Hi-ROAD

Hi-ROAD

道を走り続ける者の記録。

いつもHi-ROADのブログへ来てくれてありがとうございます!

ここでは道に関するものを日々の出来事に織り交ぜながら紹介しています。

インスタグラムからこちらへ来ていただいた皆様ありがとうございます。

楽しんでいってください。


~真実の道~廃道探索へもどうぞYouTubeにも飛べます


テーマ:

どうしても動画にしておきたかったネタ

 

静岡戸田編。

 

”とだ”とかいて”へだ”とと読みます。

 

 

去年載せた写真。

 

暮れる戸田の街戸田峠から眺める。

 

この景色をもう一度動画で撮りたかったのと

 

戸田の街に行ってみたかった。

 

 

 

 

お盆の時期なので東名はパスして小田原厚木道路から真鶴道路を経て

 

東伊豆、河津から天城へ上る。

 

 

はい、ドーン!(ナツカシ?空飛ぶ広報室風)

 

わさび丼ね。

 

河津七滝の辺り、去年は7月、車もガラガラ。

 

今年は8月満車、どこへ行っても人だらけ。。。

 

 

写真はたくさん撮ってきました。

 

smile roadの方でたくさん載せます。

 

 

やっぱり滝は涼しいよね。

 

そして天城から西伊豆へ下る。

 

 

 

 

 

念願の戸田港。

 

戸田の街。

 

くるら戸田という道の駅あり。

 

温泉施設もあるので、買い物軽食は確か1800まで。

 

温泉は2100まで。

 

海水浴、釣り人には優しい。

 

 

戸田港で釣りをして、日没を待ち、

 

夕暮れ時に戸田峠へ戻る予定でしたが、あの峠は下から見ていると雲に包まれている。

 

仕方なく今回は港で撮影終了。

 

釣果!

ネンブツダイ17匹 エサ取り  かなり小さい

アイゴ2匹      毒魚    そこそこ大きい

メジナ0匹      本命

 

伊豆に来て釣りをしないなんてありえない!

 

 

 

 

 

また日に焼けました。。。

 

 

動画撮影中。


テーマ:

最近ちょこちょこと釣りに行きます。

 

昔から釣りはたまにしてました。

 

磯釣りのメジナ本命です。

 

 

でも三浦や伊豆に出かけて釣るので、

 

そう何度も簡単にはいけません。

 

 

なので磯釣りからルアーやアジングにターゲットを変えて、

 

近場の東京湾で楽しめる釣りを模索しています。

 

 

 

ルアーで釣ったことがないため、これに魚が食いつくイメージがわきません。

 

ジグにワームを付けたらアジとか来るのか?

 

今度買ってみようかと思います。

 

 

 

とりあえず磯竿は持っているので遊び用に釣具屋のレジ近くの箱にいっぱい刺さっている2000円くらいの1・8mの竿を1本買って遊んでます。

 

しかし、YouTubeでSIMANOTVを見つけてしまい、

 

ボーダレスが気になり始めています。。。

 

 

 

磯竿もだいぶ昔から使っているので何十年も前の竿です。

 

ベイシスやマスターチューンなどを高橋さんや平和さんが楽しそうに「いいですよこの竿は~」と語っているのを見ると、、、、

 

欲しくなるに決まってるじゃありませんか。

 

 

 

そういった欲望や迷いが趣味のいい所であり。

 

モンモンとした日々を送り、カタログやYouTubeを見てニヤニヤしております。

 

天気予報も最近は念入りに見ています。

 

 

 

残りの夏休みは後2日。

 

悔いなく過ごしたいものです(笑)


テーマ:

 

道は造られては消えてゆく。

 

何も考えず、ただ走れることがどんな凄いことか。

 

管理されなくなった道はこうなる。

 

再生回数の伸びが凄いので、きっとこんなタイトルに興味を惹かれるのだと思います。

 

皆さんも見てみてください。

 

ここは山形県飯豊町と小国町つなぐトンネルです。

 

宇津トンネルは路面の隆起により捨てられた道です。

 

道を造る、トンネルを造る。

 

それがいかに難しいことか。

 

朽ち果てた道の姿を見て、あなたが車で走る道と比べてみてください。


テーマ:

 

 

ホームページの「真実の道」では公開していましたが、

 

アメブロにも貼っておきます。

 

こんなつり橋を見たことがありますか?!

 

今は当然渡れない。

 

でもかつて人々が渡っていた思い出の吊り橋。

 

こんな姿になるくらいなら取り壊した方がいいのか。それとも人々の記憶の中と現実世界に形として残しておいた方がいいのか?

 

皆様はどう思いますか?


テーマ:

ちょっと説明したいので私がYouTubeにでます。

 

見るか見ないかはお任せします。

 

たけのうへばし

 

ちょっと前に散々記事にしましたが、新しくYouTubeにアップしました。

 

後日YouTubeに飛べるような記事にしますぜひぜひぜひ!

 

みてください。

 

あなたを廃道の、廃橋の世界へお連れいたします。

 


テーマ:

 

よく行くわけではないですが、思い立ったら釣りをします。

 

します。というほど・・行っていませんが。

 

 

私の本命はメジナ。

 

磯釣りです。

 

ホントは伊豆まで行きたいのですが、なかなか。

 

もっぱら三浦半島です。

 

 

最近は千葉でのんびり堤防釣りでもいいかな~と思ってます。

 

釣りに行くと手が汚れるので、

 

さすがに一眼を触る気にはならず、記事にはしていませんでした。

 

 

 

しかし動画を始めた今、ちょっと別のアプローチをして遊んでみようかなと考えています。


テーマ:

ドキッとしましたが、

 

そうなんですよね。。

 

人はとかく区切りを作りたがります。

 

はたち。

 

引っ越し。

 

髪を切る。

 

勝ち組負け組。

 

埼玉県は北関東か南関東か。

 

さて、この夏どこへ行きましょうか!

 

 

やっぱり わさび丼に

 

 

わさびの焼酎を呑みに天城へ行こうかな!


テーマ:

↑明治45年~大正14年の地図

 

赤が当時の道。

 

緑が鬼怒川を渡っていた橋。

 

吊り橋のたけのうへばしより少し上流側に、現在は存在しない橋が1つ架かっていた。

 

橋痕跡は探索中。

 

 

↑昭和5年~昭和8年の地図

 

鬼怒川を挟んで北側の道が使われていた。

 

ほぼ現在の栃木県道23号線と同じルート。

 

現在使われている竹の上橋より少し下流側に橋が架かっていた。

 

この橋も現在存在しない。

 

橋と橋手前の現在の県道とは違うルートを通っていた一部の道を探索中。

 

 

↑昭和27年~昭和32年の地図

 

鬼怒川の北側の道と橋は残っているものの点線表記で、

 

吊り橋のたけのうへばしを渡る南側の道が実線表記となっている。

 

吊り橋のたけのうへばしの竣工は昭和15年。

 

 

地図記号としてお話しすると、

 

南側の実践の道→線の右側が太く左側が細い表記 これは県道を表しています。

 

北側の残っている道→線の左側が点線、右が実線の表記 これは里道を表しています。

 

表記は年代によって多少異なります。

 

 

↑昭和33年~昭和46年

 

鬼怒川の北側を通る道の橋がかけ替えられ現在の県道上にある竹の上橋ができる。

 

今の県道23号線と違うのは橋が2つあること。

 

鬼怒川北側経由の道の下の緑丸が現竹の上橋、上の緑丸の橋は現在見あたらない。

 

もしかしたら県道から逸れたところにあるのかもしれないが、未確認。

 

 

吊り橋のたけのうへばしを経由する道も地図上では存在するが、

 

ポスタルさんから頂いた情報ですと、

 

昭和30年生まれの方に話を聞くと、物心ついたときには吊り橋を使う人はいなかったそうですとのことです。

 

道が2本できた時点でおそらく畑仕事か何かの人が徒歩で渡るくらいで

 

自動車などの通行はなくなっていたのでしょう。

 

 

吊り橋の劣化により現在の竹の上橋が昭和33年に竣工したと考えるのが自然だと思います。

 

 

昭和47年の地図には吊り橋も吊り橋経由の道も記されていません。

 

吊り橋経由の道もないというのは少し語弊があります、道があったことはわかる程度の記載になっています。

 

 

 

 

地図をさかのぼって痕跡を見つけることが私の主な探索方法です。

 

ただ詳しいことは現地の人の思い出話を聞くことが一番確かでもありますし、なにより人と道が共存していた、その道の生きていた証を知ることができる一番良い形だと思います。

 

 

情報ありがとうございます。

 

何かありましたらまた教えていただければとてもうれしいです。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス