ヒーリングサロン陽だまり

ヒーリングサロン陽だまり

生きづらさを感じているあなたが楽に生きられるようになるサポートをします。

こんにちは。
ハートのナビゲーター福島もとみです。
ハートはいつでも、あなたの帰りを待っています。
居場所がない、生きづらいと感じているあなたを
懐かしくて、安らげる場所にご案内します。

私は地球のルールを変えに来たインディゴチルドレンです。

地球のルールにどっぷり漬かっている人には

絵空事としか思えないかもしれません。

 

先日、素敵な仲間が集まる月例勉強会で

来年の目標を数字を使って語ってください

という課題を出されて、とってもざわつきました。

参加したいけど、どうしようショボーン

 

目標なんか決めたくないビックリマーク

結果なんか出さなくてもいい。

たった今、やりたいことをやれるのが一番!!

 

私も勤めていた31年間は

命じられたことを

いかに効率よく

求められている以上の結果を出すか

ばかり考えて仕事をしていました。

 

それでいて

なんか変だよ

お客様の方を全然見ていないじゃない。

という違和感もあったんです。

 

今は

お客さまと一緒に喜びたいラブラブ

と思っていますが

無意識に

お客さまの期待に応えたい

結果を出さなくては喜んでもらえない

と考えてしまいます。

 

私のハートは

ハートを開いて、余計なことを考えずに

ただ、人と楽しいときを過ごしたい

と望んでいます。

 

でも思考は

それだけでは満足してくれないんです。

なにかしら成果が欲しいの。

 

せっかく友だちと楽しい時間を過ごしたのに

得るものがなかったえー

などとダメ出しをします。

 

ハートが望んでいることをやったのに

思考が否定する。

 

これを繰り返していると

ハートは望むことを諦めちゃいます。

その結果が

何をしたいのか分からないショボーン

 

ハートには今しかないから

目標って何はてなマーク

結果を出すってはてなマーク

そんなことより

今を大切に味わおうよ音譜

 

 

順序が逆なんです。

楽しいことをやっていると

楽しい結果がやってきますウインク

 

~~ ~~ ~~

ここまでは、先週書きました。

(最近週を跨いで、1つの記事を書いているなぁてへぺろ

 

 

「目標とか抱負を持たない生き方を楽しんでいます。

それでも勉強会に参加させてください」

と勇気を出してお願いしました。

 

快く受け入れてもらえましたニコニコ

そして、勉強会はとっても楽しかった音譜

 

陽だまりホームページもみじ

私が抱えてきた生き辛さの土台は

怒られるのが怖いえーん

でした。

 

父に怒られることと

私を睨みつける父のムキーが怖くて怖くて

セットでトラウマになっているのを発見!?

 

怒られたくないから

父にとって正しいことをやろうとして

正しいか間違っているか

自分のやることをジャッジしてました。

 

父に怒られる前に

そんなことをしちゃダメビックリマーク

自分で自分を怒っていたの。

自己否定の始まりですショボーン

 

嫌なことがあると、考える間もなく

怒りが湧き上がってくることがあるでしょうはてなマーク

 

怒りは二次的な感情なんです。

その奥にある

淋しいとか、悲しいとか

感じたくないと思っている感情を

無意識に隠しています。

 

怒りに振り回されていれば

本当の感情を感じないで済むのね。

 

父は、数秘術でLP3。

楽しいことが好きな性格のはずなんです。

戦争もあって、笑っていられる状況じゃなかったのかな。

楽しもうとすると、怒られて育ったのかもしれません。

 

父も辛かったんだろうなと

今は受け入れられるようになりました。

 

ところが

許したはずなのに

怒っている父が何度も出てくるんです。

怒られるのが怖いえーん

 

人混みが苦手なのは

怒りに敏感なので

近くにいる人の怒りのエネルギーが怖いから。

 

素直に自分を表現できないのは

相手を怒らせてしまうのが怖いから。

 

人の気持ちに疎いのも

私自身、怒り以外の感情が分からなくて

悲しさも、淋しさも、楽しさも感じられなかったから。

 

感情を感じるのが怖いんだと思って向き合ってきたけど

怒りが怖くて、感情を感じなくなっていたんです。

 

今、向き合っているのは

怒りからの解放

 

怒りが湧いてきても、そのまま表現しない。

自分が怒っていることを受け入れた上で

その奥にある感情に気づくまで

自分の内側に意識を向ける。

 

相手に伝えたかったら

怒りの奥にある感情を素直に伝える。

それで相手が怒るのは、相手の自由と認める。

それができる自分を信頼する。

 

大切なのは

怒っちゃっても、自分を責めない口笛

 

 

~~ ~~ ~~

ここまでは、先週書きました。

今日記事を読み返してビックリ。

怒っている父が思い出せない。

怒られるのが怖くない!!

 

地球の波動が上がっているから

気づいたら直ぐに手放せますウインク

 

陽だまりホームページもみじ

 

自分には価値がないという無価値観ではなく

人と分かり合うことができなくて

 

私はこの世界で必要とされていない

ここに居てもいいの!?

という強い思いがありました。

 

だから

あなたに、居て欲しいと思われたくて

ガマンしたり頑張ったり・・・

 

だけど

何をやってもずれているから

受け入れてもらえない

という気持ちがますます大きくなって

どう生きたらいいのか分からない。

 

あなたなんか要らない

と思われるのが怖くて

自分から人と距離を置いてしまった。

 

そんな宇宙人と人間との関係

ナリ君が優しく書いてくれました。

 

~~~ ~~~ ~~~

ナリ心理学オフィシャルブログ「お母さんは宇宙人」より

 

世の中には「全く話の通じない人」というのが一定数必ずいます。

仮にこういう人を、宇宙人と呼ぶことにしましょう。

 

ここって地球じゃん???

地球だからやっぱり地球人が多いわけよ!!

でも、一定数必ず宇宙人がいるのね。

 

地球人が宇宙人に対して「この人、話わかんねーな」って思うより、

宇宙人が地球人に対して「何でわかってもらえないんだろ」って思うことの方が多いのよ!!

 

宇宙人さんはね、地球の「論理」というルールが全くわからないの。

でも、ここは地球だからさ、地球人ばっかなの。

 

そんな地球人ばっかの地球で、地球人に囲まれた、宇宙人の大変さ!!!

わかる???めちゃくちゃ大変だぜ。

 

人と話すときは、地球人のフリしてるんだぜ?

めちゃくちゃ大変だろ。

世の中の人に対して「話、わかってもらえない」と感じて生きてきたんだと思うよ。

 

その宇宙人さ、一人で地球にやってきて寂しかったのかも。

誰にも話聞いてもらえなくてさ、非常につらかったんなんじゃないかな?

地球人のあなたのほうが正しいんだと思う。

それはそうだと思う。

でも、宇宙人にはそれがわからないのよ。

 

今までずっと、その正しさにつぶされながら

一生懸命、遠い星で頑張ってきたわけよ。

 

正しさという地球の武器で宇宙人を殺さないでくれ。

宇宙人に悪気ないんよ。

ちょっとづつでいいから、否定せずに宇宙人の話し聞いてみてほしい。

 

陽だまりホームページもみじ

 

ご無沙汰していますが、元気ですニコニコ

 

昨年の秋からWi-Fiの状態が悪くなりました。

最初はアメブロが待機中になって読み込めなかったの。

それがしばしばインターネットに接続していませんになって

パソコンだけでなく、スマホまでガーン

 

コンピュータが超苦手なので

助けを求めるにも、言語が通じない。

現状の説明すらできません。

 

ルーターを買い替え

有料で訪問してもらって、モデムも交換しました。

その人が確認したときは調子が良くなったのに

翌日には元通りえー

 

マンションの他の部屋の人は何も言っていないけど、立地のせいはてなマーク

通信会社を変えてみました。

それでも変わらない。

 

パソコンとスマホを買い替えてグレードアップし

もう一度通信会社を変えました。

それなのに、繋がりにくい状態は変わらないのえーん

 

こうなると、自分に原因があるとしか思えません。

パソコンが苦手意識はもちろんだけど

外ではなく、もっと内側に向かいなさい

ってことかなぁはてなマーク

 

ブログを読まなくなり

記事を書くのが週1回になり

さらに間隔が開き、今日に至っていますショボーン

 

ずっと悩んでいた

人と繋がりたいのに繋がれない

そんな状態だった頃と似ています。

 

焦らずぼちぼち行きますねウインク

 

陽だまりホームページもみじ

 

 

母が52歳で他界したとき

かわいそうだなと思いました。

 

戦後の物も食料もない時代に10代を送り

25歳でお見合い結婚をし(父を好きじゃなかったらしい)

26歳で長女(私)出産

28歳で長男出産

 

30歳に妊娠中毒でネフローゼになり

あまりの苦しさに自殺を考えたそうです。

 

一命は取り留めたものの

ネフローゼ

輸血による血清肝炎

肝硬変

くも膜下出血で52歳で亡くなるまで

病院と縁が切れませんでした。

 

母の笑顔を思い出せないんです。

なんにも楽しい思いをしないで

52歳で死んじゃうなんてかわいそうだなショボーン

 

 

幼心にも、母をかわいそうと思っていたのでしょう。

お母さんを助けたくて、いい子になりました。

 

甘えることもできず

弟たちの面倒を見て

いつも我慢していました。

 

 

潜在意識には主語がありません。

母をかわいそうと思うことは

自分のことをかわいそうと思っているんです。

かわいそうなのは私だったガーン

 

自分のことをかわいそうと思っていたら

かわいそうな現実を引き寄せますえーん

 

そんなの要らないパンチ!

さっさと手放しました。

 

潜在意識には主語がないから

自分の言葉に気を付けようねウインク

 

陽だまりホームページ黄色い花