アマゾナイト専門店 SORAISI

アマゾナイト専門店 SORAISI

アマゾナイトのルース、アクセサリー、原石をお求めやすい価格で販売いたします♪≪準備中≫


テーマ:
先週の日曜日に実家に帰って畑の草むしりを手伝いにいったのだが、草むしりではなかった。
畑について鎌ではなく耕運機を渡された。

耕運機で草むしり?イミフwwwとか思ってたらどうやら本気らしい。
1度も耕運機なぞ扱ってないにも関わらず、草ごと畑を耕せと、こういうことのようだ。

雨降って湿ってるうえに草だらけで耕運機の刃は根っこで絡まるし全然深く耕せない。
1時間半やって耕せてないからとやり直しをくらい、もう1時間半耕し直し。

終わったらトンボとかいうヤツで耕したところをならして終了した。

今畑に植わっているのはジャガイモ、サツマイモ、里芋、スイカ、ナス。
頑張ったから今年の夏は野菜を貰いにいくかな。

汗は滝のように流れ、全身は筋肉痛になった。
暴れる耕運機のハンドルをひたすら握っていたからか、未だに手が筋肉痛。

来月もまたやるらしいから筋肉痛が治ったらまた筋トレを始めよう。



テーマ:

ここ数日、お隣さんが家にずっといるので石削りが全くできない。

 

防音性能の高い家に住みたい・・・・

 

と、言っても出来ないのでなんか別の方法を考えねば。

 

例えば居ないときは地道に石削りして、居るときはマクラメ(やったこと無い)とかリリアン(ちょっとだけある)でブレスレットでも作ろうかしら。

 

なにかをやろうとして始めると途端に邪魔が入る気がする・・・気がするだけかも知れんがお守りとかお祓いしたほうがいいのだろうか。

 

 


テーマ:

みなさんお久しぶりです。死んでません。

 

毎日出来る限りチミチミやっておるのですが、切断音と研磨音が結構うるさくあまり長時間出来ないのです(言い訳)騒音と引き換えに、石の切断時間と加工時間の大幅短縮は出来ましたけどね。

ですので、隣人が帰宅するまでの30分~1時間、5~6個削って翌日また削るを繰り返しています。

 

今までたくさん削ってたくさん粉にしてきて分かったのは、アマゾナイトは非常に脆く割れ・欠けやすいということです。

アマゾナイトは細かい結晶の集まりが層状になっているのでうまくいけばシラーが見えてとてもきれいですが、反面、薄い板状に剥がれてしまいます。

ですので切断する際も形成する際も結構な確率で割れてしまいます(自分のウデが悪いのもある)

 

そんなわけで、木っ端みじんにならないように慎重にやっています。

結果として今の今まで更新していませんでした。

 

木っ端みじんにならず、おおよそ納得のいく磨きが出来て在庫もだいぶたまってきたので

近いうちにお披露目したいと思います。

 

 

 


テーマ:
みなさんこんにちは

かにしるです。

ミャンマー翡翠でペンダントを作ってみました。
割れてしまった部分の形状を生かして作ったのですが、これがまずかった。
曲面が非常に多くしかもうねっているので研磨が非常に難しい。
しかも硬いので曲面研磨用の研磨パッドで研磨し終わるのに3時間もかかってしまった。
うん、疲れた。

 
 
 
 

ミャンマー翡翠はニポン産の翡翠に比べれば何となくではあるが柔らかいので
切断出来ないこともないし研磨の出来るがやはり硬い。
硬いというか翡翠は鉱物の繊維が絡まってできた石なのでイメージとしては
ガラス繊維とエポキシで出来た強化プラスチックをノコギリでキコキコ手で切っている
感じだ。

時間がかかっていやになるが、以前のダイヤモンドノコでキコキコ手で切るよりは
数万倍速い。
どれくらい早いかというと、1cm切るのに2時間かかるところを10分で
切り終わる。短気なせいだとは思うがすぐ気が逸ってイライラしてしまう。



自重せねば、南無阿弥陀仏法蓮華経はんにゃーはーらーみったーしんぎょー
話が脱線したがキニシナイ。
ミャンマー翡翠はまだまだ残っているので「神様始めました」でも見ながらゆっくり
切断していきます。

どーでもいいが、神様始めましたのヒロインは頬のプニプニ感がたまらない。
リアルでいたらうっかりプニプニしてしまいそうだ(へへへ変態か俺は捕まるは!)




アディオス

テーマ:
みなさんこんにちは

かにしるです。

今日はアマゾナイトのカボションカットの続きをやっていきます。
まだまだ修練が足りず割ったり粉になったりと難航してますががんばっとります。
たまに石ではなく爪とか指がすり減っていてうっかり自分の質量減らしてますが
がんばっております。
 
さて、アホな戯言を吐いてないで今日も削りまする。
こんな感じに削っただけのヤツをつるっつるに磨いていきます。
こーゆー曲面研磨(カボション)は平面研磨機でつるつるにするのは今の私の技術では
オーバーテクノロジーで全くできませんので曲面研磨用の研磨パッドを使用して研磨します。
曲面研磨用のパッドは柔らかいので対象(アマゾナイト)を押し付けるとパッドが変形し
曲面にフィットさせながら研磨出来ます。スバラシイ。
 
 

技術の無さはもので補う!文明の利器最高!
で、600番で10分、1200番で10分、3000番30分とやってアマゾナイトの表面の傷を
消していきます。

 
 

最後は酸化セリウムの粉を使って最終仕上げをしていきます。
以前は3000番以上の耐水サンドペーパーでやってましたがどうもうまく仕上げが
出来なかったので革を買ってきて機械に合わせて自作しました。
で、どーでもいい話は置いといて、こちらが今回研磨したアマゾナイトです。



これからもどんどん作っていきます故、生温かい目で見守ってくださいまし。


アディオス

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス