性、国の気位にとってかけがえのない勇気と律儀は、日本精神文化の清らかな底流に流れており、日本社会の温かい「芯」の中に生きている。国の歩みと呼ばれる我々の追憶に遺伝子があるように、日本人が大切にしてきた勇気と律儀さは我々の血の中に、精神の中に流れている。誇り高き日本の将来へ人は、教えられなくとも本能で勇敢さを知っている。腐敗を見て、怒りを感じる。不正を見て、内なる正義を感じる。不正と正義の狭間に薄い半透明の膜があり、我々はその膜の存在を知っている。その膜を破り不正に立ち向かう行動を勇気と言う。その勇気の中で律儀さが生まれるのだ。毅然とした勇気と律儀の行動は、我々の心に感動とときめきを育んでくれる。その勇気と感動が、日本を偉大な国として成長させ、日本文化のルネッサンス(活性化)をもたらし、若者たちの夢とロマンをかき立てる。勇気は「気位」である。品性とは、勇気に対する心構えである。気位と品性は、個人の顔にも国の姿にも必ず現れる。そして、世界はそれを「日本人の誇り」と呼ぶ。西鋭夫著『日米魂力戦』第5章 戦争と平成日本 -40この記事の著者西 鋭夫1941年大阪生まれ。関西学院大学文学部卒業後、ワシントン大学大学院に学ぶ。 同大学院で修士号と博士号取得(国際政治・教育学博士)。J・ウォルター・トンプソン広告代理店に勤務後1977年よりスタンフォード大学フーヴァー研究所博士号取得研究員。それより現在まで、スタンフォード大学フーヴァー研究所教授。また、2016年3月より同研究所小川忠洋フェロー。>>西鋭夫講演録[改訂版]「新説・明治維新」明治維新に秘められた近代日本の秘密とは?

      テーマ:
    • 18.12.07 ドル円、ちょっと買ってみた

      どうなることやら。外国の会社、良い所、SLを置いておかなくても、入金額以上の損失は出ない。てこの原理は888倍。【相場観】金:買い。白金:売り。  白金買い金売りの 鞘取りは 拡大継続。  鞘取りも順張りが有効らしいゴム:買いガソリン:売り。突っ込み買いの注文を入れているが成立していない。原油:売り。同上コーン:売り。ここ4~5日、売り買いのサインが目まぐるしい、こういうとこは損失になりやすい。

      1
      テーマ:
  • 07Dec
    • 18.12.06 歯医者の日

      敗者だったりすることのほうが多い。冠がとれた・・・・何故 冠に穴が開き、そこから腐食が始まり、接着力が弱まりとれた。削って、型取りして、冠作って、高さ調整して、終了。ここまで8日。次は歯のクリーニング、歯石とリ。【相場観】金:買い。頭重い展開。要注意白金:売り。どこまで下げるゴム:買いガソリン:売り転換。原油:売りらしい。微妙コーン:買い

      テーマ:
  • 06Dec
    • 18.12.06 南蛮文化館

      From:岡崎 匡史大阪より年に2ヶ月間しか開館されない私設博物館がある。それは、「南蛮文化館」。開館期間は、5月1日から5月31日。そして、11月1日から11月30日迄(月曜日は休館日)。気候が安定している5月と11月のみしか、文化館は開館されない。もちろん、館内は撮影禁止。場所は、大阪の中津駅から数分の場所にある。西先生の大阪公演の合間を縫って、ようやく念願の「南蛮文化館」を訪れた。南蛮屏風なぜかというと、「南蛮屏風」をじっくり観たかったからだ。日本に現存する「南蛮屏風」は、70点ほどある。だが、静かな環境で「南蛮屏風」を鑑賞できるのは「南蛮文化館」だと人づてに聞いていた。私が訪れたときは、数人しか訪問者は居ない。絵画や漆器、地図や書籍、マリア像や十字架、キリシタンに関するこれだけの作品群が、東京の上野にあれば、連日、人でごった返しているところである。おそらく、民間で多くの貴重な南蛮コレクションを所有してしるのは、「南蛮文化館」であろう。イエズス会と日本「南蛮屏風」は、当時を実際に見た者でしか、描くことができない情景がある。屏風をじっくり観ると、南蛮船の来航だけでなく、黒人奴隷も描かれている。織田信長は、弥助(やすけ)という黒人奴隷を家来として召し抱えていたことでも有名だ。さらに、祈りを捧げる宣教師。そして、南蛮寺の様子まで描かれている。南蛮寺は、イエズス会が京都に建てた教会だ。南蛮寺の絵には、宣教師が正座をしており、聖杯を捧げている光景がある。この聖杯が、茶道に影響を与えたのだろう、、、11月は残り少ない。キリシタン文化に興味のある方は、一度、訪れてみてはいかがだろうか。ー岡崎 匡史この記事の著者岡崎 匡史日本大学大学院総合科学研究科博士課程修了。博士(学術)学位取得。西鋭夫に師事し、博士論文を書き上げ、著書『日本占領と宗教改革』は、大平正芳記念賞特別賞・国際文化表現学会学会賞・日本法政学会賞奨励賞を受賞。

      テーマ:
  • 04Dec
    • 18.12.04 日本をダメにする元凶  大久保利通

      歴史を振り返ってみると大久保が、ドイツ官僚組織をまねしたところから始まっている(らしい)。官僚に侍(武士)がいなかった。今もいない。侍は責任をとって、切腹をする。官僚は、悪いことをしても退職金をしっかり受け取る。天下り先をしっかり見つけて老後の安泰以上のものを求める。日本をダメにするのはこの人たちのようです。【相場観】金:買い白金:売り。 安値更新止まったようにも見える、ということは勇み足になるかもしれないが、高値越えでの買いが面白い。逆にそこが売り場になる戻り売りのポイントにもなるが、・・・ゴム:買い。ガソリン:買い。原油:買い。コーン:買い。

      1
      テーマ:
    • 18.12.04 財務省の狙い

      国民を貧乏にすること。そして国を亡ぼすこと。以下引用信じられないかもしれませんが、、この15年間、私たちのお金は、恐ろしいスピードで奪われています。年間で50万円以上、知らない間にお金が減っているのです。(※額面年収700万円の場合)これはダイヤモンドONLINEが出したグラフです。◆年収700万円の場合の手取り収入の推移(出展)ダイヤモンドONLINE税引き前の年収が700万円の場合、15年間でなんと50万円以上減っているのです!!給与額は同じなのに、実際にもらえる金額が50万円も多く徴収されているのです。なぜかというと、この15年間で・継続的な社会保険料の増額・配偶者特別控除の一部廃止・子どもの扶養控除の縮小や廃止などなど、、政府の様々な施策によって税金が上がっているからです。これで終わりではありません。さらには、2019年10月から消費税が10%になりますし、今後も日本人の実質賃金はますます下がっていきます。最近は、政府もしきりに「副業」を推進する発言も多いですが、、これは本業だけでは収入は伸ばせないですよ、ということを暗に認めていると言えるのではないでしょうか?

      テーマ:
    • 18.12.03 ビッグイヴェント

      米と中フランス・・・・国内。経済。不況になると暴動新興国mining通貨社会保障の財源問題、削減・・・・・・ドイツ、フランス、ロシア、日本等々【相場観】月足、週足、日足を見る。すると判断が少し正確になる無駄な仕掛けが減る。金:買い。白金:売り。 手仕舞いを考えるところか?ゴム:買い。今日の暴騰は買い玉の逃げ場か、さらなる会を求めたか?ガソリン:買い。今日の高値を越えたら本格買い参入を考慮する。原油:買い。コーン:売り。値動きが激しい。米中問題がらみ。

      1
      テーマ:
  • 03Dec
    • 18.12.03 核武装の時代

      米大使館占領事件イラクの次は、北朝鮮。北朝鮮の次は、イラン。イランの首都テヘランでイスラム原理教徒の革命軍が米大使館を占領し、52人を人質に取り、444日間拷問した。イランは米国民の強い恨みを買い、米国の「正義の報復」が終わっていない国である。イランは核保有国であり、北朝鮮から購入した弾道ミサイル数百発を持っている。米国大使館前で星条旗を逆さに掲げるイラン人学生たち米政府は敵国が持っているかもしれない「大量破壊兵器」を口実に戦争をしているが、世界史上で初めて核兵器(原子爆弾)を使ったのはアメリカであるという歴史的な事実を忘れているかのようだ。もちろん、忘れているのではない。口に出せないのである。ヒロシマ・ナガサキ歴代の大統領は、「ヒロシマ・ナガサキ」は「戦争を早く終わらせるために使用した」「米将兵の戦死を避けるために使わねばならなかった」「原爆で戦争に勝った」と説明してきた。私もアメリカでこの説明を何度も聞いた。聞かされた。同じ理由で、追いつめられたと思い込んだ北朝鮮が核テポドンを「自衛」の先制攻撃として撃つかもしれない。イランも、インドも、パキスタンも、イスラエルも、使うかもしれない。米国内のマスコミで頻繁に行われている大量破壊兵器についての討論で、「ヒロシマ・ナガサキ」はまず出てこない。これは、アメリカの盲点。強さ・力だけを信じている巨大帝国アメリカは一度躓くと、岩が坂道を転がり落ちるかのように止まることができない。アメリカは「ベトナム戦争」から何を教訓として学び取ったのか。西鋭夫著『日米魂力戦』第5章 戦争と平成日本 -39この記事の著者西 鋭夫1941年大阪生まれ。関西学院大学文学部卒業後、ワシントン大学大学院に学ぶ。 同大学院で修士号と博士号取得(国際政治・教育学博士)。J・ウォルター・トンプソン広告代理店に勤務後1977年よりスタンフォード大学フーヴァー研究所博士号取得研究員。それより現在まで、スタンフォード大学フーヴァー研究所教授。また、2016年3月より同研究所小川忠洋フェロー。>>西鋭夫講演録[改訂版]「新説・明治維新」明治維新に秘められた近代日本の秘密とは?

      テーマ:
  • 01Dec
    • 18.12.01 先制攻撃が許されるとき

      悪の枢軸2003年4月23〜25日、北朝鮮と米国と中国が北京で北朝鮮の核について話し合っている時、北朝鮮の代表が米代表に「核爆弾を持っている」と発言した。動転したのは米政府ではなく、日本政府だ。日本政府は、「本当か」と議論中である。「拉致問題は解決した」とうそぶくテロ国家が「核兵器を持っている」と言ったら、その真偽を確かめる手段も方法も持っていない日本で最初にすることは「防衛」である。ただの脅しであってくれれば良いと願望に頼っている時間はない。米政府は北朝鮮の核保有を緊急重大事件と受け止めている。ブッシュ大統領は「イラク、北朝鮮、イランは悪の枢軸である」と世界に向けて警告し、これら悪の3カ国が自ら改善するか、さもなければ武力を使ってでも「国」を変えさせるという決断を表明した。日本カード「悪の枢軸」の「悪・Evil」は日本語の「悪い」ではなく、キリスト教でいう「神」に敵対する「悪魔」の意味だ。「魂」そのものが救いがたい極悪なのである。悪の伝染病が世界中に拡散し、数多くの犠牲者を出す前に殺さなければならない、という発想だ。それ故、米国民の頭の中で「先制攻撃」が正当化される。2003年3月19日の夜に開始された第二次湾岸・イラク戦争は、米国の「先制攻撃」である。金正日総書記は、米政府の口実を封じるために日本を使った。日本人拉致を素直に白状すれば、日本国民が許してくれると読み間違えた。小泉首相は北朝鮮が凶暴な国と知っていたが、実際に目の前でテロ国家の独裁者が「拉致」を認めたのを見て、言葉を失ったまま帰ってきた。激怒したのは日本国民だ。「国交正常化交渉中止」と暴動寸前の精神状態である。日本政府は、この「北朝鮮不利」を外交の武器として国交正常化に使えばよいのだが、そこまで勇気のある政治家は出てこず、この絶好の機会をみすみす見逃している。「日本カード」を失った北朝鮮はより好戦的な姿勢をとり、テポドンを威嚇発射したり、核兵器を多量に製造する暴挙に出て、アメリカの注意を引くことに懸命である。北朝鮮は努力をしなくても、米政府に睨まれている。西鋭夫著『日米魂力戦』第5章 戦争と平成日本 -38この記事の著者西 鋭夫1941年大阪生まれ。関西学院大学文学部卒業後、ワシントン大学大学院に学ぶ。 同大学院で修士号と博士号取得(国際政治・教育学博士)。J・ウォルター・トンプソン広告代理店に勤務後1977年よりスタンフォード大学フーヴァー研究所博士号取得研究員。それより現在まで、スタンフォード大学フーヴァー研究所教授。また、2016年3月より同研究所小川忠洋フェロー。>>西鋭夫講演録[改訂版]「新説・明治維新」明治維新に秘められた近代日本の秘密とは?

      テーマ:
    • 18.11.30 一貫性

      トレードでは一貫性が求められる。同じようなことを淡々とこなすと、大数の法則で、良いか悪いかわかる。悪ければその逆をやれば、うまくいくだろう。何事も継続が大事一貫性のないもの、齟齬をきたしているもの。矛盾。本人は、不幸なことにそれに気が付いていない、移民(国際的な意味と違った意味で使っている)従業員の給料を上げろといいながら、給料が下がる政策をとっている。給料を上げれば、看護師、介護士は集まる、が、移民を増やせば安い労働力が集まり、景気がさらに悪くなる、税収が減る、消費税上げて更に消費が落ち込む、さらに税収が落ち込む、そして生活保護書体が増えて、さらに財政を悪くさせる。そんな簡単なことがわからないふりをしている、悪の塊、巨悪は旧大蔵省、財務省、ついでに、先進諸国にはない文部省とかいう省、今は文部科学省と言っている、これも諸悪の根源の一翼を担っている。借金は、悪だと思っている、ドイツ・・・・その影響でイタリア、ギリシャなどは苦しんでいる。ドイツの失敗は、根拠のない紙幣の刷りすぎ。日本は刷りすぎになっていないから、物価上昇が2%になるまで(ここ大事、根拠に準じるところ)刷っても困らない。もし20年前からやっていれば、中国に負けることもなかっただろう。GDPも1000億円ぐらいになっていただろう。残念。景気が良くなる話はいつできる???アメリカのレーガン大統領の時代はどうだったのでしょう。【相場観】金:買い白金:売り(ゴム:買い。ガソリン:売り。原油:売り。コーン:売り。 買いと昨日判断したが早々に売り点灯。残念。

      テーマ:
  • 30Nov
    • 18.11.29 むつかしい原油

      その理由は・・・・戦時下であること  各国の思惑で上げ下げがあること  とくにアメリカの意向が大きい  簡単に考えると、下げ相場、行くところまで行くのが自然の流れ。買い転換するまで様子見。売り玉維持。【相場観】金:買い。有事の金買いか?白金:売り。ゴム:買い。ガソリン:売り。上げそうだけど安値更新。原油:売り。コーン:買い。

      1
      テーマ:
  • 29Nov
    • 18.11.28 Nial Fuller からの手紙(セールスレター)

      【相場観】金:売り白金:売りゴム:買い  (RSS3というゴムです。)ガソリン:売り。転換暗示のサイン。 kappaの知り合いも数日前から買い参入している人がいますが、kappaはサインを待ちます。原油:売り。コーン:買い。Nial Fullerからの手紙【Pick The 'Perfet' Trade Entry Point For Lower Risk & Higher Reward】The ideal trade entry is one that allows for good stop loss placement and a substantial risk / reward potential. Easier said than done, right?Well, maybe not. Whilst these “perfect” trade entries may not be frequent, it doesn’t mean they are “hard” to spot. It just takes some training combined with screen time to learn how to find them.There are essentially three process that I use to find the ideal trade entry. Here, in a nutshell, is what I do every time I am looking for a new trade entry, this is how I think and what I look for:The 3 keys to finding the “perfect” trade entry:The easiest way to do this is to first look for any really obvious price action signals on the daily chart time frame. The daily chart time frame, traded in an end of day manner is my favorite way to trade. I am looking for really obvious signals and patterns that “stick out like a sore thumb”, and once you get familiar with the setups I teach, these aren’t hard to spot.Next, you want to look for confluent factors for the trade that back up the signal. So, you are sort of “reverse engineering” the trade, if you will. You spot the signal, then, you start looking back in time on the chart to see if the signal bar lines up with other key levels or has formed after a pull back within a trend or has some other type of confluence with the chart.Essentially, you want to line-up as many supporting factors as possible if you want to find the “perfect trade entry point”. The last thing you want to do, if you’ve found a signal that has confluence, is look to see if you can “refine” the entry so that you increase the risk:reward potential of the trade (this is a more advanced concept that whilst isn’t “necessary” can improve risk:reward. I get into this more in-depth in my professional trading course).Note: Whilst there really isn’t a “perfect” trade entry, we can still try to look for trades that have the most “weight” or confluence behind them.A brief breakdown of the 3 key pieces of the “perfect” trade entry are: Find the signal, pattern, level to trade, this is somewhat obvious, but it’s also a skill that needs to be developed and refined. For this tutorial we will use pin bar entry signals and tailed bar entry signals. Look for entry filters and confluent factors; things that back up the trade such as a strong trend, key horizontal support and resistance levels, 50% swing retracement levels other past signals (event areas), moving averages and more. Entry tweaks and tricks; such as the 50% tweak retracement entry of the signal bar itself, or simply consider a nearby key level for a more optimum entry point, that allows for better stop placement and larger target.My typical daily routine to find that “perfect” trade entry:After I wake up and eat a healthy breakfast (and yes, sometimes I eat Vegemite) and do my morning exercise, I will flip on the charts and see what happened after the U.S. session closed, remember, I am focused on the New York close charts. Since I live in Australia, when I wake up it is in between the U.S. close from the previous day and the European open, so I have a nice time to observe the daily charts in Forex, Stock Indices and major commodities and see what happened before they really get moving again in Europe. Or, if I am looking at my local Aussie markets, since it’s morning it’s the perfect time to enter a trade, IF one is there.My goal is to scan quickly through my favorite markets to trade and then look for obvious trade signals / patterns that provide me with an edge in the market. If I find one, I will then filter that trade by finding reasons that back up the trade or that make sense with the surrounding market structure. At this point, I am also seeing if the trade maybe doesn’t make sense? Just because I find a potential signal doesn’t mean I always trade it. If a signal has little to no supporting confluence then I will probably not trade it.Lastly, if I find a signal that meets my criteria and makes sense in the surrounding market structure (confluence), I will then find the best and most logical way to enter it with the goal of best stop loss placement and a high potential risk reward.Let’s go through some examples:Example 1:In the chart below, I saw a very obvious daily chart EURUSD pin bar sell signal that looked like it had a lot of confluence behind it, which we will discuss in the next chart. For now, note that the tail of this pin bar was CLEARLY sticking out from the nearby pars, indicating a sharp reversal and rejection of that price area and implying price might move lower in the coming days. I didn’t have to search long or hard for this signal, it literally “jumped” off the chart to me:In the next chart, we are checking to see what supporting “evidence” this pin bar signal has. In this case, there is definitely enough evidence to warrant a trade entry. As per the chart below, the market was in a multi-month downtrend and the signal had formed after a pull back to resistance, and a key resistance zone at that. The signal itself was also well-formed and obvious, in my mind this trade was a “go” and all we had to do was set it up, pull the “trigger” and go watch a movie or play some golf or whatever you like to do, just don’t stare at the trade all day after it’s live.Next, let’s look at the zoomed in view of the above pin bar. We are focusing now on the entry “tweak” as well as seeing if we can improve the risk reward potential on the trade. Notice, in this trade, we could have entered near the 50% point of the pin bar for a much improved risk reward ratio. Realistically, an exact 50% entry on the pin would have been difficult as price just barely touched that level before moving lower again. However, you could still have entered on a retrace of the pin somewhere under that 50% point and with a stop above the pin high. You would have a logical stop placement and a strong 3R to 4R profit potential on the trade.Example 2:In the example below, we are looking at the daily SPI 200 (Australian Stock Index) chart. Upon glancing at this chart the pin bar circled below quickly caught my eye. It clearly lined up with an overhead level on the daily chart time frame. The tail on this pin bar was clearly sticking out and showed a sharp reversal in price.The chart below shows a weekly chart view of the above daily chart. Often, I will check the weekly chart when I find a trade on the daily or 4 hour, to see how that signal makes sense in the context of the longer-term time frame, or if it makes sense at all. In this case, the pin bar on the daily above, formed at a very powerful key resistance level / event area on the weekly chart, as we can see below. It also formed in-line with the downtrend in place on both the daily and weekly charts.Finally, we see a zoomed daily chart of the pin bar signal we are trading. Note that no retrace / tweak entry was possible here but this trade still had a good 2R Reward potential since the next support was not until quite a ways down as you can see below. Trades like this that form at a key level / event area and have the trend behind them and make sense on the daily and weekly, often lead to fast and big moves…Example 3:In the next example we are looking at a couple of bearish tailed bar signals that formed on the daily Crude Oil chart. You will quickly notice a very strong downtrend was in place and that these bars formed just under a key resistance level after price broke and closed under that level just prior. Whilst these signals may not “jump” off the chart at you like the first two examples, given the momentum behind the sell-off in this market they would have been obvious setups to the trained price action trader.Once we zoom out a little more you can clearly see the magnitude of that overhead level as well as the trend that was in place. These strong pieces of supporting confluence made this trade a virtual “no-brainer”.A zoomed in view of the signal on the daily chart shows us that even with a stop loss just above the first tailed bar high (and beyond the level) there was still a huge potential risk reward on this trade because this market was truly in a runaway trend. These types of trends are the best for pyramiding into positions and making a big profit. Notice on just one position here you could have easily grossed a 5R profit. Not a bad payday.ConclusionI hope that the main thing you take away from today’s lesson is that the best trades are ones that form with multiple supporting factors. In all of the examples above, the trend was really obvious and the signals formed at a key level in the market. This stuff should not be difficult once you gain the knowledge and understanding of what you’re looking for. However, there is an “art and science” to it that takes some training, time and gut feel to get really good at.I want you to remember that you’re looking for an “intersection” of a signal and a level or a signal and a trend or even just a level and a trend as in the case of a blind entry. Essentially, what we are doing here is trading like a sniper by waiting for the right pieces of evidence to align and give us the green light to pull the trigger on the trade. All of this becomes easier once you understand how to read the footprint of money on the chart, i.e. the price action. It does take passion and commitment though, I have found as I’ve gotten older that the charts have made more and more sense to me, even the randomness within them.You have to truly to be in this for the ‘long-haul’ if you want to succeed at it because trading is the ultimate test of the self. The market WILL expose all your human flaws and how long it takes you to truly start making consistent money at trading or if you do it all, depends mostly on how fast or if you can accept these flaws and correct them. Whilst this part of trading is not easy, there are people who can help you; other traders who understand what you’re trying to do and what you’re going through.Learn To Trade The Market is a collective community of 20,000 + members who are all on the same page and who all have the same end-goal of trading success. My members are following the trading ideologies, processes and concepts discussed in this article and that I expand upon in my advanced course. This is why I created Learn to Trade The Market, because it allows you to “look over my shoulder” via my daily trade setups newsletter where I implement the routine described above and combine that with the core teachings of my course.Please Leave A Comment Below With Your Thoughts On This Lesson…If You Have Any Questions, PleaseContact Me Here.

      テーマ:
  • 27Nov
    • 18.11.27 

      【相場観】金:買い白金:買いゴム:買い V字回復、通称スパイクボトムになるか?ガソリン:売り。原油:売り。コーン:売り

      テーマ:
    • 18.11.26 踏み躙られた”平壌宣言”

      関係各国の利害不思議に、北朝鮮の核保有とミサイル発射事件に関して中国は何も言わない。日本市場で多額の利益を上げているにもかかわらず、何もしない。米国市場で莫大な利益を上げている中国は、米国民の「北朝鮮問題」での苦悩を「米国の自業自得だ」と楽しんでいるかのようだ。米政府は北朝鮮の最大支援国である中国に北朝鮮の核武装を解いて貰いたいのだが、中国がその見返りに「台湾をくれるか」と弱みにつけ込んでくるのではないかと懸念し、動きが取れない状態である。金正日総書記は、日本と米国の支援なしでは北朝鮮経済の再建は不可能と自覚している。それ故、米政府に「1994年の約束を破り核兵器を製造したのか」と問いつめられた時、「そうだ」と答え、同時に日本人拉致を認め謝罪すれば、日米が共同して厖大な支援を与えてくれ、さらに黄金の日米市場経済に参加させて貰えると策を練ったのだ。小泉訪朝2002年9月17日、日本の首相として初めて北朝鮮を訪問した小泉首相は、「8人死亡」を知りながら金正日と会って3時間何を話したのだろうか。「日朝平壌宣言」が発表されたが、空しさが響く。平壌宣言には「拉致問題」が入っていない。拉致家族会は、日本政府(外務省)が総力を挙げて人質奪回に努力をしていないと判断したのか、日本政府に「力」がないと見たのか、アメリカに直訴した。さらに、ジュネーブで開かれていた国連人権委員会で拉致の非情を訴えた。この委員会で「北朝鮮非難決議」(2003年4月16日)が賛成28カ国、反対10カ国(これらの国々は日本からODAの金を貰っている)、棄権14カ国、で採択された。この決議に強制力はないが、日本人拉致が世界の注目を集めたことに意義がある。近隣国ロシアと中国は反対した。両国は、国連人権委員会で絶えず非難決議案の対象になっている国である。韓国は意図的に欠席した(『産経新聞』2003年4月27日付)。「平壌宣言」の形骸化この宣言の中で、北朝鮮はテポドン発射を中止すると約束したが、すでに発射を数回行い「平壤宣言」の無効を証明した。北朝鮮を無視しているような態度を示している米国の注意を引くために、「北朝鮮は危ないのだぞ」と宣伝をしているのだろう。そのために日本が使われている。さらに「平壤宣言」の中で北朝鮮の核問題(核兵器)は、北朝鮮が国際的合意を尊重しながら解決に努力すると書いてある。小泉首相は米政府から「北朝鮮は核爆弾をすでに2、3発保有している」と教えられていたにもかかわらず、この押しの弱さである。西鋭夫著『日米魂力戦』第5章 戦争と平成日本 -37この記事の著者西 鋭夫1941年大阪生まれ。関西学院大学文学部卒業後、ワシントン大学大学院に学ぶ。 同大学院で修士号と博士号取得(国際政治・教育学博士)。J・ウォルター・トンプソン広告代理店に勤務後1977年よりスタンフォード大学フーヴァー研究所博士号取得研究員。それより現在まで、スタンフォード大学フーヴァー研究所教授。また、2016年3月より同研究所小川忠洋フェロー。>>西鋭夫講演録[改訂版]「新説・明治維新」明治維新に秘められた近代日本の秘密とは?

      テーマ:
  • 24Nov
    • 18.11.24 テポドン外交

      拉致問題日本人の若い男女が北朝鮮に誘拐・拉致され、北朝鮮で死んだ。病死か、殺害されたのか。自民党政府はこの事実を知りながら、二〇年間も放置していた。日本国民が他国に拉致されたら、奪回に全力を挙げるのが国の義務である。責任である。国民の安全と命を守らねば、国を司る政府には存在価値もない。二〇年間知らぬ振りをして、北朝鮮に現金やコメや燃料をせっせと送り込んだ日本の政治家たちは、日本国民の生命と安全を犠牲にしてまでも北朝鮮に尽くさねばならない「借り」でもあるのか。8人死亡、5人生存、1人行方不明。あと何人、何十人、何百人拉致されているのか。国辱感情的になってはいけないと思う人もおられようが、夢や希望を持っていた若い日本人たちが北朝鮮のスパイにさらわれ、この世のものとも思えない恐ろしい土地へ運ばれ、そこで日本を恋しいと思いつつ、両親や家族のいる国へ戻りたいと涙しながらも、母国日本を攻撃するためのスパイ訓練の道具として利用され、死んでいったのだ。これでも感情的になるなと言うのか。彼らはなぜ殺されたのか。用が済んだので、殺したのか。この事件に関して感情的にならなければ、なれない人に問題がある。我々の純粋な「感情」は、このような国辱そのもの、非情な殺人行為に対して激怒するためにある。日本的平和外交北朝鮮と「国交正常化交渉」をするなと言っているのではない。するべきであるが、北朝鮮は独裁者に牛耳られたテロ国家である。国家単位の武装テロ集団である。日本国民は、この現実を忘れてはならない。日本独特の「平和的解決」は通用しない。北朝鮮は攻撃用テポドンの改良に全力を挙げ、日本海や日本列島を越え、太平洋へ威嚇発射をしながら、日本に「援助しろ」と要求する。援助せよと急かす日本の政治家たちもいる。1994年と1998年に、北朝鮮の恐喝に脅された日本は、金とコメと医療品と軽油燃料をクリントン大統領の指令に従い、出した。西鋭夫著『日米魂力戦』第5章 戦争と平成日本 -36この記事の著者西 鋭夫1941年大阪生まれ。関西学院大学文学部卒業後、ワシントン大学大学院に学ぶ。 同大学院で修士号と博士号取得(国際政治・教育学博士)。J・ウォルター・トンプソン広告代理店に勤務後1977年よりスタンフォード大学フーヴァー研究所博士号取得研究員。それより現在まで、スタンフォード大学フーヴァー研究所教授。また、2016年3月より同研究所小川忠洋フェロー。>>西鋭夫講演録[改訂版]「新説・明治維新」明治維新に秘められた近代日本の秘密とは?

      2
      テーマ:
    • 18.11.23 移動平均線

      GMMA 移動平均線の12本使い。レインボウチャート・・・・移動平均線をいっぱい、それぞれ色違いきれいなレインボウを描きます。【ゴーンの功罪】・人減らし、必要なものまで切り捨てての再建はないでしょう。・日本人の不得意な人減らしに尽力しただけ。・町工場の社長のようなお金の感覚こんな人の部下になりたくない。

      テーマ:
  • 23Nov
    • 18.11.22 いい夫婦

      アメリカの感謝祭。今日はforexをしない日。新嘗祭・・・・占領軍の方針で、祭り・祭日を勤労感謝の日と改めた。その心は、神道の国からキリスト教の国にしたかったから。その他の祭日も祝日と変わった。祭りを執り行うのは天皇以下、国民全体。天皇の行事と大いに関係がある。半分成功・日本から愛国心を奪った。国旗掲揚、国歌斉唱に反対する団体を作った。ほかの国では考えられない。・武士道。文武両道の考えが廃れた。・精神文化を崩壊させた。【相場観】金:買い。前の山を越えることができるか、さらなる上昇が期待できるか? 期待できるのであれば買い増しを考えるところ、期待できないのであればそこそこのところで利食いすることを考える場所。白金:買い。パラジウムの動きも面白い。ゴム:売り。転換を暗示する足取り。ガソリン:売り。 日柄観測をするところ。原油:売り。コーン:売り。

      1
      テーマ:

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス