▼確率の低いものから切っていく | 勝ち組在籍方法!競馬記事書庫
2011-12-14 13:49:23

▼確率の低いものから切っていく

テーマ:★予想編

---------------------------------------------------------
NEW TARGET frontier JVをパワーアップさせましたか?

>>馬場情報&競馬ネタは随時twitter でつぶやき中。

>>競馬記事専用ブログ開設 →読者登録・アメンバー申請お願いします。

---------------------------------------------------------



主に展開を考える時に展開はワンパターンで考えられるケースは少ないです。




なので確率の低いものから切っていき、考えられる展開でもっとも可能性が高いものを重視していきます。




当然、時にはその確率の低い方になるケースはありますが、それは予想が外れたとかではなく馬券を買う時点でこの展開になったら可能性は低いので仕方なしと割り切ります。それは実際には予想が外れたというよりは少ない確率の展開でも予想は出来ていたことなので別に悔やむ必要もないです。





考えられる全てのパターンに対応して馬券を買っていては回収もとれないですし手広くなってしまうだけです。




なので実際に馬券を買う時も出来るだけ考えられる展開の可能性の割合が高いレースを重視します。



例1)


パターンA:70%

パターンB:10%

パターンC:10%

他パターン:10%




こんな感じならば迷わずパターンAで考えられる馬券に絞り込んでいきますので買いレースの1つになります。しかし、次のような時はちょっと買いづらいです。




例2)


パターンD:20%

パターンE:20%

パターンF:20%

パターンG:20%

他パターン:20%



あまりにも考えられる展開が多かったりしたらどのパターンを選択するかで明暗が分かれます。これではただのクジみたいなもんなので馬券的な妙味も大幅に下がります。なのでこの手のレースは少なくとも馬券は見送ります。





馬券的には例1)の時が買い材料がそろったレースで、その中でもパターンA以外での決着だったならば仕方がないと割り切ります。普通に考えれば逃げるだろう馬が逃げなかったりとか、先行馬が出遅れたりとか、考えられない不利を受けたりと色々ありますのでそういった事を予想段階から色々と考えすぎても予想がまとまらないので出来るだけオーソドックスに考えられる確率の高い展開を重視して予想を詰めていきます。




展開だけではなく、軸馬を決める時もこうやって考えるケースが多いです。





逆に例2)のように色んなパターンが考えられるのにある1頭が人気をしすぎているような場合なんかは同じくらいの確率でいろいろ考えられるので穴っぽいパターンから小額で狙ってみたりする価値はあります。




ここら辺の色んな展開や馬の動きなんかは重賞検討会(勉強回顧) でそれぞれの重賞で毎回解説しているので、確率のいい馬、確率のいい展開などを重視していることも多ければ、どうやっても色んなパターンが考えられてしまって非常に手を出しづらい難しいレースである場合には難しいなりにどういう買い方の工夫をすればいいかなんかも解説しています。




どうして買いやすいのか?



どうして難しいのか?



どんなパターンが考えられるのか?





と言うのを毎週の重賞検討会から少しずつ感じ取ってもらえれば他のレースにも役立てる事が出来るはずです。




重賞検討会を単なる”予想”と勘違いしている人も中にはいるみたいですが、”予想”といってもただ買い目を提供したりするような予想ではなくて、どういう考え方が出来るかという”視点と解説”が中心です。こういった色々考えられるパターンを少しでも把握してもらえることが一番です。




買いづらい理由、買いやすい理由なんてのを書いているのも特徴です。





確率の低いパターンのものは出来るだけ軽視し、より確率の高いものを常に選択していくというのがレース選びにも軸選びにも大切な要素です。





→ 競馬記事


---------------------------------------------------------

競馬記事専用ブログ「勝ち組在籍方法!」はこちら


▼競馬アイテム

---------------------------------------------------------

hide@勝ち組在籍方法!さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス