こんにちは。

癒し手じゅんこです。

 

 
 

 

 

夫のやままと二人で畑を始めて、

今年で10年になります。

 

 

 

右も左も分からないまま手探りで始め

その過程で自然栽培と出会い、

それからは肥料や堆肥、農薬・除草剤を

使わない農法で野菜を育ててきました。

 

 

 

 

自然栽培では、いわゆる「肥料」ってのを入

れないのと、それまでに土に施されたものを

抜いていくということをやるんです。

 

 

 

 

地力を取り戻すってことをやる訳ですね。

 

 

 

 

これの根底には、自然の土には全てが揃って

いるという考え方があります。

 

 

 

 

要は、肥料やら堆肥やら施さなくても、自然

ってのは、ちゃんと作物が育つようにできて

るはずだと。

 

 

 

 

だから、それまでに施されてきた肥料分や農

薬なんかが抜けて、色々な作物を育てること

で土の中の微生物が活発になり地力を取り戻

すことができれば、自然と作物が育つように

なるはずだという訳です。

 

 

 

 

そのためにやることは、何かを足すことじゃ

なくて引くことなんですね。

 

 

 

 

土壌改良材も堆肥も何も入れない。

ただ耕して、作物を育て、余分なものが抜け

ていくのを待つ。

 

 

 

 

そのうちに耕すこともしなくなり、ただ草の

管理だけしつつ野菜を育て続ける。

 

 

 

 

その土地で野菜を育て、種を採り、また播き

収穫し、種を採る。

 

 

 

 

その循環をただ繰り返していく。

 

 

 

 

土の状態にもよりますが、だいたい10年も

そんなことを続けていけば、余分なものも抜

け、地力をずいぶん取り戻せます。

 

 

 

 

地力を取り戻した土は、自然に野菜がよく育つ

 

 

 

 

しかも強く美味しい、栄養のある野菜が育つんです。

 

 

 

 

土が本来の姿に戻ることで、野菜たちも本来

の姿に戻ります。

 

 

 

 

ちゃんと栄養があって美味しく、私たちにエ

ネルギーを与えてくれる野菜が育つんです。

 

 

 

 

たくさんの化成肥料や農薬を使われてきた土

ほど、地力を取り戻すのに時間が掛かります。

 

 

 

 

その土地で、自然と野菜が育つようになるに

は根気よく栽培を続けるしかありません。

 

 

 

 

自然の力を取り戻した土なら、野菜たちは種

がありさえすれば育っていきます。

 

 

 

 

今、うちの畑はこの春の野菜たちのこぼれ種

から勝手に芽を出した、たくさんの葉物野菜

が色々な所で育っています。

 

 

 

 

私は何もしていません(笑)

野菜たちが自分の力で、土の力を使って育っ

ているんです。

 

 

 

自然の一部である私たちの心身も同じです。

 

 

 

 

本来の力を取り戻して、エネルギーをちゃんと

使えるようになれば、勝手に成るように

出来ているんです。

 

 

 

 

だって、私たちだって自然の摂理の中で生き

ているんですから、野菜たちと同じように

そう成るように出来ているのが当たり前

なんです。

 

 

 

 

まずは不必要なものを出来るだけ摂らない。

そして、ちゃんと栄養のあるものを食べる。

 

 

 

 

ちゃんと私たちの心身が成るようにしてあげる。

 

 

 

 

しかも、それって、本当に美味しいものを食

べるってことなんですよ。

 

 

 

 

めっちゃ幸せなことじゃないですか?

 

 

 

 

お金が掛かるとか、大変とかに騙されちゃ~

いけませんぜ。

 

 

 

 

ストイックに感じるかもですが

そんなことも全くないんですよ。

 

 

 

 

あなたに本当に必要なものは与えられるように

出来てるんですからね。

 

 

 

 

あなたの心身が喜ぶ、本当に美味しいご飯を食

べてください。

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

癒しの自然栽培農法家じゅんこです。

 

 

 

 

 

 

 

お金って、そもそもなんだと思いますか?

 

 

 

私はお金と言うと「はじめ人間ギャートルズ」

を思い出します(笑)

 

 

 

 

 

おーーーーきな石のお金をゴロゴロ転がして

いたシーンが印象深い。

 

 

 

実際にはあの時代にはお金はまだなかったん

でしょうがね(^-^)

 

 

 

 

 

話を戻します。

お金はツールというか物やサービスと交換す

るための道具ですよね。

 

 

 

 

そう、お金はただの道具なんです。

 

 

 

 

だから必要なだけ持っていればそれでよくて

お金がたくさんあることがイコールその人の

価値ではないはずなんです。

 

 

 

ところが、この「お金」という道具には色々

なものが乗せられてしまいました。

 

 

 

価値

感情

エネルギー

 

 

 

 

こういうものと密接に結びつけられてしまっ

たので、お金によって私たちはものすごく

一喜一憂してしまいます。

 

 

 

 

先日、あるお話会に参加してました。

テーマは「お金、経済」

 

 

 

お話はよく言われる「その人に本当に必要な

物事なら、必ずお金は回ってくる」って話で

そこには異論もなく、確かにそうだと思って

います。

 

 

 

 

私が感じたのは、必ず回ってくると頭では

理解しているけれど、感情が追い付いてい

ないなってことでした。

 

 

 

 

理屈では分かっているんだけど、お金に付随す

る感情があまりにも強くて振り回されてしまう。

 

 

 

 

お金がないとか

お金が無くなるかもとか

何かに備えておかないと大変なことになるとか

お金がもらえないと自分には価値がないとか

 

 

 

 

そういう不安や恐怖などの強いネガティブな

感情がお金にはまとわりついていているんで

すよね。

 

 

 

 

それが、あまりにも強い感情なので、ものす

ごく囚われてしまいやすい。

 

 

 

 

「お金は必要な分は必ず与えられるし回ってくる」

 

「好きなこと、楽しいことをやっていれば、

幸せに豊かに暮らせる」

 

 

 

 

と頭では理解しいても、感情が追い付いて

いかないんです。

 

 

 

 

どんな状態でも安心していられる。

どうにかなると思っていたら、ちゃんとどう

にかなる。

 

 

 

 

これが出来たら一番だと思います。

でも、なかなか難しい。

 

 

 

 

不安や恐怖という感情は、どうしても湧いて

きてしまいます。

 

 

 

 

 

じゃあ、どうしたらいいのか?

 

 

 

 

 

ここで使うのは、やはりネガティブな感情と

の向き合い方だと思います。

 

 

 

 

ネガティブな感情はなくなりません。

特にお金には強いネガティブな感情を紐づけ

られてしまっているので、これを出てこない

ようにするのは至難の業です。

 

 

 

 

なので、ネガティブな感情が出てくる度に

一緒にいてあげる。

 

 

 

 

ネガティブな感情の言い分を、出てくる度に

聴いてあげる。

 

 

 

 

なかったことにしたり、無視したりせず、

向き合って、そうかそうかとその感情の言い

分を聴いてあげる。

 

 

 

 

これを繰り返していくしかないと思います。

 

 

 

 

 

昨年後半から今年の初めにかけて、私もお金

のネガティブな感情にやられていました。

 

 

 

お金がなくなったらどうしよう・・・・

 

 

 

一旦この恐怖に入り込まれると、なかなか抜

け出せません。

 

 

 

やままともずいぶん喧嘩しました。

 

 

 

色んなこともやってみました。

 

 

 

でも、結局、大して何も変わらなかったし、

お金も問題なくどうにかなってきました。

 

 

 

 

 

やままはお金がなくなるかもしれない不安や

恐怖にやられない人なので、私がいくら声を

荒げて言っても、どこか他人事で、それがま

た私をイライラさせる(苦笑)

 

 

 

 

今振り返っても、お金の感情にやられてたな

私って思います。

 

 

 

(やまま、ごめんね)

 

 

 

ただね、やままみたいな人が珍しくて、私み

たいな普通の人は、お金の感情にやられやす

いです。

 

 

 

 

だから、お金と感情の関係性を知っておいて

出てきたら癒すを繰り返すしかありません。

 

 

 

 

お金が起こす強いネガティブな感情は幻想です。

 

 

 

ここの刷り込みはものすごく強力なので、

私たちが振り回されてしまうのは仕方がない。

 

 

 

 

出てこなくさせることは難しいけれど、そう

いうもんだと知って、せめて振り回されない

ようにしたいですね。

 

 

 

 

こんにちは。

癒しの自然栽培農家じゅんこです。

 

 

 

 

 

 

私は漫画が好きでよく読みます。

 

 

 

いや、よく読むなんてレベルじゃないですね。

漫画を読むのは日課です(笑)

 

 

 

最近は、色々なアプリが出ていて、読みたい

漫画はすぐ読めるので、便利な時代になった

もんだと喜んでいます。

 

 

 

『ブルーピリオド』という漫画を読んだこと

ありますか?

 

 

 

私もまだ読み始めたばかりで、どうやらアー

ティスト系の漫画、絵を描くというのがテー

マのようです。

 

 

 

その中に秀逸の台詞がありました。

 

 

 

 

「好きなことは趣味でいい

これは大人の発想だと思いますよ」

 

 

「好きなことに人生の一番大きなウェイトを

置くのって普通のことじゃないでしょうか」

 

 

「好きなことをする努力家はね

最強なんですよ!」

 

 

 

 

ハッとする台詞に胸が熱くなってしまいました。

 

 

 

若い人たちも読む漫画に、こういう台詞が

書かれてるって嬉しくなります。

 

 

 

 

嫌いなことをするより、好きなことをする方

が断然楽しいですよね。

 

 

 

もしも困難があったとしても、好きだからこ

そ乗り越えられることってあるじゃないですか。

 

 

 

私は、努力や頑張るって、好きなことにこそ

使う言葉だと思っています。

 

 

 

苦手の克服や、嫌いなことに頑張るんじゃな

くて、好きなことに頑張る。

 

 

 

凸凹の凸の部分をもっと凸らせるように頑張る。

 

 

 

私たちは、ともすると、凸も凹もなくして、

みんな同じ形の四角になろうとしてしまいます。

 

 

 

でも、私たちは本来凸凹したものなんです。

 

 

 

だから、どうにかするのは凸の方で、凹の方

は触らない。

 

 

 

ある意味、どこまで凸れるか!?が、あなた

の生きる道なんです。

 

 

 

 

「好きなことをする努力家」は、きっと楽し

いだろうと思いませんか?

 

 

 

だから、楽しい方へ行っていれば間違いない

んです。

 

 

 

でも、私たちは謎に、楽しいことばっかりや

ってちゃいけないと思い込んでいます。

 

 

 

楽しいことばっかりやることに、罪悪感を持

ってたりしませんか。

 

 

 

楽しいことばっかりやっちゃダメ

もっと出来ないことや苦手なことも頑張らないと!

 

 

 

マジ、マゾですか!?

修行ですか!?

 

 

 

 

 

楽しいことでも上手く出来なかったり、頑張

らなきゃいけないことってありますよね。

 

 

 

 

楽しいからこそ頑張れる。

 

楽しいからこそ乗り越えていける。

 

楽しいからこそ努力もできる。

 

 

 

 

私たちは頑張りどころを間違っていたのかも

しれませんね。

 

 

 

 

もっともっと楽しい方へ

もっともっと自分が喜ぶ方へ

もっともっと頑張りたい方へ

 

 

 

 

あなたの道は楽しいが示してくれます。

 

 

 

本当の楽しいは娯楽とはちょっと違います。

本当の楽しいは進むのがちょっと怖かったり

もします。

 

 

 

「怖いはGO、嫌だはSTOP」

 

 

 

楽しくてドキドキする方へ進んでくださいね。