「伝わる」販促プロデューサーの鮎飛です

私の仕事の中で多いものの一つに「変換」があります

チラシやWebサイト、動画などの
販促ツールをプロデュースする際、
クライアントの言葉を「変換」します

殆どが、
あれもこれも、と言いたことを詰め込みます

結果、うまく効果が出ず、
「チラシって効果ないよね」
「ホームページ作ったけど、イマイチで」
といってツールのせいにします

販促ツールさん、かわいそうです
彼らは、それを伝えているに過ぎません
その伝える中身は、
「あれもこれも言いたい」になっているだけなんです


「売れる」ってどういうことでしょうか?
なぜ「売れる」んでしょうか?


私のセミナーでも、この「問い」を行います

多く人が、黙ってしまいます

なぜ「売れる」のか、
それは、お客様が「買っている」からです

「買う」=「売れる」です

ということは、
お客様が買わなければ「売れない」ということになります

売り手が伝えたい、言いたいことは、
買い手(お客様)が知りたいことと一致すればいいのですが、
一致しなければ「売れない」のです


先日の投稿でおご案内した「お米パン」のチラシ
ラフの段階では「冷凍パン」でした

なんだか、冷たくて美味しくなさそうですね

売り手からすれば、
冷凍パンだから、
解凍すればいつでも焼き立てのパンを食べられる
と伝えたかったのですが、
顧客視点に立つことを徹底してブラッシュアップした結果、
このパンの1番の特徴は「米粉」で作ったパンであること
に気づかれ、訴求ポイントを大きく変えました

結果、通常の3.5倍以上の集客を実現し、
売上も大きくアップしました


また、
介護施設での求人チラシのケースでは、
「福祉のお仕事相談会」を案内するチラシを折り込みましたが、
反応がイマイチ、採用にはつながりませんでした

ここでも顧客視点で見直し、
タイトルを「求人スタッフ募集!」に変えたところ、
相談会場には次々と相談者が訪れ、
採用もできました

この求人チラシ、基本的にどちらも掲載内容(情報)は同じです
レイアウトとタイトルを変えたのが大きなポイント
「言いたい」を「聞きたい」に変換しただけです


「売ろう」とすると売れないけど、
買っていただこうとすると「売れる」

「言いたいこと」を「聞きたいこと」に変換するだけで、
結果は大きく変わります

販促ツールはそれを伝えるだけ、
伝える内容が重要なんです

「伝わる」販促プロデューサーの鮎飛です

 

Vlogを、休日の度に3週連続作ってみました

 

作るほどに、いろいろわかってきます。

その中で一番感じたことは、

 

情報量がハンパなく多い!

 

わかっていることでも、
実感すると違いますね

 

 

文章に比べて、写真の情報量が多いことは
ご理解いただけると思います

 

動画となると、さらに「時間軸」が加わります

 

時間軸が加わるということは、
経過の様子、時間が経つことに変化するものや、
顔の表情などがわかります

 

カメラを動かすことで写る範囲が広がります
チラッと写るだけでも、
情報として十分なことがたくさんあります

 

また、さらに「音声」も加わります

 

屋外であれば、
風や水の音、鳥の声、車の走行音、誰かの話し声、
いろいろ飛び込んできます

 

これだけの情報量、
写真では難しいですね
文章でもいろいろ表現できますが、
限界があります

 

改めて動画の情報量は、
ハンパなく多いことを実感させられます

 

つまりは「リアル」なんですね

 

このリアルさが、
説得力を高めることができ、
伝わりやすくなります

 

 

いったことない国も、
TVで見ていったような気になる

 

あったことない人も、
TVで見てあったような気になる

 

そんな経験をされたことがあると思います

 

「リアル」だから伝わること

 

販促に動画をどんどん活用しましょう

 

(Vlogの一シーンから)

「伝わる」販促プロデューサーの鮎飛です

 

先日、やっと、Vlogを作ってみました

 

作ってみてわかったことの一つに、

 

なんてカンタンなんでしょう

 

次に、
自撮りって、今まで考えたこともなかった

 

カメラが小型軽量化したことで、
本体の形状も自由になり、
従来の撮り方の枠を超えて撮れる
というのが最大の面白さだと思います

 

従来の「ビデオカメラ」は、
「誰か」を撮るという考えしかなかったように
思います

 

我が家にも山のようにビデオテープがありますが、
全て家族を撮っています

 

自分が写っていないので、
この家には父親はいないのか、
と思ってしまうほど自分が映っていません

 

Vlogの場合、
自撮りが簡単なので、
自分を主人公として映像作品が作れます

 

これがVlogの最大の特徴かもしれません

 

実際に、YoutubeにアップされたVlogを
色々みてみると、
制作者自身が出てくるものを多くみられます

 

旅であったり、
グルメレポートであったり、
山に登ったり、
と、いろいろですが、
自分を主人公として作っている

 

自分を物語に登場させて
作ってみよう!

と、今回はチャレンジしました

 

自分をさらけ出して撮影し、
画面の中の自分を編集する

 

ちょっとこそばい感じでしたが、
これは面白い!

 

自分でVlogを作ってみて、
その面白さに気づきました

 

※Vlogのタイトル

「伝わる」販促プロデューサーの鮎飛です

 

2月から3月にかけて講師を務めた「折込チラシ作成講座」、
その受講生から素晴らしい報告がありました!

 

なんと、

 

集客3.5倍!

 

そのチラシは、こちらです

 

 

私の家にも折り込まれてきて、
このチラシを見た瞬間、
「これは!」と思いました

 

 

今シーズン販売開始当日は出張で伺えなかったのですが、
翌日、お店に行きました

 

奥飛騨温泉郷よりも、さらに先に行った
小さな集落にあるお店です

 

 

和仁農園さんが経営する「和仁の蔵」というカフェ&ショップで
ここで「お米パン」を販売しています

 

 

早速、私も家内と一緒に
パンを選んで購入

 

レジでは、

「当日はあいにくの雨ですが、
たくさんのお客様に来ていただいています!」
と常務さんがお話くださいました

 

 

こちらが購入したパンです
(写真を撮る前に食べちゃったもののありますので、少し減っていますが)

 

冷凍パンで、自然解凍後、軽くレンチンすると
 

 

ホカホカの美味しいパンの出来上がりです

 

 

販売開始3日目は、
なんと峠では季節遅れの雪が降ったというニュース

 

来店客に影響しなければいいけど・・・

 

週が明けた火曜日、
受講された和仁農園さんの和仁さんから
週末3日間の集計報告をいただきました

 

報告によると、

 

集客が3.5倍!

 

当のご本人も驚いていました

 

売上はどうだったかお聞きすると、

 

パンの売上が13倍!!
 

さらに、よくお話を聞くと、
3日目は売り切れになってしいまい、
それ以上の売上が作れなかったとのこと

 

それを考慮すれば、
もっと売り上げられた可能性があります

 

大変素晴らしい成果ですね

 

月曜日は定休日で、
翌火曜日はたくさんの方が来店され、
あっという間に「お米パン」が売り切れになったそうです

 

しばらく効果は続きそうですね

 

講座内容をきっちり反映した、

お手本のようなチラシを作成いただきありがとうございます。

 

 

コロナ禍、遠方からの集客が難しい中、
地域(ローカル)での集客が重要になっています

 

このように、
折込チラシを使った集客に
取り組んではいかがでしょうか

 

 

※和仁農園の和仁様、情報提供と公開の承諾をいただきありがとうございます。

 

和仁農園のホームページ

 

 

 

※講座の様子はこちらです

 

 

 

 

 

 

「伝わる」販促プロデューサーの鮎飛です

 

動画の活用スピードが上がる中、
更なる準備を進めています

 

「もっと手軽に動画を」をテーマに
昨年は準備を進め実践してきました

 

今年は、「もっともっと手軽に動画を」をテーマに

進めていきたいと思います

 

そこで注目したのが「Vlog」です

 

Vlogって、よく耳にしますが、
なに?

 

ざっくり言えば動画版ブログ

日常をテーマにしているのもあれば、
商品レビューもあり、
そのスタイルは様々

 

ん、日常を撮るのであれば、
しばらくやっていなかったけど、
以前はやっていました

 

 

ほら、探したら出てきた

 

これは一部で、まだたくさんあります

 

え?ビデオテープ??

 

と思う方もいらっしゃるでしょう
今はSDカードが主流、
ビデオテープなんか見たことない
という方もいらっしゃるでしょう

 

機材や録画メディアは違っても
やっていることは変わりません

 

記録メディアが半導体になったことで、
撮影機材が飛躍的に小型高性能になり、
もっと手軽にできるようになりました

 

しかも、編集がパソコンでできるようになり、
めっちゃ面倒で大変だった編集という作業が
飛躍的に簡単になりました

 

というより、
この頃は編集が面倒なので、
「無編集1本撮り」という手法で撮影してたので、
そのまま見られます

 

あまり昔話ばかりしてても
前に進みませんので、この辺で、、、

 

話を戻すと、
ここに大きなヒントがありました

 

 

ということで、
「もっともっと手軽に動画を」を進めます

 

検討して選定したカメラが

 

SONY VLOGCAM ZV-1

 

よく出来ていますね
・映像がキレイ、
・音声もキレイに撮れる、

・小型で持ち運びやすい

の三拍子が揃っています

 

Vlogに代表されるように、
撮って、編集して、すぐに公開できる
そんな時代、
販促に活用できないわけがありません

 

「もっともっと手軽に動画を」

 

動画は「伝わる」販促ツールですから