著作権法を知ることで、お互いを尊重し、よりよい作品作りを | 富山県射水市の“広報書士”【ひばり行政書士事務所】

富山県射水市の“広報書士”【ひばり行政書士事務所】

北陸新幹線開通にわく富山県射水市にある、行政書士・一級知的財産管理技能士(コンテンツ専門業務)の事務所です。
トラブルになる前に解決する予防法務を使命と志しています。

ご連絡はコチラ→ http://hibari-office.net/consult.html


テーマ:

富山県射水市【ひばり行政書士事務所】の仙波芳一です。
■ストーリー作りで事業・生活を支援する「ストーリー行政書士」
■スタートアップとクリエイターを応援する「広報書士」
ご来訪ありがとうございます。

ブログ連続 1,066日!

*****

去る20日、富山での著作権セミナーを開催いたしました。


前回、金沢での開催時は、富山からの参加者が多く、
今回は金沢からの参加者が多いという、逆転現象(^^;)

なぜでしょう?

でも、1時間もかからない距離ですから、近いと言えば近い。


さて、今年からは、事例紹介を増やしています。


今回は、主に著作権があるかないかで争われた事例を中心にお話ししました。


著作権がなければ、そもそも「著作権侵害」もありません。


そんなこと、争いになるの?と思われるかもしれませんが、結構この論点、多いのです。

私がこれまでに受けてきた相談の中でも、1,2を争う数です。


基本的な考え方が分かれば、応用問題も解決できます。

それによって、自分が直面している問題も、解決方法が分かるようになるのです。



金沢から参加してくださった作曲家の方から、現場での生々しい状況を聞かせていただくこともできました。

アーティストとクライアントの関係って、どうしても力関係の上下ができてしまい、なかなか難しいです。

お互いに、著作権法の理解がないことも多いので、余計にドロドロしがちです。


だからこそ、どうして著作権法がこういう規定になっているのか、その趣旨を知っていただくことで、お互いを尊重し、よりよい作品作りができるようになればいいなと思います。


そのお手伝いをどんどんやっていけるよう、努力向上していきます!






次回著作権セミナーは、4月26日(木)19時から、金沢市民芸術村にて開催です。

最近質問が多いテーマについてお話しする予定。

お楽しみに!

 

 

********************

富山県で会社設立するあなたにベストサービス!

富山会社設立センター

http://toyama-kigyou.com/

 

著作権・広報法務・校正・ライティング……“言葉”で支援

言葉の事務所ひばり

http://hibari-office.org/

 

ひばり行政書士事務所 仙波芳一

お問い合わせはここをクリックしてください。

 

電話 0766-54-5341

FAX  0766-54-5342

仙波芳一@ひばり事務所さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス